コウサする日々

夏大が終わると秋へ

ラグビートップリーグ開幕戦観戦

image
トヨタヴェルブリッツ39−18豊田自動織機シャトルズ

瑞穂ラグビー場で行われたラグビートップリーグの開幕戦を見てきました。

正直、ちょっとしたミスも多くて、好ゲームとは言い切れない部分もありましたが、豊田自動織機の頑張りもあり盛り上がりました。

ワールドカップまであと3年。もっともっとラグビーが盛り上がるといいなぁ。

吉良−豊田西 観戦記(2016年秋季西三河地区2次T)

8月21日に豊田球場で行われた第2試合、吉良−豊田西の観戦記です。
県大会&全三河出場決定戦。どちらのピッチャーも夏までに公式戦で投げているピッチャーですので、どんなピッチングを見せるかに注目して観戦しました。
暑かったので、5回表までの観戦です。

吉良
000001000|1
20001000X|3
豊田西

吉良
壁谷(1)−杉浦
豊田西
川上(10)−加藤

壁谷友投手は左のオーバーハンド。岡島に似たタイプで、フィニッシュの時に顔が下に振れるフォーム。まっすぐはまぁまぁ。やや荒れ球で、球威で打たせて取るタイプ。
川上投手は右のスリークォーター。まっすぐはそこそこ速い。コーナーをしっかりと突けて相手をほんろうする。夏はエースナンバーでしたが、この日は10番でした。

吉良
8村田 4鈴木 1壁谷友 2杉浦 3梅田 7岩瀬(12) 5中川 6榊原 9壁谷壱
豊田西
9藤田 5野尻 8高橋(1) 3阿部 7藤本 2加藤 4坂野 1川上(10) 6杉本

(試合経過)
1回裏、四球からバント野選とエラーで無死満塁に。ここから連続三振で2死満塁まで行くも、6番加藤が2点タイムリー。豊田西が2点を先制。
5回表終了時に球場を後にしました。

豊田西が逃げ切って県大会出場を決めました。
続きを読む

岩津−豊田工 観戦記(2016年秋季西三河地区2次T)

8月21日に豊田球場で行われた第1試合、岩津−豊田工の観戦記です。
勝てば県大会&全三河出場が決まる試合。新チームになってからは両チーム初でしたので、当然どんなチームか注目なのですが、岩津は1次予選全勝でしたので、どんなチームかより注目しました。

岩津
000030000|3 H8 E1
000100100|2 H7 E2
豊田工

岩津
青木、土肥−柚木山
豊田工
横田、酒井−橋本

投手成績
岩津
青木(1) 7回 91球 被安打5 死球1 三振7 失点2
土肥(9) 2回 32球 被安打2 四球0 三振2 失点0
豊田工
横田(10) 5回2/3 122球 被安打8 四球4 三振3 失点3
酒井(1) 3回1/3 34球 被安打0 四球1 三振1 失点0

青木投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。小柄で全身のバネで投げ込むようなタイプ。カーブが上手くコントロールされてくるので、相手にとっては厄介。好きなタイプのピッチャーですね。
土肥投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。球の勢いで抑え込むタイプ。
横田投手は左のオーバーハンド。上背があり、まっすぐはなかなか。まだ安定感に欠き、1年生ですので先は楽しみですが、この試合では厳しい経験をした形。
酒井投手は左のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。安定感が抜群で、豊富な経験を活かしたピッチングは見事。

(スタメン)
岩津
8鳥谷 1青木 2柚木山 9土居 3佐藤 6木本 7今井 4蔵之上 5中根
豊田工
7加藤(13) 8小野 2橋本 3酒井(1) 9鳴川 5前川(12) 4坂部(14) 1横田(10) 6和田

(試合経過)
1回裏、2死2塁から1塁ゴロをジャッグるする間に3塁ランナーがホームを狙うも惜しくもタッチアウトに。先制ならず。
2回表、2死から四球とヒットでチャンスを作り8番蔵之上の1,2塁間の当たりをセカンドがファインプレー。1塁アウトにして得点を許さず。
3回表、2死から連打とエラーで満塁とするも、5番佐藤がボール臭い球をストライク取られて見逃し三振。またも先制ならず。
4回裏、2死2塁から5番鳴川がタイムリー。豊田工が先制。
5回表、無死3塁から1番鳥谷のショートゴロの間に1点。2死1塁から4番土肥がタイムリー3ベース。更にワイルドピッチで加点。3−1
6回表、2死1塁、1番鳥谷のカウントフルカウントのところでピッチャー交替、酒井。ここは遊ゴロに抑えます。
7回裏、2死3塁から7番坂部がタイムリー。3−2。更にヒットで2死1,2塁としますが9番が倒れ同点ならず。
岩津が逃げ切り。県大会出場を決めました。
続きを読む

