猫の集会所

フリーの広告屋がなんとなく日常のあれこれを書いたりなんかして

最後

画像-0481
本日、猫関係の可燃物は全て出した。
来月頭には不燃物の搬出を行う予定。
日曜日には空いたスペースに入れる棚を見に行こう。
時間を見ては、お骨入れに使う写真を選んでいる。
17年の間に撮影技術は随分進化したなぁ。
最初の頃は普通のネガ。次にAPSだっけ?
そしてデジカメ、ケータイと保存形式が変わっているから探すのが大変だ。
画面上で一覧表示なんてしきれない。
一枚一枚に思い出がある。
あぁ、どれにしようかなぁ。

兄貴が猫一匹引き取らないか(4匹中1匹だけ仲が悪い)、とか、ペットショップにかわいい仔猫がいたんだが(お前が飼いたいだけだろう)とか言ってくるけれど、しばらくはいいかな。
生まれてからずっと猫と一緒にいて、久し振りの猫のいない日々。
相変わらずガラス戸は締め切らないし、襖は15cm程開けたまま。
風呂のふたには重しを置くし、手桶に水を貯める。
網戸にする時は開けられないようにロックをかけてしまう。
そんな日常的行為も、そのうち自然としなくなるんだろうな。

そういえば色々なものを片付けたおかげでG大量出現orz
慌てて家中に仕掛けたホイホイ、今朝確認したらミッチリorz
猫よ、自分たちの知らないところで頑張ってくれていたのかなぁ。

さて、6年以上の続けてきたブログですが、猫の写真を更新することもなくなったので不定期休業することとします。
また、猫のことゲームのこと、アニメやマンガ、小説のこと、サッカーや格闘技のことなんか書きたくなったら書くかも知れません。
でもブログの習慣が身に付いてしまっているので、案外すぐに書き始めるかも。
いつも、時々、たまに読んでくださった方、どうもありがとうございました。
それでは皆さん、いつかまたどこかで、そのときはよろしく。

別離

110918_195331
猫が死ぬとき暴れるって話を聞いたけれど、さすがにそこまでの体力はなかったようだ。
寝転んだまま、前足と後ろ足を交互にばたつかせていた。
なんか走っているみたいだった。
迫り来る死から逃れようとしているのかとも思ったけれど、それだとなんか可哀想だったので、勢い付けて三途の川を飛び越えようとしているんだろうなと思うことにした。
最晩年までは水に濡れるのを嫌っていたしね。
ひと通り四肢を動かした後で、静かに息を引き取った。
顔を覗き込んで声を掛け続けたけれど、見開かれた瞳には自分の顔は映っていなかったようだ。
おでこを強めに抑えて目を閉じさせた。
ちょっと薄目状態になっちゃったけれど、シャンプータオルで顔を拭ってやったらわりと安らかな顔になった。
寝たままいっぱいお漏らししちゃったから、まだ体が柔らかいうちに全身を拭いた。
買ったばかりの20枚入シャンプータオル、もう使い道がないから大サービスだよ。
おしっこと言っても前日に点滴した薬液がメインだから結構においは取れた。
亡骸を安置するのに使ったのは、17年前にウチに連れてくる時から使っているキャリア。
ちょっと小さくて窮屈だけれど、ある意味ピッタリサイズだ。
これまた大量に余ったペットシートを敷き詰め亡骸を安置。
カッコいい死後硬直ポーズになるように顔の位置や手足を調整し、我ながらいい恰好になったと自己満足。
さらにペットシーツを上から被せ、冷凍室に大量にあった保冷剤を乗せる。
冷たいところが好きだったのに、体温を高くと医者に言われて死ぬ直前までヒーターをかけた部屋に入れておいたから、これまた大サービスだよ。
キャリアケースを安置する場所は、暗くて涼しくて換気のしっかりしているお風呂場に決定。
お風呂場で水を飲んだりくつろぐのが好きだったもんね、濡れるのは嫌いだったけれど。
夜になって相方君達が帰ってきて、遺体のポーズをみて「かっこいい」と言ってくれたので変な満足感。
風呂に入る時は猫ケージの中に移して、新しいご飯と水をセット。
いつもなら消すエアコンを付けっぱなしにして就寝。
夜中に自分たちが寝ている隣の和室に入ってきて、いつものようにわざと自分の体を四本の足で踏み越えて、自分と壁の間で箱を作って寝る気配を感じました。

