テレビ見ながら
とか、
ながら作業
だと、

出来てるようで、
集中できて
いない

場合が
多いです。


ただ、
音が無いと
寂しいの
で、
曲を流したり、
するのですが、

日本語が
入っていると、
集中できなかったり

するんですよね。


作業とか、勉強の時に
適したBGM(カフェミュージックとか)を
探して、流してます。


その中で、
よくモーリス・ラヴェルのボレロ
良く流します。


20分弱の曲で、
私には、ちょうどいい長さ。
人間の集中力は、
30分程しか
持たないとかなんとか。


最初は
ホントに
小さな
優しい音から
始まります。


テンションを上げて、
勉強したい
のですが、
最初っから
激しい曲だと、
テンションが
付いていかないので、
徐々に
テンションが
上がっていく点

ベストです。


最後は
もう
絶好調!


勉強してやったぞ!
て感じで、
曲が終わってくれるので、
そこから、
小休止。


んで、
また
ボレロをかけて、
徐々にテンションを
上げていきます。


お試しあれ。