儒灯

【温故知新】儒学の普及に力を注いでおります真儒協会 会長、高根秀人年の個人ブログです。 『論語』、『易経』を中心に、経書の言葉を活学して紹介して参ります。 私個人の自由随筆、研究発表などのほか、真儒協会が毎月行っております定例講習についても掲載しております。

老子講 『老子道徳経』《 「道」のありかた/「大器晩成」→「大器免成」》その2

こちらは、前の記事の続きです。

・「広徳若不足」: ☆↓

研 究

≪中庸・中徳 ・・・ 「広徳若不足」/「衣錦尚絅」/「黄裳元吉」/「亢龍悔有」≫
→ 「被褐懐玉」〔ひかつかいぎょく〕 (§70章)

「広徳若不足」は、広大な徳は満盈〔まんえい〕を忌む”=(“盈満の戒”)/(「亢龍悔有」)ということです。
満(=盈:ピーク)ちれば欠ける、のでピークを嫌います ―― そうすると、満ちなければ欠けることもない、という理にもなります。「100%」・「満月」・「過」 ・・・を嫌うのは東洋的な気がします。平たく言えば“腹八分目”ということでしょう。個人の出世・利益も、会社の発展拡大・儲けも然りです。後に(あるいは子孫に)、空〔あき〕=無を少し残しておくのがよいのです
過不及を避ける儒学の徳、「中庸・中徳」。中=ホド〔程〕・ホドホド。少し控える → 中庸の実現です。これは、易の【謙】・【乾】・【坤】・【既済】卦などの教えるところでしょう。
―― 原典をひろってみますと。


『中庸』

○「詩曰、衣錦尚絅。悪其文之著也。故君子之道、闇然而日章。小人之道的然而日亡。」(第33章)

■「詩に曰く、錦を衣〔き〕て絅〔けい〕を尚〔くわ〕う。其の文〔ぶん〕の著わるるを悪むなり。故に君子之道は、闇然〔あんぜん〕として日に章〔あき〕らかに、小人の道は的然として日に亡〔ほろ〕ぶ。」

*It is said in the Book of Poetry “Over her embroidered robe she puts a plain, single garment“ Intimating a dislike to the display of the elegane of the formar.Just so, it is the way of the superior man to prefer the concealment of his virtue,While it daily becoms more illustrious.

『詩経』には、「錦を衣〔き〕て、褧〔ひとえ〕とする」とあります。「絅」も「褧」も単衣〔ひとえぎぬ〕、打ち掛けです。麻の粗布でつくったものです。 つまり、錦の美しい衣〔ころも〕を着て、その上に薄い粗布を重ね着するのです。その意図は、錦のきらびやかな「文」〔あや/=彩〕が外に出過ぎることを嫌うからなのです
したがって君子の道も、これに同じく、「絅」を加えるように謙遜です。ですから、外見・ちょっと見は、闇然〔あんぜん〕と暗いようですが、日に日に内に充実してある徳が章〔あき/明〕らかになってきます。反対に小人は、はじめはカッコをつけて明らかですが、中身が伴っていないので日に日にメッキが剥がれていくというものです。 想いますに、付き合っているうちに漸々〔ぜんぜん〕と尊敬の念を持たれるのが、東洋的君子人なのでしょう。『論語』にも孔子が尊敬していた晏子〔あんし〕のことが語られています。

■「子曰く、晏平仲善く人と交わる。久しくして而も(人)之を敬す。」 (公冶長・第5)

久しくしても「敬」を失わない。狎〔な〕れ親しみすぎて「敬」を失いがちなものです。晏平仲は長く尊敬され続けたのです。(“久敬〔きゅうけい〕”)

→  コギト(我想う) 

日本の儒学は、とりわけ江戸時代にその文〔あや〕花開きます。その影響かナ、と想っていることがあります。それは、とりわけ日本の着物(呉服)の中によく現れている“裏まさりの美学”です。すなわち、着物は、表は落ち着いた中間色ですが、裏地の見えない所で派手な赤や青の色を用いてオシャレしたのです。(チラリズムの美学) 伝統的に形成された、日本人の優れた感性・美意識だと想います。社会的背景としては、庶民に質素倹約を奨励した幕府の方針があったのでしょう。が、同時に思想的背景としては、この儒学的(中庸)考え方・価値観があったのだと想います。

