十三の話-不動産会社で生きるということ

古人曰く「どこへ行くのかがわかっていなければどの道を通っても何処にも着かない」。何処に行くかさえわかっていればたとえまわり道をしてもそこに着く。徒然の大いなるまわり道の記録が本ブログの趣旨である。 ※このブログはリンクフリーです。コメントは承認制ですのでご了承ください。

住宅ローンを組む際に、事前審査をするわけだが、個人信用情報機関にまったく記録のない人もいる。いわゆるスーパーホワイトというものだが、22歳で社会人になりたてというならまだしも、30歳で何の登録情報もないなら、金融機関も与信の判断がつかないことになる。

金融機関は当然、過去に事故歴があるのだろうと推測するから事前審査が通らない。ほしい物件があっても買えないことがある。旦那さんが働いているのに、奥さん名義でローンを組んで買うようなときにも何故だと疑われる。金融機関というのは絶えず誰かに評価を与えて、生かしたり殺したりするところがある。表現を変えれば、人を人とも思わないところがあるということになる。

金融とは足りないところに資金を融通することが仕事のはずだが、個人事業主など、少し売り上げを落としただけで、資金を回収しようとする。雨が降ったら傘を取り上げるのは今に始まったことでもないだろう。職業柄、あまり、銀行員と占い師は好きではない。人を操ろうとするからだ。

学校を出て、初めて社会に出て、濃紺のスーツにエンジのネクタイ、髪を撫でつけ、大きな声で挨拶する若者のとき。学校の一日目と同じで、みんな静かで優しくて、胸が躍るような気分があったろう。それから、数年も経ずして、住宅ローン審査で撥ねられるようなことになったらつらかろうな。

家はある意味、切羽詰まって買うモノだ。思い切って買う。勇気を出して買付を書いて、精一杯交渉して買うモノだ。数年前に、携帯電話の支払いが遅延していたり、カード払いをうっかりして、期日が過ぎているのに口座への入金を忘れたとか、家族に事故情報があって、同居して電話番号で引っかかったとか、そんな理由でも審査で落ちるが、なんの履歴もない、スーパーホワイトは金融機関がまるでこの世に存在しないかのような対応を取ることもある。

銀行の融資担当者が、不動産業者を回っては、属性だとか、スコアリングだとか、人を堕とし込む魔法の言葉を言いふらすようなこともあった。言葉の出さないで身振り手振りで、それとなく伝えてくる銀行員もいた。人にはそれぞれ人生があり、節目節目で資金が必要になる。手の平を返すような冷淡な対応を気の毒にと思うお客さんもいた。罪を憎んで人を憎まずという言葉があるが、人生の一時期、うまくいかないときもある。

都市銀行に入って、リテールの個人融資に回されることは不本意なんだと聞いたこともあるが、所詮はカネ貸しだし、所詮はただの人だと言うに過ぎないが、わけのわからない裏付けのないプライドを持つ融資担当者もいるな。個人情報を格付けしたりして、人を見下すような一面はある。もちろん、銀行員に何とか頼み込んで助けてもらったこともある。どうしてもほしい家を手に入れて喜んでいた若夫婦もいた。

仕事をしていて、何かに腹を立てることがあるが、それでも数字は残さないといけない。会社のためでなく自分のためだ。周囲にはそれなりの敬意を払わせるようにしないと生き残ることはできない。努力が必ずしも日の目を見るとは限らないが、宝くじでも当たらない限りは大金を得る可能性はないわけだから、朝、一番遅く来て、夜、一番早く帰っていては信用も評価も下がるし、せっかくのスキルも役に立つ場所を失う。

今、役に立つからスキルの意味がある。評価というものはむつかしく、単純に給与や役職やデスクの大きさばかりでは測れない。何の役職についていなくても、敬意を受けるものもいる。若者は時間を無駄にし、ベテランは経験を無駄にする。我慢が足りないと思う。今に限ったことではないが、どうも春になると人が辞めて出ていく光景を見る。残った者も、このままでいいのかとガードレールのない道に放り出された気分になることもある。若い頃、末路哀れは覚悟の前だと言われたことを思いだす。

