儒灯

【温故知新】儒学の普及に力を注いでおります真儒協会 会長、高根秀人年の個人ブログです。 『論語』、『易経』を中心に、経書の言葉を活学して紹介して参ります。 私個人の自由随筆、研究発表などのほか、真儒協会が毎月行っております定例講習についても掲載しております。

2008年11月

第十五回 定例講習 (2008年11月) vol.4

vol.3の続きです。

《 29 & 30 のペア 》

29. 坎水 【かん為すい】  は、みず

8重(純)卦、3難卦、習坎

● 水また水、水はなやみ、移動・智恵、気学一白水性、弁護士・法律家、盗人、
   “知識の泉” 、 a walking dictionary [encyclopedia]〔生き字引〕、
   ・ “坎とは陥〔おちい〕るなり”(序卦伝) ・・・いかにして艱難辛苦を処理していくかという
     “意志の原則”― 「艱難、汝を玉にす」
   ・ 「険の時用大なるかな」(彖伝) ・・・険をその時々に適応して用いることは、
     大いに重要・必要なことである。
  cf. 黒田如水(官兵衛:秀吉の軍師)、横山大観の「生々流転」(水の循環を描く)
  cf. 「知者は水を楽〔この〕み、仁者は山を楽〔この〕む。
     知者は動き、仁者は静かなり。」 (『論語』・擁也第6)
  cf. 「君子の交わりは淡きこと水の如し、
     小人の交わりは甘きこと醴〔れい/あまざけ〕の如し。」(『荘子』)
  cf. 「水魚の交わり」(『三国志』、劉備と孔明)

■ 習坎(重なることを習という)、水また水。  
   1) 険難重なる象。
   2) 2爻 と 5爻が、各々2陰に落ち込んでいる象。 しかし、この象は内に信実あり。
     陰の肉体の中に、中庸の徳を持った陽の精神がしっかりと宿っている象でもある。

○ 大象伝 ;「水シキ〔しき〕りに至るは習坎なり。君子以て徳行を常にし、教事を習う。」
(水がしきりに流れくる象が習坎〔坎為水〕の卦です。君子は、この不変・不休の象 〔常久なる象〕にのっとって、艱難辛苦の中に在っても、〔むしろ、、その苦労の中で自分を磨き上げ〕徳義・徳行をいつも自分のものとして、学問の修養についても怠りなく反復〔習い習{かさ}ねる〕努力して息〔や〕むことがないのです。)

 たかね研究 : 
 ・ 知 と 智 ・・・知は 矢と口で他を傷つける、
           (シブ)柿を日に干すと甘く変わるように「日」を加えたものが 「智」。
            → 水(坎)=知 プラス 日(火・離)
 ・ 学  ・・・「学ぶ」は、“まねるーまねぶーまなぶ”/
          「習」は、習(なら)い習(かさ)ねる。
          学を重ねる。善き習慣は、“習い性となる”(習慣は第2の性)。
 ・ 学問修養 ・・・江戸5代将軍綱吉(“犬公方”)、儒学の修養・振興
           (日本儒学の発展/ 湯島聖堂/ 生類憐れみの令 ・・・)

30. 離火 【り為か】  は、麗〔り〕。

8重〔じゅん〕卦、重離

● 火また火、つき離れる、太陽、聡明・美、九紫火性、“日はまた昇る”
     ・・・日の昇らぬ明日はない
   ※ 火は何かに“ついて”初めて炎上する(cf.発火の3要素:モノ・酸素・温度)
    人も何に(正しき)に、誰につき従うかが大切
       ex.秀吉→ 今川義元から織田信長へと離れついた
   ・ 「日月は天に麗〔つ〕き、百穀草木は土に麗く。重明以て正に麗けば、
     すなわち天下を化成す。」 (太陽・月は天につき、あらゆる穀物草木は
     土についています。離卦は、火であり明であり重離・重明です。
     君臣共に明智をもって、正しいものにつくことによって、天下のあらゆるものが
     化育され生長するのです。〔天下万民も教化・育成されるのです。〕)
   cf. 人の心の火の用心”(真瀬中州) / “一灯照隅。万灯照国”
     (安岡正篤・関西師友協会) / 文化・文明の源は「火」と「石のかけら」(高根)
 ※ 2つの徳性(安岡氏):(1)明暗、心を明るく (2)清潔、浄不浄 
                    ・・・ 心に(の)太陽を!離の徳?(高根)

■ 火また火、重離、重明。
   1) (坎水と逆に)2爻と5爻が陰(柔順中正)。
     炎の中心は暗い(温度も低い、燃えていないガス状態) 
      ―ー 心を空しくして明を継ぐ。
     2爻の美徳 ---- 陰位に陰爻で正しく中庸の徳あり、「柔、中正に麗く」(彖伝)
   2) “雉 網中に罹〔かか〕るの象”(白蛾)
       ・・・内卦の離を雉とし外卦の離は網とする。雉も網も離の象。

○ 大象伝 ;「明 両〔ふた〕たび作〔おこ〕るは離なり。大人以て明を継ぎ、四方を照らす。」
(“日はまた昇る”で、太陽は明日も昇る。上・下卦共に聡明・明らか奈象です。徳のある大人・君子は、この象にのっとって、先人代々の明徳を継承しその明徳を日々新たにして、四方を(徳の光で)明るく照らす万民の光となるのです。)

