April 17, 2007

4/16 WIP記録

d8276ff5.jpg●概要

東京ミッドタウン・d-laboにて Work in Progress 。二十名弱のお客様を迎え、近未来的でスタイリッシュな素敵空間にて稽古。

空間の違い、観ている人がいるという違いは、当然それぞれのエクササイズの感覚をちょっとずつ変質させる。最初は戸惑っていたものの、「それも含めて楽しもうよ」と意識を慣らして行く演出家および出演者一同。空間や他者の存在について特にナイーブな感覚を要求される「空間を歩く」や「イス取りゲーム」がいつもとは随分違っていた感じ。ちょっと空間歩きは固かったかな。普段は、外から見ていると、全体がするすると優しく渦を作りながら混ざり合っていくような感じがするのだが、今日は「こっちに行く」「そこが空いている」「来たからかわす」みたいな意識が見て取れた。

後半の通し稽古では、出だしはいつも通りの空気感をまだ保持していたように見えたけど、中盤からどんどんとスラップスティックでコミカルなトーンが強まり、随分と違った後味が残る。空間やお客さんの存在を感じ取って芝居が変わっていくのは悪いことではないし、そもそもまだ稽古量が足りず固まっていないシーンが多いのだから、今日の方向性も一概にいいとも悪いとも言えないのだけれど、場当たり的に芝居が変わってはまずいことは確かだろう。本番まであと十日という残された時間で、目的地をしっかり見定めて全員の視線が見据える先を収斂させていく、みたいな稽古が必要なんだろうな、と感じた。

いずれにせよ一つの区切り、大きな転機になることは間違いなさそう。お客様からもあれこれと感想・指摘を頂きました。明日からの稽古にどう反映されるか楽しみです。

しかし、写真だけ見ているとまるで別の芝居の稽古のようだ。SF。


●内容

黒澤世莉挨拶
印象深い出来事
鬼ごっこ
空間を歩く/ピッチチェンジ/キャラクターで質問
輪になって倒す
空間を歩く/キャラクターで質問(雨森・中田両名を加えて再度)
イスとりゲーム

おやつ

通し

谷賢一

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星