集団左遷 [DVD]
高島礼子
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2017-03-08


1994年(平成6年)に公開された映画「集団左遷」は、毎年一度は見る映画だ。バブル崩壊を契機に大量のリストラのために、首都圏特販部という、いわば首切り部屋に放り込まれた50人の営業担当者たち。生き残りをかけた闘いを描いた不動産会社の話だ。「カネがないなら知恵を出せ、知恵がないなら汗を出せ」と言うようなセリフもあった。映画は時代背景を映し出す鏡だ。今、見たところだが、何とも懐かしい映画だ。

1990年台も不動産の営業担当者たちも、それなりに問題を抱え、それなりに悩んでいた。その他大勢の立場であっても、それなりに難しい決断をしてきた。家族に重荷を背負わせたこともあったろう。・・それは、これからも続いていく。30年前も悩んでいた、新しい悩みはない。因みに、この映画には、柴田恭兵、中村敦夫、津川雅彦、高島礼子が出演している。「生き残るか死ぬか、誰が決めるのか。会社じゃないぞ。キミたち一人一人が、自分で決めるんだ。」。・・その通りだと思う。


DSC_0102 2023005



コンビニ行くたびに、商店で何かを買うたびに、財布からカードを取り出してポイントを貯めるようなパターン化された行動を繰り返している。疑問にも思わなかったが、本当にそんなポイントが必要かどうか。どんな意味があるのだろう。一年で、千円か2千円か、多くても1万円にもならない。

ありがたがるほどのものではないが、それをネットで使って、得した気分になっている。これではまるでブロイラーの鶏だ。育てられて知らない間に食い物にされている。だいたい、財布に何枚のカードがあるのだろう。携帯会社、スーパー、映画、車、洋服店、ドラッグストアのカードまで。・・ポイントにこだわらなければ何枚も必要はない。

ジッパーのついた長財布などいらない。運転免許証と定期券と従業者証明書、そして、カードは1枚あれば十分なはずだ。小銭入れのついたポケットに入るくらいの二つ折りの財布でいいはずだ。1円、2円を貯めたいわけではないが、見えざる同調圧力の中で、習慣化し、定型化されたパターンは破れない。

毎朝、決まった時間に目を覚まして出社し、決まった時間に食事を取り、電話したり、訪問したり、毎日が過ぎていく。1週目、2週目とプレッシャーをかけられながら、毎月、会議で怒鳴られないために、決められた数字の7割ほどの数字を上げて、来月こそ頑張りますと自発的に決意の言葉を述べる。そうは言っても、習慣化した行動パターンを繰り返すだけなのに、数字だけが伸びることはあったとしてもたまたまだろう。

誰でもそうだ。家を買うタイミングも同じことの繰り返しだ。7万円の家賃と1万5千円の駐車場代を払うのが嫌で家を買う人もいるし、払えなくなって、家を売る人もいる。少し多くを望んで大きな負担を引き受ける。選んでいるわけではなく、決められている。その人の運命を決めるのは能力ではなくて性格によるものだと聞いたことがある。

今、不動産業界に身を置いているが、長くその場にいる人にはそれなりの適性と耐性があるのだろう。それでも危険な状況にいることに変わりはない。テレビドラマの最終シーンは主人公がピンチの状況で終わることがたいていだ。クリフハンガーと呼ばれる手法。「・・to be continued.」と翌週に期待を持たせる。

断崖絶壁で片手一本でぶら下がってはいても、主人公は生き延びる。四半期ごとの賞与の査定期間や、前月の業績の発表をする会議が終わっても、腕一本でぶら下がっている担当者は多い。幾人かは力尽きて谷底に落ちることもあるが、企業が生存するには断崖でぶら下がっている担当は必要だから、そっと手を差し伸べる。