   「明」を継ぐに「明」をもってするの美

 ( 補 )
  ・ 「元始、女性は実に太陽であった。真正の人であった。今、女性は月である。
    他に依って生き、他の光によって輝く、
    病人のやうな蒼〔あお〕白い顔の月である。 ・・・・・」 
     (平塚らいてう、『青鞜』発刊の辞 1911.)
  ・ 「文明とは人の身を安楽にして心を高尚するをいうなり。」 (『文明論之概略』)
  ・ 「文明とは正義のひろく行われることである。
    豪壮な邸宅、衣服の華美、概観の壮麗ではない。」 (『代表的日本人』)

 たかね研究 :   と  /  と  / 一白 と 九紫

《 水と火 》
1) 五行思想では相剋の関係“水剋火”(水で火を消す)。
  その場合、火のパワーが強すぎると(「焼け石に水」で)水で消えない。
  あるいは水が蒸発してしまい“剋”が逆転する。 
    (・・・ 命学・九星気学・四柱推命など)
2) 易の中論だと、水と火(正・テーゼと反・アンチテーゼの異質・対立するもの)を、
  統一・止揚して(アウフヘーベン・中す)、新たなるもの(合・ジンテーゼ)を生み出す。
   〔ヘーゲル弁証法〕
  ex. 水と火で、ごはん・料理ができる。男と女で、子供がうまれる。

《 坎と離 》
・ 坎=水は智恵、離=火は聡明  / ・ 坎離は陰陽逆=中男と中女
・ 坎は耳(の穴)・鼻(の穴)・肛門・性器、離は目=視覚・明らか(離火は両眼)
cf. 「渾沌〔こんとん〕の死」(『荘子』) ・・人には7穴(体は9穴)ある。
   渾沌は“のっぺらぼう”。1日に1つずつ穴をあけてやったところ、7日で死んだ。
    ――無為自然の本性は、人知を加えると死んでしまう。

【考察】 アマテラスオオミ神は、イザナギの命(男神)の左目(左は陽)から生まれた
     太陽神(陽・離・中女)。 ・・・「
     そのスサノオの命は、イザナギの命の鼻(の穴)から生まれた。・「
   cf. 鼻の外形は盛り上がっているので =艮=山の象 / 
      (フルへッヘンヘンド=うずたかい=鼻、『蘭学事始』)
   ※ 邪馬台国の女王は「卑弥呼」、そのが政治を代行した。
      この史実(『三国志』魏志倭人伝)と我国の『古事記』の話とを
      併せて考えてみたい。

《 一白水性と九紫火性 》
・ 気学宿命星「一白水性」 : 命式干支(四柱・日干支)に「壬」・「癸」、「子」・「亥」 
    のある人。  動く人多し。 “転石、苔を生ぜず。” / 
    「駅馬」 ・・・移動性は大吉 / 家相6帖と6帖の通し間を嫌う ・・・
    6=坎、6・6→「坎為水」
・ 気学宿命星「九紫火性」 : 命式干支に「丙」・「丁」、「午」・「巳」のある人。
    美的な世界(芸能・美術・デザイン・キレイ系・・・)の人
    新しい時代の資格としては、インテリアC・カラーC・福祉住環境C ・・・。/
     “離れつく”は、「T・P・O (時・所・場合)が大切。
※ ちなみに、私(高根)は、本命星 一白・月命星 九紫で水・火の二面性を持っています。

                                         

                                              ( 以 上 )


続き 「下経」 は、第十八回 定例講習の記事をご覧下さい。

「儒学に学ぶ」ホームページはこちら → http://jugaku.net/

第十五回 定例講習 (2008年11月) vol.3

vol.2の続きです。

《 23 & 24 のペア 》

23. 剥 【山地はく】  は、はげる・みだれる

準4難卦、 12消長卦 (10月)

● 身心のはがれ(「傷官〔しょうかん〕」・・・身心のメス)、“退勢の極致”、ガン・
   かいよう注意            ※ 賁が破るといった方向にいった

■ 上卦 艮山、下卦 坤地。
   1) 12消長卦にて、陰が上昇し上爻に1陽だけが踏み止まって残っている象。
     下の5陰がせまり、その1陽も剥がれ落とされようとしている象。累卵の危機。
   2) “旧を去って新生ずるの意”(白蛾) ・・・12消長卦にて、
     上爻の1陽は剥がされ尽くされてしまうが、やがて再び1陽生じ
     “1陽来復”の「地雷復」となる。
   3) 陰の小人(達)が勢いと数を増してきて、君子を追い出し、
     残るはただ一人の君子のみ。
   4) 高い山(艮)が崩れて、地(坤)に附着した象。
   5) 地に山ある象。坤は陰柔薄弱、風雨により土台が剥落して艮山不安定、
     崩壊の成り行きを示す。
   6) 1陽5陰卦、1陽崩壊寸前にて男性苦労の象。

○ 大象伝 ;「山の地に附くは剥なり。上は以て下を厚くし宅を安んず。」
(艮山が坤地に付いているのが剥の象です。これは、山が崩れて平地になろうとしているのは、地盤が薄くて不安定だからです。地盤が堅固であれば、山もまた安泰なはずです。
君子たるものは、この象にのっとって、上の立場にあるものは、天下万民の生活に厚く恵みを施し豊かにするように努め、そうすることで、自分の居る地位をも安泰にするよう心がけなければなりません。)

