儒灯

【温故知新】儒学の普及に力を注いでおります真儒協会 会長、高根秀人年の個人ブログです。 『論語』、『易経』を中心に、経書の言葉を活学して紹介して参ります。 私個人の自由随筆、研究発表などのほか、真儒協会が毎月行っております定例講習についても掲載しております。

沢風大過

謹賀乙未年  その3

(こちらは、前のブログ記事の続きです。)

《 干支の易学的観想 / 【風地観 ☴☷】・【沢風大過 ☱☴】卦 》

まず、「未=羊」。「未」は、一般に動物の「羊」に当てはめられます。

動物の「羊」(の類い)は、文字の象〔かたち/しょう〕から、
「兌〔だ〕」・易八卦の【兌 ☱】に通じます

「兌〔だ〕」といいますのは
(「忄」“りっしんべん”をつけた)「悦〔えつ/よろこ・ぶ〕と同じです。


“喜悦〔きえつ〕”・“悦楽〔えつらく〕”などの「悦」です。

「悦」は、“笑い”でもあります。

「兌」の重なった卦【兌為沢〔だいたく〕 ☱☱】を、
新井白蛾が“笑う少女”の象と表現したことが思い起こされます。 

―― 「羊」が2匹、=“悦び”また“悦び”・“笑い”また“笑い”、の一年にしたいものです。


次に(やや専門的になりますが)、十干・十二支の干支を
易の64卦にあてはめて(相当させて)解釈・検討してみたいと思います。


昨年の干支、「甲・午」は【雷火豊 ☳☲】卦でした。

中天に輝く太陽、豊大に富むの意でした。

今年の「乙・未」は【風地観 ☴☷】卦、先天卦は【沢風大過 ☱☴】となります。


【風地観】卦は、精神性重視、心眼で深く観る、“観光といった意です。

観世音(観音・観自在)菩薩の“観”で、
精神性重視の3卦〔【観】・【无妄】・【遯】〕の一つです。  ※(→資料参照のこと)


マンガ家・手塚治虫氏の作品に、「三つ目がとおる」といった
“第三の目”を持つ少年の話があったかと思います。

“心眼”・“心耳”=“シックスセンス”の世界ですね。

『中庸』にも“見えざるものを観、聞こえざるものを聴く”とあったかと思います。 注) 

両の目も耳も“フシ穴”の人が多い時勢です。

あらためて、心したいものです。


また、現代広くよく用いられている“観光”の語は、
この卦の4爻〔こう〕が語源です。

現代語で“観光”といえば、専〔もっぱ〕ら、物見遊山のレジャーですね! 
が、しかし、原典爻辞には、「国のる」 とあります。

すなわち、国の文化を観、将来を観る、“兆し”を読む、ということなのです。


ちなみに、愚息・未来〔みく〕はこの春、早稲田大学から英国・ロンドン大学
〔“University College London”・心理学部:世界ランキング第4位〕に留学いたします。

―― これは、(かつて世界史上に偉大であった)
“大英帝国”〔“United Kingdom of Great Britain and Treland”〕
る」ために行くことに他なりません。


  注)
  『中庸』・第16章に、「鬼神の徳たる、其れ盛〔さかん〕なるかな。
  之を視〔み〕れども見えず、之を聴けども聞こえず、物に体して遺〔のこ〕すべからず。」 
  とあります。

  《大意》
  (天地宇宙の働き=造化 を「天」といい「鬼神」といいます。
  この鬼神の徳というものは、実に盛大です。
  しかし、形を持たないので肉眼で見ようとしても見えません。
  声を持たないので、耳で聴こうとしても聞こえません。
  けれども、その鬼神の徳(=はたらき)というものは、
  すべて自然に、万物の上に現れているのです。
  宇宙の間に在るものはすべて、鬼神の徳によって生まれ、
  そのフオーム〔形体〕を得たのです。) 

