コウサする日々

暑い季節になってきました。

三重高虎−浜松ケイスポーツ 観戦記(2017年クラブ選手権2次予選)

6月25日に岡崎球場で行われたクラブ選手権2次予選、三重高虎BC−浜松ケイスポーツBCの観戦記です。
クラブチーム同士の大会は初観戦でした。

三重高虎
0000000|0 H7 E2
010440X|9 H4 E1
浜松ケイスポーツ
(7回コールド)

投手成績
三重高虎
篠原 4回 被安打1 四球7 三振1 失点5
山本大 2回 被安打3 四球2 三振1 失点4
浜松ケイスポーツ
星山 6回 被安打7 四球1 三振4 失点0
加藤 2/3 8球 被安打0 四球0 三振0 失点0
辻 1/3 6球 被安打0 四球0 三振1 失点0

スタメン
三重高虎
7鈴木 6加藤紘 3山本純 D小川 5宮下 9福井 8井原 2野田 4伊藤
浜松ケイスポーツ
4中村 6平谷 5永井 2前田 8中嶋 3江川 9佐々木 D山下 7小林

(試合経過)
2回裏、1死2、3塁から7番佐々木の犠牲フライ。浜松ケイスポーツが先制。
4回裏、1死満塁から押し出し四球。9番小林がタイムリー。更に押し出し四球。2番平谷のボテボテの当たりが1塁間に合わず記録がタイムリーエラー。5−0
5回裏、無死1、3塁から1塁ランナー盗塁で送球をショートが弾いてその間にホームイン。1死2、3塁から9番小林がタイムリー。1番中村が2点タイムリー2ベース。9−0
7回コールドで浜松ケイスポーツが勝ちました。
続きを読む

愛知夏大会2017Dブロック展望

2017年夏大-D
シード校は栄徳。

栄徳も初戦に関しては恵まれた印象。釜谷投手を中心に、力は上がっていると思うので、この夏はチャンスですね。
その隣のゾーンはこれまた面白いチームが揃いました。大府は複数の力のあるピッチャーがいますが、初戦の科技高豊田も鈴木投手が好投手ですので、屈指の好カードの一つ。
春に県大会に進んだ日進西−成章も面白い組み合わせで見たいカードですね。
そこに吉良、選手が集まりだして、今後注目校になりそうな瀬戸窯業と面白いチームが揃っていて、栄徳と当たる4回戦にどこが上がってくるか、予想が難しい。またどこがきても栄徳は楽に勝てる相手ではないと思います。ただ、釜谷投手は経験も豊富ですので、取りこぼしはしないと思いますが・・・。

反対のゾーンは東浦−時習館という、こちらも屈指の初戦が組まれています。この勝者が5回戦まで上がってくるんじゃないかな?と思うのですが、その同じ山に、半田工、津島、春日井、豊田南と面白いチームが揃っていて、ここもどこが勝ち上がるか予想が難しい。時習館が伝統の力で上がってきそうですけど、どういう組み合わせでも面白い試合になりそう。
で、4回戦で当たりそうなチームとして滝を推します。滝は愛知啓成にも勝ったりして、かなり力があります。高浜−長久手という面白そうな試合も組まれていて、滝がすんなり勝ちあがれるかも分かりませんが・・・。
こちらは一応時習館が5回戦進出と予想しますが、難しいですね。

5回戦のカードは栄徳−時習館と予想。ブロックを制するのは栄徳とします。

FC岐阜−ジェフ千葉戦

a5940609.jpg
FC岐阜4−6ジェフ千葉

FC岐阜の試合は前回も4−4という試合でしたが、この試合も両チーム合わせて10点という大味な試合になりました^^;

しかしFC岐阜の守備はザルを通り越して、金魚すくいのホップ並みのもろさでした。ぶっちゃけひどかった。前半ロスタイムで勝ち越したまま終われていたら、違った展開だったんでしょうけど・・・。

点が入らない試合よりは見ていて面白いですけど、さすがにここまでだと・・・。

また見に行きたいとは思いますが、いい試合が見たいですね。

これでグランパスとFC岐阜の試合の負けなし記録はストップ。それも残念でした。

愛知夏大会2017Cブロック展望

2017年夏大-C
シード校は中京大中京。

投手が3枚。香村、磯村、伊藤稜と左右で140kを超えるピッチャーが揃い、投手力だけでもトップクラス。もちろん野手もレベルが高く、優勝候補の筆頭ともいえる中京大中京。初戦のクジは恵まれた印象。問題なく勝ち上がるかと。