24. 復 【地雷ふく】  は、かえる・くり返す

12消長卦 (12月)、 (陰暦11月・冬至の卦)

● スプリング・ハズ・カム〔 Spring has come. /春は来(き)ぬ=春が来た、
                               今は春です〕
   “一陽来復(福)”・・・冬からやっと春の兆し、出直し、   ルネサンス
   明治の維新 ・・・幕府の引退、近代日本の世界史上への躍進
   ・ 「復はそれ天地の心を見るか。」(彖伝)・・・陰陽の消長・循環、
     偉大なる天地自然の摂理・営みに対する畏敬の念! 
        ※ 人間社会においてもあるでしょうか?
   ・ “復は反〔もど〕るなり”(雑卦伝) ・ “剥すること上に窮まれば下に反〔そ〕る。
     故にこれを受くるに復を以てす。”(序卦伝) ・・・ 
               賁,剥すれば一転して復(“文芸復興)”

 たかね研究 :  「復」=ルネサンス (仏・英) Renaissance
                (伊)リナシメント / 再生・文芸復興
・ 西洋(14−16c): “世界と人間の発見”(Burckhard 〔ヤコブ・ブルクハルト〕)
  ・・・中世“暗黒時代”から復活、近代への幕開け。
     ギリシア・ローマ古典文化の再生・復活、
     プラス・アルファー(当時の東方文化) =ルネサンス
・ 東洋(21c)の文芸復興〔オリエンタル・リナシメント〕・「温故知新」
  ・・・日本の現代“蒙の時代”― 準暗黒時代 / 
     (1)儒学文化のルネサンス
     (2)日本的なるモノ(平安・江戸時代の再考)
  cf. 理想社会〔ユートピア〕・理想状況を過去にもとめる(温故)のは東洋流

■ 下卦 震雷、上卦 坤地。(「剥」の綜卦)
   1) “一陽来復”:12消長卦、1陽5陰卦。「剥」の1陽が剥がれ尽くされ、
     坤地となった大地に1陽が戻ってきた象。
   2) リーダー〔指導者〕のいない民衆(坤地)の中に、1陽のリーダー・
     君子が戻ってきた。復活、新しい局面が拓けていく。
   3) “地を掘って宝を得るの象”(白蛾) ・・・地は外卦坤、宝は内卦震の象。
     掘るは震の動から。

○ 大象伝 ;「雷の地中に在るは復なり。先王以て至日に関を閉じ、商旅行かず、后〔きみ〕は方を省〔かえり〕みず。」
(震雷が坤地のに在って、雷鳴を発するにいたらぬ象が復卦です。つまり、雷の気・陽の気がまだ生じたばかりで弱いので、これを大切に養い育ててゆかねばなりません。
そこで古のよき王は、一陽来復の日にあたる「冬至」の日〔天文上の年始〕には、天下遍〔あまね〕く安静に活動を休止しました。例えば、関所を閉ざして、商人や旅人も足止めしました。また、天子(君主)も四方への巡視を行なわないで静かに過しました。 〔これらは全て、安静にして将来の善き大計を練り、弱い1陽を養い育てようとする意図からなのです。〕」

       ・ 后=君主   ・ 方=政治


《 25 & 26 のペア 》

25. 无妄 【天雷むぼう】  は、うそ・いつわりのないこと 

精神性3卦

● “無為自然”(老荘)の精神 ・・・ 無心にして人為・作為を用いないこと
              ※ 无は無で 妄〔みだ〕り無いの意。至誠。天地自然のまま。
   “自然の運行”、生まれたての赤ちゃん、神意に逆らえば天罰てきめん、
   “随神〔かんながら〕の道”(神道〔しんとう〕)
   ・ “无妄は災いなり”(雑卦伝):天の命、大自然の摂理に対する畏怖を示したもの
   ・ 「大いに亨りて以て正しきは、天の命なればなり。」(彖伝)
     「亨以、天之命也。」 → 「大正」の出典、他に「大畜」卦彖伝、「臨」卦彖伝
   cf. 横山大観の「無我」 ・・・無心

■ 上卦 乾天の下に震雷。      
   1)落雷の象。不慮の災難の意
   2)上卦乾は天行、下卦震は動・春・生命 ・・→ 天行により四時の変化があり、
     妄〔みだ〕りなく万物がそれに従ってゆく。
   3)「天地否」【天/地】の初 に外から1陽が来て无妄となったと見る。・・→
     「剛 外より来りて内に主となる。」(彖伝)

○ 大象伝 ;「天の下に雷行き、物与〔みな〕无妄なり(物ごとに无妄を与〔あた〕う)。先王以て茂〔さか〕んに時に対し万物を育う。」
(乾天の下に震雷が進み行く象が、无妄です。つまり、天の健全な運行に従って、万物は生まれ生長・発展してゆくのです。世界のあらゆるものが、この自然の法則・原理に従って運行しているのです。
古のよき王は、このことに鑑み、“天の時”に従い対応して、しっかりと成すべきことを成し、万物万民の育成に努めたのです。)