ところで、私は教職にありますが、優れた“先生”というものは、10も20も学んで(教材研究して)その「1」くらいを教えるものです。日本のメディアに登場している“評論家”というものの多くは、「1」くらいの浅い学びで10も20も、見識なく語るがごときです。(呆れ)感心いたします。

cf.「朱 庵〔かいあん〕」=朱子 (は日の暮れ、暗い)/ 「山崎斎〔あんさい〕」


『易経』

○「黄裳、元吉。 象伝曰。黄裳元吉、文在中也。」

■「黄裳〔こうしょう〕、元吉なり。」 / 「象〔しょう〕に曰く、黄裳元吉なりとは、文〔あや〕・中に在ればなり。」 (【坤為地】 5爻・辞/彖)

「黄裳」は黄色いもすそ〔スカート〕。謙遜な坤の徳のたとえです。中徳・坤徳の厚いことを説いています。「坤為地」卦は、「乾為天」の「剛健の貞」に対して「従順の貞」、“永遠に女性なるもの”としての大地(母なる大地)です。『詩経』にも、「緑衣黄裏(うちぎ)」・「緑衣黄裳」と祖先を祀〔まつ〕る祭服が表現されています。祖霊の象徴としての「黄鳥」も登場しています。
「文」は、彩〔いろどり〕、かざり、美しき坤徳です。 「中」は生成化育の力、神道における産霊〔むすび〕・天御中主神〔あめのみなかぬしのかみ〕、ヘーゲル哲学弁証法における止揚〔しよう  /= 揚棄・アウフヘーベン: Aufheben 〕 です。

○「亢龍悔有。 象伝曰。亢龍悔有、盈不可久也。」

■「亢龍〔こうりゅう〕悔あり。」/「亢龍悔ありとは盈〔み〕つれば久しかるべからざるなり。」 
(【乾為天】上爻・辞/彖)

「亢」は、「高」に通じ、極(ピーク)の意です。飛龍が勢いに乗じ過ぎ極〔きわみ〕に達し、昇りすぎたことによってその “power” を失い、身が危うくなり悔いています。盈〔み〕つるものは必ず欠ける道理です。決していつまでも、久しくピークの状態を保つことは出来ないのです。

○「濡其首。。 象伝曰。濡其首、辧何可久也。」

■「その首を濡らす。辧未△笋Α佑掘」 / 「その首を濡らす、劼靴箸蓮何ぞ久しかるべけんや。」 (【水火既済】 上爻・辞/彖)

既済の卦の極にあるこの爻は、まさにその命脈が尽きようとする時です。まるで、ただただ前進して川の深みにはまり、首を濡らしている狐(狐は【坎】の象)のような危うさです。どうして、久しくそのままの状態でいられましょうか。きっと厄災に陥ってしまいます。


『老子』・(§70章)

○「是以聖人 被褐(而)懐玉

■「是を以て聖人は、褐〔かつ〕を被〔き〕て(而〔しか〕れども)玉を懐く」

そういうわけで聖人は、褐(麻のそまつな着物)を着ていても、(何らの貴さを外に見せませんが)(しかし)その懐〔ふところ〕には宝玉(=高貴の代表)を抱いているのです。
≒ “錦を衣〔き〕て絅〔けい〕を尚〔くわ〕う”

cf. ♪‘ぼろは着てても  こころの錦
どんな花より  きれいだぜ〜’♪

(「いっぽんどっこの歌」
/水前寺清子)


 imagex

横山大観 「被褐懐玉」



【大難解・老子講】 の目次は下のボタンをクリックしてください。

 ba_roushi


「儒学に学ぶ」ホームページはこちら
http://jugaku.net/

メールマガジンのご登録はこちら


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ

にほんブログ村

老子講 『老子道徳経』《 「道」のありかた/「大器晩成」→「大器免成」》その1

 【 41章 】/関連70章

(同異・第41章) 注1)
 ―― 「道」のありかた/ 「大器成」 → 「大器成」 注2)

