8年ぶり?に食べました...諸般の事情で3連休は5年ぶりに札幌、小樽へ...

2016年01月11日

Let's NOTE CF-T7を分解、ファン清掃...

昨年のクリスマス当日のことですが、諸般の事情で(我慢して?)使っているLet's NOTE CF-T7を分解、ファン清掃しました....

CF-T7_0011
数日前から突然CPUファンが(持病の)異音(爆音)発生、とりあえず省電力+ファン低速で凌いでいましたが、レスポンスの良くないPCなので、性能↓は避けたく処置することに...

中古のファン購入で2.5千円、新品なら4千円、業者に交換依頼すると8千円、メーカー修理なら2万円コース?のようですが、一切の投資をしたくない....ヾ(ーoー;)ので、自分で処置です。

しかし、メンテ性は悪いですね。ネジが多過ぎ、両面テープで貼り付けた防水カバーやシート、同じく両面テープで貼り付けたペナペナのキーボード(外す際に変形する:東芝、NECも同じ)...

CF-T7シスボ取外し状態_0011
写真はシステムボードです。ここまで辿り着くのは結構面倒です。
写真のようにCPU表面の放熱用のシリコングリースは乾燥してカピカピです。

CF-T7取り外したファン_0012
取り外したCPUファンの上面?です。

CF-T7取り外したファン_0013
CPUファンの下面です。シリコングリースは同じく乾燥してカピカピです。

CF-T7ファン分解状態_0014
このファンは爪3箇所で固定しているだけなので分解は容易です。
このように3枚に卸せます....ヾ(ーoー;)

CF-T7ファン・モーター部_0015
ファンのモーター部です。汚れが目立ちますね。清掃後、軸受け部に少量のモリブデングリースを塗布しました。(金属同士なので当然モリブデングリースを使用)

CF-T7CPU(乾燥シリコングリース清掃後)_0016
CPU表面は清掃後、放熱用シリコングリースを再塗布すし、分解の逆の手順で組立て、元に戻しました。(BIOSで日時再設定、無事動作確認済みです)


<PS>ファン分解清掃、グリースアップの効果は抜群?でした。
高速回転にしてもほぼ無音、最初は動作していないのかと思って、Speedfanをインストールして確かめたぐらいです。(爆)


jt8085jp at 00:01│Comments(0)TrackBack(0)その他PC 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
8年ぶり?に食べました...諸般の事情で3連休は5年ぶりに札幌、小樽へ...