儒灯

【温故知新】儒学の普及に力を注いでおります真儒協会 会長、高根秀人年の個人ブログです。 『論語』、『易経』を中心に、経書の言葉を活学して紹介して参ります。 私個人の自由随筆、研究発表などのほか、真儒協会が毎月行っております定例講習についても掲載しております。

2012年11月

第50回 定例講習【特別講義】のあらまし (第1回)

第50回 定例講習(‘12.4.22 ) レジュメ
─── 【特別講義】 あらまし ───    (第1回)


《 はじめに 》

昨年(2011)は、本会開設5周年の節目にあたりました。

吹田市メイシアターで 「真儒協会開設5周年“真儒の集い”」 を催し、
多数のご来賓・参加者にお越しいただきました。

さて、本年・壬辰〔みずのえたつ〕年は、
易卦【水山蹇】 〔すいざんけん: 3大難卦、
包卦(=坤中に離、足止めストップの意〕 にあたり、
また私(高根)個人も年末年始に病を得たりもしました。

そのため、春恒例の“真儒の集い”は開催しないことといたしました。

それでも、この4月の講習は、年度当初であり、
また定例講習第50回目の記念すべきキリ良き月にもあたります。

そこで、盧秀人年・嬉納禄子・汐満未佐子 の3講師による
“特別講義”を行うことといたしました。

前半は、盧が 「老子と『易経』」 のテーマで、
後半は嬉納・汐満が 「陰陽相対(待)」 のテーマで講じました。

photo_20120422_1

“ティーブレイク”を利用して、恒例の“「干支色紙」授与”を行いました。

今年の十二支=「辰」を「龍」の文字で
私(高根)が、王羲之〔おうぎし〕風 と 最澄〔さいちょう〕風 との
ニ様で書いたものです。

受講生全員に好みの色紙を選んでもらい、
その場で筆記名し授与いたしました。

デモンストレーションとしては、恒例の“筮竹〔ぜいちく〕捌〔さば〕き”の披露

また、漢詩(孟浩然〔もうこうねん/モウハオラン〕・
「春暁」〔しゅんぎょう/チュンシャオ〕)を一同で朗誦し、
私が中国語で吟〔ぎん〕じ一興といたしました。

また、 “パーソナルカラー〔自分色〕診断” は、
プロのカラー・アナリストとして第─線でご活躍中の
汐満先生をお迎えしての折角の機会ですので、
未体験の老若男女みんなに体験して頂きました。

photo_20120422_2

“たかね(デザイン)研究所”作成、
101色オリジナル・ドレープ〔診断用色布〕を使って診断いたしました。

いつもの講義とは異なる彩〔あや〕の“賁〔かざ〕り”に、
とても好評を博しました。

photo_20120422_3

photo_20120422_4

通常の定例講習受講生に、新規の受講生3名、
今回の特別講習への参加者4名(児童1名含む)を加えて
賑やかに楽しく開催され、善き年度始めの講習会となりました。


《 特別講義 テーマ 》

【その1】  老子と『易経』   
   * 講師: 盧 秀人年 (真儒協会会長)
   ── 【損・益】の卦 と「老子」 / 【損・益】の深意・現代的意義を考える ── 

【その2】  陰陽相対(待)  
   * 講師:(真儒協会副会長・理事) 嬉納 禄子・汐満 未佐子 
   ── 陰陽相対(待)論 / 陰陽師・安倍晴明 / 陰陽思想とパーソナルカラー ──

   ★ 診断実演 :“パーソナルカラー〔自分色〕診断”
   (by.たかね研究所オリジナル101色ドレープ〔診断用色布〕)


