28554754_10214686670097450_1625244899_o
↑ 写真はつい最近ジュレー・ラダックの事務所でとった。手に持っているのは現地でおばあちゃんの支援を受けている子からの絵と中にはその子どもから来た手紙がありました!ちなみに絵はダライラマ法王様です。


ジュレーラダックではラダックの経済的に弱い立場にいる子どもたちの教育を支援しています。その中直接支援をなさっているジュレーラダック会員・ボランテアーの石賀美雪さんを今回ご紹介いたします。

今年80才になる石賀美雪さんはほぼ毎年ジュレーラダックのスタディツアー又はホームステイプログラムを通してラダックのNGOや様々な地域・村等を訪れています。

その毎年行っているの中ある日ラダックに滞在している時、ラダック仏教会女性連盟の代表からジュレーラダック現地事務所へ連絡があり、大変な状況にいる女の子がいるのでサポートしてほしいとのことで美雪さんと私たち他にジュレーラダック会員・ボランテアーの4人が女性連盟の事務所に行ったところで、今後この支援を受ける事になるソナムちゃんが自分のお母さんと来ていた。色々大変だって事の説明を受けその場でとりあえず、皆で少しづつ出してその年の分を支援してきたけど、次の年も経済的に安定ではないって事がわかり、ソナムちゃんを支援したいって事を石賀美雪さんが言う。その後毎年年間3万円の支援をして下さっている。

インドとラダックが大好きらしいのです。インドは20数回行っているとの事でラダックも10数回には間違いなくなるかと思います。たまにはこれで最後かもって言って年に二回も行って来た事があります。

石賀さんはジュレーラダック内ではジュレーおばあちゃんっても呼ぶ、そして様々な形でジュレー・ラダックのサポートこの言葉を言うながら行う「出来る事を、出来る時に、出来るだけ」やる事が大事だって。これはすごい事だと思います。
現地では自分が知っている事をラダックの村人、NGO、学校等に伝えていく事もいつもあります。得意分野はリサイクルについて。今年2018年もまた現地のNGOで教えたい事があるから是非行きたいっておしゃっていますのでおばあちゃんが活躍できるように手配をして行きたいと思います!

 

そしていつも日本の話しになると1940年代の東京が大変だった事をおしゃって行く!!日本ではソーラークッカーをご自分で買って晴れた日には様々な食事を作っている。もちろんジュレー・ラダックのソーラークッキング等の時にもボランテアーで訪れた皆さんに環境にやさしいソーラークッキング又はソーラークッカーについて教える。

 

また、支援はつもり彫金でやっていますって事をおしゃっている。どういう事ですかって来たら食べたつもり、飲んだつもり、何かを買ったつもりでそのお金を彫金するって事ですって。これも素晴らしい!感謝いたしております!

 

最近は忘れ物がひどくなっているって言うけど1940年代の話しはいつも忘れずに東京がすべて焼けましたはって、様々な細かい話しいつも同じように伝えるのです!