小保方晴子

2016年05月24日

小保方晴子さんと瀬戸内寂聴さんが女性誌「婦人公論」で対談

小保方晴子さんと瀬戸内寂聴さんが女性誌「婦人公論」で対談
 小保方晴子さんと瀬戸内寂聴さんが女性誌「婦人公論」で対談

STAP細胞の論文問題で話題になった小保方晴子(おぼかたはるこ)さんと、小説家であり天台宗の尼僧である瀬戸内寂聴(せとうちじゃくちょう)さんが、2016年(平成28年) 5月24日発売の女性誌「婦人公論」(2016年6月14日号)で対談されました。

7ページにわたる小保方晴子さんと瀬戸内寂聴さんの対談記事の収録は、4月に京都・嵯峨野の瀬戸内寂聴さんが開いている寺院「曼陀羅山 寂庵(まんだらさん じゃくあん)」で行われました。

2014年のSTAP細胞をめぐる問題から約2年経った小保方晴子さんは白いワンピース姿で、ずいぶんお痩せになったようですが、瀬戸内寂聴さんとともに微笑んでいます。

小保方晴子さんは、現在の生活のこと、家族や研究への思い、自身の未来などについて語っています。

瀬戸内寂聴さんは、今も自由に外出できずにいる小保方晴子さんに同情して「上を向いて生きなさい」と励まされています。




小さな幸せ

 私の事典

女性誌の話題


STAP細胞の論文問題で話題になった小保方晴子(おぼかたはるこ)さんと、小説家であり天台宗の尼僧である瀬戸内寂聴(せとうちじゃくちょう)さんが、女性誌「婦人公論」(2016年6月14日号)で対談されました。





juken55goukaku at 05:05|Permalink

2014年01月30日

小保方晴子

小保方晴子さん
小保方晴子

小保方晴子さんのプロフィールと略歴

 生年月日は、1983年
2006年に早稲田大学理工学部応用化学科卒業
2008年に早稲田大学理工学研究科応用化学専攻修士課程修了 

2014年 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 研究ユニットリーダー

(#)小保方晴子(おぼかたはるこ)さんのSTAP細胞さんの研究 

(#)小保方晴子さんのプロフィールと略歴とSTAP細胞の画像



STAP細胞とは、刺激惹起性多能性獲得細胞(しげきじゃっきせいたのうせいかくとくさいぼう)で、STAPは、Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency の略語です。
iPS細胞のように特定の遺伝子を入れることがないので、がん化の恐れも少ないようです。

この研究にユニットリーダーとして携わった小保方晴子(おぼかたはるこ)さんは、30歳の若手研究者です。
今後、ヒト細胞への適用と仕組みの解明を目指し、さらに研究を進めるそうです。



 

juken55goukaku at 02:38|Permalink