儒灯

【温故知新】儒学の普及に力を注いでおります真儒協会 会長、高根秀人年の個人ブログです。 『論語』、『易経』を中心に、経書の言葉を活学して紹介して参ります。 私個人の自由随筆、研究発表などのほか、真儒協会が毎月行っております定例講習についても掲載しております。

水山蹇

謹賀壬辰年  (その3)

※この記事は、謹賀壬辰年 (その2) の続きです。

《 干支・九性の易学的考察/ 【水山蹇】・【地雷復】卦・「兌・沢」 》

 次に(やや専門的になりますが)、今年の干支・九性を
易の64卦になおして(翻訳して)解釈・検討してみたいと思います。

 昨年の干支、辛・卯は【沢風大過】卦(‘11.2月“儒灯”参照のこと) 
http://blog.livedoor.jp/jugaku_net/archives/51184930.html

今年の「壬・辰」は、水山蹇】卦となります。

(以下、高根 「『易経』64卦奥義・要説版」/
第14・15回〔上経〕 第18・19回〔下経〕
定例講習:「易経」64卦 No.24、39 参照のこと)

◆第14回〔上経〕
http://blog.livedoor.jp/jugaku_net/archives/50753370.html 

◆第15回〔上経〕
http://blog.livedoor.jp/jugaku_net/archives/50754546.html

◆第18回〔下経〕
http://blog.livedoor.jp/jugaku_net/archives/50692222.html

◆第19回〔下経〕
http://blog.livedoor.jp/jugaku_net/archives/50699504.html


○「蹇は、西南に利ろし。東北に利ろしからず
 大人〔たいじん〕を見るに利ろし。貞にして吉。」
  (【蹇】卦辞)

【水山蹇】の「蹇」は、寒さで足が凍えて動けなくなっていることを
象〔かた〕どっている字です。

足止めストップ、3大難卦の一つです。

「西南に利ろし。東北に利ろしからず。」と卦辞にありますのは、
東日本大震災と福島第一原発事故に対する復興の困難さ、
関西(経済)充実の重要さを暗示しているようで“機妙”です。

ただ、“契機(かなめ)”である頼り託すべき大人〔たいじん〕
(リーダー・エリート)がいるかどうかが解決のカギということでしょう。


○「王臣蹇蹇たり。躬〔み〕の故〔こと〕に匪〔あら〕ず。」
  (【蹇】2爻)

そして、“蹇蹇匪躬〔けんけんひきゅう〕”
(みのことにあらず : 自分の名誉や富貴のためではないの意)
とありますように、為政者・指導者は天下国家のために
身を削って光を灯〔とも〕さねばなりません。

君子以て身に反〔かえ〕りて徳を修む。」(大象伝)とあるように、
ただわが身に反〔かえ〕って 省みて、
ますます徳を修めることで解決をはかるのです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
≪参考資料:高根 「『易経』64卦奥義・要説版」 pp.36-37 引用≫

39. 蹇 【水山けん】  は、足の不自由・行き悩む。

    3(4)難卦、包卦(坤中に離)

 ● 寒さに足が凍えて進めない、足止めストップ、
   「西南に利ろし」(卦辞)、「難〔むずかし〕きなり」(序卦伝)

 cf. 『蹇蹇録〔けんけんろく〕』 (陸奥宗光〔むつむねみつ〕) ── 
     “蹇蹇匪躬〔けんけんひきゅう〕”
     (みのことにあらず : 自分の名誉や富貴のためではないの意)。
      「四面楚歌」( 『史記』 ・“時利あらずして騅〔すい〕ゆかず” 〕。
     “艱難〔かんなん〕、汝を玉にす

 ■ 自然界では、手前に艮の山、向こうに水の険難、
   2・3・4爻も坎を形づくり険難が重なっている形。
   前途の坎険に対して、艮の足止めストップするのがよい。
 