26. 大畜 【山天たいちく】  は、大いにとどめ・蓄えること

3大上爻

● 大は陽・陽徳、“千里の道も一歩から”、継続の吉、“大器晩成”
   ・ 「日〔ひび〕にその徳を新たにす。剛上りて賢を尚ぶ。
     能く健を止むるは、大正なり。」(彖伝)
    「日新其徳」=※ “日新” 
     cf. 「苟〔まこと〕に日に新た日々に新たに 又日に新たなり。」(『大学』)/
    「剛上而尚賢」=陽爻が上爻に上っているのはの意/
    「能止健、大正。」(立派に健すなわち乾の尊いものを止めているのは、
     大いに正道に適っています。)=※ 「大正」の出典
     他に「无妄」卦彖伝、「臨」卦彖伝
   ・ 上爻辞 「天の衢〔ちまた〕を何〔にな〕う、亨る。」 ・・・運気盛大、山の頂上

■ 下卦 乾天は、尊い・財貨・仁徳、上卦 艮山は、家・身体・止めるの意。
   1) 山中に天の気が蓄積されている象。家の中に財貨ある象。
   2) 大人君子が大徳・大才を蓄えていて動ぜぬ象。
   3) “金厳中に在るの象”(白蛾) ・・・金は乾の象。厳〔いわお〕中は、
     艮が上卦にある象。君子が才徳を蓄えて時機到来を待っている。

○ 大象伝 ;「天の山中に在るは大畜なり。君子以て多く前言往行を識〔しる〕し、以てその徳を畜う。」
(乾天のパワー〔気〕が 艮山の中にあって、しっかりと蓄積されているのが大畜の卦象です。君子たるもの、この象にのっとって、古の賢人たちの教えや行いを省みて認識し〔止め〕、その徳を養い蓄積するように努めるのです。)


《 27 & 28 のペア 》

27. 頤 【山雷い】  は、あご・おとがい

遊魂8卦、 似離で空虚

● 身心ともに養う、演説、“口は災いのもと(禍の門)”、“欲望の問題”、食養生、
   更年期・生活習慣病
   ・ 「頤を観てみずから口実を求む。」(卦辞) ・・・養うモノ、口に入れるモノ
       「口実」の語源 ―― (通例言い訳、弁解の意) 
   ・ 4爻辞 「虎視眈々」〔こしたんたん〕 ・・・虎視するように熱意をもっての意

■ 下卦 震、上卦 艮。
   1) 雷が山下に動くのは、草木を発生・養育せる象。
   2) あけた口の象。頤は おとがい・上あご(艮の1陽)と下あご(震の1陽)のこと、
      その間の陰爻は〔空虚〕歯の象意。→ 養う(正しく心と体を養う)=頤養の正道
    cf. 貝原 益軒 『養生訓』 /
        安岡 正篤著 『易と健康(下) ・ 養心養生をたのしむ』
   ※ 高齢社会進展の現在、“頤養の道”をしっかり考えたいものです。(by高根)

○ 大象伝 ;「山下に雷あるは頤なり、君子以て言語を慎み、飲食を節す。」
(艮山の下に震雷があるのが頤の卦です。艮山は止まって動きませんが、内にエネルギーがあって〔震が動いて〕万物を発生・育成する象です。 君子は、この象にのっとって、禍の基となる言語を慎み、健康の基である飲食を節して、しっかりと自らの徳と身体を養うのです。)

       ※ 口入れ(飲食)、口だし(言語・失言)を重視!ご用心!
        太っているリーダーはダメ ?!      ・・・・・・・(by.高根)

28. 大過 【沢風たいか】  は、大いに過ぎる

遊魂8卦、 似坎で悩み多し

● 大(陽)が過ぎる 「過」は“不及”の反対、 過食・飲み過ぎ・過労死・房事過多
   ・ 「棟撓〔むなぎたわ〕む」(卦辞)・・・棟木は屋根を支える横木
   ・ 「クツガ〔くつが〕えるなり」(雑卦伝)・・・家 倒壊の危機
   ・ 2爻:老夫、若い妻をもらう(良い)、5爻:老婦、若い夫をもらう(良くない
       ・・・老夫と老婦とでなぜ違うか?考えて見ましょう!
  cf. 「過ぎたるは猶、及ばざるが如し」(『論語』・先進第11) =「中庸」
     ・・・ 「過」と「不及」とどちらがまだ良いか? → 「不及」
     ・・・ 本来、草木を養育すべき水沢が、大いに過ぎて滅失させる
        (水も多すぎると植物を腐らせる。)
        “過食”・“過色”・・・・ 本来良いものも 過ぎるとダメ