その隣のゾーンは好チームがズラリ。知立、岡崎城西、岡崎工とどこが勝ち上がるか分かりませんし、その隣にも名城大附−知立東という屈指の好カードが並び、前年夏ベスト4の西尾東もいるという激戦ゾーン。
どこが中京大中京への挑戦権を勝ち取るか。ほんとに予想が難しい。
ただ、どこが上がってきても中京大中京の牙城を崩すのは難しそうな気がします。強いチーム同士で戦って、勢いを付けてぶつかってほしいですね。
反対ゾーンは久しぶりに県大会に進んだ菊華と高蔵寺が中心。順当にいけば直接当たる3回戦で勝った方が5回戦まで上がってくるかな、と。高蔵寺は選手個々のレベルが高いので、菊華を上回るかな。

5回戦は中京大中京−高蔵寺と予想。ただ、中京大中京の優位は動かないと思います。

岐阜硬式野球倶楽部−エディオン愛工大OBBLITZ 速報

6月25日に岡崎球場で行われたクラブ選手権2次予選、岐阜硬式野球倶楽部−エディオン愛工大OB BLITZの観戦記です。
岐阜硬式倶楽部は今年初参戦のチームですので、どこまでエディオンに喰らいつくかに注目して観戦しました。

岐阜
000000001|1
00010200X|3
エディオン

岐阜
飯田、畔地−阪上
エディオン
濱岡−吉田

4回裏、無死2、3塁からピッチャー強襲のゴロの間に1点。エディオンが先制。
6回裏、2死1、2塁から8番林友が2点タイムリー2ベース。3−0
7回終了時に球場を後にしました。

「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー」を見てきました

スペーススクワッド
「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー」を見てきました。

(あらすじ)
邪教団・幻魔空界が宇宙を闇に染めようと暗躍する中、宇宙刑事ギャバンこと十文字撃は宇宙マフィアの捜査をしていた。しかし撃は、幻魔空界のマッドギャランに敗北を喫し、シェリーが凶弾の犠牲となる。特捜戦隊デカレンジャーの協力も断り、シェリーのあだ討ちに乗り出す撃だったが、マッドギャランに宇宙刑事の魂であるレーザーブレードを折られてしまい……。

ギャバンとデカレンジャーの合体。デカレンジャーは10years afterに続いての復活。そしてメガホンは坂本浩一監督。
素晴らしい出来でした。文句なし。感動して涙が出ました。初めて舞台挨拶にも行きましたが、そちらも楽しかった。

色々、先もありそうな終わり方で、今後も楽しみです。公開数が少なかったですけど、もっともっとやってたくさんの人に見てほしいですね。
その辺の映画より面白いと思います。特撮好きは是非^^

☆は5つです。

愛知夏大会2017Bブロック展望

2017年夏大-B
シード校は東邦。

今年の東邦は昨年の絶対的エースがいたチームと比べると、投手力に安定感がない感じがしますが、それでも夏に向けて地力はUPさせてきていると思うので、後はベンチワークかな?
昨年のチームから終盤の粘りといういい部分が伝統になりつつあるので、それを夏に発揮したいところですね。

初戦は刈谷工が濃厚かと思いますが普通にやれば東邦だと思います。
4回戦に上がってきそうなところもちょっと予想が難しい。安城農林は2年前に旋風を起こしましたが、部員が集まっていないって話も聞きますし・・・。愛知商がどこまで力を付けてきているか。伝統の力もあって愛知商が上がってきそうですけど、東邦には厳しいでしょうね。

反対のゾーンでは愛産大工−豊川の屈指の好カードが組まれました。ただ、今年のチームは豊川のが上かな、と思います。ただ、もちろん一発勝負なので、やってみないと分かりませんが・・・。レベルの高い試合を期待したいですね。
天白も秋に見た時に素晴らしかった岡本投手がいて、伸びていたら楽しみ。
豊田西は2枚のエース格がいますが、初戦の佐織工も左腕が揃い、侮れない相手。順当に行けば、豊川−豊田西の3回戦、ですけど、意外と波乱もありそう。

その隣のゾーンは名市工がちょっと抜けている印象。鶴城丘もいいチームを作ってきますけど、普通に行けば名市工かな、と。
こちらのゾーンは豊川が5回戦、と予想しますが、混戦ですね。

東邦−豊川は東邦が有利かな、と思いますが、絶対ではないですし、好ゲームになりそう。

Bブロックは東邦と予想します。

同朋大−中京大 観戦記(2017年愛知大学リーグ新人戦)

6月18日に愛知学院大Gで行われた新人戦の決勝、同朋大−中京大の観戦記です。
1部VS2部の決勝で、同朋大はエースの久保田投手が先発。同朋大がより結果が欲しいのかな?と思いながら観戦しました。

同朋大
001003000|4 H5 E4
010102001|5 H5 E4
中京大

投手成績
同朋大
久保田 6回 93球 被安打4 四死球3 三振5 失点4
渡邊 2回2/3 44球 被安打1 四球1 三振4 失点1
中京大
浅野 5回1/3 79球 被安打4 四死球2 三振5 失点4
長谷川 2回2/3 23球 被安打1 四球0 三振1 失点0
三輪 1回 12球 被安打0 四球0 三振2 失点0

