コウサする日々

夏大が終わると秋へ

麗澤瑞浪−美濃加茂 観戦記(2016年秋季岐阜県大会)

9月24日に大野レインボースタジアムで行われた準決勝第2試合、麗澤瑞浪−美濃加茂の観戦記です。
美濃加茂は久々に上位進出したというイメージですし、麗澤瑞浪はそんなに聞かない学校。私立同士とはいえ、新鮮な対戦となりました。

麗澤瑞浪
000100100001|3 H7 E3
001000100000|2 H10 E3
美濃加茂
(延長12回)
麗澤瑞浪
伊藤智−竹内
美濃加茂
池戸−小出

投手成績
麗澤瑞浪
伊藤智(1) 12回 182球 被安打10 四球2 三振7 失点2
美濃加茂
池戸(1) 12回 151球 被安打7 四球1 三振5 失点3

伊藤智投手は右のアンダーハンド。純粋なアンダーハンドで安定感のあるピッチング。ランナー出してバタバタする場面もありましたが、中盤以降は粘り強いピッチングが見事でした。
池戸投手は左のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。きれいなフォームでコントロールもよく、レベルの高いピッチャー。上でも十分やれるピッチャー。

(スタメン)
麗澤瑞浪
4水谷 7小松 3伊藤若 9梶田 8平沢 6村田 2竹内 5宮内 1伊藤智
美濃加茂
2小出 6石原 7片島 8福田 4加藤 3蒲 1池戸 9市原 5會津

(試合経過)
3回裏、1死1,3塁から1塁ランナー盗塁を企画し、微妙な判定でタッチアウト。2死3塁となったところで3番片島がタイムリー。美濃加茂が先制。
4回表、1死1、3塁から5番平沢がセーフティスクイズを決め同点。
7回表、1死3塁から8番宮内がバスターで前進守備の二遊間の後方にしぶとく落とすタイムリー。麗澤瑞浪が勝ち越し。2−1
7回裏、1死3塁から8番市原のところでスクイズ成功。同点。
8回裏、1死1,3塁で4番福田の2球目に3塁ランナーのリードが大きく、キャッチャーの送球でランダンプレーに。ちょっと危なかったプレーでしたが、カバーリングがよくタッチアウトに。結局福田も倒れ勝ち越しならず。
延長戦に突入。
10回裏、2死から連打と四球で満塁となるも、4番が倒れサヨナラならず。
12回表、2死2塁から1番水谷がライトへヒット。ホームクロスプレーでタイミングアウトもキャッチャーボールを落とし、その落球を審判が見落とし一旦アウトの判定も、他の審判に確認をしてセーフに。麗澤瑞浪が勝ち越し。3−2
麗澤瑞浪が競り勝ち東海大会進出を決めました。続きを読む

益田清風−多治見 観戦記(2016年秋季岐阜県大会)

9月24日に大野レインボースタジアムで行われた岐阜大会の準決勝第1試合、益田清風−多治見の観戦記です。
このところ岐阜の中心だった県岐阜商、中京、大垣日大らが破れ、新鮮な顔ぶれとなった岐阜大会。東海大会もあるので、どんなチーム力を持っているか、注目して観戦しました。

益田清風
000002300|5 H10 E0
000000105|6 H4 E0
多治見

益田清風
今井亮、兼山、今村、鈴木−桂川
多治見
河地、奥村、前田−山田

投手成績
益田清風
今井亮(1) 6回2/3 95球 被安打1 四球2 三振7 失点1
兼山(11) 1回1/3 28球 被安打2 四球1 三振2 失点2
今村(9) 1/3 24球 被安打0 四死球4 三振0 失点3
鈴木(10) 0/3 3球 被安打1 四球0 三振0 失点0
多治見
河地(1) 6回 85球 被安打7 四死球3 三振4 失点2
奥村(11) 1回 27球 被安打2 四球1 三振2 失点3
前田(13) 2回 43球 被安打1 四球2 三振2 失点0

今井亮投手は左のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。1年生。小柄ですがいい球を投げてきます。現阪神の高橋聡に似ているタイプ。
兼山投手は右のサイドに近いスリークォーター。まっすぐはそこそこ。コントロールばらつく。
今村投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。コントロールがばらつく。まっすぐも抜け気味でした。
鈴木投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。
河地投手は右のサイドハンド。まっすぐはそこそこ。基本外の出し入れで打ち取るタイプ。3回くらいから低めに集まって良くなりました。
奥村投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。球に力があって将来楽しみ。変化球は抜けていた。
前田投手は左の細身のオーバーハンド。まっすぐはそんなに速くない。荒れ球で投げてみないとわからないタイプ。