  *「鬼神」:神は天神(天〔あま〕つ神)と地祗〔ちぎ〕(国つ神)をいいます。
    鬼〔き〕は、人の霊魂をいいます。


  『老子』・第14章に★も、之を視〔み〕れども見えず。/
  之を聴けども聞こえず。/之を搏〔とら〕うれども得ず。」 と、
  「道」が超感覚的な存在であることが述べられています。


先天卦の【沢風大過 ☲☰】卦は、大(陽)が過ぎるの意。

「過」は“不及”の反対です。

『論語』に「過ぎたるは猶、及ばざるが如し」(先進・第11) とあります。

本来、草木を養育すべき水も多すぎると植物を腐らせます。

“過労”・“過食”・“過色”・・・・ 本来良いものも、
過ぎるとダメですという「中庸」の教えです。 ※(→資料参照のこと)


☆参考資料 ≪ 盧:「『易経』64卦奥義・要説版」 pp.20・28 抜粋引用≫

20. 観 【風地かん】  は、あおぎみる。

  精神性3卦〔観・无妄・遯〕
  大卦(大艮) 12消長卦 (9月)※旧8月
                        
  ● 精神性重視、心眼で深く観る観光、教育・教化・指導・(感化)、大衰の卦
    cf.観世音(観音・観自在)菩薩 ・・・精神の高められた心でみる
    ・「観」の意 (1)みる → よくみる・こまかにみる
           (2)大観(俯瞰) → 大所高所からみわたす
                       ex.横山大観
           (3)仰観 → 下より仰ぎみる
    ・「孚〔まこと〕ありて顒若〔ぎょうじゃく〕たり。」 (卦辞) 
        ・・・ 厳粛な気持ちで事に臨む
        顒若=厳粛な形、様子、恭敬のさま
        cf.大阪 四条畷〔しじょうなわて〕神社 
              ―― 石段の両側に「有孚」・「顒若」
    ・4爻辞 「国のる」 
        ・・・ 国の文化を観、将来を観る、“兆し”を読む。
            “観光”の語源   cf.観象=易の占の結果を観る
   
    たかね研究 : ≪“見えざるものを見、聞こえざるものを聞く”≫
       「観」は 目が3つ ・・・両の目と心眼 
                     ex.塙〔はなわ〕保己一、ヘレンケラー
                     cf.手塚治虫・「三ツ目がとおる」
             耳も3つ ・・・両の耳と心耳  
                     ex.ベートーベン“第九”の作曲、
                        千手舞踊団メンバー
       ・「」= “兆し”・“機微” 
             ・・・物事が変化する前に先んじて現われる、
                わずかな兆し・兆候(機微)。心眼・直感で “観る”
       ・「立筮」 / シックスセンス〔第6感(観)〕 / インスピレーション〔霊感〕

  ■ 下卦 坤地、上卦 巽風。        
    1)風と地、心がすなおでへりくだる象。
    2)上卦巽風は号令、下卦坤の民が仰ぎみる象。
    3)坤地を巽風が行く、万物は風に接する。
      風が遍〔あまね〕く地上を吹き渡るよう四方を観察するの義。

  ○大象伝;
    「風の地上を行く観なり。先王以て方を省〔かえり〕み、民を観て教えを設く。」

    (巽の風が地上を行くのが観卦です。
     風は万物を育成し、万物は風の吹くままになびき順って動いているのです。
     古のよき王は、この風の恵みが万物に及ぶ象にのっとって、
     東西南北を、遍く巡幸(観察)なさり、人民の生活風俗の情況を観察され、
     徳育を教化(感化教育)し、それぞれに適した善政を布〔し〕いたのです。)

     ※ 今の日本、永田町の議員ご歴々も心してほしいものです。(by.高根)