25日結果

名古屋地区

東邦5−0星城
享栄3−11中京大中京

西三河地区

安城東1−7知立東

知多地区

半田8−1大府東
半田工7−8東浦
東海商0−6大府

尾張地区

起工6−4誉
大成6−7愛知啓成
小牧0−1津島

愛知秋季県大会出場校

愛知秋季県大会出場校
推薦
○東邦

名古屋地区
○中京大中京、○享栄、○星城、愛知、名経大高蔵、至学館、中部大春日丘、中部大第一、名経大市邨、緑丘商、名城大附、愛工大名電、愛産大工、大同大大同、名市工、豊明、栄徳

知多地区
○東浦、半田工、東海商、大府、半田

東三河地区
○豊川、成章、時習館、桜丘、豊橋中央、豊橋工、国府

尾張地区
○愛知黎明、○起工、誠信、滝、西春、丹羽、誉、清林館、愛知啓成、津島

西三河地区
○知立東、○安城東、岩津、杜若、刈谷、豊田西、豊田南、西尾東、豊田工、刈谷工、吉良、岡崎西

西春−愛知啓成 観戦記(2016年秋季尾張地区2次T)

8月20日に小牧球場で行われた第3試合、西春−愛知啓成の観戦記です。
1次予選に同組に愛知黎明や清林館がいたとはいえ、3位通過。2次の1回戦でも乱打戦の末犬山を振り切るなど、もたつきを見せる愛知啓成の新チームがどういう戦いを見せてくれるかに注目して観戦しました。

西春
130000010|5 H12 E0
000000111|3 H12 E2 
愛知啓成

西春
高木−谷口
愛知啓成
中村、本多−鬼頭慶

投手成績
西春
高木(1) 9回 124球 被安打12 四死球3 三振2 失点3
愛知啓成
中村(1) 5回0/3 79球 被安打8 死球1 三振1 失点4
本多(17) 4回 57球 被安打4 四球2 三振2 失点1

西春の高木投手は左のオーバーハンド。まっすぐはそんなに速くない。コントロールは安定して、インコースもしっかりと投げ切れるピッチャー。
中村投手は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。ボールが全体的に高かった。
本多投手は右のオーバーハンド。トヨタの佐竹投手のようなフォーム。まっすぐはぼちぼち。テンポよく投げて打ち取るピッチャー。

(スタメン)
西春
8小薮 6大蔵 2谷口 9後藤康 7南 3松平 5後藤 1高木 4八神
愛知啓成
1中村 7前畑(8) 9川上 8大脇(7) 3鬼頭一(13) 5関 4吉口(14) 2鬼頭慶(19) 6早川(16)

(試合経過)
1回表、1番小藪の2ベース、2番大蔵のヒットで無死1、3塁とし3番谷口がタイムリー2ベース。西春が先制。尚も無死2,3塁でしたが、後続が続かず1点止まり。
2回表、無死2塁から8番高木がタイムリー。更に2死1、3塁から3番谷口のセカンドゴロをタイムリーエラー。4番後藤康がタイムリー。4−0
6回表、無死2塁でピッチャー交替、本多。
7回裏、1死1、2塁から代打錦見がタイムリー。4−1
8回表、1死満塁から2番大蔵のタイムリー。5−1
8回裏、2死3塁から5番山本がタイムリー。5−2
9回裏、2死3塁から1番中村がタイムリー。5−3
西春が逃げ切って県大会進出を決めました。
続きを読む

24日結果

東三河地区

国府8−3豊川工
豊川8−4桜丘

知多地区

東海商6−1半田
大府東7−11大府

尾張地区

愛知黎明13−3西春


西三河地区
豊田球場
安城東3−1杜若
豊田西3−5知立東

小牧工−滝 観戦記(2016年秋季尾張地区2次T)

8月20日に小牧球場で行われた第2試合、小牧工−滝の観戦記です。
勝つと県大会が決まる大事な試合。期待通りの接戦となりました。

小牧工
10200000000|3 H8 E0
00021000001|4 H13 E1

(延長11回サヨナラ)

