「咸臨丸」 と 『蹇蹇録』

――― 「咸 [かん] 」 ・ 「臨」 ・ 「賁 [ひ] 」 ・ 「蹇 [けん] 」 卦、条約改正

1853年6月3日、ペリー提督率いるアメリカ艦隊(黒船・軍艦4隻)が浦賀沖に来航。
翌年1月再来し(軍艦7隻)、日米和親条約が締結されました。

今年2009年は、その時から156年を数えるわけです。

1月には、“Change [変革] ” をとなえてオバマ新アメリカ大統領が就任いたしました。
昨年8月には北京オリンピックが開催され、中国も世界の舞台に躍進してまいりました。
対米関係を見すえてゆく大きな節目の時機ではないでしょうか。

1858年6月、日米修好通商条約を締結。
関税自主権なく、治外法権(領事裁判権)を認めた不平等条約でした。

1860年、この条約の批准 [ひじゅん] 書交換のための遣米使節に随行し、
太平洋横断に成功した幕府海軍の木造軍艦が 「咸臨丸 [かんりんまる] 」、
その艦長が勝海舟 (義邦:よしくに、海舟は号)です。

幕臣勝海舟は、当時、世界的視野を持って、大変化によく 「革 [かく] 」
(「沢火革」:故 [ふる] きを去って革 [あらた] める) を持って対応した傑材です。

後年(明治元、1868・3・14)官軍の江戸総攻撃に際し、西郷隆盛と会見し
江戸城無血開城を実現して、江戸を戦火から救うことになります。

なお、広く周知の坂本龍馬は彼の弟子にあたります。

龍馬が勝を斬ろうとして訪問し、その人物に魅了されて弟子入りしたいきさつは、
二人の人物像をよく示しているエピソードです。

さて、「咸臨丸」 の名は 『易経』 の 「沢山咸 [たくさんかん] 」 と
「地沢臨 [ちたくりん] 」の卦に由来しています。

「咸」 は“心”をつけて “感”とするとよくわかると思います。

感応(一瞬にして心が通うこと)のあらゆる作用を意味します。

『易経』 上経は、「乾 [けん] 」 ・ 「坤 [こん] 」 に始まり、
下経は 「咸」 と 「恒 [こう] 」に始まります。

象 [しょう、かたち] でみると、“沢” = 若い女性 と “山” = 若い男性、
男女の相思相愛です。

「咸」卦は、上経の 「水雷屯 [すいらいちゅん:創造、生みの苦しみ] 」 に相当します。

即ち、「むすび [産霊] 」 ・ 生み出すの意味です。

乾・坤の2卦が天地万物をつくるのと同じように、
咸・恒の2卦から人生全般のものごとが生まれ、発展してゆくのです。

また、互卦 [ごか=卦に含まれている意味] は、
「天風コウ [てんぷうこう:思わぬめぐり合い] 」 です。

実際、これより歴史の舞台上で 「速 [すみ] やかに」 (雑卦伝)
欧米文明との出合いが進展してゆくことになるのです。

他方、「臨」卦は、のぞみ見る、希望に燃えたスタート、対外活動力の卦。
すすむ ・ 発展 ・ 光明をあらわす 「大なるもの」 (序卦伝)なのです。

この 「臨」 は非常な尊敬の言葉であって、「臨席」 ・ 「光臨」 の熟語が出来ています。
その人が席に臨 [のぞ] むことで、回りが感化され厳粛なものとなることです。

ですから、臨席はお願いするもので、「私が臨席いたします」 はおかしい使い方です。

そして、更に席をめでたく偉大にする臨席が 「賁臨 [ひりん] 」です。

「賁」 は「山火賁 [さんかひ:あや、かざる] 」 からきており、
“文化の原則” は知識教養で身をかざることの意の卦です。

「ご賁臨を仰ぎます」 ――― そう言われるような人間になりたいものです。

「臨機応変 (危機に臨み変化に応ず) 」 の言葉は、時と場合によって適切に対応することです。

儒学 (=易学) の本質は “変化の思想” です。

“臨変応機 (変化に臨んで機知に応ず) ” もまた大切といえましょう。

ちなみに、「臨」卦の 「民を容 [い] れ保 [やす] んずること強 [かぎ] りなし」 (大象伝)から、
新撰組のスポンサーの若き会津藩主・京都守護職、松平容保 [かたもり] の名がつけられています。

また、象をみてみると 「臨」卦は、水辺より陸を臨む象であり、少女が母に随 [したが] う象です。

そして 「咸」 は、若い男性 (艮 [ごん] の象でしたが、「臨」 も大卦 [たいか] をみると
大震 [だいしん] の象で 「若い木」 の意味が読みとれます。
――― 咸臨丸の甲板には、明治維新の時代を築くニューリーダー達の若き姿があったのです。

即ち、後の明治の元勲初代総理大臣・伊藤博文 [ひろぶみ] (旧千円札中の人)、
『学問のすすめ』 を著し慶應義塾大学を創始する福澤諭吉 (現1万円札中の人)、
条約改正と 「鹿鳴館」 欧化主義政策に尽力する外相・井上馨 [かおる] 達です。

結びに、条約改正の視点から述べましょう。

この不平等条約を対等の関係に改正するために、これ以後涙ぐましい努力がなされます。

歴代外相 (寺島 ・ 井上 ・ 大隈 ・ 青木) ことごとく失敗、
陸奥宗光 [むつむねみつ] 外相に至って漸 [ようや] く部分改正を実現します。

現今、日本語の教養が軽薄となり 「蹇」 の読める人も、ましてや意味のわかる人もいなくなってまいりました。

『蹇蹇録 [けんけんろく] 』 は、陸奥宗光が後年著したものです。
日清戦争や三国干渉、条約改正交渉などを回顧した貴重な史料です。

「水山蹇 [すいざんけん] 」 は、3難卦の一つで、寒さに足が凍えて進めない・足止めストップの卦です。

蹇蹇は 「難 [むずかし・くるしむ] 」 (序・雑卦伝) と同時に忠義を尽くすさまでもあります。
一個人のためではなく、人のため国家社会のための献身尽力です。

即ち、「蹇」 卦の2爻 [こう] に 「躬 [み] 」 の故 [こと] に匪 [あ] らず」 と。
「蹇蹇匪躬 [けんけんひきゅう] 」 の語は、ここから出ています。

そして、条約改正は、小村寿太郎外相による、日露戦争 (今年は104年目) 勝利を背景とした交渉により
完全成功します。 (1911)

修好通商条約締結から実に53年目のことでした。


                                       高根 秀人年


 ※こちらのブログ記事はメルマガでも配信しております。
 メルマガは「儒学に学ぶ」のホームページからご登録いただけます。

http://jugaku.net/aboutus/melmaga.htm


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村