コウサする日々

夏から秋へ。新チームが楽しみです。

東海−愛知 観戦記(2017年秋季名古屋地区1次予選)

8月14日に愛知高校Gで行われた東海−愛知の観戦記です。
夏にベスト8進出を果たした愛知高校。その新チーム初戦でしたので、どういう戦いを見せるかに注目して観戦しました。4回終了時までの観戦記になります。

東海
100000100|2
02003100X|6
愛知

東海
羽田野−河田
愛知
浅田、河人、渡邉−山本

羽田野投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。オーソドックスでボールに切れがありファールを打たせられるピッチャー。
浅田投手は右の変則サイドハンド。まっすぐはなかなか。高低をもう少し意識して使えるといいかな。

スタメン
東海
8長沼 6鈴木 2河田 7平松 3三輪 4橘 9上村 1羽田野 5牧野
愛知
7朝日 8河崎 4阿部、6渡邉 3福島 5西脇 2山本 9竹田 1浅田

(試合経過)
1回表、1死2、3塁からワイルドピッチで1点。東海が先制。
2回表、2死1,2塁から2番鈴木のヒットでホームを狙うもセンター河崎の好返球によりタッチアウト。追加点ならず。
2回裏、2死2、3塁から9番浅田の2点タイムリー。逆転。2−1
4回終了時に球場を後にしました。
試合は愛知が勝ちました。

東海はエースの羽田野投手を中心に、なかなか力のあるチームでした。1番長沼、2番鈴木両選手が見ていた間は出塁をして、点数に絡む活躍。
浅田投手の変則投法にもしっかりとついていっていました。この試合も9回までやっていますし、予選も惜敗ばかり。春に向けてまた頑張ってほしいですね。

愛知は夏までは強力打線のチーム。そこから主軸が抜けているので、どうかな、と思いましたが、迫力はちょっと落ちるかな。
ただ、去年の秋に主戦で投げていた浅田投手がいますし、3番4番は試合に出ていた2人。ここからしっかりと振れるチームになっていけば、秋も楽しめそうです。
前のチームが振れるチームになったように、そういう指導を期待したいですね。

20日試合結果

西三河地区
科技高豊田11−0岡崎東
安城9−7松平
加茂丘2−11岩津
☆知立3−4豊田工
愛産大三河6−1猿投農林
豊野0−9幸田
☆岡崎北1−5岡崎城西
☆豊田11−4刈谷
安城農林2−3杜若
三好10−0岡崎学園
岡崎工9−5安城東
知立東12−10豊田北
岡崎商4−5西尾東
鶴城丘5−4西尾
☆吉良5−6碧南工
刈谷北7−3豊田南
碧南2−5岡崎西
一色4−11安城南

東三河地区
豊川2−1渥美農
☆豊橋中央0−1桜丘
小坂井4−7豊橋南
時習館15−4蒲郡

尾張地区
海翔0−10愛知黎明
滝0−8誠信
稲沢12−0一宮商
大成14−0尾西
津島7−6尾北
美和5−2犬山南

知多地区
大府6−1半田工
東浦2−6日福大付
知多翔洋4−7東海南
半田1−6半田東

名古屋地区
名市工芸9−6中村
☆長久手1−8名南工

秋季愛知県大会出場校(21日現在)

推薦
中京大中京

東三河地区(7校)
豊橋中央、桜丘、豊川、渥美農

名古屋地区(17校)
旭丘、星城、享栄、中部大春日丘、愛工大名電、愛産大工、名古屋国際、東邦、至学館、栄徳、愛知、名市工芸、名南工

刈谷北−豊田南 速報

8月20日に吉良高校Gで行われた第2試合、刈谷北−豊田南の観戦記です。
練習試合で見た時に、どちらも好投手がいてまた見たいな、と思っていた両チーム。お目当てのピッチャーが見れて良かったです。