最後のお別れの時、キャリアケースから出されて火葬台に敷かれたピンクの和紙の上に横たわる猫。
普通に寝ているようなポーズに嗚咽を堪えきれませんでしたが、ここでも我ながらいいポーズだと心の中で自画自賛してしまいました。

荼毘

6340447d.jpg
在りし日の御顔。
本日動物霊園にて荼毘に付されました。
さすがに最後のお別れのときは声を上げて泣いてしまったけれど、点火のスイッチが押されると気持ちがすっと軽くなりました。
40分ほど後、焼き上がった骨はとても白くて、四肢の骨は太くて立派、係の人もこの歳にしては立派だと言っていました。
のど仏の骨もしっかり残っていて、なんだか理科の授業のようで、悲しいけれどワクワクしました。
指先の小さな骨もしっかり残っていて、ひとつひとつ摘んで骨壺に納めました。
こんな小さな壷に入るのかな、と思ったけれど、係の人が上手に入れ方を考えてくれたので、蓋ぎりぎりできっちり納まりました。
お骨袋はちょっといいのに替えてあげて、納骨堂に納めて線香をあげて葬儀完了。
四十九日には骨壺に飾る写真を持ってお参りに行きます。

ちょっとお金がかかったけれど、17年間の付き合いを考えると合同火葬で合同納骨と言うのも気が収まらないのでワンランクアップしました。
葬儀っていうのは本当に送る人への慰めなんだなぁと思いました。

帰ってきたらすぐに片付け。
兄貴に無理を一日休みを延ばしてもらったので、薄情みたいだけれどケージを撤去。
使っていた猫グッズも燃えるものと燃えないものに分けて梱包。
掃除機を掛けて床を拭き、広くなった空間を見るとよく分からないため息が出ます。
週末には空いたスペー用に新しい棚を買い、おしっこにまみれた和室のござも新調しようと思います。
猫を送ったあとは悲しみすぎない。
それが亡父から教えられた猫との付き合い方でした。
悲しみはたくさんあるけれど、それ以上に感謝を。

本当はちょっと骨壺を持って帰ってきたかったなぁ。
置くスペースがないから、と相方君に諭されて諦めましたが。
家人が最後のお別れのとき、体毛を一房抜いてケースに入れていました。
まぁ体毛自体はこのパソコンの周りにもたくさん落ちておりますが。
お骨の保管は2年更新なので、そのときが来たらまた考えます。
じゃあね、また会いに行くからね。ばいばい。

永眠

2012-08-14 14:23:06 写真1
2012.8.14 13:23.
老衰のため死去。
享年17歳。
もう、起きなくてもいい眠りについたね。
今まで楽しい時間をありがとう。
痛み、苦しみのない眠りを堪能してね。

明日は朝一番でペット斎場に行き、葬儀が済んだら家の片付けだ。
最後だからって、ずいぶんあちこちにオシッコしてくれちゃって。
布団にゴザ、玄関マットにお風呂マット。
捨てなきゃならない物がいっぱいだよ。
猫餌や砂、ペットシートなんかは兄貴にもらってもらおう。
猫ケージが片付いたら部屋が広くなるなぁ。
猫毛が落ちないから掃除が楽になるよ。
もう帰ってきても出迎えなしかぁ。
17年振りの猫のいない生活が始まる。