小牧工
石黒−浅見

神谷−長谷川

投手成績
小牧工
石黒(1) 10回1/3 143球 被安打13 四球1 三振4 失点4

神谷(1) 11回 137球 被安打8 四球2 三振5 失点3

石黒投手は右のスリークォーター。まっすぐはぼちぼち。コントロールが良く大崩れしないピッチャー。
神谷投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。投球フォームは中日の浅尾に似ている。コントロールが安定し、タイミングをはずす投球で相手を打ち取っていました。

(スタメン)
小牧工
5河田 8長谷川 2浅見 7西川 9横山 3安藤 4加納 6清水 1石黒

6井上 4熊澤 2長谷川 1神谷 3相田(10) 8服部 5佐々木 9小出 7高木

(試合経過)
1回表、1死3塁から3番浅見のところでセーフティスクイズ成功。小牧工が先制。
3回表、2死1塁から3番浅見が2ランホームラン。3−0
4回裏、2死満塁から8番小出が2点タイムリー。3−2
5回裏、1死2塁から3番長谷川がタイムリー2ベース。3−3。尚も1死1,3塁としますが、5番のところでスクイズを仕掛けるも捕ゴロとなり、3塁ランナーが挟まれ、結果1塁ランナーもタッチアウト。チャンスを逸します。
延長戦に突入。
11回裏、1死1、3塁から7番佐々木のところで初球スクイズ。ホームクロスプレーもセーフで滝がサヨナラ。
県大会出場を決めました。
続きを読む

23日の試合結果

名古屋地区

千種6−7大同大大同
東邦4−3至学館
春日井2−11名市工
中部大春日丘10−13星城
高蔵寺1−5豊明
名経大市邨1−8享栄
栄徳14−2明和
中京大中京5−1名城大附

西三河地区

愛産大三河1−7豊田工
安城東2−1岩津
刈谷工7−0刈谷北
杜若6−5刈谷
吉良9−5科技高豊田
豊田西7−0豊田南
岡崎西10−5岡崎城西
知立東5−2西尾東

尾張地区

木曽川1−3大成
小牧工2−9愛知啓成
小牧11−4小牧南
津島北6−8津島

起工−津島東 観戦記(2016年秋季尾張地区2次T)

8月20日に小牧球場で行われた、尾張の2次トーナメントの1回戦、起工−津島東の観戦記です。
どちらも新チームになって初の観戦。津島東は久々に見るのでどんな野球をやるか注目して観戦しました。

起工
05331|12 H11 E1
00000|0 H2 E3
津島東

起工
近藤−脇田
津島東
山形、宮川、林−佐藤

投手成績
起工
近藤(1) 5回 54球 被安打2 四球0 三振1 失点0
津島東
山形(8) 3回 被安打8 四球2 三振0 失点8
宮川(10) 1回 26球 被安打2 四球2 三振0 失点3
林(3) 1回 20球 被安打1 四球1 三振1 失点1

起工の近藤投手は右のサイドハンド。まっすぐはぼちぼち。テンポ良く打ち取りました。
山形投手は右のオーバーハンド。まっすぐはあんまり速くない。
宮川投手は左のオーバーハンド。まっすぐはあんまり速くない。コントロールもいまひとつ。
林投手は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。コントロールばらつく。

スタメン
起工
9鈴木 8六鹿 1近藤 6小笠原 2脇田 3野村(11) 5二村 4池田 7古川
津島東
6河部(16) 5新井 9早川(12) 3林 8宮川(10) 1山形(8) 4伊東 7溝口(11) 2佐藤

(試合経過)
2回表、2死1、3塁から8番池田がタイムリー。更に2死満塁から1番鈴木が走者一掃の3点タイムリー2ベース。更に2死1、3塁から3番近藤がタイムリー。起工が5点先制。
3回表、2死1、2塁から8番池田がライト前に落ちるタイムリー2ベース。更にバッテリーエラーにエラーが重なり2者生還。8−0
4回表、無死満塁から6番野村がタイムリー。更に7番二村、8番池田が連続犠牲フライ。11−0
5回表、2死2塁から3番近藤がタイムリー。12−0
起工が大勝しました。
続きを読む
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
livedoor プロフィール
今後の観戦予定
26日
春日井球場

28日
長良川球場

9月4日
未定
Recent Comments
Recent TrackBacks
薬物まみれのホームラン。 (ビーチサイドの人魚姫)
清原の逮捕
記事検索
  • ライブドアブログ