コウサする日々

球春がスタート。

菊里−松蔭 観戦記(2017年春季名古屋地区1次予選)

3月19日に愛工大名電Gで行われた第2試合、菊里−松蔭の観戦記です。
応援している松蔭の春初戦がどんな試合になるか注目して観戦しました。

菊里
001000013|5 H11 E0
020000000|2 H9 E4
松蔭

菊里
山下−岩崎
松蔭
佐藤−山田

投手成績
菊里
山下(1) 9回 139球 被安打9 四球3 三振6 失点2
松蔭
佐藤(8) 9回 133球 被安打11 四死球3 三振3 失点5

山下投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。重そうなボールを投げてきます。
佐藤投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそんなに速くない。変化球でストライクが取れるので、組立はしやすいタイプ。

スタメン
菊里
7恒川 8関口 4鈴村 9鈴木 1山下 3村瀬 5三浦 2岩崎 6加藤
松蔭
6小枝田 4田辺 1佐藤(8) 5加藤 7水野 3伊藤 9谷本(17) 2山田 8安田(9)

(試合経過)
2回表、エラー、ヒット、パスボールで無死2,3塁となるも、3ゴロホーム封殺、三振、中飛でピンチを脱出。
2回裏、2死2塁から7番谷本がタイムリー3ベース。8番山田がタイムリー。松蔭が2点先制。
3回表、1死1塁から2番関口が2ベース。中継乱れてランナーホームイン。2−1
8回表、1死3塁から代打村井がタイムリー。同点。
8回裏、1死1,3塁のチャンスを作るも5番が三振、6番が2ゴロで勝ち越しならず。
9回表、1死満塁から4番鈴木の犠牲フライ。菊里が勝ち越し。更にワイルドピッチでランナーホームイン。5番山下のタイムリー。5−2
菊里が逆転勝ち。
続きを読む

23日試合結果

東三河地区
三谷水産・作手6−1新城
時習館7−0豊橋南
豊橋中央4−1小坂井
豊丘13−14豊川
福江0−4渥美農
海陽学園2−4豊橋工
豊橋商6−3豊橋東
成章15−3御津

蒲郡球場
桜丘9−1豊橋西
国府4−0新城東
蒲郡4−5蒲郡東

西三河地区
科技高豊田7−1岡崎東
岡崎西1−6三好
一色6−10杜若
豊田3−0安城農林
衣台2−9豊野
豊田南8−1豊田高専
知立9−1加茂丘
豊田大谷7−1刈谷北
松平5−12豊田工
刈谷工7−3高浜
岡崎学園7−8岡崎
刈谷11−1碧南
安城学園10−0猿投農林
安城南2−10安城
豊田西11−0西尾
幸田8−13豊田北
岡崎商3−10西尾東
安城東12−6岡崎北
碧南工4−3岡崎城西
知立東3−10吉良

名古屋地区
旭丘11−8名古屋大谷
富田5−6名経大高蔵
名城大附10−3同朋
高蔵寺5−16中部大春日丘
名古屋国際5−6名市工芸
昭和2−8天白
名古屋16−7菊里
中村5−12星城
向陽5−18春日井
名経大市邨10−0旭野

瀬戸北・名商・名大附 −名古屋 観戦記(2017年春季名古屋地区1次予選)

3月19日に愛工大名電Gで行われた第1試合、瀬戸北・名商・名大附−名古屋の観戦記です。
連合チームが名古屋高校相手にどこまで迫れるかという試合。初回で試合が決まってしまいました。

瀬戸北・名商・名大附
10000|1 H6 E1
娃娃隠娃悄達隠掘。10 E1
名古屋

瀬戸北・名商・名大附
浅井、安達、萩野−落合
名古屋
岩崎、内山−服部

投手成績
瀬戸北・名商・名大附
浅井(1) 1/3 27球 被安打5 四球1 三振0 失点6
安達(6) 0/3 32球 被安打2 四球5 三振0 失点7
萩野(5) 3回2/3 63球 被安打3 四球4 三振0 失点4
名古屋
岩崎(1) 3回 53球 被安打4 四球0 三振4 失点1
内山(12) 2回 39球 被安打2 四球0 三振3 失点0

浅井投手は名大附のピッチャー。上背があってまっすぐはそこそこ。カーブも大きく曲がるピッチャーで、力のあるピッチャー。ただ、この日は追いこんでからの勝負球の選択が悪く、痛打を浴びた状況。もう少し投げさせてほしかった。
安達投手はストライクが入らず。
萩野投手もストライクを取るのがやっとの状態でした。
岩崎投手は左のスリークォーター。まっすぐはぼちぼち。ちょっと立った投げ方。身体が大きいので、もう少し全体を使って投げたら球威は上がりそう。
内山投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。ひじを隠して投げるフォーム。

