こちらは、前の記事の続きです。

《 日本文化 の 「水」 》

山崎正和〔まさかず〕氏は、「水の東西」(『混沌からの表現』所収/PHP研究所) の中で、水の東西文化比較論を述べています。その中で、日本と西洋(欧米)の水について、典型的具体例として日本の「鹿〔しし〕おどし」と西洋の「噴水」を挙げて、次のような水の対比で東西の文化を捉えています。

1) (日本の)“流れる水” と (西洋の)“噴き上げる水”

2) (日本の)“時間的な水” と (西洋の)“空間的な水”

3) (日本の)“見えない水” と (西洋の)“目に見える水”

日本人に好まれる日本の美というものは、「鹿おどし」に代表されるように、“水の流れ”や“時の流れ”といった 変化するもの・流れるもの・循環するもの、の美です。“時間”という目に見えない、形のないものです

それに対して、西洋の美は、「噴水」にシンボライズ〔象徴〕されるように自然に逆らって噴き上がり、空間に静止し立体を感じさせる、人工的に造形された美です。

―― 同感のいたりです。
 

想いますに。「鹿おどし」や「枯山水〔かれさんすい〕」に感じさせられる、日本の水の文化は、繊細なイマジネーションの世界です。その世界は、やはり中国源流思想がルーツでしょう。

水を“楽しんだ”孔子、水をその思想(柔弱・不争謙下・強さなど)の象とした老子、などの思想に他なりません。

上から下へと(高きから卑〔ひく〕きへと)自然に流れる水は、老子の、無為自然・変化循環の思想の象〔しょう/かたち〕です。下から上への人造的、有為不自然な欧米の思想とは、よく対照をなしています。 補注7)
 

はるか太古の中国源流思想を、わが国の祖先・先哲が、その“陶鋳力〔とうちゅうりょく: 優れた受容吸収力・消化包容力のある創造力〕”をもって受け入れました。

そして、日本人の“(ものの)あはれ”・“をかし”といった繊細な感受性が加わって、より格調高い、水に象〔かたど〕られた日本文化を形成しているのだと考えます。

 

《 水=川の流れ ・・・ 鴨長明・『方丈記』 》

「川の流れのように」 や 「時の流れに身をまかせ」という名曲の表題は、私たち(日本人)の感性によく適〔かな〕いよく知られています。 補注8)

古代中国において、“水”は“川”と同意でした。“水”は流れ移りゆくものであり、したがって川の流れであり、時の流れとも表現できるのです。
 

東洋思想において、古代の聖人・哲人(ex.孔子・老子・孫子 ・・・・ )は、“水”をその思想の象〔しょう/かたち〕といたしました

そしてそれは、“水”を(有形・固定したモノとしてではなく)“変化”と“時間”(無形・移りゆくもの)で捉えるものです

すなわち、水の流れ = 川(の流れ) として捉えるものであったといえましょう

【 東洋思想の水 】
☆水を時間(無形・形而上的)で捉える = 水の流れ = 川(の流れ)

鴨長明・『方丈記〔ほうじょうき〕』は、吉田兼好・『徒然草〔つれづれぐさ〕』と共に、わが国鎌倉期を代表する二大随筆です。 補注9)

両者は、仏者の隠者文学の金字塔で、“仏教的無常観”で貫かれているとされます。

この二大作者・作品は、中国の源流思想(=水【坎】の思想)の影響を色濃く反映しているということができましょう。
 

私見ながら、(東洋三大思想、宗教としての)“仏教”が加わると、「易学(儒学)」・「黄老」の“変化”・“循環”の思想が、“はかない/むなしい”といった消極的な意味で捉えた“無常観”(=変化)の悟りになっていると考えられます

【陰陽】の【陰】と捉えることもできましょう。 補注10)
 

水の流れ(=川/「ゆく河の流れ」)を、その文学作品の冒頭に滔々〔とうとう〕と綴〔つづ〕ったものが、鴨長明・『方丈記〔ほうじょうき〕』です。

そこでは、“無常観”(=変化)がながれる水(河)の象〔しょう/かたち〕となって表わされています。

空間(有形)を捉えているところは絵画的であり、時間(無形)を捉えているところは哲学的でもある文学作品の書き出しです。

そして、「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、・・・ 」と、まさに流れるような文体で書かれています。

激動の時代に変化・無常を身をもって体感した鴨長明ならではの名文といえましょう。

以下、『方丈記〔ほうじょうき〕』の冒頭部分を引用・紹介しておきましょう。

 