§.「上士聞道」 〔シャン・シ・ウァヌ・タオ〕 

注1) 老子の説は、“逆説的”な文が非常に多いです。 「同異」は、“異を同じくす”ですから、一見相反するように見えることがらも、とどのつまりは同じである、ということかも知れません。

注2) 「大器晩成」の四字熟語・箴言〔しんげん〕は、『老子』が出典であることも意識されぬほど広く人口に膾炙〔かいしゃ〕して用いられてきました。しかし、近年の帛書老子の発見により晩成」は誤りで「免成」が正しいことが判明しました。2000年近くも親しまれ教え導いてきた「大器晩成」も善し。2000余年以上も前に説かれた、老子本来の思想の表われである「大器免成」も、また善しです。
余事ながら、私は(運命学的に)晩年運の人間で、この「大器晩成」を一つの人生の励みとして頑張っております。然るに、それが「大器免成」で“永遠に完成しない=大成することはない”の意とすると、 ―― いや、それもまた善しと想っているところです。


○「上士聞道、勤而行之。中士聞道、若存若亡。下士聞道、大笑之。不笑不足以為道。 故建言有之。 |
明道若昧、進道若退、夷道纇(類)。 |
上徳若谷、*大白若辱、☆広徳若不足。|*
補注1)
建徳若偸、質真若渝。 |
(*大白若辱、)大方無隅、※大器、大音希声、大象無形。|  →  ※
補注2)
道隠無名。夫唯道善貸且成。」

■ 上士は道を聞けば、勤めて之を行う。中士は道を聞けば、存〔あ〕るが若く亡〔な〕きが若し。下士は道を聞けば、大いに之を笑う。笑わざれば以て道と為すに足らず。故に建言〔けんげん〕に之有り。 |
明道は昧〔くら〕きが若く、進道は退くが若く、夷道は纇(類)〔らい(るい)〕なるが若し。 |
上徳は谷の若く、大白は辱〔じょくなるが/じょくせるが/けがれたるが〕若く、広徳は足らざるが若し。 |
建徳は偸〔おこたるが(怠)/とうなるが〕若く、質真は渝〔かわるが(変)/ゆなるが〕若し。|
大方〔たいほう〕は隅〔ぐう〕無く、大器は晩成〔ばんせい〕し(晩〔おそ〕く成り) 補注2)
大音〔たいおん〕は声希〔まれ/かすか〕に、大象〔たいしょう〕は形無し。 |
道は穏〔かく〕れて名無し。夫れ唯だ道のみ善く貸し且〔か〕つ成す。 |


《 大意 》

最も優れた人物(学者)は、「道」について聞いたら、力を尽くしてこれを実践しようと心がけます。中位(普通)の人物は、「道」について聞いても深く理解しないから、心に存しているようでもあり亡〔うしな〕っているようでもあり、頼りないものです(=さして気にも留めないでいます)。最も劣った人物は、「道」のことを聞かされると、(荒唐無稽の放言・大ボラとして)あざけり大笑いします。(それで、私〔=老子〕が思いますに、逆に) くだらない人物に、大ボラ(駄ボラ)として笑われるようなものでなくては、真の「道」として尊重する価値はありませんよ。 |

