2007年8月19日(日)
この日は山ブロガー仲間のたけぱぱさんが、百名山完踏として平ヶ岳に登る日である。
たけぱぱさんの古いご友人H隊員と、同じく山ブロガー仲間のえいじさんも同行するらしい。
そんな情報は、たけぱぱさんのブログを見て知っていた。
僕は、たけぱぱさん、えいじさんとはあの外秩父七峰縦走ハイキング大会を一緒に駆け抜けた仲である。
そんなたけぱぱさんの百名山完踏の瞬間に立ち会いたい。そう思っていた。
でも前日の土曜日は仕事が入っており、お酒も飲むかも知れなかったので前夜発は約束できない。
前夜発して登山口を夜明け頃には出発しないと、登頂は難しい。
それができるかわからないし、サプライズもしたかったので、たけぱぱさんにもえいじさんにも、「僕も行くかも知れない」とは黙っていた。

結果、土曜は仕事の後、飲んでしまった。
日曜の朝、2時起きするぞ!
いやムリムリ。5時起床でした。
この時間でも行くか行くまいか悩んだが、とりあえず行ける所まで行ってみよう。
走って登れば、なんとかなるかも!?
現実は厳しいのだが、そんな思いで5:30自宅を出る。

中央道、圏央道、関越道をすっとばし、奥只見シルバーラインのレトロな近未来的トンネルをすっとばし、銀山平から鷹ノ巣まで国道352の山道をすっとばす。
それでも登山口には9時過ぎ到着。
えいじさんとH隊員(と思われるナンバー)の車を発見。
間違いない。彼ら3人組は登っている。
僕も出発。時間はすでに9:30。

鷹巣尾根すでに陽も高く、暑い。それにこの長い鷹ノ巣尾根の登りは嫌になる。
実は平ヶ岳は過去に違うルートで2度登頂している。
もちろん、あのプリンスルートではない。
1回目は至仏山から藪こぎ縦走で。
2回目は恋ノ岐川から遡行して。
だからこのノーマルルートを登るのは実は初めて。


燧ケ岳この辛い登り道で唯一の心の慰めは南東方向に見える燧ケ岳だ。
あ〜、あっちの山も良さそうだね。
この時間と暑さと僕のペースでは平ヶ岳登頂は絶対ムリ。
でも行けるところまで行ってみよう。


下台倉山喘ぎながら鷹ノ巣尾根を登りきり、下台倉山に11:10。
とりあえずピークは踏んだので登山の目的は終了。
こっから先はどこでたけぱぱパーティーと出会えるか?彼らの行動を予想しながら前進する。



遥かなる平が岳樹林から平ヶ岳と池ノ岳が見えた。
あ〜、遠いな〜。
たけぱぱさん達はもう登頂しただろうか?
今どこら辺だろう?


次のピークである台倉山に11:50。
山名表示もないが、ポコっと開けた山頂から燧ケ岳がよく見えた。
ここでしばし20分ほど休憩。
暑い!ここは木陰がないんだもの!
待ち人来たらず。人を待つとはこんなにも辛いものか。
勝手に来て、勝手に待ってるだけだけど。

台倉清水ちょっと下り、台倉清水へ12:20。
ここは良い。木陰で涼しい。
水場もちょっと沢に下れば、冷たい清い沢水が飲めた。


台倉清水の大木腰を下ろして、上を見上げれば大木が美しい。
しばし、ボ〜っと過ごす。
もうお尻に根が生えてしまったので動きたくない。
この静かな時間をいつまでも過ごしたい。


な〜んてのも、30分しか持たず、何もしないのに飽きてきた。
もう、たけぱぱさんパーティー降りてきても良い時間なのにな〜。
よ〜し、白沢清水まで行ってみるか!

歩き始めて10分ほど、見覚えのあるお顔の三人組が前方に。
僕「こんにちは!」
たけぱぱさん「・・・・」一瞬固まっていた。「じゅんさん!?」
えいじさん「あ〜、じゅんさん!」
H隊員さん「??誰??」

三人組後姿たけぱぱさんに、登頂の瞬間に間に合わなかったことを詫び、H隊員さんをご紹介いただき、僕は踵を返して一緒に下山する。
三人はすでに疲れきっている様子。
たけぱぱさん、えいじさんは膝も辛そうだ。


鷹ノ巣尾根の下りはやはり辛い。燧ケ岳がせめてもの慰めだ。
この平ヶ岳日帰りロングコースを歩く者にとっては、辛い下り道だ。
それでも、たけぱぱさんはカメラを向けると笑顔を忘れない。
鷹巣尾根を下る1鷹巣尾根を下る2燧ケ岳2


下山16:00登山口着。
お三方は朝、4時過ぎ出発だというから行動時間は12時間近く。
お疲れ様でした!
でも、たけぱぱさん、この山はあなたの百名山の最後を飾るに相応しい、歩き甲斐のある山とコースでしたね。
H隊員もえいじさんもお疲れ様でした。
僕は登頂にお付き合いできなかったけど、十分にその感動を分けてもらいました。


かもしかの湯銀山平まで車を走らせ、かもしかの湯というキャンプ場に併設された比較的新しい温泉に。
昔、ここらへんに巨大漬物樽でできた無料の露天風呂があったはずと思い、温泉のおじさんに聞くと、その漬物樽温泉がなくなり、その源泉をここに引いてきているとのこと。
なるほどね。僕が漬物樽に入ったのも、もう10年以上前の話であったよ。


小出で夕食を食べて解散し、雷雨と渋滞の中、たけぱぱさん宅経由で22:40帰宅。
お疲れ様でした!!!
そしてたけぱぱさん、あらためて「おめでとうございます!」

バナー


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ

↑ポチっとランキング投票よろしくお願いします!