着工後2週間が過ぎた、ラーメン店の様子です
見えないけれどとても大事な給排水系の整備がほぼ完了しました。

固く分厚いコンクリートを一旦撤去、深く掘り下げて配管
アーケード内のため重機も使用出来ず生コンも届かないのでほぼ手作業
想像以上の難工事です・・・
が出来るだけ快適な作業環境のために妥協は許されません

中程の黒い四角い部分がグリーストラップ
集まった排水中の油分を除去してから下水道に流します
適切な配管取り出し位置、床勾配。やり直しがききませんので慎重に・・・
haisui

次は電気配線、エアコンや換気設備の下配管に移ります。

ここまでの工事はM左官さんと当店スタッフ2名で、
この先の設備工事、水道工事、電気工事、大工工事もほぼこの二人で完結します
ということは、多数の職人間の日程調整が不要で
仕様変更や様々な状況にも柔軟な対応が可能になります。
現場監督も兼任です。

一つの現場にかかりっきりになってしまう点以外は
期間短縮、コスト削減に加えて完成後の使い勝手の良さに繋がると確信しています。

一般家庭のリフォームも同じ事が言えると思いますね
着工から最後まで関わることが出来ると言うことは
完成の喜びをお客様と共有出来る、
このことは何ものにも替えがたい事。
 
「お客様の喜びを想いながら考え、丁寧にすすめる作業」は
自ずと違ってくるのではないでしょうか。


当店へのご連絡は
ask@juden-kobo.com
いつも見て頂いてありがとうございます