《 特別講義 レジュメ/教材・資料 》


§.【その1】  老子と『易経』   教材・資料

≪ 【損・益】の卦 と 「老子」 ≫  【 老子 42 / 77 / 53 / 81章】


『易経』64卦、【山沢損☶☱(41)と【風雷益☴☳(42)。

この【損・益】の対卦は、
【泰・否】(11&12)と【既済・未済】(63&64) とともに、
『易経』のペア卦を代表するものです。

とりわけ、 【損・益】の思想は、現実社会の政治と経済に直結するものです

老子は、わけても、【損・益】の思想を自分の主張として取り入れて、
展開して述べています。

ここに、一般には隠者的思想と思い込まれているムキのある
黄老思想の現実的・政治的・為政者的(指導者・リーダー論的)側面が、
よく現れている
といえましょう。

私見ながら、この「損・益」は、老子の思想のベースに
易学があるという一つの例であると考えます。

「五経〔ごきょう〕」の筆頭として
儒学の専売特許のように位置づけられている『易経』です。

が、私は、この中国最古の奇書は儒学の源流思想であると同時に、
黄老の思想形成にもおおいにあずかって影響を与えていると考えています。

そして、現今〔いま〕の経済立国・日本は、
あたかも、たそがれて行く先を失い
道に迷い窮せんとしているが如き状態です。

現状の不慈不善を正し、日本の近未来の
(そしてその指導者〔リーダー〕の)あるべき姿を取り戻すためにも、
この“損・益の思想”は現代の光をあてて再考しなければなりません。

さて、 【損】と【益】は、“反卦〔はんか〕”/「賓卦〔ひんか〕」の関係です。

つまり、相手が対面していて(正面にいる)、
その相手から見ての卦(=卦を180度回転させれば良いことになります)です。

平たく例えれば、
自分が 一万円あげる・損する( ギブ:give/lose )のは、
相手から見れば一万円もらう・得する( テイク:take/get )です。

試合や勝負で、自分が負けるということは相手が勝つということです。

非常に、理に適っています。


◇以下、【損・益】の卦・思想について、ポイントをいくつか説明してみましょう。

( →詳しくは以下のURL《たかね・「易経64卦解説奥義/要説版》にて、
   《 41 & 42 のペア 》の枠内を参照のこと。 )

   http://blog.livedoor.jp/jugaku_net/archives/50692222.html


まず、一言確認しておきますと。

易においては、 「陽」を以て余り有るものとし、「陰」を以て不足なるものとします

そして、上卦は為政者(政府)・指導者〔リーダー〕・金持ちであり、
下卦は大衆・一般ピープル・貧しい人々
、と考えます。

(両者の)相対的関係では、主体を下卦の大衆・一般ピープル・貧しい人々を基準に考えます・・・

※ この続きは、次の記事に掲載いたします。

「儒学に学ぶ」ホームページはこちら
http://jugaku.net/

メールマガジンのご登録はこちら



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ

にほんブログ村


F.バーネット女史著・『小公子』/『小公女』  (第4回)

※この記事は、F.バーネット女史著・『小公子』/『小公女』(第3回) の続きです。

F.バーネット女史著・『小公子』/『小公女』  (第4回)

(cf.関連ブログ【儒灯】 (儒学随想) 「“パンをもらった少年”に想う」 )
 → http://blog.livedoor.jp/jugaku_net/archives/50716102.html


─── ジェントルマン〔gentleman:紳士〕&レディ〔lady:淑女〕への志向/
理想的母親像・婦人(夫人)像/静的(静止)社会イギリスと動的社会アメリカ/
大英帝国(イギリス)とフランスの文化的POWER/大英博物館・ケンブリッジ大学/
“中庸〔≒balance〕”・“徳”/仁愛〔思いやり〕/徳の感化・風化/
「高い席にいる者は貨幣〔かね〕を出せ!安い席にいる者は拍手を送れ!」/
“孔子学院”/ケッ矩〔けっく〕の道/「教」の 2義 etc.─── 


≪ 抜粋引用: 『小公子 セディ』・吉野壯兒 訳、角川文庫 /
『小公女』・伊藤 整 訳、新潮文庫 / ほか参照: 『小公子』・脇 明子 訳、岩波文庫 など ≫ 


(3) 母国イギリスの栄光と“文化的パワー” について 

F.バーネット作品の特色の一つとして、
イギリスとアメリカが物語りの舞台背景となっていることが指摘されます。

先述のように、それは専〔もっぱ〕ら、女史の生い立ちによるものでしょう。

とりわけ、母国イギリスの古き善きものへの愛情、ひとかたならぬものを感じます。

そして、それは、時代を経て、現代という視点からみると
多分にエキゾチックな世界史的時代背景であり、
現代的意味での魅力が加わっているともいえます。

ところで、後にアメリカで活躍し、 『武士道』 を英文で出版し
大反響を呼び起こすことになる新渡戸稲造〔にとべいなぞう〕は、
東大〔東京帝国大学〕の面接で志を問われた時
「われ、太平洋の架け橋とならん」 と、語ったそうです。