補注7) 易象〔えきしょう〕でみると西洋の文化は、多分に離・火【☲】であり、東洋日本のそれは坎・水【☵】であると想います。というのも、離・火【☲】は人工物=文明であり、目の見えることであり、(外)形です。そして、“火”が下から上へと上昇するように、(西洋の水の代表的あり方としての)噴水は下から上へと自然と逆に流れてフォーム(形)を形成しています。坎・水【☵】はその反対です。上から下へと流れ、無為自然です。

補注8) ◆「川の流れのように」: 美空ひばり さんのヒット曲としてよく知られ、秋川雅史・椿・近藤真彦・奥村チヨ さんなどで歌われている名曲です。今なお、多くの人々に唄い親しまれています。似た題名の曲として、「川の流れの如く(吉田拓郎)」・「川の流れは(THE BOOM)」・「川の流れを抱いて眠りたい(時任三郎)」 ・・・ etc.
◆「時の流れに身をまかせ」: テレサテン( 麗君) さんのヒット曲としてよく知られています。似た題名の曲として、「時の流れのように(中山美穂)」・「時の流れの中に(谷山浩子)」 ・・・ etc.

補注9) 平安期の清少納言・『枕草子〔まくらのそうし〕』を加えて、わが国 “三大随筆”といわれています。

補注10) 『徒然草』は 思想的には、一般に 仏教的無常観であるといわれています。しかし、私は、兼好が 「変化〔へんげ〕の理〔ことわり〕」(74段) と呼ぶものを、東洋的 “変化〔へんか〕の思想”として捉えてみたいのです。源流思想としての 易・『易経』の世界観・人間観です。変化は同時に 「時」 の理でもあります。序段の「心にうつりゆく」は、時間的遷移〔せんい〕でもあり、その遷移は中論(弁証法)的に捉えられます。無限変化 ― 進化循環するという意味においての 「無常」です
従って兼好の人間観・運命観は、陽性にして肯定的・主体的です。つまり、宿命と運命を峻別し、運命は人間の力で打開できると信じています。このことは、中世にあっては、注目すべきことではないでしょうか。ヘーゲル哲学の運命観も同様であり、ここに近代精神の先駆を見ることも出来ると思います。 (盧:「『徒然草』にみる源流思想」より)

 

◎ 原典資料

「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。

よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたる例なし。

世の中にある人とすみかと、またかくのごとし

たましきの都のうちに、棟〔むね〕を並べ、甍〔いらか〕を争へる、高き、いやしき、人の住まひは、世々を経て尽きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。

あるいは去年〔こぞ〕焼けて今年作れり。 あるいは大家〔おおいえ〕滅びて小家〔こいえ〕となる。 住む人もこれに同じ。

所も変はらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二、三十人が中に、わづかに一人二人なり。

朝〔あした〕に死に、夕べに生まるるならひ、ただ水の泡にぞ似たりける。

知らず、生まれ死ぬる人、いづかたより来りて、いづかたへか去る。

また知らず、仮の宿り、誰〔た〕がためにか心を悩まし、何によりてか目を喜ばしむる。

その主〔あるじ〕とすみかと、無常を争ふさま、いはば朝顔の露に異ならず。

あるいは露落ちて花残れり。 残るといへども朝日に枯れぬ。

あるいは花しぼみて露なほ消えず。 消えずといへども夕べを待つことなし。」

 

《 大意 》

流れゆく川の流れは(常に)絶えることはなくて、しかも、(その流れの水は刻々と変化して)同じ水ではありません。

よどんだ所に浮かんでいる水の泡は、一方で消えたかと思へばまた生まれて、(生まれたかと思えばまた消えて)長い間同じ状態でとどまっている前例はありません。

世の中の、人と(その)住居も、また(この川の流れや水の泡と)同じようです。

玉を敷きつめたように美しい都の中に、棟を並べ屋根の高さを競い合っている、身分の高い人や低い人、あらゆる人の住まいは、時代を経てもなくならないもの(のよう)であるけれども、それを本当(になくならない家である)かと調べてみると、昔あった家(で今も残っているもの)はまれです。

あるものは、去年焼けて今年(新しく)作っています。 あるものは、大きな家であったものが没落して小さな家となっています。 (そこに)住んでいる人も(家の場合と)同様です。