そんな上司はどこの会社、どこの支店にもいるし、その上司にも手を差し伸べる上司もいるから、不動産会社にいるのなら、あれこれ考えずに、一層こと楽しまなければだめだ。どうせぶら下がっていることになるからだ。何が正しいわけでもない。

今年も多くの巨大組織で不祥事が起きた。芸能事務所、車の中古車量販店や、車のメーカー、マンモス大学のスポーツクラブ。仕事だと言われれば、内部的にはどんなことも許されるが、やり過ぎて世間の好奇心と嫉妬と高潔な倫理観で裁かれる。

何れは絶壁から手を放す時が来るまで。若い担当者で、自分を毎日怒鳴りつけている上司の背中には、ゼンマイを回すネジ巻の取手のようなものが付いているものが見えることがある。ネットでそんなオモチャを見つけて苦笑いしたことがあるが、誰かが、毎日、巻き上げて使い続ける。そのゼンマイ人形とは離れられないことに気づくべきだろう。

命を取られるわけではないから、身を焦がすようなストレスを引き受けることは割に合わない。心の壁を厚くせよと言ってきたのはそのためだ。隣の芝生は蒼いがそこに移ることも対岸の絶壁にぶら下がるためだけのことかもしれない。

何故、何故と、どんな意味があるのか「?」マークを山ほど積み上げても、ひとつひとつのパズルのピースを組み上げて、最後のピースに辿り着くことはない。全部が答えでも完成はしない。皆、クリフハンガーなわけだ。

気が付けば、自分の背中にもネジ巻が付いているから辛い話だ。決められた手順に従い同調し埋没する。マイナンバーカードを作るとしたら、最後尾のグループでよい。推し進めている政治家自身が作っていないだろう。カードのポイントなど、行動に必要以上の影響を受けないよう残額が増えないようにあるものは使い切っている。




DSC_0075












とある町の交差点の風景。交差点というのは一瞬だが何か思いがよぎるものだ。ところで、年末のテレビ番組はどれもこれもつまらないので、映画ばかり見ている。音楽ばかり聴いている。駅前のカフェで本ばかり読んでいる。結局、同じパターンの年末を終え、年始を迎えている。今年一年、どんな年になることやら。集団の中で流れに押し流されながらも、自分を見失わずに生きていくだけだが、何とも難しい仕事ではある。まだ、なんとかぶら下がっている。

12月になるとさすがに反響も落ちてきている。年末感が漂ってきていて活気がない。何も急いで家や土地を買わなくてもいいだろうと、もしくは、できるならもう少し考えてみたいという意識がどこかで決定を先延ばしにしてしまうのだろう。実際、年内に片づけないといけないことがあるだろうから。

去年の今頃、コロナ禍の中、カウンターにも契約室にもアクリルボードのパーテーションがあったが今はない。この一年を振り返るのはまだ早い。ゴールまで走り切ってから考えようと言ってはいるが、鳴かず飛ばずとでもいうのか、ずいぶん重苦しい時期があった。いい年ではなかったと言わざるを得ないが言わない。お客さんが減ったとい担当は多いが、言い訳にはなっても、そうでないことは自身でもわかっている。いい一年だったという担当も少なからずいるのだから。

誰でも一年を振り返るとき、やるべきことをやらなかったと後悔するものだが、いろんな恐れや不安が働いて前へ進めなかった。今、その時、やるべきことをするべきであった。今年も職場を去る人が多かったが、その時々の決断をしたのかもしれない。賞与が出たら辞めるのはいつものことだ。いきなり退職願を突き出されて驚く振りをする上司もいることだろう。理不尽、不条理が日常の側面である業界だから、我慢できずに飛び出したとしても、何もせず、ただ我慢しただけでは苦しむだけの状況よりはいい。その決断を多としたい。

司法書士事務所とは毎日のように連絡を取るが、10年、20年と補助者のままの人もいる。中には立派な学校を出ている人もいるし、所属の司法書士より、ずっと能力のある人もいる。長い付き合いの補助者もいる。どこかで見切りをつけたほうがよいのかもしれない。今時、厚生年金には入ってくれているというが、先がないことを受け入れてしまっているのではないか。人それぞれだが、自分を活かす場はほかにもあるのではないかとも思う。