   「険(上卦の坎)を見て能く止まる(下卦の艮山)、知なるかな。」
   (彖伝〔たんでん〕) 
   また、坎を冬とし 艮を山とするので、冬山で行き悩むの象。

 ○ 大象伝 ;
   「山上に水あるは蹇なり。君子以て身に反〔かえ〕りて徳を修む。」
   (艮山の困難の上に 更に坎水で、上下共に行き悩む。
   このような時に、君子は、ただわが身に反〔かえ〕って 省みて、
   ますます徳を修めることで解決をはかるのです。)

 cf.「行なひて得ざるものあれば、皆反りこれを己にもとむ」
    (『孟子』・離婁上)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 次に、今年の「壬・辰」/【水山蹇】卦の先天卦をみてみますと、
地雷復】卦となります。

【地雷復】卦は、かえる・くり返すの意です。

一陽来復(福)」の出典で、冬からやっと春の兆しが見えてきたということです。


 西洋史でいえば、「復」=ルネサンス (仏・英) Renaissance (伊)リナシメント 
/ 再生・文芸復興の意です。

中世“暗黒時代”から復活、近代への幕開けでした。

日本史でいえば、「復」=「明治の維新」。  ※注1) 
幕府の引退、近代日本の世界史上への躍進でした。


 【復】卦を象〔しょう〕で解釈してまとめてみますと次のとうりです。

2)に要注目です。

■ 下卦 震雷、上卦 坤地。(「剥」の綜卦)
 1)“一陽来復”:12消長卦、1陽5陰卦。
   「剥」の1陽が剥がれ尽くされ、坤地となった大地に1陽が戻ってきた象。
 2)リーダー〔指導者〕のいない民衆(坤地)の中に、
   1陽のリーダー・君子が戻ってきた。復活、新しい局面が拓けていく。
 3)“地を掘って宝を得るの象”(白蛾) ・・・地は外卦坤、
   宝は内卦震の象。掘るは震の動から。


※注1)
「維新」といえば、橋下大阪市長〔前・大阪府知事〕の率いる
“大阪維新の会”が、昨年の選挙で大躍進。
猪突日の出の勢いです。
国政への躍進を着々と進めています。
それはそれでよいことですが、「維新」ではないでしょう。
それは【沢火革】卦、革命・破壊です。
「維新」は『大学』にある言葉で、日新・漸進的で、新旧が調和しています。
幕末〜明治の改新が、“明治革命”と言われず
“明治維新”と称されている所以〔ゆえん〕をよく考えたいものです。
今、「維新」の語が安っぽく利用され、大衆は扇動されています。
また、時代のヒーローとなっている橋下氏が、
「リーダー〔指導者〕のいない民衆(坤地)の中に戻ってきた、
1陽のリーダー・君子」であるかどうかも、疑問です。


 さて、更に、今年の九性・「六赤金性」を易学の
八卦〔はっか/はっけ =小成卦〕でいうと、「兌〔だ〕」です。

64卦(=大成卦/重卦)では、【兌為沢〔だいたく〕】が相当します。

「兌」の象意〔しょうい〕を考えながら、
具体的活学の一例を政界の動きと現状に求めてみましょう。

昨年の九性・「七赤金性」と同一ですので、
昨年の年頭ご挨拶を再掲いたしておきます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1)兌は、社交・交流。
  
  まず、国内的に中央政府のいい加減さ、中央と地方の正常な交流が課題です。
  
  大阪都構想・中部都の構想など、“わけのわからぬもの”が
  “ひょいひょい”と出てきております。
  地方の反乱、独自勝手の動きがますます活発になってまいります。

  外交に関しても、中・露・朝・米に対する“宥和政策”の限度を超えた
  軟弱外交・懺悔外交のツケは目に余るものとなってまいりました。
  日本の内外の社交・交流状況は、末期的状況です。

  そして、それと認識出来ない国民が実に多いことがその重篤さを示しています。
  ── 為政者(指導者/リーダー)に“時中”(時じく中す)が全く欠けている、
  そんな為政者を市民・国民が選ぶが故だと考えます。

