日本とラダックとの国際協力・交流活動により持続可能な未来を目指すNGO

NGOジュレー・ラダック 活動 ブログ julayladakh

日本とラダックとの国際協力・交流活動により、持続可能な未来を目指すNGO、ジュレー・ラダックの活動報告ブログ。

カテゴリ: ソーラークッカー

2015年度ソーラークッカー支援プロジェクト:

このプロジェクトは南東ラダックのロン地域にあるキュンギャム村にて行いました!今回もこの村の中でPRA又はPLAの参加型農村開発仕法のWealth Ranking(経済的な豊さんランキング)を使って村を4つ(とても貧しい家庭、貧しい家庭、中ぐらい家庭、輸福家庭)のカテゴリーに分け、その後一番経済的に弱い(とても貧しいと貧しいカテゴリー)家庭を対象にソーラークッカー支援プロジェクトが行いました。対象になったのが村の学校とお寺を含めて21台ソーラークッカーの支援になりました。

お寺って言えば日本と違ってラダックのほとんどのお寺は個人経営ではなく地域で管理しているから宗派関係無くみんなのお寺になる。よくお寺で集まってお祈り等も良くする事が多くありますのでソーラークッカーがあれば皆の為又はそこにいらっしゃる担当お坊さんが使えるって事でしたので村人自身が決めた事の元に支援決定になっています。宗派によりますがお坊さんはだいたい1−3年間一か所お寺の担当機関になっています。

同じく学校も学校に来ている遠くの村修身の子どもたちの為に使えるまは遠くから来た先生たちの為にも使えるって事でこれも住民が決めて支援する事になりました!
参加型農村開発はニーズに元ずくものですから決定件もほぼ住民にあたえてプロジェトを行っています。

今回はプロジェクト実施が収穫時期になったため、すべての受益者が集まる事が出来ず、村の学校の先生に残りをセットアップして下さるよう頼みました。
その後以下いくつかの写真が学校の先生が取って送って来たので以下ご紹介致します。 

まず、場所はどこにあるかをグーグルの衛星写真で見て行きまあしょう!

以下日本から見える事業地(インドの北)写真の左上の方
IMG_4517

次、ラダックの中から見える事業地は以下です。中心地のレーの町が写真の左上の方、けど事業地は写真の右下の方になります。
IMG_4493

以下、キュンギャム村(プロジェクト実施の村)衛星写真です。ここには学校、お寺、コミュニティホール、小病院等が集まった村の中心部です。ここには年間のほとんどの時を送るらしいのです。
IMG_4492


以下写真二枚実際村で使ったデータ

以下の写真が参加型農村開発仕法(PRA)を使った基準点
FullSizeRender_1

写真結果のおまとめ
FullSizeRender

以下村が学校の先生がセットアップにお手伝いした受益者の皆さん!摂津アップ完成後の写真。
IMG_4524IMG_4523
IMG_4522IMG_4525
IMG_4521

以下実際スタッフが行った時行ったデモンステレション時の写真です。
IMG_3336IMG_3347IMG_3350IMG_3374
IMG_3379出来上がったので最後に集合写真を取りました!

支援者の皆様(特にジュレー・ラダック企画のスタディツアー又はホームスティプログラム参加者の皆様)
ジュレー・ラダック活動資金へのご協力ありがとうござうます!!

今後ともまたジュレー・ラダックをつじてラダックへ行く事でこのような支援活動と繋がります。
少しでもより良いカルマ(行う事とその結果)を行いながら生きて行くのがまさに人間的であり、今後自分に何らか形で戻ってくるってラダックに人々は信じています。しかも自分も楽しみながら、ラダックの本当の事様々な文化、教育、政治、暮らし、伝統、開発、動物、環境、経済、近代化、政府、NGO,農業、変化、食べ物、自ビルの作り方、糸紡ぎ等の衣食住、結婚、離婚、一妻多夫性、財産分配、宗教、哲学等自分の興味分野を知り又は学びながら誰かの為に役に立つって行くって事はもっと素晴らしい事ではないかと思います。

是非また来年度の支援者の皆様
をお待ちしています!


 

DSC02945

8月1日日曜日、快晴の天気の中、逗子海岸にて
ソーラークッカークッキングを行いました。

ご飯、カレー、じゃがいも、とうもろこし、ソーセージ、
ポップコーン、冷やしうどんなど、
4台のソーラークッカーを使いながら、ガスも使わず
おいしい料理を作りました!

日焼けしてしまう位、ジリジリ暑い天気でしたが、
ソーラークッカーにはもってこいの天気でした。

近々、詳しい報告はHP内で行いますので
楽しみにしていてください。

4月17、18日の代々木公園にて行われたアースデイに
ブース出展しました!

あいにく、初日の朝は雪・みぞれ…。
ブースの水溜りを竹箒ではく作業から始まりました。

午後からは晴れてきて、持参したソーラークッカーも
熱を集め、多くの人が興味を示してくれました。

2日目は晴れ、ソーラークッカーで沸かした水は、
正午には勢いよく沸騰!

火もガスも使わないで、ご飯が炊けたりするってことに
びっくりし、また、このソーラークッカーを、今ではラダックの
一つの村では全世帯使っているというのに、またびっくり
されている方も多かったです。

ソーラークッカーに関しては、こちらもご覧ください!
http://julayladakh.org/PRJCT1.htm
http://julayladakh.org/PRJCT1_Jpn.htm


DSC02658

このページのトップヘ