久保田投手は同朋のエースとして1年生の頃から君臨。見たいと思いながら見る機会がなかなか無く、調べたら高校1年の秋以来の観戦となりました。まっすぐが思ったほどは来ていない感じでしたが、変化球のコントロールが良く、しっかりと試合が作れるタイプだな、と感じました。勝てるピッチャーですね。
渡邊投手は右のオーバーハンド。帝京可児出身の2年生。まっすぐはまぁまぁ速い。いい球を投げるピッチャーですね。
中京大の浅野投手は大府高校時代からスカウトの評判も良かったピッチャー。まっすぐはまぁまぁ速い。思ったほど球威は上がっていませんでした。1年生ですし、これからですかね?
長谷川投手は右のややトルネード。まっすぐはまぁまぁ速い。春日丘出身の2年生。
三輪投手は右のスリークォーター。三重高校出身の2年生。まっすぐはそこそこ速い。ちょっと打ちづらい球筋に見えました。

スタメン
同朋大
8山口 7岩崎 9岩島 3伊藤 D瀬尾 6杉山 5丸山 2上地 4荒川
中京大
9川田 4杉谷 8西村 3橋爪 D松井 7村田 5足立 2福島 6小河内

(試合経過)
2回裏、2死満塁から9番小河内が押し出し四球。中京大が先制。
3回表、8番上地の同点ホームラン。1−1
4回裏、1死1、2塁から8番福島のサードゴロをタイムリーエラー。中京大が勝ち越し。2−1
6回表、1死1、2塁から4番伊藤がタイムリー。1死2、3塁からショートゴロ野選で逆転。さらにボークで3塁ランナーホームイン。ここでピッチャー交替、長谷川。4−2
6回裏、無死2、3塁から久保田のワイルドピッチ。1死3塁から8番福島の犠牲フライ。4−4
9回裏、1死3塁から2番杉谷のサヨナラ犠牲フライ。
中京大が新人戦優勝。
続きを読む

愛知夏大会2017Aブロック展望

2017年夏大-A
シード校は豊橋中央

バッテリーを中心に春にベスト8に食い込み、初のシードを獲得した豊橋中央。春に2度見ましたが、サウスポーの西脇投手はレベルが高いですし、キャッチャーの長嶺選手は注目のキャッチャー。力は確実に付けています。

ただ、初戦は安城東−岡崎の勝者と。安城東はピッチャーのレベルが高く、エースは見ていないのですが、左の藤嶋投手、右の榊原投手、どちらも素晴らしいボールを投げていて、豊橋中央に取っては厳しい初戦になりそう。

その隣のブロックも伏兵ぞろい。名経大高蔵には好投手がいるとの話。その相手の小坂井も県大会に進んだチームですので、面白い初戦になりそう。
誉も力はあるのですが、新城東は毎年いいチームを作ってくるので、この初戦も好勝負になりそう。
こちらのゾーンは予想が難しいですが、安城東を推したい。

反対ゾーンは星城がいて、平林監督になって3年目ということで、上位進出を狙えそうな状況。ただ、昨夏に旋風を起こした春日井商がエースが残っているので、ここが上がってくると面白い勝負になるかも。
その隣は、東海商、半田、大成が注目。半田−大成は初戦の好カード。大成がどこまで力を付けてきているか、注目です。
東海商は知多地区を制したりもしたチームですが、小牧高校も力があるので、この初戦も面白そう。

星城が5回戦進出と予想しますが、そんなに楽には勝ちあがれない気がします。

Aブロックは星城と予想しますが、波乱含みな気がしますね。

至学館大−愛工大 観戦記(2017年愛知大学リーグ新人戦)

6月17日に中京大Gで行われた至学館大−愛工大の新人戦の観戦記です。
途中からで、話をしながらの観戦でしたので簡単に、となります。

至学館大
0001120|4
004052X|11
愛工大
(7回コールド)

至学館大
武田、茅野−星野
愛工大
西田、八木田、野口−尾濱

愛工大では先日4安打と活躍した矢野選手が2番に昇格。この日も3打席で2本ヒットを打っていました。この新人戦をきっかけに秋に飛躍してほしい選手ですね。
至学館では戸松選手、吉本選手がホームラン。見事な一発でした。
投げる方は武田投手が先日の愛大戦に続いて登板。9点まで引っ張ったので、他のピッチャーに自信がないのかもしれませんが・・・。新人戦とはいえ公式戦でもう少し他のピッチャーも使ってほしかったですね。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
livedoor プロフィール
今後の観戦予定
6月
17日
未定
18日
練習試合
25日
未定
7月2日
夏大
8日
夏大
9日
夏大
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