2)兌沢は、沢〔さわ〕・小川ですので、
  水のように潤し、水の流れのように軽やかに如才なく課題を処理したいもの

  中央政界では、政界再編成への動きも活発化するでしょう。
  国会は“ねじれ”状態にあり、
  与党・民主党は野党との対立の調整は不可欠です。

  菅VS小沢の対立もあり、そもそも民主党内部の調整が出来ていません。

3)兌は口=演説(弁舌)=講習。
  
  4月には統一地方選挙です。
  菅内閣、“有言実行”を唱え“支持率 1%になってもやる!”との言。
  (何を言い、何をやろうというのでしょうか?) 
  “口先だけ”の総理・内閣・政党 ・・・すぐに退陣やむなしでしょう。

  加えて、鳩山・元総理の “舌禍〔ぜっか〕”もいまだに相変わらず報じられています。
  今時の政治家は、大臣・総理でも 『孝経』一つ学修していないのではないでしょか?

  “有言実行”・“口先だけ”・“舌禍”の語で、久々に思い起こしました。

  『孝経』に、「択言択行」が説かれています。 
  卿大夫章第4 : 「口に択言なく、身に択行無し
            言〔こと〕 天下に満ちて口過なく、
            行い 天下に満ちて怨悪無し。」

  《口から発する(公の)言葉は、(全部が善き言で)
  ピック・アップ〔拾い出す/よりわける〕すべきいい加減な悪言・雑言がなく、
  自身の行いも、ピック・アップするような不徳・不道なる
  自分勝手な行いをしないように。
  (そうすれば、人の長たる者や大臣が、)言葉をどれだけ世の中全体に広く使おうとも、
  口過=舌禍 :口舌による過失〕 事件が起きることもないし、
  何をどれだけ世の中全体に広く行おうとも、
  人々(市民・国民)から怨み憎まれることはないのです。》

  また、『易経』・「兌為沢」では、 

  大象伝 : 「麗沢〔りたく :麗は附くの意〕は兌なり。君子以て朋友講習す。」 

  《沢が2つ並んでいるのが兌の卦です。
  お互い和悦の心を持って、潤し益し合うのです。
  このように、君子は、朋友とお互いに講習し〔勉学にいそしみ〕
  潤沢し合って向上し合うように心がけねばなりません。》

4)兌=金(貨幣)=経済、西方金運です。

  わが国経済界は、不況脱出に向けて変則的・変動的対応が必要です。
  国際的にもグローバル化(グローバリズム:米を中心とする世界の経済的交流)が
  進展してくるでしょう。

5)兌=笑い・悦びの意味ですが、見通しは暗いようです。

  本来【兌為沢】は、“笑う少女”の象ですが、多くの男性は苦笑いのようです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


その後(昨年)の政界の変動を付言しておきますと。
平成23年(2011)9月、野田佳彦内閣が成立しました。

民主党政権3人目の総理です。
“松下政経塾”の一期生です。

“ヤジ”と罵声の中、所信表明演説(9.13)で、
“和と中庸〔ちゅうよう〕の政治”(『中庸』)を掲げ、
(『大学』の8条目)“ 正心 誠意”を標榜〔ひょうぼう〕しました。

これは、かつて安倍晋三総理が “(人徳・仁徳の)美しい国、日本” と
日本のビジョンを示したことと同様に立派なことだと思います。

ただ如何〔いかん〕せん、他の議員・マスメディア・
国民知識人の浅薄さをや ・・・ 。

野田総理はすぐに訪米して、オバマ大統領と会談(9.20)。
“I can do business with him.”
(彼となら仕事ができそうだ)と言われました。

前の2人の総理(菅・鳩山)よりはまだマシ、ということでしょうか。

年明けて、現在は消費税UP! に向けてひた走りです。

(“どじょう〔泥鰌〕”と“(人)龍”ではイメージが違いすぎて少々困惑いたしますが、)
この野田総理は、「リーダー〔指導者〕のいない民衆(坤地)の中に、
1陽のリーダー・君子が戻ってきた。復活、新しい局面が拓けていく。」という、
“(人)龍”になれますことでしょうか?


