熟女の物思い

熟女の物思い

10億円返済不能

大阪府泉佐野市の主婦が高配当をうたい多額の金を集めた事件で、逮捕された岩田矩子容疑者(54)が180人以上から集めた約10億円が返済不能になっていることが27日、分かった。府警泉佐野署は、岩田容疑者が配当停止後も出資を募っていたことから詐欺容疑での立件を目指すとともに、姿を消した夫の行方を捜している。
 大阪地検は同日、出資法違反罪で岩田容疑者を起訴した。「元本保証は違反と知っていたが、業としていない」と一部否認しているという。
 同署などによると、岩田容疑者は趣味で株取引をしていた夫の勧めで、2004年ごろに投資を開始。独学で知識を習得し、資産を運用していた。当初は株でもうけた話を知った知人から少額の運用を任される程度だったが、証券会社の知人の助言で事業組合を設立。積極的に出資者を募っていたという。
 しかし、実際には利益はわずかで、出資金を元本返済や配当に充当。不景気で返金を求める声が相次ぐと同組合は破綻(はたん)し、夫らと姿を消した。岩田容疑者のパソコンには、逃走中も株取引のサイトにアクセスした痕跡が残っていたという。 

あれれ!松坂 実戦初戦は直球130キロ

「西武紅白戦、白組0-7紅組」(13日・南郷)
 WBC日本代表のエース候補、レッドソックス・松坂大輔投手(28)が13日、参加中の西武キャンプで行われた紅白戦に先発した。今季の実戦初登板となったが、球団からの球数制限でブルペンでの準備が不足。一回は130キロ台の直球を連発し、いきなり4連打で3失点。剛速球が代名詞だった怪物の“変ぼう”ぶりに、古巣ナインも驚きを隠せなかった。
  ◇  ◇
 信じられない光景だった。松坂がバランスを崩したようなぎこちないフォームから投じた今シーズンの第1球は、衝撃の131キロの“直球”だった。その後も球速は上がらず、先頭の赤田から栗山、石井義、中村にすべて130キロ台の直球を痛打され3失点。スタンドのファンから、大きなため息が漏れた。
 同じ代表候補の日本ハム・ダルビッシュが、11日の阪神との練習試合で153キロを計測したのとはあまりに対照的。西武時代から150キロ超の剛速球を誇った右腕に起こった“異変”に、古巣ナインも驚いた。石井義が「チェンジアップだと思った」と話せば、赤田も「投げ損ない。少し沈んだ」と変化球と勘違いしたほどだった。
 これには事情があった。レッドソックスから球数を制限され、試合前のブルペンはシーズン中よりも少ない13球しか許されなかったのだ。松坂が「楽しちゃダメってことですね」と苦笑した通り、準備不足は明らかだった。
 レ軍のデニー友利巡回コーチも「(試合で)投げながらアップしていた」と振り返ったように、二回にも失策が絡んで1失点。だが2回で“ウオーミングアップ”は終了。三回には突然、140キロ台を連発し、二死後に黒瀬をこの日最速の147キロ直球で中飛に仕留めた。
 試合での球数も制限ぎりぎりの52球でまとめ、3回を5安打4失点(自責3)。松坂は「一回の失点?いいんじゃないですか。この時期はいろいろ段階を踏んで確認作業があるので。いい確認ができた」と余裕の表情。何より打者と対戦できたのが大きな収穫だ。この日と同様、今後は尻上がりに調子を上げていく。

A・ロッド、薬物使用認める=01年から3年間−米大リーグ

米メディアで過去の薬物使用が報じられた米大リーグ、ヤンキースの強打者、アレックス・ロドリゲス内野手(33)は9日、スポーツ専門局ESPNの番組のインタビューで、レンジャーズに在籍していた2001年から03年まで筋肉増強作用のある薬物を使っていたことを認めた。
 インタビューの中で、ロドリゲスは「レンジャーズに移籍した当時は、高いレベルで力を証明しなければならないという大きな重圧を感じていた」と告白。「(薬物使用は)愚かなことだったし、後悔している。ファンには申し訳ない気持ちでいっぱい」などと話した。
 7日に米スポーツ誌が、03年に米大リーグが行ったドーピング(禁止薬物使用)検査で、ロドリゲスが陽性だったと報じていた。この検査は実態調査が目的で、選手会との合意に基づき、陽性反応者の氏名を公表せず、罰則も適用しなかった。
 ロドリゲスは2000年オフにマリナーズからレンジャーズに移籍。03年には47本塁打、118打点でア・リーグ最優秀選手(MVP)を獲得した。メジャー15年間で通算553本塁打。

ついに巨人が応える!長野1位指名決まった!