■ 下卦 巽風、上卦 兌沢。
   1) 似坎〔にせかん〕にて、坎の洪流・氾濫の憂い。/
     水中に風木の象にて洪水や沈没。
   2) 棟撓む象。棟(2・3・4・5爻の4陽)が強すぎて、両端の柱(初・上爻の2爻)
     弱く下に曲がる。  下卦巽木、上卦兌は倒巽で木。
     巽は長い・調えるで4陽強剛で棟の象。/大坎の似象で、坎には棟の象あり。
     撓むも坎の象(凹む)。/巽は曲がる、兌は毀折から撓むの象。
   ※ 2陰4陽の卦は15卦あるが、大過は陽4つの爻が中央に結集していて過大。
   3) 君子栄えて小人衰えている象。 下卦巽は順う、上卦兌は和らぎ悦ぶ。
     2爻・5爻は陽爻にて剛強・中庸の徳。
   4) 巽木が兌沢の下に埋もれて、腐ってゆく象。
   5) 巽の船が、兌沢の中に沈没した象。
   6) “常山の蛇の如き象”(白蛾) ・・・「常山の蛇その首を撃てば則ち尾至り、
     その尾を撃てば則ち首至り、その中を撃てば首尾共に至る也」(『孫子』九地篇)
      ・・・上・下に口あり、中は全て陽で剛強。

○ 大象伝 ;「沢の木を滅すは大過なり。君子以て独立して懼れず、世を遯〔のが〕れて悶〔うれ〕うることなし。」
(兌沢の下〔中〕に巽木が沈んでいるのが大過の卦です。本来、木を養育する水も、大いに過ぎれば木を〔腐らせて〕滅ぼしてしまいます。
君子は、この象にのっとって、〔リーダーの立場にあれば、人に過ぎたる行いをするように心掛ける。〕危急存亡の時、〔濁世にあっても、洪水のような非常事態にあっても〕 毅然として自主独立して、恐れ動揺することなく、また世を遯〔のが〕れ隠れて憂悶〔ゆうもん: うれい・もだえる〕することもないのです。)

※ 「独立不懼」 cf.「独立自尊」(福沢諭吉)
※ リーダー(指導者)は、ブレてはいけません。(‘09 麻生内閣)


続きは、次の記事(vol.4)をご覧下さい。

第十五回 定例講習 (2008年11月) vol.2

易経       ――― 《 象による 64 卦解説 》 ( 其の2 )

  

上経

           (続き)


《 15 & 16 のペア 》

15. 謙 【地山けん】  は、へりくだる

● 謙虚・謙遜、“稔るほど 頭〔こうべ〕をたれる 稲穂かな”・“たれるほど 人の見上げる 藤の花”、頭・腰を低く(商人)、男性裸身

・ 「君子は終りあり。」(卦辞) ・・・君子は、3爻の1陽をさす。謙徳を履み行なうならば、終りを全うすることができる。

“艮は東北の卦なり、万物の終りをなすところにして始めを成すところなり”(説卦伝)の終りの意。

cf. 「始めあらざるなく、克〔よ〕く終有るは鮮〔すく〕なし。」(『詩経』)・「物に本末〔ほんまつ〕あり。事に終始あり。」(『大学』)・・・君子は終りを慎む

・ “物を称〔はか〕って平らかに施す意”(白蛾) ・・・高い山が下にあり 低い地が上にあるのは、高きを減らして低きに施す象、平準化作用。これは、謙譲の美徳あればこそ。

※ 64卦中、すべて良いことばを連ねているのは謙卦のみ

■ 下卦 艮山、上卦 坤地。
   1) 地中に山、艮の山の高きものが坤の地の低きものの下にある象。
   2) 1陽(3爻の君子)が、5陰の賢臣を心服させている象。
   3) 上卦の中爻、5爻が謙卦の天子。陰爻をもって陽位にあるのは、
      本来剛健であるべき天子の位にあって、柔和で謙譲の徳、中庸の徳を持つ
      天子であることを意味している。
   4) 男性裸身の象。(1陽5陰卦、腰部にあたる3爻が陽)
               cf.「天沢履」・・・女性裸身の象

○ 大象伝 ;「地中に山あるは謙、君子以て多をヘラ〔へら〕し、寡〔すくな〕きを益し、物を称〔はか〕り、施しを平かにす。」
(坤地の下に艮山があるのが謙の象です。君子はこの象を観て、多くあるものを減らして、少ないものを増〔益〕していくように図るのです。そうして、そのホドホド〔中庸〕をはかり考えて、施し与えることが偏らないように公平にすることを心がけるのです。)
         ※ 「君子中庸、君子而時中〔ときじくあたる〕」 (『中庸』・第2章)

16. 豫 【雷地よ】  は、あらかじめ

“時”・時義5卦、 〔豫・随・遯・コウ・旅〕

● 豫の3義 ・・・ (1)あらかじめ  (2)遊び楽しむ  (3)怠る
   ・ “冬来りなば春遠からじ”(シェリー) は、まだ冬 
         ・・→ 豫は「春」到来、もう春。 / 「地雷復」は春が来た、今は春。
   音楽・歌舞・楽器・先祖の祭祀に吉

■ 下卦 坤地、上卦 震雷。
   1)地上に雷が鳴っている象。“春雷”、地の上に振るい動かす形。春。
   2)震を、春の芽・若木・蕾〔つぼみ〕とし、地上に新芽が萌え出ている象。春。
    ※ 「地雷復」の雷と地が交替した。「復」は地中に震の芽があり、
       それが地上に出たものが「豫」。
   3)5陰が、1陽(4爻)に随う象。1陽は、震の主爻で前進する君子。
     「復」で最下位(初爻)にあったものが、地上に躍り出て衆陰を統率している。
     時期到来して震が力を振るう形。

