2016年09月21日

ヒガンバナ。

image





おつかれさまです





彼岸花というのは

地下にある鱗茎の部分に

毒があるのですが


「水さらし」という技法を使うと

良質のでんぷんが取れるそうです。


そのやり方は

まず臼などの容器に鱗茎を入れて

つぶします。


次に、水でよく洗い、水溶性である

有毒成分を取り除きます。

流水を利用して

数日間ほど晒します。


この作業によって完全に毒が

抜かれるそうです。


ただ、私自身は

やったことがないので

この「ヒガンバナでんぷん」が

どんな味なのかは、わかりませんが


なんとなく

小学生のときに学校で習った

「じゃがいもをすりおろして

でんぷんを取ろう 」の授業を

思い出しました。


では、また




jun150cm at 18:40|この記事のURL

2016年09月14日

いつでもどこでも東洋医学

image



image









おつかれさまです


写真は

治療院の玄関に置かせてもらっている

植木鉢たちです✨


左の方が

「観賞用のナスビやから

赤いプチトマトのような実がなるよ〜

と言われて、育てているナスビちゃんで


実が既についている右の方は

お花屋さんで買ってきた

「花とうがらし」ちゃんです。


そしてよく見ると

花とうがらしちゃんの

葉っぱの間に、花芽のようなものが

出てきているので

もうすぐ白いお花が咲くのかな〜?

それから実がなっていくのかな〜、と

わくわくさせてくれています。


左の方の

パッと見た感じ 元気がないような

ナスビちゃんですが

2ヶ月前に苗をいただいてから

それはもう、ほんまに

色々なことがあったんです。


植物に詳しくないので

推測ではあるのですが

葉っぱが黄色くなってしまう病気に

かかったり


何かの虫の卵がビッシリと

産みつけられていたり

(これは多分ウスミドリメクラカメムシだった

と、後から解りました)


なんやかんやとハプニングが発生して

でも

諦めないで

栽培についての知識を持った方に

相談したり

日々 工夫をしてみたら

なんとかまた元気を取り戻したようで

スッとした姿を見せてくれています✨


植物なので

音声での声は発しませんが

環境を整えていく中で


「なんか・・・ しんどい 💦 」とか

「なんか・・・ がんばれそう✨」とか

「何か」がエネルギーとして出されていることは

わかるので

それを理解しようとしているうちに


「これって、人間の身体のエネルギーと

同じやんね 」という事実に

気づくことが出来たな〜、と思っています。


お手入れをしたからと言って

その瞬間すぐに植物が

成長するとか、生き生きするなんてことは

ありませんが


こつこつ、やるべきことをやって

常に目を配り

気を配っていれば


あるときに、また

思いがけない贈り物が

そこに 置かれていたりする

・ ・ ・ かもしれません。


生きるって

そういうことなのだと

思いませんか?


これを読まれているあなたも

人間の身体や心の

不思議さを

感じていますか?


そして、この人生という限られた時間を

大切にしていますか?



