ソチオリンピック

2014年02月08日

ソチオリンピック

(私が運営している中学生向けのメールマガジンから抜粋して、記載します。)

ソチオリンピック
ソチは、ロシア連邦の南西にある街で、黒海沿岸のリゾート地です。
(試験で問われることは少ないと思いますが、ソチの位置を確認しておきましょう。)
現在の日本とソチとの時差は、5時間です。日本の方が、5時間進んでいます。

ソチオリンピックでは、7競技98種目が実施されます。
7競技は、スキー , スケート , バイアスロン , ボブスレー , リュージュ , カーリング , アイスホッケー。
ボブスレーとリュージュの違いもよくわからない私ですが、ネットで調べてみたところ、リュージュの方が体がむき出しになっているのでスリルがあるように思いました。
バイアスロン(biathlon)は、クロスカントリースキーとライフル射撃を組み合わせた複合競技です。「bi」は、ラテン語で、2を意味します。
(ちなみに、トライアスロンは、水泳・自転車ロードレース・長距離走の3種競技です。「tri」は、ラテン語やギリシャ語で、3を意味します。)
バイアスロンは、もともと、スウェーデンなど北欧で、狩猟のために、雪の積もった中をスキーで駆け回り、銃で獲物を撃つことが、スポーツ競技になったそうです。
スキーでコースを1周するごとに射撃を行うので、体力とともに、集中力が問われます。

ソチオリンピックで私の注目は、
フィギュアスケートの女子シングルでは、浅田真央選手とキム・ヨナ選手の金メダル争い。そして、開催国ロシアの15歳、ユリア・リプニツカヤ選手です。
フィギュアスケートの男子シングルでは、最近まで金メダル確実と思われたパトリック・チャン選手と、急成長した羽生結弦(はにゅう ゆづる)選手の金メダル争い。
4回転ジャンプが得意で哲学者のような町田樹(まちだ たつき)選手や、使用する楽曲も話題の高橋大輔選手の活躍にも期待です。
スノーボード男子ハーフパイプでは、五輪3連覇を狙うショーン・ホワイト選手に、15歳の平野歩夢(ひらのあゆむ)選手がどこまで迫れ、超えることができるか注目しています。
フリースタイルスキー女子モーグルでは、上村愛子選手が念願のメダルに届くか注目しています。
スキージャンプ女子では、金メダル期待の高梨沙羅選手。スタート直後の助走中に「私のジャンプ・見てください」とゆっくり口ずさみながら飛ぶまでの体勢を整えるそうです。
あらかじめ自分の中で決めごとを作っておくことで、緊張を和らげたり、集中力を高める効果もありそうで、部活や勉強にも応用できそうですね。
ちなみに、高梨選手は、高校1年で高等学校卒業程度認定試験(かつての大検)に合格した秀才です。

受験生にとっては、オリンピック観戦どころではないかもしれませんが、
選手たちの活躍を励みにして、勉強を頑張れたらよいと思います。


 (#)ソチオリンピックで私が注目することと中学生の勉強への応用 


 

juken55goukaku at 07:48|Permalink