○ 大象伝 ;「雷の地を出でて奮うは豫なり。先王以て楽〔がく〕を作り徳を崇〔たっと〕び、殷〔さか〕んにこれを上帝に薦〔すす〕めて以て祖考を配す。」
(雷が時を得て、地上に躍り出て奮い立って活動を開始しました。そうして、万物が生き生きと悦び楽しむのが豫の象です。
この象にのっとって、古のよき王は、〔雷鳴にならって〕音楽を作り、先代の王の徳を崇め讃えて、盛んに奏して天帝を祭り、先祖や亡き父の御霊〔みたま〕を併せて祭られたのです。〔そして君子たるものは、これにならい、万民をも悦び楽しませることに心がけなければならないのです。〕)
         ・殷=盛んの意   ・祖考=祖先と亡父   ・配=合、併の意


《 17 & 18 のペア 》

17. 随 【沢雷ずい】  は、つきしたがう

帰魂8卦

● “にしたがい、にしたがい、にしたがう”、自然の法則(きまり)に随う、
  動くことが時のよろしきに適〔かな〕うこと、中道(正道)を得ること、“臨機応変”、
  “随身”

■ 下卦 震雷、上卦 兌沢。
   1) 悦びに動いて随うの意、悦んで随うの意。
   2) 陰の小(兌)に、陽の大・強なるもの(震)が随う象。
     また、兌は1陰に2陽が随う象、震は2陰に1陽が随う象で、
     いずれも小に大が随う象。
   3) 成年男性が乙女に随喜する象。少女の笑顔(兌)に魅せられて震男が追う象。
   4) “馬に乗って鹿を追うの象”(白蛾)・・・内卦震は 元気な駿馬、外卦兌は鹿

○ 大象伝 ;「沢中に雷あるは随なり。君子もって 晦〔ひのくれ/くら・き〕に嚮〔むか〕えば入りて宴息す。」
(上卦兌沢の中に、下卦震雷があるのが随卦です。兌沢は秋、震雷は春に動き現われますが、秋になって潜〔ひそ〕み休息しているのが随の象です。 つまり、動くことが時のよろしきに適っているのです。
君子は、この象にのっとって、〔昼間は大いに活動・精励するとしても、働くばかりではなく〕 日の暮れに向かえば〔晦くなれば〕、家に帰って英気を養うためにこころ穏やかに休息するのです。」

・ 晦=日の暮れ。下卦震が動いて上卦兌の西に向かう象意から
・ 宴息=宴は安らか、息は休息。兌の悦びは安らか、2・3・4爻の艮は止まる・休息の象意から

 朱子の雅号は「晦庵〔かいあん〕」

18. 蠱 【山風こ】  は、事(事故)。

帰魂8卦、 準4難卦

● 皿の上に虫が3匹(木皿の中の虫)、酸欠・カビ状態、無風状態、“身から出た錆”、房事過多・精気虚損、

※「蠱惑〔こわく〕」:まどわす・たぶらかす、「――な眼」。「蠱女」:人を惑わす婦人

・ “幹事(事を幹〔おさ〕める者)”が大事 (爻辞より「幹」)
・ 「甲に先立つこと三日、甲に後〔おく〕るること三日」(卦辞) 
      ・・・十干にて「辛と乙」、 辛=新・革新   丁=丁寧の意
・ “喜びを以て人に随う者は、必ず事あり。・・・蠱とは事なり。”(序卦伝)

■ 下卦 巽風、上卦 艮山。
   1)山の下の風。動くべき巽風が艮止〔ストップ〕されて、ふさがっている象。
     (風がストップするとモノは腐る)
   2)巽の臭気あるモノが、艮の箱の中に止められている形。腐敗。
   3)大女(巽:中年)が、若い青年を追っている象。
     年少の男性の心の内(下卦)に年上の女性が伏入(巽)し、
     艮男が惑って(巽)いる象。   ※ 蠱惑の象 
   4)乱れが極限にまで達して、新しいものがおこる意。

○ 大象伝 ;「山下に風あるは蠱なり。君子以て民を振〔すく〕い徳を育〔やしな〕う。」
(艮山の下に巽風があり、風は山に阻まれて流れない象。また、事ある時でもあることを示す象です。君子は、この事ある時の象にのっとって、清新の気をもって万民の心を振るい起こし〔巽徳〕、心気一転させ、自分自身の徳を養い育てる〔艮徳〕ように努めるのです。)

※ 「君子以振民育徳」 → “風〔ふう〕をおこすは吏と師”(by.高根)


《 19 & 20 のペア 》

19. 臨 【地沢りん】  は、すすむ・せまる

大卦(大震)、 12消長卦 (1月)※旧12月

● 春たけなわ。のぞみ見る(上から下を臨む、下が悦んで仰ぐ) 
cf. 「観」は仰ぎ見る、隣席・臨機・光臨 
cf. 「賁臨〔ひりん〕」、“臨機応変”、スタート、転換・変化、黎明〔れいめい〕 
※ 次に「泰」になる、 学問芸術吉

   ・ 「咸臨丸」 ・・・ 1860.勝海舟「咸臨丸」にて太平洋をわたる  
           cf.(1868.3.14 勝 − 西郷会談にて江戸開城)
   ・ 「亨以。天之道也。 〔大いに亨りて以て正しきは、天の道なり。〕」(彖伝)
            ※ 「大正」の出典 / 他に「大畜」彖伝、「无妄」彖伝