巨人が今秋ドラフトでホンダ・長野(ちょうの)久義外野手(24)を1位で指名する方針を固めたことが3日、明らかになった。5日に清武英利球団代表(58)が埼玉・川越市内にあるホンダ野球部のグラウンドを訪れ、安藤強監督(45)に1位指名の“確約”を伝える。06、08年ドラフトで日本ハム、ロッテから指名を受けながら巨人入りの夢を貫いて入団を拒否した長野が、ついに念願成就となりそうだ。

 ついに“相思相愛”が実る。まだ2月の段階で早くも1位指名が決まるのは超異例だが、これこそが長野に対する“誠意”の証だ。ある読売首脳は「仮に今年のドラフト時期に(長野が)故障などで満足にプレーできない状態でも1位で指名する」とまで語った。4日に清武代表が宮崎から緊急帰京し、5日にホンダの安藤監督を訪問。その席で1位指名の方針を伝える。

 長野は国際舞台の経験も豊かな強肩強打の外野手で幼少から大の巨人ファン。日大時代の06年ドラフトでは日本ハムの4巡目指名を拒否し、ホンダ入りした。この際に清武代表は「長野君が獲れなかったのは極めて残念」と話した。また昨秋ドラフトでも巨人は東海大相模の大田をソフトバンクとの競合の末に1位で獲得したが、外れ1位、もしくは2位指名を狙っていた長野はウエーバー順で先だったロッテにさらわれた。原監督も「今回のドラフトは満点に近いが、相思相愛の部分で(長野を)指名することができなかったのはマイナス50点。非常に残念」と悔しがった。

 その中、長野は「巨人のユニホームを着るのは小さいころからのあこがれ。(来年に指名される保証はない)リスクを分かった上で決めた」と、“3度目の正直”を信じて再びの入団拒否。先月31日でロッテとの入団交渉期限も終了した。現在、外野はラミレス、高橋由、谷、鈴木尚、亀井ら主力級がそろっているが、次世代のスター候補生でもある長野が加入すれば、さらに高レベルでの定位置争いが実現する。

 今後、春夏の甲子園や都市対抗野球などで新たなスターが誕生する可能性もあるが、球団が早々に決めた「1位指名・長野」の方針が揺れることはないとみられる。巨人が外野手を最上位で指名すれば、97年の高橋由以来、実に12年ぶりとなる。

 ◆長野 久義(ちょうの・ひさよし)1984年(昭59)12月6日、佐賀県生まれの24歳。筑陽学園では2年秋からベンチ入り。甲子園出場はなし。日大では4年春、秋に2季連続で首位打者を獲得。日本代表に5度選出され、06年ドーハ・アジア大会で銀メダル、07年のW杯で銅メダルを獲得。07年ホンダに入社し、社会人ベストナイン受賞。家族は両親と妹。1メートル78、80キロ、右投げ右打ち。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
逆援助交際 逆援助交際 童貞喪失なら メル友を作ろう メル友募集掲示板 メル友募集掲示板 地域別 メル友募集掲示板 写メ 10代 メル友募集掲示板 メル友募集掲示板 全国 メル友募集板 エロ 人妻 人妻 熟女 不倫 家出掲示板 メル友募集掲示板 不倫 出会い 童貞 援助交際 逆援助交際 人妻 熟女 セフレ セックスフレンド 逆援助交際ならやっぱり セックスフレンドももちろん 熟女と一緒に 出会いならココ 出会い系は安心ですから 出会い系サイト 人妻 セフレ 熟女 熟女 熟女 セックスフレンド SM出会い 逆援助交際 セフレ 出会い掲示板 無料出会い 出会い系サイト 家出少女 逆援助 メル友 セックス 出会い 不倫 SM 出会い系サイト 童貞 出会い系 出会い 出会い 家出掲示板 熟女 熟女 熟女 出会い系 メル友募集掲示板 セフレ 出会い系 出会い 出会い系 出会い系サイト 家出少女 家出掲示板 熟女 メル友募集掲示板 不倫 逆援助交際 援助交際 セフレ セックスフレンド 人妻