28. 大過 【沢風たいか】  は、大いに過ぎる。

  遊魂8卦、
  似坎で悩み多し

  ● 大(陽)が過ぎる 「過」は“不及”の反対、 過食・飲み過ぎ・過労死・房事過多
   ・「棟撓〔むなぎたわ〕む」 (卦辞) ・・・ 棟木は屋根を支える横木
   ・「顚〔くつが〕えるなり」 (雑卦伝) ・・・ 家 倒壊の危機

  ■ 下卦 巽風、上卦 兌沢。
    1)似坎〔にせかん〕にて、坎の洪流・氾濫の憂い。/
      水中に風木の象にて洪水や沈没。
    2)棟撓む象。棟(2・3・4・5爻の4陽)が強すぎて、
      両端の柱(初・上爻の2爻)弱く下に曲がる。 
      下卦巽木、上卦兌は倒巽で木。
      巽は長い・調えるで4陽強剛で棟の象。/
      大坎の似象で、坎には棟の象あり。
      撓むも坎の象(凹む)。/
      巽は曲がる、兌は毀折から撓むの象。

    ※ 2陰4陽の卦は15卦あるが、【大過】は陽4つの爻が中央に結集していて過大。

  ○大象伝;
    「沢の木を滅すは大過なり。
     君子以て独立して懼れず、世を遯〔のが〕れて悶〔うれ〕うることなし。」

    (兌沢の下〔中〕に巽木が沈んでいるのが大過の卦です。
     本来、木を養育する水も、大いに過ぎれば木を〔腐らせて〕滅ぼしてしまいます。
     君子は、この象にのっとって、
     〔リーダーの立場にあれば、人に過ぎたる行いをするように心掛ける。〕
     危急存亡の時、〔濁世にあっても、洪水のような非常事態にあっても〕 
     毅然として自主独立して、恐れ動揺することなく、
     また世を遯〔のが〕れ隠れて
     憂悶〔ゆうもん: うれい・もだえる〕することもないのです。)

     ※ 「独立不懼」 cf.「独立自尊」(福沢諭吉)




《 おわりに 》

先述のように十二支の「未〔み〕」「昧〔まい〕」 (「曖昧〔あいまい〕」の「昧」)に通じ、
“くらい”・“くらいものを明るくせよ”の意味でした

“くらい”といえば、易卦の【山水蒙〔さんすいもう〕 ☶☵】が相当します。

「蒙」は“くらい”、(頭が)蒙〔くら〕いの意です。

「無知蒙昧〔もうまい〕」という熟語もありますね。
その蒙〔くら〕きを啓〔ひら/てら・す〕くのが「啓蒙〔けいもう〕」です。

西欧・米や日本の明治維新期における“啓蒙思想: enlightenment”は、
“理性の光でくらきをてらす”の意味でした。

それが、現在では“(心の)蒙〔くら〕きをの光で啓〔てら/ひら・く〕す”(真儒協会)
の意味に変じています。


私には、この【蒙】卦の状況が、
とてもよく現代の平成日本の時勢を現〔あらわ〕しているように想われます。

ですから、 「無蒙昧」ではなく「無蒙昧」です! 

真儒協会の“啓蒙照隅”の語も (心の)蒙〔くら〕きをの光で啓〔てら/ひら・く〕す、
の一灯をもって隅〔すみ〕を照らす、の意味に他なりません


「未〔み〕」“未来”〔いまだ来たらず〕に通じ、
“未〔くら〕き”を“啓〔ひら〕く”べきことを教えています。

本年は、心眼よく観て、人生行路に“繁茂した枝葉(しがらみ)”を
剪定〔せんてい〕するようにキルべきはキリ整える、
“啓蒙”・“啓未”の創造的活動を進めて行く年にしたいと思っております。


( 以 上 )


「儒学に学ぶ」ホームページはこちら
http://jugaku.net/

メールマガジンのご登録はこちら


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 儒教・儒学へ

にほんブログ村

謹賀辛卯年 (その1)