F.バーネット女史は、文学活動を通じて
(当時の)英米の橋渡しを果たした偉大な母親・文学者であったといえましょう。

いま、平成の御世〔みよ〕の日本は、グローバルな世界状勢の中に在って、
とりわけ“日本とアメリカ”・“日本と中国”との交流関係が問われています。

日本は、国内的に“ものさし”(=基準、cf.ケッ矩〔けっく〕の道 → ※研究 参照のこと) 
を見失い、対外的にも、“コンパス”を失くしています。

今、日本(と日本人)のアイデンティティー 
〔identity:自己同一性=日本・日本人とは何か〕が問いかけられています。


 コギト(我想う)   《 イギリス文化の偉大さに想う 》

“日の没することなき世界帝国” といわれ、名実ともに繁栄した大英帝国。

しかしながら、ヨーロッパ諸国どうしが争い(直接には 英VS独 )第2次世界大戦後、
ドイツの歴史哲学者オスヴァルト・シュペングラー 〔 Spengler 1880-1936 が、
その著 『西洋の没落』(あるいは『沈みいくたそがれの国』)
〔“Der Untergang des Abendlandes”〕で
予言したとおり、
西洋文明は没落いたしました。

大英帝国は、“たそがれ”、沈みゆく太陽のようになってしまいました。

現在、【EU】となりヨーロッパは、全体として世界の中に
政治・経済的影響力〔パワー〕を保っている有様です。

現在は、唯一・大国アメリカが世界をリードしています。

アメリカは、イギリスの“親戚”にはちがいありません。

そして、近未来は、米・中 2大国が世界をリードしていくと予測されます。

しかしながら、視点・角度を変えて観ますと。
世界で最も広く話されている言語・公用語は“英語”です

最も美しいといわれている言語は“フランス語”、
最も多く話されている言語は“中国語”です。

例えば、オリンピック競技大会で 国名・「日本」を紹介する時も 
≪ ジャパン〔Japan:英〕 → ジャポン〔Japon:仏〕 → 
ニッポン〔Nippon:日〕 ≫ と、アナウンスされますね。

言語の面では、英・仏が依然としてリードしているのです。

言葉は文化です。

そして、文化は“Power”の一部でもあります。

“英語”という言葉により、賢くも、依然としてイギリスの
“日の没することなき”世界支配は続いていると言えなくもないでしょう。
 *補注)

現代、イギリス文化のパワー・偉大さについて、1・2の例をあげてみましょう。

その政治力・文化力パワーを背景に、イギリスの“大英博物館”、
フランスの“ルーブル博物館”
は、世界有数の博物館といえます。

大英博物館は、(『小公女』・セーラが入学した学校があり
物語の直接の舞台でもある)ロンドンにあり、
現在、年間600万人が訪れているといわれています。

1753年に設立され、イギリスの発展と共に収集品を増やし、
約800万点収蔵しているといわれています。

展示室の収蔵品は僅かに1%に過ぎず、99%は収蔵庫にあります。

ヨーロッパ古典文化の源ギリシア、オリエント文化の源エジプトの
貴重な遺産が多く収蔵されていることでも知られています。

わが国との関連を見てみますと。

800万点の収蔵品のうち、約3万点が日本関係で、
そのうち日本ギャラリーに展示されているのは約300点です。

明治期の日本から、大学の代わりに“大英博物館に留学”した若者も多数います。

例えば、大英博物館に育まれた著名人の一人として、
民族学者の南方熊楠〔みなみかたくまくす〕がいます。

彼は1892(M.25)年、25歳の時渡英し大英博物館の図書館に学んでいます

またイギリスは、学術において、 “世界一優秀な大学・ケンブリッジ” をもっています。

ケンブリッジ大学の創設は古く、1209年(わが国の鎌倉時代:1192〜)です。

ケンブリッジの建築物の群は、イギリスの“伝統と格式”を象〔かたど〕っています。

現在、世界中から各国の超エリート・秀才が集まっています。

114の図書館を持ち、その蔵書量は1200万冊以上といわれ、
ほぼイギリスの出版物のすべてが所蔵されています。

“知”のケンブリッジ大学は、世界史レベルの偉人・賢人を数多〔あまた〕輩出しています。
“万有引力” 発見のニユートンをはじめ、クロムウェル、・・・・ ホーキンズ博士 etc. 