場所も変わっていないし、人もたくさんいますけれども、昔見知っていた人は、二、三十人のうちに、わずかに一人か二人です。

朝に死んでゆく人がいるかと思えば、夕方生まれる人もいるという(この世の)ならいは、まさに本当に、水の泡に似ています。

―― わからないのです、この世に生まれて死ぬ人は、どこからやって来て、どこへ去っていくのか。

また、(これも)わからないことなのですが、仮の住まいにすぎないのに、だれのために心を悩ませ、何によって目を楽しませるのか。

その家の主人と住居とが、あたかも競い合うように儚〔はかな〕く滅び去るありさまは、例えば朝顔の花(とその上)に置かれた露と変わりません。

ある時には、露が落ちて花が残っています。残るといっても朝日を浴〔あ〕びて枯れてしまいます。

(また)ある時には、花がしぼんで露がまだ消えないでいます。(が、しかし)消えないといっても夕方まで残っていることはないのです。

 

《 レオナルド・ダ・ビンチ と 「水」 》

古来、“天才”と称される偉人は少なくはありません。が、“万能の天才”(ウオーモ ウニベルサーレ:普遍的人間)と冠される偉人は稀〔まれ〕です。

その“万能の天才”の名声を代表しているのが、ルネサンスの巨人、レオナルド・ダ・ビンチ です。
 

賢人・聖人の至れるものが、象〔かた〕どられた“水”であることから、レオナルドにおいても“水”は強い執着と“楽〔らく〕”を与えているものです

ただ、一味、他の賢人たちと異なるのはその多才ぶりにあります。

―― レオナルドは、“水”(川)の流れを観て人生・自然世界を瞑想〔めいそう〕し(【哲学者】)、“水”という物質の形態を研究・深究し(【科学者】)、“水”⇒ “波”をスケッチ・デッサンしていくうち、いつしか“水”が永遠なる女性の髪の美(ウェイブ)と重なり融合して“美”の世界に深く没頭してゆくのでした(【芸術家/画家】)。

レオナルドと“水”とのかかわりについては、私たちは貴重な文献資料である「手記」によって垣間見ることができます。以下、「手記」の中から“水”に関連するものをピックアップしてみましょう。

 

◎ 原典資料

・ 一人が他を追いかける。この絵によって生命と人間の状態が理解される。

・ われわれは他人の死でわれわれの生命を養う。
死せる物の中には生命が残っている。それがいきものの内臓に結びつくとふたたび感性的知性的生命を帯びるのである。

君が手にふるる水は過ぎし水の最期のものにして、来るべき水の最初のものである。現在と いう時もまたかくのごとし
(『レオナルド・ダ・ビンチの手記 ・上 』・杉浦明平訳・岩波文庫/〔人生論〕より)

・ 水の書の始まり ―― 広くて深い形姿を有し、そこにあっては水がほとんど動かずにとどまっ   ているものは海とよばれる。

水は自然の馭者〔ぎょしゃ〕である

・ 水とは何か ―― 水は四原素のうち第ニの重さと第ニの流動性〔ヴォルビリタ〕をもつものである。これは海というじぶんの原素〔圏〕に帰りつくまでけっして静まることがない。海では、風に患わされないかぎり、じっとして世界の中心から等距離なる水面を持して憩〔いこ〕うている。
この〔水〕はありとあらゆる生ける物体の養分〔アウメント〕にして水分〔オモーレ〕である。月の下なるいかなるものも水なしにはひとりで最初の形態を保持して行くわけに行かない。

水はもろもろの物体を結合し、養い、それを成長させる。水より軽いものは暴力をもってするのでなければ水を貫くことができない。熱によって微細な水蒸気となり嬉々〔きき〕として空中に立ち昇る。寒さは水を凍結し、安定は水を腐敗さす。あらゆる匂い、色および味を受入れるが、自分には何ひとつもたない

・ そしてちょうど鏡がその前を通過する対象の色に自らを変えるように、何一つ自分自身では持たぬが、すべてを動かしもしくは捉〔とら〕える、そしてその通過する場所が千変万化すればそれだけ自分の性質をも千変万化させる。

・ 水は不断の運動によって海のどん底から山のてっぺんまでを循環し、重さを有する物体の性質に従わない。この場合ちょうど動物の血のような働きをする

・ 川の水は海から来るのではなく雲から来るのだ。

・ 水の運動 ―― 濁った水が、その流れに逆らうものにあたえる衝撃は清らかな水よりはるかに強い。

(『レオナルド・ダ・ビンチの手記 ・下 』・杉浦明平訳・岩波文庫/〔科学論〕より)
 

cf. 水=変化=循環    人間 ―― 女性の髪の美/波(ウェイヴ:Wave)




【大難解・老子講】 の目次は下のボタンをクリックしてください。

 
ba_roushi


「儒学に学ぶ」ホームページはこちら
http://jugaku.net/

メールマガジンのご登録はこちら


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ

にほんブログ村