刈谷北
101200102|7 H13 E1
000001200|3 H3 E1
豊田南

刈谷北
山崎、後藤イツキ、桑原−大木
豊田南
米川、藤原、家長−田中、山内

投手成績
刈谷北
山崎(1) 6回 92球 被安打2 四死球6 三振4 失点1
後藤イツキ(3) 0/3 13球 被安打0 四球3 三振0 失点2
桑原(10) 3回 34球 被安打1 四死球3 三振2 失点0
豊田南
米川(9) 4回 103球 被安打8 四球1 三振4 失点4
藤原(1) 4回0/3 60球 被安打5 死球2 三振3 失点3
家長(11) 1回 12球 被安打0 四球0 三振1 失点0

山崎投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。四死球は多かったものの、まっすぐは詰まらせる場面が多かった。
後藤イツキ投手は左のオーバーハンド。上背あり、トップを速く作るフォーム。まっすぐはぼちぼち。ストライクが入らず。
桑原投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。球威がありました。
米川投手は右のスリークォーター。まっすぐはそこそこ。追い込むところからの決め球が欲しい。
藤原投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。安定感もあります。楽しみなピッチャー。
家長投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。

スタメン
刈谷北
8安井 4後藤コウキ 6神谷 7鍋内 3後藤イツキ 9白浜 1山崎 5中島(14) 2大木
豊田南
4鈴木 6後藤ハルキ 9藤原(1) 3石原 7後藤タクマ 5小林 1米川(9) 8宇野 2田中

(試合経過)
1回表、2死3塁から4番鍋内がタイムリー。刈谷北が先制。
3回表、1死3塁から2番後藤コウキがタイムリー。2−0
4回表、2死2塁から1番安井が2ランホームラン。4−0
6回裏、1死1、3塁から7番米川が犠牲フライ。4−1
7回表、2死3塁から5番後藤イツキのタイムリー。5−1
7回裏、替わった後藤イツキが3連続四球で無死満塁となりピッチャー交替、桑原。3番藤原がタイムリー。押し出し死球。5−3
9回表、無死2塁から2番後藤コウキのタイムリー2ベース。無死3塁から3番神谷がタイムリー。ここでピッチャー交替、家長。7−3
刈谷北が勝ちました。

碧南工−吉良 速報

8月20日に吉良高校Gで行われた碧南工−吉良の観戦記です。
2次進出に向けてどちらも負けられない1戦。好ゲームになりました。

碧南工
200000031|6 H7 E1
100101002|5 H9 E5
吉良

碧南工
山形、深津−石井
吉良
牧野、香村−岩瀬

投手成績
碧南工
山形(10) 4回0/3 77球 被安打5 四球4 三振3 失点2
深津(1) 5回 60球 被安打4 四球1 三振3 失点3
吉良
牧野(10) 7回 93球 被安打4 四球4 三振1 失点2
香村(4) 2回 38球 被安打3 四球1 三振1 失点4

山形投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。ちょっと上体に頼った投げ方で、変化球があんまり入らず。その分苦しいピッチングに。
深津投手は左のオーバーハンド。まっすぐはそんなに速くない。コントロールは安定。ひじ伸びたフォーム。左投げ右打ち。
牧野投手は右のやや変則のアンダーハンド。一瞬止まったように感じるフォーム。まっすぐはそんなに速くない。もう少しフォームに変化があるともっとタイミング取りにくくなるかも。
香村投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。コントロールは良さそうですが、ちょっとボールが高かった。

スタメン
碧南工
8畠井 5倉田 4山下(11) 9日比 1山形(10) 2石井(15) 3岡安 7犬童 6永尾
吉良
6山本シュウ 8永田 2岩瀬 3岸本 3犬塚 4香村 9壁谷 1牧野(10) 5榊原

(試合経過)
1回表、1死2、3塁から4番日比の内野ゴロで1点。5番山形のタイムリー。碧南工が2点先制。
1回裏、1死3塁からワイルドピッチで1点。2−1
4回裏、1死満塁から7番壁谷の2ゴロゲッツー崩れで1点。2−2
5回裏、無死1、2塁でピッチャー交替、深津。
6回裏、1死から5番犬塚がセンターオーバーの勝ち越しホームラン。3−2
8回表、2死1、3塁から9番永尾がタイムリー。1番榊原が左中間を破る2点タイムリー2ベース。逆転。5−3
9回表、2死から5番山形がソロホームラン。6−3
9回裏、1死1塁から代打小堺が2ランホームラン。6−5
碧南工が勝ちました。