■ 下卦 兌沢、上卦 坤地。
   1) (蠱の難事を排除して)難事去った内なる悦び(兌)、外には順う(坤)象。
     ・・・・「復」の1陽が長じて2陽になったもの、君子(陽)の道が長ずる義。
   2) 地と沢と互いに臨み見ている象。水辺より陸を臨む、あるいは陸の水に臨む象。
     (地上の水は沢に流れ入り、沢の水は蒸発して雲となり雨となって地を潤す。
     地は万物を育み、水はまた沢に流れ入り循環する。)
   3) “少女母に従うの意”(白蛾) ・・・少女(兌)と母(坤)相互に臨み見る象。
     外卦の坤母に内卦の兌女が従っていく意。
   4) 2爻の陽の主爻は、5爻の陰と相応じ合っている。
     天子と賢臣が相互に臨み合っている象。

○ 大象伝 ;「沢上に地あるは臨也。君子以て教思すること窮まりなく、民を容れ保んずること疆〔かぎ〕りなし。」
(地の上から下の沢を見下ろす。臨み見るのが臨卦です。この象を観て、君子たるものは、〔水の浸み潤すごとく〕人民を教え導くことについてよくよく深く考えて、窮まることなく思いを致します。そうして、人民を包容して安泰に保護していくように限りなく努力するのです。)

教思无窮 = 教は兌の象、2・3・4爻の震の象。窮まりなしは兌水と坤の意。
容保民窮 = 坤が民、容も包容で坤、「保」んずは「安」んずで坤の象、
       疆りなしも坤地が万物を載せること限りなしの象意。

※ 松平容保〔かたもり〕・・・会津藩主・京都守護職(新撰組のスポンサー)

20. 観 【風地かん】  は、あおぎみる

精神性3卦〔観・无妄・遯〕、 大卦(大艮) 12消長卦 (9月)※旧8月
(「臨」彖:8月に至れば凶あらん ・・・)

● 精神性重視、心眼で深く観る、“観光”、教育・教化・指導・(感化)、大衰の卦、
   観世音(観音・観自在)菩薩・・・精神の高められた心でみる
   ・ 「観」の意 (1)みる → よくみる・こまかにみる
           (2)大観(俯瞰) → 大所高所からみわたす ex. 横山大観
           (3)仰観 → 下より仰ぎみる
   ・ 「孚〔まこと〕ありてギョウ若〔ぎょうじゃく〕たり。」(卦辞)・・厳粛な気持ちで事に臨む
     ギョウ若=厳粛な形、様子、恭敬のさま
   cf. 大阪 四条畷〔しじょうなわて〕神社 ―― 石段の両側に「有孚」・「ギョウ若
   ・ 4爻辞 「国のる」 ・・・国の文化を観、将来を観る、“兆し”を読む。
                      “観光”の語源  cf.観象=易の占の結果を観る
   ・ “臨観の義はあるいは与え、あるいは求む”(雑卦伝)
       ・・・見下ろすと見上げる → 相方で与え合ったり求め合ったり 
       (主君・リーダーと平民・一般とで)

たかね研究 :  “見えざるものを見、聞こえざるものを聞く”
「観」は 目が3つ・・・両の目と“心眼” ex.塙〔はなわ〕保己一、ヘレンケラー    
                cf.手塚治虫・「三ツ目がとおる」
       耳も3つ・・・両の耳と“心耳” ex.ベートーベン“第九”の作曲、
                             千手舞踊団メンバー
」= “兆し”・“機微” ・・・物事が変化する前に先んじて現われる、
                   わずかな兆し・兆候(機微)。心眼・直感で“観る”
・ 「立筮」 / シックスセンス〔第6感(観)〕 / インスピレーション〔霊感〕

■ 下卦 坤地、上卦 巽風。
   1) 風と地、心がすなおでへりくだる象。
   2) 上卦巽風は号令、下卦坤の民が仰ぎみる象。
   3) 坤地を巽風が行く、万物は風に接する。
     風が遍〔あまね〕く地上を吹き渡るよう四方を観察するの義。
   4) 上に2陽あり、下の4陰を観下ろし、4陰は上の2陽を仰ぎ見る。
   5) 全体的には、大艮の象。艮は門・宗廟、民はみなこれを仰ぎ見る。
   6) 12消長卦にて、上に2陽を残すのみ。「大壮」の裏卦で大衰の象。 
     5爻の君子ピンチ!(「臨」彖辞 「八月に至れば凶あらん ・・・」)

○ 大象伝 ;「風の地上を行く観なり。先王以て方を省〔かえり〕み、民を観て教えを設く。」
(巽の風が地上を行くのが観卦です。風は万物を育成し、万物は風の吹くままになびき順って動いているのです。
古のよき王は、この風の恵みが万物に及ぶ象にのっとって、東西南北を、遍く巡幸(観察)なさり、人民の生活風俗の情況を観察され、徳育を教化(感化教育)し、それぞれに適した善政を布〔し〕いたのです。)

※ 今の日本、永田町の議員ご歴々も心してほしいものです。(by.高根)