では、また


〒565-0851
大阪府吹田市千里山西1-39-13
高橋はり灸マッサージ院
電話 (06)6388-2637

jun150cm at 15:28|この記事のURL

2016年09月12日

いつでもどこでも東洋医学

image





おつかれさまです






今は、すだちさんの旬の季節ですね


お肉にも、おさかなにも

何にでも合いますので

たっぷりかけて

いただきたいと思います。


旬のものを

「おいしい 」 と言いながら

食べる。


そして、充分な睡眠をとる。


これが健康の基本だなと思います。


では、また


〒565-0851
大阪府吹田市千里山西1-39-13
高橋はり灸マッサージ院

電話(06)6388-2637

jun150cm at 19:41|この記事のURL

2016年09月09日

いつでもどこでも東洋医学

image





おつかれさまです






「もう夏も終わりやから

桃もこれで最後かな〜?」 と言いながら

母が桃をくれました


桃の果肉は、東洋医学的には

身体を温める作用と

水を補ってくれる作用などが

あります。


そして

整腸作用のある食物繊維を多く含んでいて

高血圧予防にもなるカリウムも多いです。


それから、ナイアシンも多くて

これは水溶性ビタミンの一種なのですが

皮膚や粘膜の健康を保つために必要な

ものなのです。


それにしても

この桃、さっきからいい香りがしているので

とても気持ちが和みます


早く食べたいけど、勿体ないような

そんな感じ。


では、また

jun150cm at 19:01|この記事のURL

2016年09月07日

八月の六日間。

image





おつかれさまです






「八月の六日間」という本を

読みました。


40代の女性がひとりで

登山をするお話ですが

その中に

日々、色々な人が登場して

主人公の女性に 関わってきます。


で、さざ波のように揺れる心の整理と浄化をしたくて

そのために 私は山に向かう ・ ・ ・ と

いう感じの。


ひとことで言ってしまうと

「なんてことのない物語」なのですが

主人公の女性らしさと、大人らしさと

その中に隠されている「子どもの部分」のバランスが

とても丁度良くて


がんばって〜

と応援したくなるようなお話でした。


あと、美味しそうな食べ物や料理の描写が多くて

「登山しながら羊羹食べたい

って、かなり本気で思いました。


では、また

jun150cm at 19:09|この記事のURL

2016年09月02日

いつでもどこでも東洋医学

image





おつかれさまです






朝、晩の涼しさが感じられるように

なってきた近頃は

私自身も

「冷えている」ことを実感する瞬間があります。


例えば

朝、起きて間もないときの身体。

ところどころが冷えて

筋肉の柔軟性が低下しています。

就寝中には血流が

ゆっくりモードになっているので

起きてすぐに

「ダッシュしろ」と言われても

私は無理。 笑


そんな風に

少し冷えているな〜と思うとき

とても便利なのが

「ドライヤーで体を暖めること   」 

洗顔、歯磨きのついでに出来ますし

おすすめですよ。


温風にセットして

皮膚から15cmほど離して

足の先から

順番に暖めていきます。

3分くらいで、完了。


このときに

からだのツボを知っていると

さらに効果的です。

詳しくは、お尋ねください


では、また

〒565-0851
大阪府吹田市千里山西1-39-13
高橋はり灸マッサージ院

電話(06)6388-2637


jun150cm at 19:35|この記事のURL

2016年08月31日

いつでもどこでも東洋医学

image





おつかれさまです






秋三月

此謂容平

天氣以急

地氣以明


( 秋の三ヶ月は容平と呼ぶ。

草木は枝葉を落として、田畑は刈り取られて

地上の景観は平坦となる。

天空から吹き下ろす風は

身が引き締まるように清涼で

地上はさわやかで明るく透き通っている。)


※ 医道の日本社発行 「黄帝内経 素問訳注」より
引用させていただきました。


昔の人がこんな風に

書き残してくれているような

清涼感のある季節に

今、少しずつ変わってきていますね


ところで

「梨状筋症候群」という病名を

聞かれたことはありますか?


「梨状筋」は

おしりの奥のほうにある筋肉なのですが

洋ナシの形に似てるので、この名前が

ついたそうです。


その「梨状筋」が

過度に緊張して凝り固まった状態になると

坐骨神経を圧迫しやすくなります。


そうなると「梨状筋症候群」が原因の

「坐骨神経痛」となって

おしりの痛みやピリピリしたしびれ、

太もものだるさやしびれ、痛み

ひどくなると、ふくらはぎや足首、足の指まで

痛くなってくることがあります。


このような症状にも

鍼灸やマッサージの施術は効果がありますので

お悩みの方は、是非一度ご相談ください。


では、また


〒565-0851
大阪府吹田市千里山西1-39-13
高橋はり灸マッサージ院

電話(06)6388-2637

jun150cm at 19:09|この記事のURL

2016年08月29日

いつでもどこでも東洋医学

image





おつかれさまです






七宝焼きの

キーホルダーをいただきました

ありがとうございます。


ずっしりと重みがあって

綺麗で とても素敵なので

「普段に使うの、もったいないです 」 と言ったら

「置いといても しゃーないから、どんどん使って 

と、おっしゃってくださいました。


ですので、実家のマンションの鍵をつけて

使わせてもらってます。


この方の習っていた七宝焼きの先生が

最近、お亡くなりになられたそうで

でもベテランの生徒さんばかりなので

七宝焼きの教室は続いているのだそうです。


調べてみると

七宝焼きの歴史は古く、

紀元前の中近東で生まれた技法で

それがシルクロードを通って

中国へ。そこから日本に伝わったというのが

通説だそうです。


東洋医学もまた然り。

中国を中心とする東アジアで行われてきた

伝統医学が、日本に伝わり

さらにまた独自に発展してきた

という歴史があります。


今のように情報を伝える術が

いくつもあれば別ですが

「正確に伝える」ということがとても難しかった時代に

それでもきちんと、残されてきた文化というのは

やはり

相当の価値があるのだと思いますね。


では、また
jun150cm at 19:26|この記事のURL

2016年08月25日

いつでもどこでも東洋医学

image





おつかれさまです






↑ こちらは、大阪府吹田市にある

「高橋はり灸マッサージ院」 の

近所で咲いている 百日紅さんです。

猛暑の中を

すっと背筋を伸ばしたように咲いていて

道行く人たちに、元気を分けてくれているみたいで

うれしくなりますね。


ところで、この百日紅さんの

仲間の「オオバナサルスベリ」さんの葉っぱは

バナバ茶 という名前のお茶になっていて

フィリピンやインドネシア、タイなどで

健康茶として 古くから親しまれてきたそうです。


バナバ茶 の中の「コロソリン酸」という成分が

インスリンと同様の働きをするので

血糖値が高いときに下げてくれる効果が

期待できますし


その他にも、便秘の解消や、血圧が安定する

手助けをしてくれるようです。


では、また


jun150cm at 18:55|この記事のURL

2016年08月22日

いつでもどこでも東洋医学

image





おつかれさまです






おやつに

いちじくをいただきました

甘みがつよくて

おいしかったです。


いちじくには 健胃作用や整腸作用もあるので

夏バテ気味でおなかの調子がもうひとつ・ ・ ・

という方は

一日に、2〜3個を目安に

食べてみてください。


では、また
jun150cm at 17:38|この記事のURL
プロフィール