ですから、金言(諺〔ことわざ〕・箴言〔しんげん〕)に次のようなことがいわれています。

≪・本当に明るい道はぼんやり暗いように見え、〔「道」に明らかなものは(明智を表に出さないので)、一見ぼんやりと暗(昧)いようにみえ、〕 / ・本当に進んで行く道は退いているように見え、〔真の「道」を進み行く者は、(無為をむねとしているので)逆に退歩しているようにみえ、〕 / ・まことの平坦な道は、起伏(でこぼこ)があるかのように見えます。〔 ― 自然の起伏に従うので ―凸凹に見えるのです〕// ・至上の徳の有様は、深い谷のよう(に空虚)であり、〔※谷を「俗」に作ると、徳を表に出さないので一見低俗なものに見える、の意です〕 / ・あまりに純白なものはかえって黒ずんでおり、〔あまりに潔白な人は、(塵と同化して暮らすので)一見汚(辱)れているようであり、〕 / ・広大な徳は何かまた不足したものがあるようであり、〔広大な徳を備えた人は、あまりに広すぎて一見愚者のようにみえ、〕// ・確固とした徳は、かりそめのもののように見え、〔しっかりした徳を身に付けている人は怠け者(空っぽ)のようにみえ、〕 / ・質朴で純真な徳は、うつろいやすいように見え、〔質朴で純真な者は、逆に変わり易い(不信の)ように取られます。〕/・真に大いなる方形〔四角・角のあるもの・箱(直方体)?〕は隅がないように見え、// ・真に大きな器はいつ完成するかわからぬほど時間がかかって出来上がり、 / ・真に大きな音は耳に聞き取れず、 / ・真に大きな象〔すがた〕には形がないのです。≫ |

(以上にあげた12の諸相は、みなその陰に伏せられた道の作用があるのです。が、このように、) 

道はその姿が隠れていて、名を示さず(本質を表現しようがありません)。それにもかかわらず、この道だけが、よく万物に力を貸して成就させることができるのです


補注1) 建言の12の言葉を、「韻」によって考えてみますと、3句ずつのグループで4連が続いていることになります。すなわち、「昧」・「退」・「纇」/「谷」・「辱」・「足」/「偸」・「偸」・「隅」/「成」・「声」・「形」が押韻〔おういん〕しています。
次に意味のグループで考えてみますと。最初は「道」のグループ。次を「徳」のグループと考えて、「上徳」の句の下にあって3つの「徳」の間に混じっている「大白」の句を後に移して「大方」を説く、「大」の5句のグループとする考え方もあります。(by.金谷治『老子』 p.136)

補注2) 〈 「大器晩成」 と 「大器免成」 〉
今本〔きんぽん〕『老子』で、道の本質をさまざまに表現を変えて述べている部分です。原文は、「大方無隅、大器  、大音希声、大象無形」とあり、 無隅、希声〔希は否定の語〕、無形、が否定であるのに、晩成だと肯定(遅いが完成する)の意の文言になってしまいます。不自然です。

それに対して、「晩成」は、帛書乙本では免成(甲本では欠落)、楚簡では曼城〔まんせい:無成の意〕となっています。「免成」だと免〔まぬが〕れるの意で否定です。「曼城」も、曼は免と通用し、城は成の借字です。そうすると、真の大器は、永遠に完成することがないの意となります。これだと、文脈によく適います。

以上のように、「大器晩成」は「大器免成」が本来の意義であったのです。真に大いなる器(=人物)は完成しない、完成するようなものは真の大器ではないということです。これこそ、老子の思想によく適うというものです。

ところで、易の思想は、無始無終、循環の理です。『易経』 64卦は、63番目が【水火既済〔すいかきさい/きせい〕】で、完成・終わりの卦です。 64番目、最終の卦が【火水未済〔かすいみさい/びせい〕】で、未完成の卦です。即ち、人生に完成というものはなく、また再び 1番目、上経最初の卦【乾為天〔けんいてん〕】(もしくは、31番目、下経最初の卦【沢山咸〔たくさんかん〕】)に戻り、こうして、永遠に循環連鎖いたします

私見ですが、こうして不思議と然〔しか〕るべく、老子の真意と易の深意が重なりました。老荘と儒学の 2つの形而上学は、つきつめれば「一〔いつ〕」なるものなのです

なお付言しておきますと。広く知られ続けています「大器晩成」には、すでに 1800年以上の歴史があります。“真の器量人であればこそ世に認められるのに時間がかかる、たゆまぬ努力を重ねることで大いなる完成がある”ということで、あるいは慰められあるいは励まされる言葉です。これはこれで、良い格言・言霊に違いありません。

(以上、たかねブログ・儒灯 “「大器晩成」と「大器免成」”の注、抜粋引用)