切迫

110816_074737
猫病院に行ってきた。
腎不全&貧血&脱水&低体温。
年寄り病なので、点滴と抗生剤注射だけ。
ヒーターで温めて、ポカリの薄めたのを口の周りにつけるだけ。
明日の朝までもつかどうか。

猫の世話で出掛けられないのでドラクエをオンする。
オーガの僧侶でセルフ回復長時間戦闘モード。
取り敢えずレベル10まで育てて、オープニングの村ボスをクリア。
もう少し探検したら、次の街を目指すぞ。

時期

111128_174348
久しぶりに朝寝。
猫がまた弱ってきたのでいろいろお世話。
オシッコシートの上にへたり込むため、猫拭きシートで全身を拭く。
猫の体液でベタつくフリーリングを水拭きし、お漏らしした布団類を洗濯廃棄。
まぁお陰でいろいろ新しくできたよ。
明日病院やっていたら連れて行こう。
ベランダに出たがったり、風通しに開けて置いた玄関から脱走したり、よぼよぼなのに。
悟ってるのかな?
そろそろ覚悟はしておこう。

三文

DSCF1534
朝四時半起きで家族の送迎。
その後八時に再び駅へ。
下りの新幹線は全然混んでいなかったそうだ。
久しぶりに掃除機をかけ、風呂を掃除して洗濯物を干したら雷雨orz
珍しく家事に精を出して悪かったな(T_T)
明日は朝寝するぞ。

家事の隙を縫ってドラクエオフ。
錬金だなんだでストーリーを進ませられなかった。

試練

no title
朝晩すっかり涼しくなりました。
どうせ熱波がぶり返すだろうけれど。
夜明けくらいにつくようにセットしておいたドライが寒くて目が覚める。
ついでにテレビつけたらアメリカ戦0-2になったところでorz
結局最後まで観てしまったので眠い眠い。
負けちゃったけれど、決勝まで行ったということは本当に偉業。
問題は今後女子サッカーの盛り上がりがどこまで維持出来るかだ。

急ぎだからなるべく早くって持ち込まれた仕事、待っているというので持てる技術を注ぎ込んで一時間で仕上げた。
いつもなら二日頂くところ、さぞ感謝されると思ってデータを渡したら、「簡単に出来たみたいだから2kでいいよね」って言われたorz
その一時間の作業にはDTP創世記から培ったノウハウの全てが注ぎ込まれているのに・・・
社長、あなただってそう言う歴史の生き証人でしょうに・・・

灰猫

100911_180902
曇っていて、わりと涼しい。
蒸し蒸しするのは仕方がないか。
昨日のネコ番組もなかなかいけた。
でも月火のほうが良かったかな。
昨日で終わりみたいだったから残念。
また違う場所でやってほしい。
やっぱり猫には島か港町だねぇ。

ウチの猫は食欲旺盛。
体調も戻ってきたらしく、ようやく人の側で寝るようになりました。
昨晩はついにかつての定位置である相方君の胸の上でお休み。
しかし歯肉炎と副鼻腔炎(治療中)のため、とにかく口が臭いらしく、寝入りばなは重さもあってうなされていましたw
ちなみに朝は腕枕させられていました。
うらやましくもあり、うらやましくもなし。

地中

101027_125918
今日は逆風だけれど、何だか涼しかった。
まぁ室内は蒸し暑いからかえって温度調節が難しくなるんだけれど。
データ作ってくれと言われたので作って送ったら「まだ要らなかったのに」と言われた。
どないせいと。
ここ二日程夜はゲームをせずにTVを観ている。
BSで夜10時からやっている、地中海の猫の暮らしを動物カメラマンが紹介する番組。
過剰な演出一切なしの淡々とした映像ながら、猫好きのプロカメラマンが撮る美しい地中海の風景とそこに生きる猫たち。
相方君と一緒にぼーっと眺めています。
う〜ん、いい番組だ。
本日3回目、今日も楽しみだ。
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
訪問者数

  • ライブドアブログ