(スタメン)
益田清風
8二村翔 7島田 6日下部 9今村 4下垣内 2桂川 3小林 1今井亮 5三宅
多治見
2山田(20) 4熊崎 8加藤 3佐藤 5岡井 7進士 9三戸 1河地 6小西

(試合経過)
1回表、先頭の二村翔がヒットで出るも盗塁失敗。その後、2番島田、3番日下部が連打で出塁するも、4番5番が倒れ、3安打を放つも0点。
5回表、2死1,2塁から2番島田がヒット。ホーム突っ込めるタイミングでしたが、3塁コーチャーが止めてストップ。しかしホームへの返球が逸れた際に2塁ランナーは突っ込んでいると思い込み、3塁へ向かって止まったランナーとバッティング。結局挟まれてタッチアウトに。もったいないプレーで先制ならず。
6回表、1死1、2塁から6番桂川の2点タイムリー2ベース。バッターランナーは3塁に向かってタッチアウトになるも、益田清風が2点先制。
7回表、2死1、2塁から3番日下部が3ランホームラン。5−0
7回裏、2死1、2塁から三振振り逃げのボールをキャッチャーが見失い、2塁ランナーが一気にホームイン。ここでピッチャー交替、兼山。四球で2死満塁までいくも代打山本が三振。1点どまり。5−1
9回表、1死1,3塁のチャンスを作り、3番日下部の1塁ゴロで3塁ランナーがスタートを切るも、ホーム転送で直前でストップ。結局挟まれて3塁ランナー、2塁ランナーがともにタッチアウトになる走塁ミス。5−1
9回裏、先頭の加藤がヒットで出た後連続暴投で無死3塁となり、4番佐藤のタイムリー内野安打。ここでピッチャー交替、今村。ここから3連続四死球で押し出し。代打小池の犠牲フライ。さらに四球を出して1死満塁でピッチャー交替、鈴木。1番山田がレフトへタイムリー。レフトのファンブルもあって2点タイムリーになりサヨナラ。
多治見が大逆転で決勝進出&東海大会進出。
続きを読む

立教大−法政大 2回戦 観戦記(2016年秋季東京六大学)

9月18日に神宮球場で行われた第2試合、立教大−法政大の2回戦の観戦記です。
立教大の先勝で迎えた第2戦。終盤に大きなドラマが待っていました。

立教大
001000060|7 H8 E0
050000000|5 H7 E1
法政大

立教大
藤田、田中誠、手塚、黒萩、澤田−上野敦、高田
法政大
熊谷、河野、菅野−森川

投手成績
藤田 1回1/3 32球 被安打5 四球1 三振2 失点5
田中誠 3回2/3 50球 被安打2 四球0 三振1 失点0
手塚 2回 20球 被安打0 四球0 三振1 失点0
黒萩 1回 5球 被安打0 四球0 三振0 失点0
澤田 1回 11球 被安打0 四球0 三振0 失点0
法政大
熊谷 7回1/3 118球 被安打6 四球3 三振6 失点6
河野 2/3 14球 被安打1 四球1 三振1 失点1
菅野 1回 8球 被安打1 四球0 三振0 失点0

藤田投手はMAX140kを記録。そんなに悪そうに見えなかったのですが、2回に大量失点。熊谷投手に打たれた3点タイムリー2ベースの1球が痛かった。
田中投手はMAX137kとすごい球威があるわけではないのですが、打たせて取れる技術を持っているピッチャー。
手塚投手は右のオーバーハンド。MAX144で2イニングパーフェクト。いい流れを作りました。
黒萩投手、澤田投手は逆転してからパーフェクトリリーフ。澤田投手はほぼ全球まっすぐ勝負。しっかりと押さえ込みました。
熊谷投手は右のオーバーハンド。MAX148kを記録。7回には三者三振を記録するなどすばらしいピッチング。ただ、8回にそれまで出さなかった四球を出したところで限界信号は出ていたのですが、後続に不安があったのか、引っ張ったのが痛かったですね。