・「上士・中士・下士」
士に3種の別があるとして、道に対しても3種の見解があるとしています。そして、逆にその反応から真の「道」を判じるというユニークな論法です。そして怖いほど、現代(日本)にもそのまま通じる洞察力、アイロニカルな逆説の真理に苦笑をもって感心・納得せざるを得ません。人間というものは、内面・精神においては、いかな進歩しないものとみえます。
ちなみに、儒学では聖人―君子ー大人ー小人ー愚人と5ランクに分けます。さしずめ、現代は、“下士/小人・愚人天下に満つる時” ・・・ といった感です。

→  コギト(我想う) 
―― 敗戦後の復興期・経済的繁栄期を経て、“政治家”を笑いものにする、バカにすることをもってインテリゲンチュアー〔進歩的知識人・教養人〕でもあるような風潮がとみに“蔓延”しています。“政治”がメディアを通じて“見せ物”に堕しています
(“経営の神様”・君子的経営者と言われた)故・松下幸之助氏は、最晩年に、かかる日本の将来を憂いて、日本の善き指導者を育成すべく、私財を投じて「松下政経塾」を設立されたと聞いています。国政・地方政治で「松下政経塾」出身の政治家が誕生し数を増しています。本年(‘11.9)には、その一期生である野田佳彦議員が首相に就任されました。が、さて、これらの御歴々、中身の方は如何なものでしょうか?
思い想いますに、確かに、政治家の“質(資質・中身・見識胆識)”において非常に浅薄なものがあります。例えば、明治期の政治家と比べれば雲泥の差です。何より“志”・“徳”の差甚だしいものがあります。身近というより卑近になり、近所のおじさんやおばさん、若者が“議員バッジ”を冠しているのです。TVで見たことのあるタレントや場違いな人々が、“(人)龍”でもないのに“雲(=人民・選挙)”に乗って天空を飛び回って(国家のかじ取りをして)いるのです。まことに、現今〔いま〕の時勢、情けなくも危ういものがあります。

・「建言有之」
金言・格言。一説に書物の名でもあると言います。金言・格言・諺〔ことわざ〕集の類かも知れません。永久に記憶されるべき言葉の意。/ 古〔いにしえ〕の立言者はかく言った。――The sentence−maker has thus expressed themselves :

・「大白/大方/大器/大音/大象」
4句(「大白」を入れれば5句)に「大」がついています。老子が「大」を冠すると、そのものは世俗を超えた(形而上的)存在となります。この「大」は、大小の小に対する相対的“大”ではありません。小・大を超えた、絶対的“至大”・“無限大”です。(《25章》にも老子の絶対「大」について説かれています)
この「大」を用いて常識を超えた論議にするのが、老子一流の逆説的論法です。ここでは、見事にそれを連ねています。逆説的論法(真理)の白眉です。

老子の「大」 = 〔∞〕 / 絶対的大

「大器晩成」については、(1800年ほども誤用され続けてきたように)大小の大として扱うことで、世間の常識とマッチいたしました
ex. 直接には古代中国の祭具 「鼎〔かなえ〕」・万里の長城〔2万1千キロ余、これまでの2.4倍の長さ、‘12中国政府発表〕・竜門の石窟/エジプトのピラミッド・ローマの(軍・水)道・ A.ガウディの“サクラダ・ファミリア〔聖家族教会〕”/水戸黄門(光圀)の『大日本史』〔397巻、249年かけて完成〕・ 塙〔はなわ〕保己一の『群書類従』〔国学者、5歳で失明、ヘレン・ケラーが尊敬、正編530巻、続編1150巻〕 ・・・etc.
ちなみに、人物も大きくなると(器量人を超えて)捉えようがなくなるということです。「器〔き/うつわ〕」は用途が限られているというころです。孔子の弟子では、子貢〔しこう〕は「大器量人」であり、顔回〔淵〕は孔門随一の「君子」人であったのです

・「道隠無名」
Tao lies hid and can not be named.

