《 はじめに 》

私の執筆・制作中の「老子」講義用テキスト、
『大難解〔やさしい〕・老子講』 が間もなく完成いたします。

本稿は、私の主宰する“真儒協会”の“定例講習・「老子」”で、私が講じてきたものと
“関西師友協会・篤教講座”において講じた折に制作した教材・資料がベースになっております。

講義用に『老子』の原典・解説書を英文文献も交えて解かり易く書き下ろしており、
又「易学」の視点も盛り込んだ老子の総括的内容となっております。

(手前味噌で恐縮ながら)難解をもって知られる老子の思想を、
咀嚼〔そしゃく:よくよくかみ砕き味わうこと〕してポイントをまとめあげ、
そしてビジュアル化も図った労作です。

私はこの研究学修で、20世紀初頭、平成の現代(日本)の“光”をあてながら
「老子」と“対話”してまいりました。

故〔ふる〕くて新しい「老子」を活学した試みでもあります

今回、その「序の言」を書き終えましたので、紹介掲載しておきたいと思います。
なお、タイトルの“よみ”「大難解 ⇒ やさしい」は、次の意味からつけました。

★はるかに遠・大なるものは反(返)ります。 
── 極(至)大に難解なるものはやさしい〔易しい:simple〕のです。
これが、黄老(老子)思想の真髄です!


────────────────────────────────────────


《 序 の 言 〔ことば〕 》

儒学と老荘(黄老・道家)思想は、東洋思想の二大潮流であり、
その二面性・二属性を形成する
ものです。

国家・社会のレベルでも、個人のレベルでも、
儒学的人間像と老荘的人間像の2面性・2属性があります。

また、そうあらなければなりません。

東洋思想の泰斗〔たいと〕、故・安岡正篤先生も述べられておられますように、
“易”と“老子”は東洋思想・哲学の至れるものであり行きつくものであり、
ある種、憧憬〔あこがれ・しょうけい〕の学びの世界です


◎「
東洋の学問を学んでだんだん深くなって参りますと、
どうしても易と老子を学びたくなる、
と言うよりは学ばぬものがない
と言うのが本当のようであります。
又そういう専門的な問題を別にしても、
人生を自分から考えるようになった人々は、
読めると読めないにかかわらず、
易や老子に憧憬〔しょうけい〕を持つのであります。
(*安岡正篤・『活学としての東洋思想』所収「老子と現代」 p.88引用 )


私は、浅学菲才〔せんがくひさい〕に加えて、50代の若さにもかかわらず、
善き機会と場を得て「易学」と「老子」を二つながらに講じさせて頂いていることを、
まことに有り難く想っております。

別の言い方をすれば、「易学」と「老子」を二つながらに講じ“楽しみ”ながら、
いまだ命(身心)を健〔すこ〕やかに存〔ながら〕えている天恵に深く感謝し、
“しあわせ”を感じています。

さて、東洋の奇書、『易経』と『老子』は難解をもって知られます。

諸々の教養人の思想・学問的憧憬〔あこがれ・しょうけい〕である
一つの所以〔ゆえん〕でもありましょう。

とりわけ『老子』は、神秘に満ち謎めいていて、
解釈も難解を超えて諸説紛々〔ふんぷん〕意味不明という箇所も多々あります。

西洋の学、それも社会科学系(法学・経済学・商学)の専門教養しか持たなかった私が、
易や老子をライフワークにするに至ったというのは、
まことに“縁尋機妙〔えんじんきみょう〕”なる出合いでありました。

そして、それは自分自身の文化・芸術的DNAがそうさせたのだと想っています。
平たく申せば“ハマリ役”のように“むいていた”ということでしょう。

若き日、不思議に何かに導かれるように易に学び自修し、
(広く儒学=四書五経を学修し)
やがて、自ずから然るべく(「自然」に)“黄老”に至ったのでした。

私が、「老子」を全くの独学で、短期間に(一応)修められたのは、
やはり20余年に亘って独学で易学を原典〔オリジナル〕で修めていた
というベースがあったからだと思います。