スタメン
瀬戸北・名商・名大附
2落合 4副島 1浅井 3長江 5中根(11) 7大原 9加藤 8松永 6 萩野(5)
名古屋
3高浜 9清水 4中田 1岩崎 8石川 6須田 5大石 7二村 2服部

(試合経過)
1回表、2死3塁から4番永江がタイムリー。瀬戸北名商名大附が先制。
1回裏、先頭の高浜がランニングホームラン。1死満塁から6番須田が2点タイムリー2ベース。7番大石が2点タイムリー。ここでピッチャー交替、安達。1死1、3塁から9番服部がタイムリー。更に連続押し出し四球。連続ワイルドピッチ。1死満塁でピッチャー交替、萩野。6番須田が3点タイムリー2ベース。タイムリーエラー。9番服部がタイムリー。更にワイルドピッチ。打者20人で16点。
3回裏1死1、3塁からワイルドピッチ。17−1
名古屋が5回コールドで勝ちました。
続きを読む

WBCは準決勝敗退

日本1−2アメリカ

第4回のWBCは準決勝でアメリカに惜敗。

ただ、2次は突破して、4大会連続のベスト4。ここまでこれれば御の字ですよね。今大会前のチーム状態見てたら1次で負けるんじゃない?って思ってたくらいだし。
ここまで世間的に野球に注目が集まるのも良かったですよね。個人的には周りが盛り上がるとひいてしまう性格ですので、あんまりのっていないんですけど(笑)。

なんにしても選手、関係者の方々、お疲れさまでした。

シーズンに引きずったりする選手が出ないことを祈りたいですね。

22日試合結果

東三河地区
御津4−14豊橋工
海陽学園0−30豊橋東
成章15−0豊橋商
豊橋南6−11小坂井
豊橋中央24−7新城
時習館0−4三谷水産・作手
新城東5−3蒲郡東
蒲郡11−0豊橋西
国府3−9桜丘
豊川4−3渥美農
福江0−2豊川工

西三河地区
科技高豊田9−0豊田高専
岡崎西6−9幸田
三好8−5杜若
加茂丘0−13刈谷北
豊田西10−1刈谷工
松平2−3岡崎商
豊田5−1豊田南
碧南1−9愛産大三河
安城農林4−5岡崎東
安城学園13−0知立東
知立1−7安城東
安城南7−0西尾東
猿投農林1−4鶴城丘
碧南工9−13岡崎学園
一色11−1豊田北

尾張地区
佐織工10−1丹羽
一宮北1−3海翔
滝8−1小牧
愛知黎明2−1愛知啓成
小牧工13−7一宮興道
西春7−1一宮南
犬山南3−5犬山
一宮商1−9尾西
誠信10−2大成
小牧南16−4一宮工
起工7−2木曽川
一宮5−7一宮西
誉12−0新川
津島東9−1稲沢東
岩倉総合0−14津島
清林館4−11江南

名古屋地区
名東4−11富田
名経大高蔵3−9豊明
旭丘8−3鳴海
中部大第一10−0名古屋大谷
愛知工3−12高蔵寺
中部大春日丘4−6菊華
桜台3−12名城大附
日進西6−5同朋
昭和10−3愛知商
愛知16−1天白
山田1−8名古屋国際
東邦3−2名市工芸
中村6−5東海学園
星城0−8栄徳
松蔭1−8名古屋
愛工大名電14−0菊里
東海5−10名経大市邨
明和9−1旭野
名古屋工4−5向陽
中京大中京13−1春日井
瀬戸6−4長久手
春日井商4−14名市工
緑丘商5−3愛知総合工科

愛知県大会出場校(22日現在)

推薦
至学館

名古屋地区
享栄、愛産大工、大同大大同、豊明、中部大第一、菊華、日進西、愛知、東邦、栄徳、愛工大名電、明和、中京大中京

中京大−JR東海 観戦記(2017年大学社会人対抗戦)

3月16日に瑞穂球場で行われた大学社会人対抗戦、中京大−JR東海の観戦記です。
現在愛知リーグ3連覇中の中京大が登場。対抗戦で大学側が勝ち越すチャンスもかかった試合となり、勝敗にも注目して観戦しました。

中京大
001200100|4 H9 E0
000031001|5 H11 E1
JR東海

中京大
山岡、真田、若林−池田、福島
JR東海
古田、今村、木部、川本、森−白川

投手成績
中京大
山岡 5回 99球 被安打5 四死球5 三振2 失点3
真田 2回 33球 被安打3 四球0 三振0 失点1
若林 1回2/3 47球 被安打3 四球0 三振0 失点1
JR東海
古田 4回 68球 被安打5 四球1 三振5 失点3
今村 2回 34球 被安打0 四球2 三振3 失点0
木部 1回 22球 被安打3 四球0 三振0 失点1
川本 1回 10球 被安打0 四球0 三振0 失点0
森 1回 12球 被安打1 四球0 三振1 失点0