《 辰 → 龍(竜) 》

「辰年」は、一般に「龍〔たつ〕年」と言われ、
動物の“龍(竜)〔りゅう/*漢学者はリョウと発音します〕”に擬〔なぞら〕えられます。

ただし、龍は他の十二支の動物とは異なり想像上の霊獣です。

しかも、はるか古〔いにしえ〕より洋の東西を問わず存在し、
人々に広く知られています・・・


※ この続きは、次の記事に掲載いたします。
   (・・・「登龍門」・「逆鱗」・「龍と雲」 ほか)



「儒学に学ぶ」ホームページはこちら
http://jugaku.net/

メールマガジンのご登録はこちら

謹賀壬辰年  (その2)

※この記事は、謹賀壬辰年 (その1) の続きです。


《 壬・辰 & 六白金性の深意 》

さて、昨年の干支 「辛・卯」〔かのと・う〕は、
自然災害(地震・津波・水害)とそれに伴う諸問題(原発事故など)で、
辛〔つら〕い・苦しい問題未処理の年でした。

今年の干支 「壬・辰」には、どのような深意があり、
どのように方向づけるとよいのでしょうか。

十干の「壬〔じん/みずのえ〕」の字は、中の「一」が長く 
(1)「はらむ」、懐妊の「妊」 
(2)担う、担当するの意、人〔にん〕べんをつけて「任」 
(3)“壬人”〔じんじん/おもねりへつらう人〕という熟語がありますが、
いわゆる佞人〔ねいじん〕・奸人〔かんじん〕が増えそうです。

十二支の「辰〔しん・たつ〕」の字は、会意文字で
「理想に向かって辛抱強く、且つ慎重に、いろいろの抵抗や妨害と闘いながら
歩を進めてゆくという意味があります」。

「辰」の中の「二」は、「上・天・神、理想を表す指示文字で、
振・伸・震と相通ずる意味を持っている」のです。

これらのことから、「壬・辰」の干支組み合わせの今年は、
昨年に引き続いてさらに諸問題が増大する意味の年といえます。

そして、事に任〔にん〕ずる人、つまり“政治家・指導者”が
問題をしっかり処理してゆけば困難があっても解決できる、
という意味の年といえます。

※(以上は、安岡正篤氏干支学によりました。
『干支新話(安岡正篤先生講録)』・関西師友協会刊 参照。
「 」引用は、p.27。)


また、九性(星)気学で今年は、「六白〔ろっぱく〕金性」にあたります。

陰陽五行思想で、陰の「七赤〔しちせき〕金性」に対して「陽」の金性です。

昨年の「七赤金性」が洗練された貴金属(アクセサリー)・
紳士淑女のイメージであるのに対して、
「六白金性」は“剛鉄”〔ごうてつ〕のイメージです。

同じ金性ですので、今年は昨年と似ています。
内外ともに昨年の影響を受けるでしょう。

国内的には、東日本大震災の復興・福島第一原発事故の処理。
国外的には、各国で対日強硬路線がとられる中、
いよいよ“2012年問題”(先進主要国の指導者改選の年)を迎えます。

そして、経済状況でも、昨年やや景気回復しつつありますので、
今年さらに上向くように努力することが必要です。

「六白金性」の年は、活動・剛健・投資・懐胎 ・・・など
多様な現象の意味があります。

多難にして課題が山積しています。 

聡明で細かい配慮が望まれます。


《 干支・九性の易学的考察/ 【水山蹇】・【地雷復】卦・「兌・沢」 》

 次に(やや専門的になりますが)、今年の干支・九性を
易の64卦になおして(翻訳して)解釈・検討してみたいと思います。

 昨年の干支、辛・卯は【沢風大過】卦(‘11.2月“儒灯”参照のこと) 
http://blog.livedoor.jp/jugaku_net/archives/51184930.html