謹 賀 辛 卯 年 〔謹んで辛卯年を賀します〕

 ── 辛・卯・七赤金性/【沢風大過】・【水沢節】卦/「兌・沢」/
“幕末の三舟”/大津事件・児島惟謙/「暑」・“寒”・“温”  ───


《 はじめに ・・・ 干支について 》

 明けて平成23年(2011)。 新年を皆様と迎えますこと、大慶でございます。

 今年の干支〔えと/かんし〕は、(ウサギではなく)「辛・卯〔かのと・う/しん・ぼう〕です

干支は、十干〔じっかん〕(天干)と十二支(地支)です。
この、10 と 12 の組み合わせで、60 干支〔かんし〕の暦を作っていました。

 そして、十二支「卯」は、動物の「兎」とは専門的には直接関係ありません。
が、動物のイメージ・連想は、人口に膾炙〔かいしゃ〕しています。
干支を「今年のエトは、ウサギで ・・・ 」とメディアが薄々軽々と報じているところです。

また、干支は旧暦(太陰太陽暦:我国で明治維新期まで用いられました)ですから、
年始は 2月4日(立春)からで、2月3日(節分)までは、
まだ「庚・寅〔かのえ・とら/こう・いん〕」です。

これらのことを確認しておきまして、これから干支「辛・卯」年のお話をして、
私の年頭所感としたいと思います。


《 辛・卯 & 七赤金性の深意 》

 さて、今年の干支 「辛・卯」には、どのような深意があり、
どのように方向づけるとよいのでしょうか。

 十干の「辛〔かのと=金の弟/しん〕」は、“つらい”・“からい”の辛です。

陰陽五行思想による陰の金性で、昨年の陽の金性「庚〔かのえ=金の兄/こう〕」を受けています。

 「辛」の文字は、「ジョウ(上)」と「干(もとめ・冒す)」と「一(陽)」を組み合わせたもの、
上に向かって求め冒すの意です。

また、殺傷を伴うの意もあります。

従って、昨年の「庚」の業績をしっかり継承して、断々固として更新してゆかねば、
つらい目・からい目に遭遇する ゾ、ということです。 注1)

 十二支の「卯〔う・ぼう〕」は「冒」に同じ、
「茆〔かや/ぼう〕」・「チョ〔ちがや〕」に同じで、
“いばら・かや”という文字です。

これらのパワフルな雑草が繁茂し手に負えないこと、
従って「茂」に通じます。── 陽気の衝動です。

「卯」の中央の2本のタテ棒は門柱、
両サイドは閉じてあった扉を開いた形です。

扉の内側の世界は、未開の荒れ地、草木が茂り、
そこから“”も飛び出してきたかも知れませんね。

 以上のことから、「辛・卯」の干支組み合わせの今年は、
昨年をよくよく踏まえ(踏襲し)て、筋道正しく(敢然として)“陽”に活動して、
困難を善きに転じてゆかねばならないということです。

※(以上は、安岡正篤氏干支学によりました。 
  『干支新話(安岡正篤先生講録)』・関西師友協会刊 参照)

ちなみに、「辛・卯」は、「しん・ぼう」の発音ですので、
音霊〔おとだま〕として“辛抱する”〔忍耐・我慢する〕・“心法”の「シンボウ」にかけて、
頑張る年にしたいと思っています。

 また、九性(星)気学で今年は、「七赤〔しちせき〕金性」にあたります。

陰陽五行思想で、陽の「六白金性」に対して陰の金性です。

洗練された貴金属(アクセサリー)、紳士淑女をイメージするとわかり易いでしょう。

 「七赤金性(星)」は、悦び・経済(お貨幣〔かね〕)・おしゃべり(演説)・
実りの秋〔とき〕・恋愛・潤沢など、悲喜交々〔こもごも〕な現象を表すとされています。

また、社交の星であることから、「遊び星」とも呼ばれています。
色彩豊かに章〔あや〕を為し、柔軟性・順応性に富む年、とされています。

注1)
ちなみに、朝日新聞と産経新聞の「新」の字は、へんの横棒が二本です。
これが元字・本字で、「辛(労力)」+「木」+「斤(斧)」を組み合わせたものです。
つまり、斧で木を切り、工夫・労力をかけて何かを創っていくのが
「新」の文字の意味です。