(スタメン)
立教大
8佐藤拓 6熊谷 3飯迫 7佐藤竜 5笠松 9田中和 2上野敦 1藤田 4高橋信
法政大
8大西千 6相馬優 4小林 3柴田 7中山 5向山 2森川 9森 1熊谷 

(試合経過)
2回裏、1死1塁から6番向山がタイムリー2ベース。1死満塁から9番熊谷が走者一掃3点タイムリー2ベース。ここでピッチャー交替、田中誠。2番相馬優が犠牲フライ。5−0
3回表、1死2塁から1番佐藤拓がタイムリー。5−1
8回表、1死1、2塁から1番佐藤拓がタイムリー2ベース。1死満塁から3番飯迫が押し出し四球。ここでピッチャー交替、河野。4番佐藤竜が逆転満塁ホームラン。7−5と立教大逆転。
立教大が大逆転で勝ち点を取りました。
続きを読む

豪栄道が初優勝

大相撲秋場所千秋楽は25日、両国国技館で行われ、優勝を決めている大関豪栄道は琴奨菊を下し、全勝で締めくくった。カド番からの全勝優勝は史上初。綱獲りとなる九州場所へ弾みをつけた。(スポニチより)

豪栄道がまさかの全勝優勝。

まさかの、は本人に失礼でしょうけど、大関になって1度しか2桁勝利がなく、大関にいるのが恥ずかしいくらいの力士だったので、まさかのでいいと思います。
今場所は強かったですけどね。おめでとうございます。

ただ、来場所また8勝とかで終わっても驚かないのが豪栄道クオリティですし、綱とりなんて鼻で笑いそうになるんですけど、そんな僕に土下座させるくらいのがんばりを見せてほしいものです。

高安は結局10番で終わってしまったんですね。最後の3連敗が大関を狙う力士として痛すぎる。来場所は12番いることになってしまったし。

照ノ富士はからだがわるいことに尽きるのだからなんで休ませてやらないんだろう。負け越してからの相撲が意味がなさすぎる。一度落ちてでも、しっかりと体を直してから復帰してほしいわ。まだ若いのだし。

遠藤が幕尻近くとはいえ13番の準優勝はすごい。来場所に真価が問われますが、これをきっかけにがんばってほしいですね。

大府−豊川 観戦記(2016年秋季愛知県大会)

9月19日に豊橋球場で行われた第1試合、大府−豊川の観戦記です。
どちらも新チームは初見。夏までのチームは好投手がいたチーム同士ですので、お互いの今のチームの投手に注目して観戦しました。

大府
010002000|3 H7 E0
200010001|4 H10 E1
豊川
(9回サヨナラ)
大府
山本、中野、奥村、大西、越野−小林
豊川
安田、大畑−牛倉

投手成績
大府
山本(10) 3回1/3 58球 被安打5 四球1 三振2 失点2
中野(12) 1回 13球 被安打1 四球0 三振0 失点1
奥村(18) 2/3 20球 被安打1 四球1 三振1 失点0
大西(11) 2回1/3 35球 被安打0 四球1 三振2 失点0
越野(1) 1回 28球 被安打3 四球1 三振2 失点1
豊川
安田(1) 7回 130球 被安打7 四死球5 三振10 失点3
大畑(10) 2回 23球 被安打0 死球1 三振3 失点0

山本投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ速い。全体的にボールが高かったですが、力のあるピッチャー。
中野投手は右のサイドハンド。まっすぐはぼちぼち。
奥村投手は左のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。
大西投手は左のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。スライダーでカウントを稼げるので、まっすぐが活きる。
越野投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。力のあるボールを投げます。
安田投手は右のオーバーハンド。すらっとした体系。追い込んで難しい球を投げようとしすぎて球数が増えた印象。まっすぐはなかなか速い。
大畑投手は右のスリークォーター。まっすぐはそこそこ速い。切れのいいスライダーで打ち取るピッチャー。

大府
4服部 8花田(7) 9八木(8) 3長谷坂(9) 7新田(19) 2小林 5安達 6馬渕 1山本(10)
豊川
6矢部 4村田 8山下 3竹内 7野々山 9杉山 5空地 2牛倉(18) 1安田