何も決断しなければ人生などすぐに終わってしまうものだ。決断をしないという決断はあとで後悔が大きいのではないか。宅建士の資格を10年も受けている営業担当にも言えることだ。余計な話ではあることはよくわかっているが、自分の人生を少しでも意義あらしめることは大事だと思っている。職場の中で、狭い地域の中で勝ち負けは常にあるが、問題は勝ち負けよりどう戦ったかということでもある。何れは結果として出てくるのだから。

会社員でいること、営業担当者でいること、不動産業の中にいることを良くも悪くも思わぬ日はない。足並みを揃えて、力を合わせて、目標に向かって突き進むという光景は、美しくもあり、滑稽でもあり、従うほかないが、知恵や情報が上手く機能しているのだろうかと気づかぬ振りをしながら誰もが気にしている。そして、年末が迫る時期が来ている。

DSC_0054 01












米NBCのドラマ「ブラックリスト」が好きで何度も見ている。ジェームズ・スペイダー主演。巨大な犯罪組織の主催者レイモンド・レディントンが自身の刑事免責と情報提供を条件にFBIに出頭。FBIの特別チームとともに名だたる凶悪犯を逮捕し、多くの事件を解決しながら、自身の目的を遂げようとする。ファイナルシーズンまで10年も続いたドラマ。主人公の流暢な語り口と名言の数々。本当に面白いドラマだった。これからも繰り返し見るだろうな。

ブラックリスト SEASON 1 COMPLETE BOX [DVD]
ハリー・レニックス
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2014-12-03

いつも胸のポケットに差しているボールペンがある。もう十年以上前になるか、ずいぶん長く勤めていた会社を辞める時に、送別会の席で後輩たちが餞別にくれたものだ。「契約ペンとして使ってください」とのことだったが、実際、胸に差しているだけで、一度もカートリッジのインクは変えていないから、ほとんど使ってはいない。

今の自分と過去の自分はすべて同じではない。若い頃、運命は切り開くものだと思っていた。今は、どんな悪運も運命だと思っている。若いときは誰でも不死身だと思っているから、そんなことを考えていたのだろうな。正しいモチベーションがあればたいていのことはできることはたしかだが、あくまでたいていで、何でもできるわけではない。実際、できないことを克服しようともせずに放りだしたこともある。

仕事で、以前の勤務先の前を車で通ることがある。店の佇まいは変わらないが、契約ペンをくれた後輩たちは一人も残っていない。別の部署に移った者もいるが、どうしているのかさえ知らない者も多い。職場をただ働く場所だとは思わないが、誰でもいつかはその場所を去るものだ。騒いだり、笑ったり、いがみ合ったり、教えたり、学んだりした場所だ。嫌だったことはすっかり忘れて懐かしさだけが残っている。

不動産業界で、不動産会社で、長く生きていく方法がある。三つのことを理解する必要がある。一つは、「人を見て法を説け」ということを理解することだ。相手をよく見て、その人となり、知性、倫理観、忍耐力、能力、可能性、弱点を見極めたうえで対応する。伝わるように話をして、交渉したり、理解を求めたり、取引をする。人に多くを求めたり、のるかそるかの期待はしない。

誤解を恐れずに言うが、もう一つは、自分に敬意を払わない相手を信用しないことだ。誰でも誰かを信じたいという欲求がある。つい言いなりになったり、相手に何かを任せて不安になったり、ひどい目に遭ったりする。自分に敬意を払わない人から、何を言われても響かないし、気に病んでしまうことは意味がない。ただ、自分に敬意を払う相手なら、誠意をもって応えることが大事だと考える。もちろん、何故敬意を払わないということは真摯に受け止めることは大事だ。相手の身になって考える。人に敬意を払わないなら誰からも信用されないから注意したい。

