三省ハウス「裏方」日記

越後松之山体験交流施設「三省ハウス」スタッフによるブログです。

ベッドの衣替え

梅雨真っ盛りですが、ベッド布団の衣替えを行っています。

まず、冬布団を外し、マットレスと敷布団を干します。

マットレスと敷布団がない状態。

image3s
 
この状態で、スノコの周りなどを掃除機で掃除してホコリ等を取ります。

image1s
 
上段のベッドは大変。
汗だくです。

掃除機をかけたら、マットレスと敷布団をセットしなおして、

IMG_2948s

image2s

別に用意した、夏掛け布団にホウフをかけて、それを各ベッドにセットしていきます。

二日がかり、いや、結局三日がかりでの作業となりますが、これでこれからの季節でも、快適に過ごせることでしょう(^^) 

テラス完成!

手作りのテラスがついに、とうとう、完成しました!

昨年まで使っていたスノコがボロボロになり、一部で腐りかけて折れてしまったり、と、すでに寿命でした。

そこで、今あるスノコを測りなおし、何度も計算しなおして、まず設計図を作成。

IMG_2698s
 
板と角材を業者に発注。

届いたのがこれくらいでした。

IMG_2737s

この板に、防腐と防虫を兼ねて、キシラデコールという塗料を塗ります。
枚数が多くて、これが結構大変。

12994526_1191227814220607_5420931193645714160_ns

13010845_1191227804220608_6646151574596196541_ns

 
塗り終わったら、型枠に沿ってスノコを作成。
5種類のスノコを作ります。

942237_1192499080760147_5643090375371346854_ns
 
943777_1192499097426812_3002093943284496214_ns
13082778_1192499120760143_1320014614465422991_ns

ひたすらインパクトドライバーを使ってスノコを作ります。
総数54枚。

そして今日、最後の1枚のスノコを作って、

IMG_2744s

いよいよテラスの設置です!

果たしてうまくハマるのでしょうか?(笑)

IMG_2745s

IMG_2746s

土台は、今までのものをそのまま使用。

そして、そして。

IMG_2747s

完成です!

ところどころ曲がってたり、広かったり狭かったりといびつなところもありますが、素人が作ったにしては上出来。自画自賛(笑)

皆さん、この新しいテラスで寛ぎに、三省ハウスへ来てください。 

ハメ板を一部外してみました。

今日は天気も良く、気温も上がって春の陽気。

三省ハウスの周りの雪も1メートルくらいになりましたので、思い切ってハメ板を外しました。

外した窓は、食堂、ギャラリー、事務室、1階客室(山ぼうし)、渡り廊下、トイレなど、主に南向きの窓です。

食堂は、外す前はこんなに暗かったのに、

IMG_2650

上の窓も下の窓も、出入り口も全部外したら、こんなに明るくなりました!

image2
 
image3
 
ギャラリーもこの通り。

image1
 

北側の窓は日当たりも悪く、屋根から落とした雪がまだうず高く積もっているので、こちらはまた後日。

それでも、館内が明るくなると、気分も変わりますね。

いよいよ、春、という感じです。 

除雪作業

この冬は、本当に雪が少ないですが、それでも雪国らしく雪は降ります。
2月の中旬を迎え、大雪のピークは過ぎたかと思いましたが、昨日は一晩で50センチくらい積もりました。

朝から投雪機を使って、三省ハウス前の道路を除雪していたら、女性のスタッフの方が出勤してきて、私の除雪作業の様子を写真に撮ってくれていました。

IMG_2575s
 
image1s


こんな感じで作業してます。

この日は、作業中に雪が止んで晴れ間が広がり、 作業自体も苦にならないほどの気持ち良い青空でした。

これが最後の大雪になるといいんですけど。 

晩秋(初冬)の美人林

三省ハウスにお泊まりのお客様が、美人林を見に行きたい、というご希望でしたので、本日午前中美人林へお連れしました。

 晩秋の美人林は葉っぱがほとんど落ち、裸の枝が広がっているばかりですが、それはそれで青空に映えて美しいものです。

PC090069s

池の水に写り込んだ情景もまたいいものですね。

この時期、美人林を訪れるお客様はほとんどなく、私達が滞在中も数名の方が来られたくらい。
今が一番穴場かもしれませんね。

お客様も大変気に入られたようで、1時間弱の滞在となりました。

その後、キョロロも見学されました。
こちらは1時間以上。
「面白かった」と、かなり気に入られた様子でした。

その後、松口から小屋丸に抜けてまつだい駅までのルートを取ったのですが、途中で、道路を横切るリスに遭遇!

あやうく轢いてしまいそうでしたが、車から降りて確認してみたところリスの姿はなく、どうやら幸運にも、走っている車の下を通り抜けて逃げていったようです。 

お客様もびっくりするやら安心するやらで、道中も楽しまれたようで何より。

そんなこんなの2時間強のご案内でした。 
記事検索
ツイッター
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