《 21 & 22 のペア 》

21. 噬コウ 【火雷ぜいこう】  は、噛〔か〕み合わせる

● 口の中の障害物・二途がある ・・・(1)かみくだく・のみこむ   (2)吐き出す
   好事〔こうず〕魔多し、障害・妨害・詐欺注意、言葉にも注意
   4爻: 骨付き肉をかんだら金の矢じりが出てきた、労して功あり。

■ 上卦 離火、下卦 震雷。  離火は光で雷と光、稲妻
   1) “頤中物有るの象”(白蛾)・・・頤〔い/おとがい〕は「山雷頤」【山/雷】のこと、
     その口を開いた口中の象。口中に4爻の1陽があるのがこの象。 
     問題は頤〔おとがい〕の中の物、1陽は強く堅いもの。
   2) 国家社会では、4爻は奸臣・悪人。
     この悪人のため君臣は相和すことが出来ない象。
       → 裁判によって断乎、処罪排除せよ。
   3) 囚獄の象。 頤は口の象であると同時に、大離の象で、囲まれた場所の意。
     4爻の1陽は、3・4・5爻 坎の主爻で罪人。
     また上卦離は明らかにするで裁判下卦の雷は懲らすで処罰の意。

○ 大象伝 ;「雷電あるは噬コウなり。先王以て罰を明らかにし法を勅〔ととの〕う。」
(下卦が震雷であり、上卦が離電であるのが噬コウです。古のよき王は、“威光”すなわち、電光の明るさと雷の強力なパワー・威厳にのっとって刑罰を明らかにし、処罰すべきものには断乎たる処置を下せるように、法令を厳正に整え正したのです。)

           ※ 「礼」の実現・法治主義 ?

22. 賁 【山火ひ】  は、かざる・あや 

高根流 日の4(5)卦、 〔升・晋・賁・明夷・(大有)〕、
高根流 高齢社会の卦

● “文化の原則”は、知識・教養で身をかざること、本当のかざりは躾〔しつけ〕、
   晩年・夕日・有終の美、衰退の美・“モミジの紅葉”・・・もみじ狩り(=愛でる)、
   “賁臨”、やぶれる・失敗する
   cf. 「火」と「石のカケラ」から文化・文明はスタートした。(by. 高根) 
   ・ 「天文を観て以て時変を察し、人文を観て以て天下を化成す。」(彖伝)
   文明(離)の宜〔よろ〕しきに止まる(艮)のが人文
     人文を観察して天下の人々を教化育成すべき
   ・上爻辞: 「白く賁る。」“白賁”・・・美の極致、あや・かざりの究極は「白」・“素”
        (1)すべての光を反射する 
        (2)なにもない(染まっていない・白紙・素)
   ※ インテリアC、カラーC、福祉住環境C・・・の卦/高齢社会の卦 (by.高根)

■ 上卦 艮山の下に下卦離。 
   1)離の美を止めている象。 
       →  文明(離)の宜〔よろ〕しきに止まる(艮)のが人文。・・・・
   2)山下に火ある象。山に沈む太陽(夕陽・夕映え・晩年にきらめき)。
   3)下卦離は、1陰を2陽でおおい隠し、上卦艮は2陰を1陽がおおっている象。
     共に表面を飾っている。
   4)“門内美を競うの象”(白蛾)・・・外卦艮を門とし、内卦離を美・競うの意。
     離火は、上り艮はストップで争い競うの意。
   5)“明 遠きに及ばずの意”(白蛾)・・・艮山の下に離の太陽、斜陽の象。

○ 大象伝 ;「山下に火あるは賁なり。君子以て庶政を明らかにし、あえて獄を折〔さだ〕むることなし。」
(上卦艮山の下に離火がある象が賁です。君子は、〔離火の徳にのっとって〕もろもろの政〔まつ〕り事を美しく明らかなものとし、また〔艮山の徳にのっとって〕、あえて軽々しく裁判をし断を下し処罰するようなことはしないのです。)

      cf.安政の大獄(1858−59):井伊直弼/吉田松陰・橋本佐内ら死刑
        蛮社〔ばんしゃ〕の獄(1839):洋学者弾圧事件/
                           渡辺崋山・高野長英ら処罰(自刃)

たかね研究 :
 ・ 「美しい国 日本」(安倍晋三 政権)・・人の徳と「離」の文化
 ・ 孔子と易筮 : 「孔子嘗て自ら筮す。其の卦賁を得
            愀然〔しゅうぜん〕として不平の状有り。・・・」(『孔子家語』)
 ・ 《夕日の象》 ―― 「夕焼けこやけで日が暮れて・・・」 (中村雨紅)
 ・ 《高齢者考》 ―― 「唄をわすれた金絲鳥〔かなりや〕は/
               後の山に棄てましょか/
               いえいえそれはなりませぬ ・・・」 (西条八十)

 

続きは、次の記事(vol.3)をご覧下さい。

第十五回 定例講習 (2008年11月) vol.1

第十五回 定例講習 (2008年11月)

 

 

 

 

 

 


■孝経/論語 (秀人年)


■本学

  墨家(墨子) の思想 (非攻/博愛)

■易経

  中筮 [ぜ] 法とその解釈、


※ 詳細、後日アップいたします。


→ 「象 [しょう] 」 による 64卦解説2 は、次の記事(vol.2)をご覧下さい。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