山岡投手はキャプテンになったんですね。ピッチャーでキャプテンは珍しいかと。キャプテン山岡・・・。懐かしい感じが(笑)。まっすぐはまぁまぁ速い。ボール自体は来ていたと思いますが四球が多かった。
真田投手は右のオーバーハンド。高校時代は伸び悩んでいた印象でしたが、結構まっすぐが走っていました。
若林投手は左のスリークォーター。まっすぐはそこそこ速い。去年は段々中心投手になっていった感じでしたが、今年も引き続き重要なポジションで投げそうです。
古田投手は初回にいきなり後輩相手に三者三振スタート。ただ、段々尻すぼみの内容に。
今村投手は東海大海洋学部出身のルーキー。特徴的なフォームから速いまっすぐを投げ込んでいました。1死満塁からの連続三振は圧巻。
木部投手は筑波大出身。まっすぐは結構速かった。右のオーバーハンド。
川本投手は右のサイドハンド。まっすぐはそこそこ速い。
森投手は豊橋工出身の2年目。まっすぐはまぁまぁ速い。もう少し球威が上がっているかと思っていたのですが、高校時代からそんなに変わっていない印象。最後の方はいいボールも来ていましたが。

(スタメン)
中京大
9古賀 8西村 4前畑 5北村 7鈴木 6和田 3野崎 2池田 D飯田
JR東海
8川瀬 6長曽我部 9秋田 3津川 5掛江 4村井 7河合 D牛場 2白川

(試合経過)
3回表、2死1、3塁から2番西村がタイムリー。中京大が先制。
4回表、1死1、2塁から7番野崎がフェンスダイレクトの2点タイムリー2ベース。3−0
5回裏、2死満塁から6番村井の強い1ゴロがイレギュラーして3点タイムリー3ベースに。同点。
6回裏、2死2塁から2番長曽我部がタイムリー。JR東海が逆転。4−3
7回表、1死1塁から3番前畑の一塁強襲のタイムリー3ベース。4−4
9回裏、2死1、2塁から代打内田がサヨナラタイムリー。JR東海が勝ちました。
続きを読む

名城大−新日鐵住金東海REX 観戦記(2017年大学社会人対抗戦)

3月16日に瑞穂球場で行われた大学社会人対抗戦の名城大−新日鐵住金東海REXの観戦記です。
昨年秋に神宮出場した名城大が東海REX相手にどういう試合をするかに注目して観戦しました。

名城大
001100100|3 H11 E0
20011002X|6 H14 E0
東海REX

名城大
東、植田、宮津、栗林−山口
東海REX
平峯、松向、水越−竹村

投手成績
名城大
東 4回 75球 被安打9 四球3 三振1 失点4
植田 2回 22球 被安打3 四球1 三振0 失点1
宮津 1回 18球 被安打0 死球1 三振1 失点0
栗林 1回 27球 被安打2 四球1 三振0 失点2
東海REX
平峯 4回 55球 被安打5 四球1 三振2 失点2
松向 2回2/3 58球 被安打4 四球2 三振3 失点1
水越 2回1/3 31球 被安打2 四球0 三振2 失点0

東投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。落ちるボールはまずまず良かった。
植田投手は小柄な左のオーバーハンド。常葉菊川出身の2年生。
宮津投手は右のオーバーハンド。まっすぐが全てカットするような球筋が特徴。まっすぐはまぁまぁ速い。
栗林投手はまっすぐはかなり速い。MAX148kとも。ただボールが全体的に高かった。

平峯投手は右のオーバーハンド。フォロースルーの大きいピッチャー。コントロールにばらつきがあった。まっすぐはなかなか速い。
松向投手は左のオーバーハンド。投げっぷりのいい左腕。まっすぐはなかなか速い。変化球が中途半端なボールとなり打たれることが多かった。
水越投手は左のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。コントロールが安定しているので、崩れることは少ない印象。

スタメン
名城大
8吉浦 4堀井 5坪井 7高木 2山口 6吉村 D竹内 9山田 3吉田
東海REX
8濱口 6倉内 7中嶋 3加藤 D金子 9山中 4稲葉 5柴崎 2竹村

(試合経過)
1回裏、1死2、3塁から4番加藤が左中間を破る2点タイムリー2ベース。REXが2点先制。更に2死満塁まで攻めましたが、ここは東が踏ん張りました。
3回表、1死1塁から1番吉浦がタイムリー2ベース。2−1
4回表、1死1塁から6番吉村がタイムリー2ベース。同点。
4回裏、1死1、3塁から3番中嶋がタイムリー。REXが勝ち越し。3−2
5回裏、1死2、3塁から9番竹村がタイムリー。4−2
7回表、1死満塁からセカンドゴロの間に1点。ここでピッチャー交替、水越。4−3
8回裏、1死1、3塁からピッチャー前のフライバントを落として結果スクイズ成功。3番中嶋がタイムリー3ベース。6−3
東海REXが勝ちました。
続きを読む