・「道善貸且成」
1)“善くモノに力を貸し与えて、且〔か〕つその本性のままに大成させます。” 
この「且」を“しばらく”と訓すると、意味が次のように違ってきます。
2)“道は善く力を貸して且〔しばらく〕成さしめます。”――つまり、例えば、種子〔たね〕にpower〔力〕” を貸して発芽させ、生えたらその “power” を回収するように、ある期間だけ力を付けてやりその用(=はたらき)が終われば返却してもらうということです。また、
3)“始まりを善くし終りを全うする: It is good at beginning and finishing.”の意に解するのもよいでしょう。

※ 興味深いことに、A.Waley は、商売の比喩と解しています。 ちなみに、「貸」は『論語』には見られず『孟子』には一度だけ使われています(勝文公章句上)。戦国時代に商業が発展するようになるという、後の社会経済状況をこの語が反映しているとも考えられます(小川環樹氏による)。
また私は、「徳」=「得」であることも、興味深く思っています。


(この続きは、次の記事に掲載させて頂きます。)


【大難解・老子講】 の目次は下のボタンをクリックしてください。

 ba_roushi


「儒学に学ぶ」ホームページはこちら
http://jugaku.net/

メールマガジンのご登録はこちら


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ

にほんブログ村

老子講 『老子道徳経』 ◆研究 《 【損益】の卦と「老子」 》 その6

こちらは、前の記事の続きです。

【一休禅師 (一休宗純)】

日本において、僧侶(仏教)は、教養として儒学(易学)・老荘の思想を学修していました。

とりわけ、禅宗においては、易と老荘の影響が大きいと考えられます。

私感いたしますに、その教えは“逆説の真理(論法)”を多分に含んでおり、「禅問答」などは、平行思考・右脳思考といえましょう。

座禅による覚り・覚知の世界も易と黄老の“神秘主義的傾向”と推測しています。

今回は、私たちに馴染みの深い、室町時代の禅僧・一休禅師について少々語ってみたいと思います。

1) まずは、モノの見方・発想・思考過程について。

一休さんと言えば、小坊主のころの“とんち”話で親しまれています。“この橋わたるべからず”に対して、「はし〔橋→端〕をわたらず真ん中を通りました」といったお話ですね。

ここで用いられているような前提条件そのものを変えてみるのが、平行思考、右脳的思考です。これらは易の思考プロセスと同じです

一休さんは、モノを角度(視点)をかえてみる、常識にとらわれない自由な考え方を大切にして、モノゴトの本質を見極めようとしたのです。“急がば回れ”的な、“発想の転換”です。

そして、その相対的見方・逆説の真理は、黄老に同じです

2) 次に、禅宗が重視している“覚り・覚智”の世界について。

「禅」(=「禅定」)は、梵語〔ディヤーナ〕の音訳で「静慮」(cf.黄老の「静」)と訳されています。

もともと“考える”という意味に由来するとも言われています。命題(迷い)をトコトン「考える」ことがポイントです。

易には第六感〔シックスセンス: 霊感・インスピレーション〕の世界があり、黄老にも (A.Waleyも言っていますように)ある種の神秘主義的傾向があります

平たく言えば、“学知”を超えた“覚智”の世界があるのです。

“見えざるものを観、聞こえざるものを聴く”ことによって智〔さとる〕(覚智)

○ 【一休さんの覚り】  《 夜カラス、カアと鳴いて 一休覚る 》 (by.たかね)

一休さんは、五年の間(“吾いかに生くべきか”の)覚りを求めて、ひたすら座禅と内職に専心いたします。27歳のある夜、カラスの鳴き声を聞いて覚りを開きます。

「夏夜鴉〔ア/からす〕有省」 ―― カラスも一匹・自分も一人、1人の道を歩こう、といったところでしょうか。

“覚る”とは、迷いから覚めることです。迷いのない人には、“覚り”もまたありません。そして、その“覚りのプロセス”は、ドーンと一気にすべてがわかるというものです

3) では、以上に述べた一休禅師の面目躍如たる“句”を紹介してみましょう。

○ 「女をば 法〔のり〕のみくら〔御座〕と いふぞげに 釈迦も達磨も ひょいひょいと出る」

釈迦は仏教の教祖、達磨〔だるま〕は禅宗の開祖です。お釈迦さま、達磨大師は偉大であるけれども(その母が生み育てたのですから)、おっかさんはもっと偉大だということです。