(試合経過)
1回裏、2死2塁から4番竹内がタイムリー。更に2死1、3塁から6番杉山のボテボテのタイムリー内野安打。豊川が2点先制。
2回表、2死2塁から8番馬渕がタイムリー。2−1
4回裏、1死2塁、3球目のところでピッチャー交替、中野。
5回裏、1死2塁でピッチャー交替、奥村。1死3塁から3番山下がタイムリー。3−1
6回表、1死1塁から6番小林がタイムリー2ベース。2死3塁から8番馬渕がショートタイムリー内野安打。同点。尚も2死1,2塁から1番服部がヒット。2塁ランナーがホームを狙うもタッチアウトに。同点どまり。
8回裏、1死無走者でピッチャー交替、越野
9回裏、1死満塁から2番村田のサヨナラタイムリー。豊川が勝ちました。

続きを読む

「膠着」を読みました

「膠着」を読みました。

(本の紹介)
創業以来の危機を迎えた老舗の糊メーカー「スナマチ」。起死回生をかけて新商品の開発に力を注ぐが、なんと完成したのは「くっつかない糊」だった!新入社員の啓太とベテラン営業マンの本庄は、商品化するべく日夜、頭を悩ませるが…。今野敏が贈る、ユーモアたっぷりのサラリーマン応援小説。

あおりから営業をどうやってやるといい?みたいな話かと思ったら、欠陥商品?をめぐっての話でした。
話自体は一気に読めましたし、どうなるのかな、と気になって最後まで引っ張られたので、面白かったです。なるほどな、と思える部分もありましたし。

常識的な話でしたので、そこは良かったかな。☆は3.5で。

慶應大−東京大 2回戦 観戦記(2016年秋季東京六大学)

9月18日に神宮球場で行われた東京六大学の2回戦、慶應大−東京大の観戦記です。
慶應大先勝で迎えた2回戦。東大があわやの試合を展開。白熱した試合となりました。

慶應大
010103004|9
301000020|6
東京大

慶應大
岡野、高橋亮、菊地、加藤拓−郡司
東京大
小林、三木、山本俊、柴田−喜入

岡野は左のオーバーハンド。上から投げるフォーム。MAX126
高橋亮は右のオーバーハンド。MAX142
菊地は右オーバーハンド。MAX144
加藤拓は右オーバーハンド。MAX146。プロ注目のピッチャー。連投だったので、本来の出来にはなかったように感じました。
小林は左のオーバーハンド。小柄。MAX130。スローカーブ上手く使う。エース不在の中、しっかりと試合が作れたのは大きいですね。
三木は右アンダーハンド。
山本俊は右オーバーハンド。MAX143。コントロールバラつく。西春出身。
柴田投手は右オーバーハンド。MAX133。緩いカーブで緩急つける。

慶應大
5沓掛 9河合 8柳町 3山本瑛 7岩見 2郡司 4倉田 6照屋 1岡野
東京大
8下雅意 4桐生 6山田 3田口 5山本克 7楠田 2喜入 1小林 9山本修

(試合経過)
1回裏、1死1,3塁から田口の犠牲フライ。更に2死2塁から山本克、楠田の連続長短打。東大が3点先制。
2回表、2死1、2塁からぼてぼてのピッチャーゴロを送球が逸れて記録エラー。その隙にセカンドランナーがホームイン。3−1
3回裏、2死3塁からワイルドピッチで1点。4−1
4回表、先頭の5番山口のソロホームラン。4−2
6回表、無死満塁でピッチャー交代三木。7番倉田へ押し出し四球。8番照屋のショートゴロゲッツー崩れの間に1点で同点。更に代打内田のタイムリーで逆転。尚も四球で1死満塁のところでピッチャー交替、山本俊。ここで連続三振に斬って、1点ビハインドで踏ん張ります。5−4。
7回表、無死1,2塁となったところでピッチャー交替柴田。1死2,3塁となるも後続を断ちます。
8回裏、東大が1死2、3塁から楠田の犠牲フライと8番喜入のタイムリーで逆転。6−5。
9回表、無死1,3塁として、6番郡司のタイムリーで同点。1死2,3塁から8番照屋の三振の際にボールを逸らしてランナーホームイン。9番清水翔が2点タイムリー2ベース。この回4点奪って慶應大が逆転。9−6
慶應大が逆転で勝って勝ち点を上げました。
続きを読む

西尾東−中京大中京 観戦記(2016年秋季愛知県大会)