そして、「易学」と「老子」を併せて修めてまいりますと、
至れる者同士、その重なる所が実に多くより確かに理解〔わか〕ってまいります。

「老子」への学修は、そんなごく小さな覚知〔かくち/覚り〕を
積み重ねていくようなものであった気がしています。

“易”と“老子”の世界は、私にとって、“壺中(の)天”です

しみじみと思い想うにつけても、
壮年期、窮することなく円通自在な易学に出合っていなかったら
私の後半生もどうなっていたかわからない気がします。

また、黄老の学がなければ、晩年が心平穏・豊かなものとはならず
惨めなものとなったに違いないと思います。

≪ 学ぶ → 楽しむ → 遊ぶ ≫ と学修は至って行きます。

黄老の世界は、私にとって、現実の中にあって
心中は隠者の世界に遊ぶような気がします。

ところで、E.H.カー は「歴史とは、現在と過去との対話である」と言い、
孔子は「温故而知新」(故〔ふる/古〕きを温〔あたた/たず・ねて〕めて
新しきを知れば、以て師となるべし)の名言を残しております。

そもそも、優れた古典を修める(修めねばならない)意味は
この言〔ことば〕の中に在ります。

現代を善くし未来を展望するには、優れた古典の思想・哲学が必要です。

殊に、現代は、価値観が錯綜〔さくそう〕し課題が多岐にわたっています。

大衆民主主義社会の弊害が蔓延〔まんえん〕し、
人間の「本〔もと〕」が忘れられ乱れてまいりますと
古典に救いを求めるしかありません。

指導者(リーダー)的立場にある者はなおさらのことです。

言葉を変えれば、古典を“活学”するということです。

本稿では、“帛書老子”・“楚簡(竹簡)老子”の新発見による研究成果も踏まえながら、
20世紀初頭、平成の現代(日本)の“光”をあてながら、
「老子」と“対話”してまいりました。

故〔ふる〕くて新しい「老子」を活学してまいりました
── 具体的には、“コギト(我想う)”や“トピックス〔時事〕”に述べてある試みがそれです。

老子の“現実的平和主義”に想う≫ /
≪ユートピア=理想郷(社会・国家)について≫ /
水【坎】 を楽しむ≫ などは、
かねてから文にまとめておきたかったテーマです。

本稿・「老子」の講義冊子は、私の主宰する真儒協会の定例講習や
特別講義(3年余 約40回ほど)で講じてまいりましたものと、
安岡正篤氏にちなむ関西師友協会・篤教講座(1年弱 連続4回)において
講じた折に制作した教材・資料がベースになっております。

その折々で一所懸命に、深慮取り組んだ内容です。

そのコツコツと【畜】〔たくわ〕えた精華を、
講義冊子(テキスト)として形にすることができますことを嬉しく想っております。

易卦に【水沢節】があります。
“竹の節〔ふし〕”・“節目〔ふしめ〕”の意です。
“節から(新たに)芽が出る”とも申します。

今回の『大難解〔やさしい〕老子 講』の編纂を、
私の易学と老子研究の大きな“節目”としたいと考えています。

また、晩節の始まりとしたいと考えています。

この、ささやかな労作は、殆〔ほとん〕ど顧みられることなく
著者の無名と共に埋もれてしまうでしょう。

それは、「老子」に学ぶ者にとって相応〔ふさわ〕しいことかも知れません。

それでも、ごく限られた数にせよ、活眼の人々や志徳ある若者に役立ち、
その精神の糧〔かて〕となることを期待しています。

それによって、“一粒の麦、地に落ちて死なずです。

微〔かす〕かな一本の“ろうそくの灯〔ともしび〕”にせよ、
“受け継がれ”、やがて時の宜〔よろ〕しきを得て、
燎原〔りょうげん〕の火の如く燃え盛り人々の心を照らし、
ユートピア社会を築く原動力となることがあるやもしれません ・・・ 。


高根 秀人年  (‘13/ H.25 春 )


( 以上 )