曾子は、「夫子〔ふうし/=孔子〕の道は忠恕のみ」と解しました(「孔子一貫の道」)。孔子(儒学)のいう「仁」とは、思いやりといつくしみ (忠恕・愛・慈悲)です。

「忠」【おのれ】は中する心、限りなく進歩向上する心 = 弁証法的進歩

「恕」【人におよぼす】 = 「女性(母)のクチ」ではなく「女性(母)の世界・領域」 = 造化

cf.「一〔いつ〕なるもの」=「永遠なるもの」=「受け継がれるもの」 / 神道 “産霊〔むすび〕”

○ 「漏地〔うろじ〕より 漏地〔むろじ〕へ帰る 一休〔ひとやすみ〕
雨ふらば降れ 風ふかば吹け」

漏地は、迷いのこと、漏地は迷いから覚めて“覚り”を開くこと。自分はそのどちらでもなく真ん中にいて一休〔ひとやすみ〕。迷いにも覚りにもとらわれない自由闊達な生き方が示されています。

「有」から「無」への“循環の理”が示され、バランスを保った“中庸”の徳が示されています。

雨・風(=風水、天地自然の代表)は、“無為自然” の境地でしょう。

*「一休」の名は、覚りを開いてからつけられた名前です。

○ 「たらいから たらいへうつる ちんぷんかん」

一休禅師、辞世の句です。昔時〔むかし〕は、生まれて盥〔たらい〕で産湯〔うぶゆ: 生まれた赤ちゃんを湯で清めること〕につかり、死んで盥で湯灌〔ゆかん: 死者を湯で清めること〕しました。死後のことは、ちんぷんかんぷんで分かりはしないという意です。死生観にも、また循環の理が現れていて、私には易的・黄老的なものが感じられます。

―― ちなみに、易数の「八」プラス「八」の八十八歳の長寿(=米寿)で亡くなったと伝えられています。


コギト(我想う)

≪ 一休さんと「易」の発想  ーー 「この橋わたるべからず!」 ≫

日本禅宗と老荘思想の関連が、深いものであることを述べました。ここで、「易」の発想・思考法との関連について付言しておきましょう。

先だっての11月11日(西暦‘11.11.11./元は、平成11年 11月 11日)を、“ポッキー(プリッツ)の日”といいます。タテに「1」が並んでいる象〔しょう/かたち〕からです。

10月10日を“目の日”というのもおもしろいですね。お分かりですか? 「10」を90度下に向けて、2つヨコに並べてみて下さい。易の【兌為沢】の象が“笑う少女”、【離為火】の象が“(両)目”・“めがね”であるのと同じです

音からの連想として、“耳の日(3/3)”・“虫歯の日(6/4)”・「焼き肉」(8/29)・「納豆〔なっとう〕」(7/10)・「豆腐〔とうふ〕」(10/2)の日や、さらに「いい夫婦」(11/22)の日というものまであります。

さて、一休さんといえば、小坊主のころの“とんち”で有名です。“この橋わたるべからず”と書かれた高札に対して、「はし〔橋→端〕をわたらず真ん中を通りました」と言ったお話は有名です。

これらのように、前提条件そのものを変えてみるのが、平行思考、右脳的思考です。これらは易の思考・発想法と同じです。そしてそれは、黄老のものの見方とも重なるところがあると、私は想います。

左脳ばかりを使って生きている人の多い現代。右脳的思考、左右の脳をバランスよく用いることが望まれます。とりわけ、指導者(リーダー)はそうです。そのことは、西洋の歴史に照らしてもよく解かります。

西洋古典文化の源、ギリシアの理想像は「調和のとれた人間」であり、その“再生”であるルネサンスは「普遍的人間」でした。

ついでに、この右脳的思考は、“ボケ(老人性痴呆)”の防止・“アルツハイマー性痴呆”の予防にあずかっているともいわれています。

超高齢社会の進展するわが国において、その意味でも重要と考えられます。


【大難解・老子講】 の目次は下のボタンをクリックしてください。

 ba_roushi


「儒学に学ぶ」ホームページはこちら
http://jugaku.net/

メールマガジンのご登録はこちら


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ

にほんブログ村

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