天白−富田 観戦記(2017年秋季名古屋地区1次予選)

8月14日に愛知高校Gで行われた天白−富田の観戦記です。
場内アナウンスが無く、富田のみ選手名が分かったので、いびつな形での観戦記になります。

天白
000000|0 H3 E1
000631|10 H10 E0
富田
(6回コールド)

投手成績
天白
(1) 3回0/3 60球 被安打3 四球2 三振3 失点4
岡本(10) 1回 20球 被安打3 四球1 三振0 失点2
(11) 1回1/3 28球 被安打4 死球1 三振1 失点4
富田
植村(1) 5回 83球 被安打3 四死球2 三振5 失点0
桑原(6) 1回 17球 被安打1 四球0 三振1 失点0

天白の1番は左のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。少しトルネード気味に投げるフォーム。
岡本投手は長身のサウスポー。身体もしっかりとしています。まっすぐはそこそこ速い。追い込んでから変化球を打たれる場面がありました。
11番は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。
植村投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。コントロールも良く、ストライク先行出来て安定感のあるエース。セットポジションで速く投げるのが気になりました。下手したらボークかも。高いレベルでまとまったピッチャー。
桑原投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。

(試合経過)
2回表に2死1,2塁、3回表に2死満塁のチャンスを作るも天白は先制ならず。
4回裏、無死1、2塁から4番大浦がタイムリー。5番栗本がタイムリー内野安打。ここでピッチャー交替、10番。6番植村がタイムリー。1死満塁から9番岩田が2点タイムリー。1番桑原がタイムリー。富田が6点先制。
5回裏、無死2塁から3番山田がタイムリー。2死3塁から6番植村が2ランホームラン。9−0
6回裏、1死2塁から1番桑原がタイムリー2ベースでコールド成立。
富田が大勝しました。
続きを読む

19日試合結果

西三河地区
科技高豊田6−4刈谷北
岡崎城西6−3三好
刈谷4−1松平
岡崎東4−5鶴城丘
岡崎西1−8豊田工
岡崎北0−6愛産大三河
安城南3−8豊田
刈谷工6−4吉良
豊田西8−1岡崎商
西尾2−5豊田南
安城学園12−3安城農林
衣台1−6岡崎工
☆岩津3−10西尾東
岡崎学園3−9猿投農林
岡崎6−5碧南
碧南工7−0豊田北
一色5−8安城

尾張地区
小牧南14−3丹羽
一宮興道1−2X一宮工
愛知啓成5−3一宮南
一宮9−4一宮西
新川6−1美和
犬山南0−3津島

東三河地区
蒲郡球場
国府8−1新城東
豊橋東2−4成章

名古屋地区
愛知商1−8享栄
名経大市邨6−3松蔭
☆名市工3−6明和
中部大春日丘9−2惟信
南陽0−9愛工大名電
春日井3−0菊里
瀬戸2−10愛産大工
春日井商0−12昭和
旭野0−7東邦
瑞陵14−0緑丘商
名市工芸7−0菊華
桜台9−2日進
愛知総合工科4−3中部大第一
名古屋工3−6名南工

刈谷工−知立東 観戦記(2017年秋季西三河地区1次予選)

8月13日に豊田球場で行われた第3試合、刈谷工−知立東の観戦記です。
県大会にも顔を出す両校ですので、好ゲームを期待して観戦しました。

刈谷工
002601010|10
201000101|5
知立東

刈谷工
上野、山下−南
知立東
釜田、富成、萱原、渡辺−佐藤

刈谷工の上野投手は左のオーバーハンド。投げおろすタイプ。まっすぐはなかなか。ボールが構えからずれる球が多かった。
山下投手は右のスリークォーター。まっすぐはまぁまぁ。ストライク先行で打たせて取る。
釜田投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。テイクバックで早めにトップを作るタイプ。
富成投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。ボールが抜けていました。
萱原投手は左のオーバーハンド。まっすぐはあんまり速くない。
渡辺投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。荒れ球でボールの勢いで打ち取るタイプ。

