こちらは、前の記事の続きです。

 【無名、天地之始。 有名、万物之母。】

*It was from the Nameless that Heaven and Earth sprang;
The named is but the mother that rears the ten thousand 
creatures, each after its kind.
(A.Waley  adj. p.141)

*The nameless was the beginning of heaven and earth;
The named was the mother of the myriad creatures.
(D.C.Lau adj. p.5)

*Without a name, it is the beginning of heaven and earth;
with a name, it is the mother of all things.
(Kitamura adj. p.5)

 

・「無名」: この句は、「無名」で切って 「無名〔名無き〕は、天地の始めにして、有名〔名有る〕は、万物の母。」 と 「無」で切って 「“無”を天地の始めに名づけ、“有”を万物の母に名づく。」と読む2説があります。

前者は「道は常に名無し」《32章》、 後者は「天下の物は有より生じ、有は無より生ず」(§40章) 、とあるのが解釈の拠り所の一つとなっています。

解釈についても、

A.漢文法によくある「互略法」 :無名は“天地万物”の始め、有名は“天地万物”の母、と解するとわかりよいです

B.「天地の始」と「万物の母」の対応と解釈すると、老子の“万物生成論”(後述)を良く示していると考えられます。即ち、次の序列です。
 〈 道・「無名」 ➔ 気・「有」 ➔ 天地・「有名」 ➔ 「万物」 〉

※「始」と「母」(古音はミ)が押韻

『旧約聖書』(創世記)に書かれている‘元はじまり’を比べると、興味深いものがあります。まず、絶対的“神”があります。神は“有って有るもの”で名がありません。その“神”が、暗黒に光を与え、天と地を分かち“天”と“地”を名づけます。

○「太初(たいしょ)に言(ことば)あり、言は神と共にあり」 (『旧約聖書』・創世記)

→  研 究  その2 《 キリスト教(ユダヤ教)の 神 》 参照のこと

 

(*安岡・前掲「老子と現代」 pp.101−102引用) ・・・ 〈 有名は一つの限定である 〉

「『無名は天地の始にして、有名は万物の母なり』。有名になるということは、つまりおっ母さんになって、色々なものを生んでゆくことであります然し母になるということは一つの限定であるから、そこで処女〔おとめ〕は貴いのであります。ここから何にでもなれる。だから結婚は、或る意味に於て、惜しむべき限定であります。独りぼっちでおって、神経衰弱になっても困るけれども、物解りの悪い亭主と結婚するくらい悲惨なことはない。だから西洋でも未婚の婦人のことを single blessedness 神から祝福された一人というのであります。

cf.“モラトリアム(人間)”の時代

無 = The Non−existenent /Not−being /Nothing /Complete wholes

有 = The existenent /Being /Something

*有無は、対峙・対立するものではなく一つの環状を成して境界はありません。

 

 研 究  その1  ≪ 仏教の 「色」と「空〔くう〕」 ≫

【仏教】 = 「 色不異空(しきふいくう)。空不異色(くうふいしき)。 色即是空(しきそくぜくう)。空即是色(くうそくぜしき)。 受想行識(じゅそうぎょうしき)。亦復如是(やくぶにょぜ)。 」

(『(摩訶(まか))般若波羅密多心経(はんにゃはらみったしんぎょう)』・唐 三蔵法師玄奘(げんじょう) 訳)

※ 「色」は有、「空〔くう〕」は無。「色」は森羅万象〔しんらばんしょう/=万物: Everything〕のことです。「空〔くう〕」から数学の「0〔ゼロ〕」の概念がうまれます。そして、色即是空 空即是色」とは、この「空」と「色」は“環状”で循環することを表現したものです。
般若心経 600巻も、(老子と同じく)“色・空”の 2文字から説き起こしたわけです。

 

 研 究  その2  ≪ キリスト教(ユダヤ教)の 神 ≫

――― 「十戒〔じゅっかい〕: The Ten Commandmentes 」 の神

映画「十戒」に、モーゼが“神の(いる)山〔シナイ山〕”に登り、神をみるシーンがあります。この神は、キリスト教の元始の神、つまり(イエス・キリストではなく)ユダヤ教のヤーベ(ヤハウェ/エホバ)の神のことです。(by.『旧約聖書』・出エジプト記)

モーゼ:「私を遣わされた神の御名を聞かれたら、何と答えればよいでしょうか?」

神:「わたしは有って有るもの “ I am that I am。その私が遣わしたと言うがよい。」

そして、下山して(神の)「姿は?」と聞かれて、「形は持たれない、永遠の霊の光だ。」と答えます。

*ヤハウェ〔Yahweh〕: 「イスラエル人が崇拝した神。万物の崇拝者で、宇宙の統治者。 エホバ。ヤーウェ。上帝。天帝。」(by.『広辞苑』)


(この続きは、次の記事に掲載させて頂きます。)


【大難解・老子講】 の目次は下のボタンをクリックしてください。

 ba_roushi


「儒学に学ぶ」ホームページはこちら
http://jugaku.net/

メールマガジンのご登録はこちら


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ

にほんブログ村