《 干支・九性の易学的考察/ 【沢風大過】&【水沢節】卦・「兌・沢」 》

 次に(やや専門的になりますが)、今年の干支・九性を
易の64卦になおして(翻訳して)解釈・検討してみたいと思います。

 昨年の干支、庚・寅は【天雷无妄〔てんらいむぼう/むもう〕】
(‘10.2月“儒灯”参照のこと 
http://blog.livedoor.jp/jugaku_net/archives/50941530.html ) 

今年の辛・卯は、沢風大過】卦となります。
(以下、高根 「『易経』64卦奥義・要説版」/
 第14・15回〔上経〕 第18・19回〔下経〕 
 定例講習:「易経」 No.28、60 ほか参照のこと
http://blog.livedoor.jp/jugaku_net/archives/cat_10027389.html


【大過】 は、大(=陽)が過ぎるの意です。 
「過」は“不及”の反対、 過食・過飲・過労・過色 ・・・・ 。

草木を養育すべき水沢が、大いに過ぎて滅失させます(水も多すぎると植物を腐らせます)。
すなわち、本来良いものも 過ぎるとダメということ =「中庸です。

互卦〔ごか=含まれているもの、可能性〕は、全陽の【乾為天】にて剛にして健の意です。

『易経』に「棟撓〔むなぎたわ〕む」(卦辞)とあります。

棟木は屋根を支える横木です。
「顛〔くつが〕えるなり」(雑卦伝)ともあります。
(国)家、まさに倒壊の危機です!

 『論語』(先進第11)にも、「過ぎたるは猶〔なお〕、及ばざるが如し」とあります。

孔子門下随一の大器量人・子貢〔しこう〕が、子張と子夏〔しか〕を較べて
どちらが賢〔まさ〕っているかを孔子に尋ねた一節です。

「過」と「不及」と、どちらがまだ良い(マシ)か? ということです。

私感するに、子貢は、賢者の「過」はまだ良しとの思惑であったかと思います。
それに対して、孔子は「過不及」なく中庸を得るのを善し、として答えています。

しかしながら、孔子の心中を深く慮〔おもんばか〕ってみますと、
「不及」(=陰)をもってまだ良しとしていたのではないでしょうか。

以下、私の「『易経』64卦奥義・要説版」から、
【大過】卦の象のポイントと特に為政者(指導者・リーダー)の立場にある
皆さまのために大象伝の引用・解説を抜粋しておきましょう。

■ 下卦 巽風、上卦 兌沢。
   1) 似坎〔にせかん〕にて、坎の洪流・氾濫の憂い。/
      水中に風木の象にて洪水や沈没。
   2) 棟撓む象。棟(2・3・4・5爻の4陽)が強すぎて、
      両端の柱(初・上爻の2爻)弱く下に曲がる。 
      下卦巽木、上卦兌は倒巽で木。
      巽は長い・調えるで4陽強剛で棟の象。/
      大坎の似象で、坎には棟の象あり。撓むも坎の象(凹む)。/
      巽は曲がる、兌は毀折から撓むの象。
   ※  2陰4陽の卦は15卦あるが、大過は陽4つの爻が中央に結集していて過大。
   3) 君子栄えて小人衰えている象。 
      下卦巽は順う、上卦兌は和らぎ悦ぶ。
      2爻・5爻は陽爻にて剛強・中庸の徳。
   4) 巽木が兌沢の下に埋もれて、腐ってゆく象。
   5) 巽の船が、兌沢の中に沈没した象。
   6) “常山の蛇の如き象”(白蛾) ・・・「常山の蛇その首を撃てば則ち尾至り、
      その尾を撃てば則ち首至り、その中を撃てば首尾共に至る也」
      (『孫子』九地篇)
      ・・・上・下に口あり、中は全て陽で剛強。