また、“DNAの(2重らせん)構造の解明”をはじめとする業績により、
61人という世界最多のノーベル賞受賞者を育てています。


*補注)

GDP.世界第1位のアメリカは“英語”
GDP.世界第2位(2010〜)の中国は“漢語(中国語)”です。

わが国の子ども達は、昨年春(2011)から小学校5・6年で英語が必修となりました。

中国は、人口約13億(わが国の10倍以上)以上ですから、
世界で最も多く話されている言語は“漢語(中国語)”ということになります。 

6年ほど前に儒学を復活「国教」化し、
2008.8.8.8 北京奥林匹克〔ペキンオリンピック〕を開催、
開会式で『論語』の冒頭を世界にアピールいたしました。

今、中国の子ども達は熱心に『論語』を学んでいます。
モノ(経済)のみならず“精神”も充実しつつあるといえます。

“中する国”中国は、文化政策にも非常に力を入れており、
中国政府がバックアップする“孔子学院” (中国語教育機関)を世界各地に設け、
中国語と文化の普及に尽力しています。

例えば、 “孔子学院”は、アフリカでも7年前に開校され、
現在(2012.7)約20ヶ国30校に迫っています。

私の身近、大阪でも2つの大学が設置しています。


◆ 結びに

子どもを胎〔たい〕し産み、乳幼児期に育てるのは母親です。

児童期(≒少年少女期)も、母親の影響力とその役割は大なるものがあります。

畢竟〔ひっきょう:結局〕するところ、
“きだて”・基本的生活習慣を“教え效〔なら〕いのっとらせる”ものは、
親・家庭の責任・義務です。

(親自身で及ばぬ)子どものための才徳育成のための教育環境 ── 
例えば、善い“本”やモノを提供してやるとか、
師や学びのための場を選んでやるといった ── を整えてやることが、
親の義務・使命です。

それが、善き親に他ならないのです。


 研 究  ── 《 篭襦未韻辰〕の道/「教」の 2義 》

“子どもは、親の背中を見て育つ”という古諺〔こげん〕があります。

子どもというものは、すべからく、親の(価値)判断の仕方を
“基準・ものさし”として行動するのです。

これを、 『大学』では、 「篭襦未韻辰:=基準・定規〕の道」 といいます。

ですから、親たるものは子どもの規範(=お手本)となる「篭襪瞭察を備えねばなりません。

これが、 「一〔いつ〕なるもの」・“善き受け継がれるもの(文化的DNA)”に他なりません。

私は、教育者という仕事がら、親と同様に教師もまた然りであると、強く想っております。

『中庸』にありますように、 “教”は“おしえる”と同時に“效〔なら〕う” ことです。

すなわち単に口先で教えるばかりでなく実践をともなう ── 
良きお手本となり、人のならいのっとるところとなる、という意味なのです。

私共の日本という国は、 “拝金主義” が蔓延〔まんえん〕し、
その弊害はなはだしきこと久しいものがあります。

けれども、これから、お貨幣〔かね〕が価値を失う時がやってきます
(金融資本主義の限界)。

お貨幣〔かね〕が価値を失った時、
頼れるもの・善くその変化に対応できるものは何でしょうか? 

それは、 “信頼”・“人と人の絆〔きずな〕”・“他人への思いやり” です。

これらが、古の表現をすれば “仁(徳・直なこころ)”です。

これこそ、日本人が本来持っている “「一〔いつ〕」なるもの”・
“ミーム〔文化的遺伝子/DNA”の要〔かなめ〕
です

私たちは、忘却しているそれを取り戻さなければなりません。


( 以 上 )


「儒学に学ぶ」ホームページはこちら
http://jugaku.net/

メールマガジンのご登録はこちら



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ

にほんブログ村

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