今年の「壬・辰」は、水山蹇】卦となります・・・



※ この続きは、次の記事に掲載いたします。
   (・・・【水山蹇】・【地雷復】卦/「登龍門」・「逆鱗」・「龍と雲」 ほか)



「儒学に学ぶ」ホームページはこちら
http://jugaku.net/

メールマガジンのご登録はこちら


謹賀壬辰年  (その1)

謹賀壬辰年 〔謹んで壬辰年を賀します〕

 ── 「絆」/東日本大震災(`11.3.11)/壬・辰・六白金性/
【水山蹇】・【地雷復】卦/「登龍門」・「逆鱗」・「龍と雲」 ほか ───


《 はじめに ・・・ 干支について 》

 明けて平成24年(2012)。 
新年を皆様と迎えますこと、大慶でございます。

 今年の干支〔えと/かんし〕は、(タツではなく)
「壬・辰〔みずのえ・たつ/じん・しん〕です。

干支は、十干〔じっかん〕(天干)と十二支(地支)です。
かつてはこの、10 と 12 の組み合わせで、
60 干支〔かんし〕の暦を作っていました。

 そして、十二支「辰」は、動物の「龍(竜)」とは専門的には直接関係ありません。
が、動物のイメージ・連想は、人口に膾炙〔かいしゃ〕しています。

干支を「今年のエトは、タツで ・・・ 」とメディアが薄々軽々と報じているところです。

また、干支は旧暦(太陰太陽暦:我国で明治維新期まで用いられました)ですから、
年始は 2月4日(立春)からで、2月3日(節分)までは、
まだ「辛・卯〔かのと・う/しん・ぼう〕」です。

これらのことを確認しておきまして、
これから干支「壬・辰」年のお話をして、私の年頭所感としたいと思います。


《 「絆」 》

ところで、昨年 平成23年の世相をあらわす文字(漢字)は「絆〔きずな〕」でした。 
(一昨年は「暑」、その前は「新」) 

自然環境から再び人間社会・人間の“に世相の関心の重点が移った感もあります。

昨年の、年頭ご挨拶で 《「暑」──“寒”そして“温”》という項目で
次のように述べておりました。

後述いたしますが、今年の干支を易学的考察いたしますと
【水山蹇】〔すいざんけん〕卦ですので、一入〔ひとしお〕興味深いものがあります。

再掲いたしておきます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 昨夏(平成22年)は、猛暑で、屋内においてすら
“熱中症”で亡くなられた方が、高齢者を中心に多数出ました。