もう一つは、今ある材料で勝負することだ。脳細胞が急に増えたり、これまでできなかったことができるわけもない。経験や知識や人脈がが増えるはずもない。今ある力を最大限に活用する。いくつかのことを組みかえればそれなりの武器になる。決して絶望しないことが大事で活路はある。どうしようもないトラブルを抱えても、うまく切り抜け解決することができる。社内でも同じだ。ひどい扱いを受けても落胆しないことだ。挽回する機会も時間もある。思っているほど悪い状況でもないことの方が多い。

我々は学者ではない。体系的に何かを学び公理を見出し答えを探す者ではなく。経験のカケラをステンドグラスのようにつなぎ合わせて、形にして今現在の状況を切り抜けようとする者だ。角度も大きさも透明度も違う一つ一つのカケラ。つなぎ合わせる過程で方向性が決まってしまうが、自分なりの完結性のあるものに仕上げることができる。行きて活きて生きていくのみだ。

「行蔵は我に存す、毀誉は他人の主張、我に与からず我に関せずと存候」。勝海舟の言葉だ。出処進退は自分で決める。毀誉褒貶は他人の主張で、自分には関係がないという意味だ。他人の心無い言葉に、心身の調和を崩してはならない。何処まで行っても、自分は自分なのだから。マイペースで協調性がないと思われないようにはしても、判断し行動するのは自分でしかないのだから。


ALICE AGAIN 限りなき挑戦 -OPEN GATE- THE SETLIST
アリス
Universal Music =music=
2019-05-01


この10月、シンガーソングライターという括り方はできないかもしれないが、谷村新司が亡くなった。中学、高校の頃、ラジオの深夜番組をよく聞いていた。谷村のファンというよりアリスの曲が好きだった。自分たちはアーチストだと言わないところがよかった。落語家も漫才師も歌手も、ひとつの職業で、芸人というカテゴリーの中にある。よくもアーチストなどと自分を高みのカテゴリーに入れるものだと思っていたが、そういう言わば臭みのないところ、あるいは安っぽさのないところががよかった。ご冥福を祈りたい。


DSC_0028


若くして頭角を現して、優秀な業績を重ね、企業内のピラミッドを二段抜かしで登っていくような人がいる。技術や知識を周囲と競い合って階梯を登って行ったわけだから、何かと目立つ存在であるし、それなりの評価や地位や収入を得られていいし、多くの人を従え歩くことは当然のことだろう。輝く瞬間はあっていい。周囲はそれを見習えばいいし、若い人は目標にしてもいい。

巨大な自意識を持ちすぎて、やりすぎて恨みを買うこともあるだろうが、それも競争のうちだ。理不尽な目に遭ったと思う人は辞めていくこともあるが、それも致し方のないことだ。正しい者が勝つことばかりではないが、強い者が勝つことが大半だから。勝っても負けてもゲームの結果だが、高校野球と同じく、両方のチームが勝つことはない。問題なのはゲームに参加することもできなかった人たちもいることだ。

立川談志の言葉に、「落語は忠臣蔵の四十七士じゃなくて、逃げちゃった残りの赤穂浪士253人が、どう生きるかを描くもんだ」というものがある。赤穂浪士討ち入りも、討ち入った47人以外に、参加しなかった253人のその後の人生もあるということだ。その普段は風景の中に溶け込んでいる253人こそが、実は主役なわけだ。

牧羊犬に追い立てられて動く羊の群れのごとく、上へも外へも行くことはないし、ゲームチェンジャーにもなれないが、組織を支えているのは、間違いなくこの263人だ。253人がやる気を無くし、組織が停滞すれば、業績は落ち会社はやっていけなくなる。鳴かぬホタルが身を焦がすというが、灰になるまでは我慢はしないだろう。

厳しいノルマと高い給与で組織を縛りあげ、急成長した企業はどの業界にもある。組織が大きくなっているのに、古い体質のままで、自己変革ができずに、あちこちに機能障害が出てくる。ひどくなると、内部告発が続いて、大きな社会問題になるようなこともある。今、騒ぎになっている中古車販売業者も報道されている内容が事実ならずいぶんひどい話だが、いろいろ出てくるので、ほかにもあるのではと思ってしまう。