9月19日に豊橋球場で行われた第2試合、西尾東−中京大中京の観戦記です。
どちらも新チームは初見。どんなチームか注目して観戦しました。

西尾東
000000000|0
22100001X|6
中京大中京

西尾東
吉岡、松本、高須清−鈴木、中村
中京大中京
香村−佐古

西尾東の吉岡投手は右のアンダーハンド。ひじが伸びたフォームでソフトボールの投げ方をななめ下からするイメージ。まっすぐはそんなに速くない。もう少しコントロールが欲しい。
松本投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。
香村投手は右のオーバーハンド。体格もしっかりとしていて、本格派のピッチャー。まっすぐもかなり速い。安定感もあって故障なくいけば楽しみなピッチャー。

(スタメン)
西尾東
6岩井 1吉岡(4) 7木村 5比田 9早崎 8味岡 3阿部 2鈴木 4渡辺(15)
中京大中京
4伊藤康 8鈴木康 9澤井 7諸橋 3鵜飼 6山田 5谷村 2佐古 1香村

(試合経過)
1回裏、1死満塁から5番鵜飼の犠牲フライ。6番山田がタイムリー。中京大中京が2点先制。
2回裏、無死1、2塁でピッチャー交替、松本。1死2、3塁から1番伊藤康が2点タイムリー。4−0
3回裏、1死2、3塁から7番谷村の犠牲フライ。5−0
4回終了時に球場を後にしました。

試合は中京大中京が勝ちました。続きを読む

名古屋大−愛工大 観戦記(秋季愛知大学野球2部)

9月17日に愛工大Gで行われた第1試合、名古屋大−愛工大の観戦記です。
序盤つまづいている愛工大、勝ち星が上げられない昇格した名古屋大。どちらが勝って勢いを取り戻すかに注目して観戦しました。

名古屋大
000000000|0 H2 E2
00100010X|2 H3 E3
愛工大

名大
廣瀬、落合−土屋
愛工大
縄田−小林

投手成績
名古屋大
廣瀬 7回 108球 被安打3 四球5 三振0 失点2
落合 1回 10球 被安打0 四球0 三振1 失点0
愛工大
縄田 9回 109球 被安打2 四球0 三振5 失点0

廣瀬投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。テイクバックが独特でひじが見にくいフォーム
落合投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。旭ヶ丘高校時代はキャッチャーでした。
縄田投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか速い。ストライク先行で安定したピッチングでした。

スタメン
名古屋大
9鶴田 8吉崎 D岩浅 3平田 7森下 2土屋 5渋谷 6溝口 4内山
愛工大
9木村 5柘植 6土上 3石浜 D徳浪 8松井 7羽谷 4切中 2小林

(試合経過)
3回裏、無死満塁から2番柘植が犠牲フライ。愛工大が先制。尚ものピンチは廣瀬が踏ん張り1点で切り抜けます。
7回裏、先頭の羽谷がライトへホームラン。2−0
愛工大が勝ちました。

続きを読む

「青空エール」を見てきました。

あおぞら
「青空エール」を見てきました。

(あらすじ)
甲子園のスタンドで野球部の応援にいそしむ吹奏楽部にほれ込み、名門・白翔高校に入学した小野つばさ(土屋太鳳)は、野球部の山田大介(竹内涼真)と出会う。互いに甲子園を目標に頑張ろうと約束を交わすが、トランペット初心者のつばさはなかなかうまくいかず、くじけることもしばしば。そんな彼女を励まし、同じクラスでもある大介にいつしか惹かれていくつばさだったが……。

野球映画は野球好きからすると、多分ハードルが高いと思うんですよね。どうしても野球のシーンが気になってくる。
そういう意味で、この映画はどうかというと、やっぱり気になるけど、最小限で頑張っていたかなって思います。

最後の決着の場面は作戦的にありえないかと思いますけど、一応その前に強行してゲッツーって場面を描いていたから、ぎりぎりセーフかなって。
でも、泣けましたし、総じていい映画だったと思います。

個人的には土屋太鳳の声は苦手なんですよね。演技力云々の前に気になってしまう・・・。
後、竹内涼真君は霧子(内田理央)が似合うと思う(笑)。

☆は4つで。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
livedoor プロフィール
今後の観戦予定
9月17日
愛工大G
18日
未定
19日
未定
25日
小牧球場
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