地球温暖化を主要因とする異常気象現象は、改善するどころか、
ますますその程度を顕著なものとしてきています。

 むろん、「暑い」 のは自然界ばかりではなく、
人間界も 「暑(苦し)い」 時世です。

思い想いますに、自然がおかしいから人間もおかしくなるのか? 
はたまた、人間がおかしいから自然もおかしくなるのか? 
それは、後者が真なのでしょう。

 この暑さとは対照的に、年末年始からは、猛烈な寒波に見まわれました。

私は、四国(愛媛)に帰省していたのですが、
吹雪〔ふぶき〕の大晦日・元旦となりました。

今冬は、“ジンジン”と四肢五体に沁み込むような寒さを
(脆弱な吾が身に)体感しています。

 そして、“寒い”のは、気候ばかりではなくて、世情・人情もまた然りです。

易卦に想いを馳せてみると、【水山蹇〔すいざんけん〕】卦が浮かびます。

「蹇」は、寒さで足が凍えて動けなくなっていること象〔かた〕どっている字です。
足止めストップ、3大難卦の一つです。

 さて、こうして寒い日々が続きますと、
温〔暖:あたた〕かい”のが何よりも有り難く感じます。

今の候、つくづくと私が実感いたしますのが、
背中に入れた“ホカホカカイロ”(“あったカイロ”)と“入浴”の“温かさ”です。

至福の想いです。

それは、親身の“温かさ”の故だからでしょう。

 思い想いますに、畢竟〔ひっきょう〕、人間として肝要なものは 
“情”・“思いやり”です。

儒学の専用語で “仁〔じん〕”、(キリスト教的には“愛”、仏教的には“慈悲”)です。

その“情”・“思いやり”を具体的に擬〔なぞら〕え象〔かた〕どると、
この“ホカホカカイロ”と“入浴”の“温かさ”になるのカナ、などと想っています。

 易の八卦八象〔はっかはっしょう〕。
「離」=「火」の、“中庸”=「程〔ほど〕」を得たあたたかさ「温(暖)」が大切です。

それは、自然界の「温(暖)」ばかりでなく人間界での心の「温」も大切です。

易卦の【離為火】に関して「人の心の火の用心」(真瀬中州)という
シャレた文句もあります。

また、『論語』に 「温故而知新」(学而第1)の文言があります。

この「温」は、1)「故〔ふる/古〕きをアタタめて」とも 
2)「故きをタズねて」とも読み解します。

1)の「温めて」は、原義はゆっくり肉を煮込んでスープを作ること。
また、私は、カレーやシチューを“ねかせて”さらに一工夫を加えて
あたため直し新しい味を引き出すことと解しています。

2)の「温ねて」は、なぜ “尋ねる” と読むのでしょうか?

「温」の字は、サンズイ(水) + 日=囚(元字) + 皿 からなります。

つまり、囚人に対して、水と 皿には食物を盛って(差し入れて)訪れ、
「お前は、如何〔どう〕してこんな所にいるんだい? ・・・・ 」 と
あたたかく尋ね諭〔さと〕すところから成っている
、と教わったことがあります。

深いお話です。

 ── ともかく、自然界も人間界も “中庸” が大切です、
過度の猛暑も厳寒も困ります。

自然界における、「天に唾〔つば〕する」 がごとき
環境破壊・地球温暖化による偏奇異常は、今早急に解決しせねばならない課題です。

が、人間界において、情の“温(暖)かさ”もまた、
今早急に取り戻さねばならない課題です。

( 儒灯・「謹賀辛卯年」より引用)

http://blog.livedoor.jp/jugaku_net/archives/51189500.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


「絆」の文字は、普段あまり用いられていない言葉・漢字だと思います。
が、今ではあまりに頻繁〔ひんぱん〕に用いられていますね。

「絆」が平成23年の世相をあらわす文字(漢字)に選ばれたのは、
(‘11) 3月11日の東日本大震災を契機とするところが大であると言われています。

余事ながら、「絆」の文字は、“キズナ”で 3 語、
字画で 11 画 といったこじつけを書いて
「取るに足らない偶然が、今は愛〔いと〕おしい。」と結んでいる新聞もありました。
(’11.12.4 :朝日新聞・「天声人語」)

私も年末に、予想外の大患(=大病)を得て、“この世”との「絆」を改めて想った処です。

とにかく、「絆」は ── 糸が半分とも読めますから、
極めて儚〔はかな〕く微〔かす〕かなものではありましょう。


《 壬・辰 & 六白金性の深意 》

さて、昨年の干支 「辛・卯」〔かのと・う〕は、
自然災害(地震・津波・水害)とそれに伴う諸問題(原発事故など)で、
辛〔つら〕い・苦しい問題未処理の年でした

今年の干支 「壬・辰」には、どのような深意があり、
どのように方向づけるとよいのでしょうか。・・・



※ この続きは、次の記事(謹賀壬辰年 その2)に掲載いたします。
   (・・壬・辰・六白金性/【水山蹇】・【地雷復】卦/「登龍門」・「逆鱗」・「龍と雲」 ほか)



「儒学に学ぶ」ホームページはこちら
http://jugaku.net/

メールマガジンのご登録はこちら


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