いろんな業界でも同じことが起きていることだろう。まして、旧態依然たる不動産業界は、・・。街角で、誰かれなしに「新築のお家を見ませんか。」と声をかける若者たちも、いつかは身を焦がすことになるのかもしれない。そしてこんなことは、これからも続くことだろう。不祥事は一部の社員のせいではないだろう。構造的なものだ。253人はいつも指示されたまま、追い込まれて動く。辛ければ、誰も気付かないままに消えるように辞めていく。

どこの業者にも型破りなタイプの担当者がいて、いろんな意味で長続きしないこともあるが、上に登り詰めることもある。大きな業績を上げるその行動を支えるのは並外れたモチベ―ションだ。熱い気持ちはお客さんにも業者さんにも伝わるもので、いい点は見習って行けばいいが、反面教師としなければならないこともある。・・仕事は楽しんでやるものだと思っている。でなければ続かない。より深く興味を持ってやることが大事だ。

精一杯やっても失敗することがあることが仕事だし、なんとかうまくやろうと心配することが仕事だ。報われなくてもそれなりに努力はしている。その上に、理不尽なことで、本来のあるべき姿と違ったことをしなければならない立場に追い込まれることもある。

仕事をしていて用心することは、傷つかなくなることだ。当たり前のようにこなしていても、それがおかしなことだと気づかなくなってしまう。仕事が作業になってしまう。その嫌な役回りがこなせないなら、消えるしかあるまい。適応する者と、適応できなかった者、それぞれの道を行くしかない。それでも、終わりは全員にやってくる。47人にも253人にもだ。ノーサイドにはならない。ずっと引きずって歩くことにはなる。

佐藤優 田原総一朗著「人生は天国か、それとも地獄か」・・という本を読み始めている。アマゾンで偶然見つけた。佐藤優の本は書店に行くと、汗牛充棟ともいうべき量の著作があるが、とりあえず、中古品として10冊ほど買った中の一冊。面白かったら新品のものを保存用に買うことになる。

佐藤優は元外交官で作家。膨大な読書量から、多くの著作があり、多くの媒体で発言をしていて興味深い。ただ、教養があることに越したことはないが、教養のない人からも、多くのことは学べることはあると思う。むしろそのほうが多い。幼い子供からも気付かされることは多い。
人生は天国か、それとも地獄か
佐藤優
白秋社
2022-09-29



また、今から20年前にフジテレビで放映された山崎豊子原作の「白い巨塔」をDVDで見始めている。唐沢寿明の財前五郎もいいが、田宮二郎の方が立派に見える。ドラマや小説は作り物だから嫌いだという人がいたが、無から作られた主人公はいない。必ず、モデルになった人がいたはずだ。その人物に興味があるから関わろうとしている。肉薄して話をするには、読んだり、見たりすることが必要だ。
白い巨塔(一)(新潮文庫)
山崎 豊子
新潮社
2011-11-04


今日、8月15日は終戦記念日だが、百田尚樹原作の「永遠の0」の主人公、宮部 久蔵にもモデルがいたはずだ。旧海軍航空隊の撃墜王ともいうべきエースパイロットの名前が次々に浮かぶ。岩本徹三、西沢広義、坂井三郎などではないか。坂井三郎の著作なら今でもたいてい持っているが、学生の頃、夢中になって読んでいた。
永遠の0
濱田岳
2021-02-10



靖国神社にはここ数年行っていないが申し訳なく思っている。今年も行けなかったが、もう一度、手を合わせに行かねばならない。・・暑かったり、台風が来たりと、大変なお盆だが、パジャマ姿で家でゴロゴロしていても、何かには熱中している。何かを考えている。何かを気にかけている。253人の中の一人ではあるが、慎ましくもそれなりの人生がある。
靖国神社00015

このページのトップヘ