○ 大象伝 ;
「沢の木を滅すは大過なり。君子以て独立して懼れず
 世を遯〔のが〕れて悶〔うれ〕うることなし。」

(兌沢の下〔中〕に巽木が沈んでいるのが大過の卦です。
本来、木を養育する水も、大いに過ぎれば木を〔腐らせて〕滅ぼしてしまいます。
君子は、この象にのっとって、
リーダーの立場にあれば、人に過ぎたる行いをするように心掛ける。〕
危急存亡の時、〔濁世にあっても、洪水のような非常事態にあっても〕 
毅然として自主独立して、恐れ動揺することなく、
また世を遯〔のが〕れ隠れて憂悶〔ゆうもん: うれい・もだえる〕することもないのです。)
 ※ 「独立不懼」  cf.「独立自尊」(福沢諭吉)


 次に、今年の辛・卯/【沢風大過】卦の先天卦をみてみますと、水沢節】卦となります。
【節】は、“たけかんむり”が示すように竹のふしの意です。

 節目〔ふしめ〕、節度・節制・節操、志節・志操、ダム ・・・ 。
「止まるなり」(雑卦伝)とあります。

物事、ホド〔程〕良く節すれば亨〔とお〕るものです。

 某・教派神道の訓えで、“節から芽が出る”ということを強調しています。
例えば、竹のふし、ハスの地下茎のふし、などがそれです。

なるほど、とその洞察に感じ入っています。
尤〔もっと〕も、竹が腐るのも“ふし”からと考えることもできますが ・・・。

 手紙・書簡のことを「雁書〔がんしょ〕」・「雁の使」といいます。

その由来の故事、蘇武〔そぶ〕の“節”、「蘇武、節を持す」
(司馬光・『資治通鑑〔しじつがん〕』/曾先之・『十八史略』/『漢書』蘇武伝)は、
漢文学習で有名なものです。

わが国の中島敦〔あつし〕の名作 「李陵〔りりょう〕」でも有名ですね。

これらの古典名作と共に、この故事、この節操・節義そのものも忘れ去られつつあります。

 
 この【水沢節】卦の象意を、私の前掲書から解説・引用しておきますと。

■ 下卦が兌で、上卦が坎水。坎は水で通ずる。兌は止水で止める。
   竹は、中は空で通じているが止まるところがある。

   沢上に水をたたえた象。(※ ── 水は涸れれば【困】となり、
   溢れれば【大過】となる。水を調節するダムの作用が【節】 )

○ 大象伝 :
「沢上に水あるは節なり。君子以て数度を制し、徳行を議す。」

(下卦兌沢に程よく上卦坎の水が蓄えられ、ダムのように調整されて
安泰な象が節です。このように、君子〔人君・リーダー〕は、
もろもろの事柄に制度や規則を定め、人倫の節を説き示し、
人〔人臣〕の才知力量・徳や行いを協議〔し任用〕する
のです。)

 

以上に述べました、辛・卯/【沢風大過】&【水沢節】卦の活学一例を、
政界の動きと現状に求めてみましょう。

一昨年8月、「坤」・陰の閉塞感を破って、歴史的政権交代が実現し、
民主党・鳩山内閣による政治がスタ−トしました。

高い支持率、世論の期待を担っての・・・


※ この続きは、次の記事(謹賀辛卯年 その2)をご覧下さい。。
   (・・・/“幕末の三舟”/ 大津事件・児島惟謙/「暑」・“寒”・“温” )


「儒学に学ぶ」ホームページはこちら
※開設5周年 《真儒の集い》 のご案内もアップしております。
http://jugaku.net/

メールマガジンのご登録はこちら

Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