20日試合結果

東三河地区
蒲郡10−5国府
豊橋西6−8蒲郡東
桜丘9−0新城東
海陽学園2−13成章
豊橋東10−9豊橋工
豊橋商10−0御津
豊橋中央4−8時習館
新城7−10小坂井
三谷水産・作手0−10豊橋南
豊川11−2豊川工
渥美農11−6豊丘

西三河地区
豊田南1−9科技高豊田
豊田北4−11三好
杜若1−2岡崎西
豊田高専0−11安城農林
安城東2−3豊田大谷
安城10−0松平
吉良4−1猿投農林
愛産大三河1−3刈谷
岡崎東4−5豊田
岡崎工1−13豊田西
岡崎商4−8安城南
岡崎3−8岡崎城西
岡崎北8−1加茂丘
刈谷北1−11知立
西尾東2−3豊田工
幸田5−1一色
鶴城丘3−8安城学園
高浜4−3西尾
岩津3−0碧南工
豊野1−2碧南

知多地区
半田農1−9内海・半田商
半田4−8東海商
常滑3−6東浦
半田東7−8東海南
大府8−7阿久比
知多翔洋9−2日福大付
大府東4−2半田工
武豊5−28横須賀

尾張地区
佐織工11−0海翔
丹羽5−4一宮北
一宮興道1−11愛知啓成
愛知黎明11−1小牧工
西春7−0犬山南
犬山1−9一宮南
滝11−4一宮商
小牧16−0尾西
大成8−1一宮工
小牧南6−5津島北
一宮西3−6木曽川
尾北4−8一宮
新川11−4稲沢東
津島東8−1美和
江南6−14津島
清林館6−5杏和

名古屋地区
名東11−4瀬戸窯業
名経大高蔵7−3富田
名古屋南0−18旭丘
中部大第一12−0鳴海
愛知工8−1春日井工
中部大春日丘8−5高蔵寺
春日井西2−7桜台
名城大附3−4日進西
東郷5−13昭和
愛知4−1愛知商
山田11−3日進・守山
東邦22−1名古屋国際
中村6−4惟信
星城11−0東海学園
松蔭11−3瀬戸北・名商・名大附
愛工大名電7−0名古屋
南陽1−11東海
名経大市邨6−7明和
南山1−10名古屋工
中京大中京9−2向陽
瀬戸5−2瑞陵
享栄14−3長久手
春日井商10−0名南工
愛産大工8−1名市工
千種9−11緑丘商
大同大大同9−1愛知総合工科

豊野−碧南 速報

3月20日に碧南工Gで行われた豊野−碧南の観戦記です。
豊野の好左腕田村投手がどんなピッチングを見せてくれるかに注目して観戦しました。

豊野
000000001|1 H3 E1
00000020X|2 H2 E0
碧南

投手成績
豊野
田村(1) 8回 131球 被安打2 四球2 三振13 失点2
碧南
田中(1) 9回 105球 被安打3 四死球2 三振4 失点1

スタメン
豊野
5近藤 4山口 8深津 1田村 7安田 2三浦 3堀部 6松平 9相馬
碧南
2羽柴 5馬渡亮 9岩井 1田中 3今 6神谷 7榊原 4馬渡健 8石倉

(試合経過)
豊野は4回までパーフェクトに抑えられる。
5回に先頭が死球で出て、犠打2つで2死3塁とするも7番が倒れ先制ならず。
碧南は初回に2死から3番岩井のヒットとエラーで2塁まで進むも4番が倒れ0。そこから6回までは毎回の12奪三振を喫し0更新。
7回裏、先頭の2番馬渡亮が粘って四球を取った後、3番岩井が2ベース。4番田中が四球で無死満塁。5番が倒れ1死満塁から6番神谷のところでスクイズ成功(記録野選)。更に1死満塁から7番榊原もスリーバントスクイズ成功。碧南が2点先制。
8回表、先頭の5番安田が出て送って1死2塁とするも後続が続かず。
9回表、無死1塁から1番近藤がタイムリー3ベース。2−1。1死後、3番のところでセーフティスクイズも正面に転がり、ランナー自重し、1塁アウトで2死3塁。最後は4番が倒れ試合終了。
碧南が勝ちました。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
livedoor プロフィール
今後の観戦予定
20日
碧南工G
26日
未定
27日
未定
4月2日
未定
5日
ナゴヤドーム
8日
香川丸亀
9日
香川丸亀
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