刈谷工
9大塚 6杉本 4大畑(14) 2南 1上野(10) 8三浦 7東川内 3内山(17) 5吉田
知立東
9伊藤 6岡田 5渡辺(1) 2佐藤 1釜田(5) 4岡本 3新海 7土岐 8築山

(試合経過)
1回裏、1死1、2塁から4番佐藤がタイムリー2ベース。5番釜田がタイムリー。知立東が2点先制。
3回表、無死2塁からタイムリーエラー。更に2死3塁からタイムリーエラー。同点。
3回裏、1死2、3塁から7番新海のところでセーフティスクイズ成功(記録内野安打)。知立東が勝ち越し。尚も1死満塁のチャンスを活かせず。3−2
4回表、1死満塁でピッチャー交替、萱原。2死満塁からショートゴロ野選で同点。4番南へ押し出し四球で逆転。ここでピッチャー交替、渡辺。更に5番上野に押し出し四球。6番三浦の走者一掃の3点タイムリー3ベース。8−3
6回表、1死2塁から4番南のタイムリー2ベース。9−3
6回終了時に球場を後にしました。
試合は刈谷工が逃げ切りました。
続きを読む

18日試合結果

西三河地区
鶴城丘1−15刈谷北
吉良6−4知立東
碧南工2−7刈谷工
西尾9−0岡崎東
碧南2−4知立
安城農林6−2豊野

名古屋地区
同朋0−1大同大大同
☆名古屋大谷1−2旭丘
春日井工0−10日進西
星城9−0守山(棄権)
高蔵寺10−0豊明
名古屋国際12−5山田
名東10−0瀬戸窯
☆名古屋0−9至学館
千種1−10名城大附
名古屋南2−7栄徳

知多地区
阿久比球場
東海商1−6常滑
阿久比3−8半田工

豊野−安城農林 速報

8月18日に碧南臨海球場で行われた第2試合、豊野−安城農林の観戦記です。
お互いに新チーム公式戦初勝利を目指しての戦いでした。

豊野
000020000|2 H5 E2
00202002X|6 H10 E3
安城農林

豊野
清家、坂部−三浦
安城農林
江崎斐−榊原

投手成績
豊野
清家(1) 5回 60球 被安打7 死球1 三振0 失点4
坂部(3) 4回 37球 被安打3 四死球2 三振1 失点2
安城農林
江崎斐 9回 127球 被安打5 四球3 三振2 失点2

清家投手は右のサイドハンド。まっすぐはあんまり速くない。この日も四球は0で、死球を一つ出したのみ。コントロールの良さは健在でした。この日は振りきられることが多く、こういうチームに対してどう投げるかが課題。
坂部投手は右のスリークォーター。まっすぐはそんなに速くない。ちょっと最初腕が振れてなかった印象。しっかりと腕を振って、球持ちのいいフォームを活かしたい。
江崎斐投手は右のオーバーハンド。やや上体の力に頼った投げ方。まっすぐはそこそこ。落ちる球を上手く使っていました。

スタメン
豊野
4松平 3坂部 9水谷 2三浦 7仙石 5永田 6鎌倉 8佐藤 1清家
安城農林
9岩間 3早川 8永谷 2榊原 5長谷田 1江崎斐 6中田 4江崎翔 7蟹江

(試合経過)
3回裏、2死2、3塁から3番永谷が2点タイムリー。安城農林が先制。
5回表、無死1塁から7番鎌倉がタイムリーベース。8番佐藤の内野ゴロを弾き同点。2−2。尚も1死1,3塁のチャンスを作るも2番3番が倒れ0点。
5回裏、無死満塁から1番岩間が2点タイムリー。4−2。尚も無死1,3塁でしたが、ここは清家が踏ん張りました。
8回裏、2死2塁から4番榊原、5番長谷田が連続タイムリー2ベース。6−2
安城農林が勝ちました。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
livedoor プロフィール
今後の観戦予定
15日
小牧球場
18日
未定
20日
未定
27日
未定
28日
未定
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