September 03, 2007

【 羽生善治さんと視線解析 】

7c4b729d.jpg先日、私のNLPコースを修了された方がスタッフを務められると
いうご縁で知った、将棋棋士の羽生善治さん(※1)の講演会に参
加してきました!


※1
私から説明するまではないと思いますが...羽生善治さんは、25
歳(1996年)のときに、史上初となるタイトル総なめの七冠を
達成され、現在、永世棋聖・永世王位・名誉王座・永世棋王の称号
をお持ちで、『決断力』などの著書でも有名な方です(写真は、現
在三冠の羽生さんのサイン入り色紙です)。


講演会は1時間の講演+1時間の質疑の2時間構成で、「決断力を
磨く」というテーマで行われました。


内容については私自身、興味があり、ノートを7ページとりました
が、ここでは割愛することにして、『視線解析(アイ・アクセシン
グ・キュー)』(※2)の観点から、サラッとシェアをしたいと思
います(笑)。


NLPerとしての観察を細かく言えば、時々刻々いろいろな氣づ
きがあるのですが、全体として、演壇を前に立たれて話されていた
羽生さんは、右肩が下がり(左肩は水平を超えない程度に相対的に
上がって)、首もやや右に傾き、話し方はId/Adが強い方に特徴的
な抑揚のない単調な感じで、視線は基本的にVc方向に向けられて
いました。


そして、特に質疑応答の時間には、羽生さんの目はよく動いていま
した!


それは何かを見ようとしてというよりも、ご自身の考えに連動して
動いているという印象が普通の人よりも強く感じ取れたため、「あ
ぁ〜、やっぱり、NLPでいう『視線解析(アイ・アクセシング・キ
ュー)』の話って、特に何かの能力を極めたような方が対象だと、
当てはまりやすいのかもしれないなぁ」と思いました。(※3)


以上簡単ですが、シェアまで!


Bye,

Jun (Representative Partner, The 5W1H Company, L.L.C.)



※2

視線解析(アイ・アクセシング・キュー)について詳しくお知りに
なりたい方には、次のようなものが参考になるかもしれません。

・Dilts, R. and Epstein, T., "Dynamic Learning"

・Bob G. Bodenhamer, L. Michael Hall,

 "The User's Manual for the Brain"


※3

一見、視線の動き(Vcが多い)と、話し方の特徴(Id/Adが強い
)ということで、矛盾があるように思えます。

人工知能や脳科学の研究をされている方で、羽生さんを研究対象と
されている方がいるというような話を聞いたことがあったように思
いますので、「こういう状況のときの羽生さんはどの情報処理パタ
ーンが強いのか」といった内容についての判断は、そういった事柄
を専門的に追求されている方にお任せすることにします(笑)。


さて...こういった話のときに、今後、知っていると役に立ちそう
なのは、次の2点ではないでしょうか?


1つ目は、NLPでは、『タイプ』ごとに人を分類するのではなく
、そのときのその人の『パターン』に着目するという姿勢が大切だ
ということです。


…説明すると長くなるので、ご興味をお持ちの方は、無料レポート
をご覧ください。
(NLPのトレーナーの方でも「タイプ」と「パターン」について
 、勘違いして理解されている方が多いようですので、すでにNL
 Pを学ばれている方、学ぼうとされている方は、確認されると面
 白いかもしれません。)


2つ目は、人を総合的に観るという姿勢です。

ご存知のように、アクセシング・キューには、視線だけでなく、呼
吸の位置、呼吸の深さ、話すスピード、姿勢などいくつかの種類が
あります。
…アクセシング・キューのうち、目(アイ)に関するものを、
 アイ・アクセシング・キュー(視線解析)と呼んでいます。

アクセシング・キューを対人関係に用いる場合、それぞれの手がか
り・ヒントをもとに、総合的に相手のパターンを察することが求め
られます。

そういうこともあって、アクセシング・キューについて身につける
にも、実際に人を前にしてトレーニングするのが最も有効な手段だ
と言われるわけです。
…書籍で知識を仕入れただけ、一度やってみただけでは、身につか
なさそうですよね(笑)。

★「誰も、あなたの代わりに腕立て伏せをすることはできない」★
                    (by ジム・ローン)


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

  9/8(土)【 NLPの全体像がわかる体験セミナー 】

『NLP体験セミナー』詳細&お申し込みこちら


    9/5(水),9/9(日)【 質問力 Basic 】

『 質問力 Basic 』セミナー詳細&お申し込みはこちらから

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





□■□■□■ ニューズレター【 QOL向上のヒント 】□■□■□■

 合同会社5W1Hに関する様々な情報を、
           無料でいち早くお届けいたします。

 ご購読の登録・解除・配信先変更はこちらから
       → ニューズレター【 QOL向上のヒント 】

 ●高野潤一郎の発見・アイディア・考えの整理

 ●合同会社5W1Hに関するニュース

 ●セミナー・研修、イベント等に関する最新情報

 ●NLP、脳科学、高野オリジナルレポートなど各種情報の紹介

 ●ニューズレター購読者対象の割引情報      ほか

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


いつも読んで頂いて、ありがとうございます!

これからもよろしくお願いします!

June 01, 2007

国立大学講師としてNLP〜財布の場所?

73a8e8eb.JPG(写真左:高野を大学に招聘してくださった佐野真紀先生、写真右:真紀先生のファン)


『NLP関係として』ということでは極めて珍しいことのようですが、某国立大学法人で、非常勤講師として任用していただきました!
(…大学執行部に認めていただくのには、経歴とか大切なようですね。)


講義を受講してくださった学生のみなさんの声などは、こちらでお読みいただけます。


真紀先生、講義アンケートに回答いただいたみなさま、ありがとうございました!



理工系の大学というのは、いろんなところを何度も訪ねたことがありましたが、女性が多数を占める文系のキャンパスというのは、ほとんど未知の体験でした。


そういった場で、男性多数の前で話すときよりも氣にすることの1つに、「財布をしまう場所」というのがあります(笑)。


ずいぶん長い間、私は、紙幣も硬貨も鍵もカード類も入れた、分厚い財布をズボンの右ポケットに入れていました。


でも、それだと、ずいぶん不恰好だと、友人に教えていただいたのです。


最初、いろんなモノを入れた厚さ4センチくらいの財布は重く、上着の内ポケットに入れておくと、肩こりの原因となりましたし(この頃は肩こりとは無縁ですが)、スリにも狙われやすいということで、上着の内ポケットはすぐにやめました。


次に試したのは、ズボンのお尻のポケットでした。


でも、立ったり座ったりするときにカード類が折れてしまう可能性があることと、左右対称にまっすぐ座れないこと、財布を落としたり後ろから取られたりしても氣づかないことなどが原因で、ズボンのお尻のポケットもすぐに卒業しました。


そういう経緯があって、長い間、ズボンの右ポケットに不恰好に膨らんだ財布を入れていたのでした(そして左ポケットには携帯電話が入っていました)。 …実は、男性が財布をどこに入れて持ち歩いているのか、ずっと、そしていまだに謎な部分があります(笑)。


ところが、最近になって、人前で話す機会が増えてきたために、ある程度、外見にも注意を払わなければなぁという意識になってきたのです(笑)。


最近では、鍵類はキーホルダーにまとめて財布とは別に持ち、財布、キーホルダー、携帯電話はカバンに入れて歩くようになりました(ささいなことですが、自分としては大進歩です)! …まだ財布を硬貨用と紙幣用とに分けるには至っていませんし、名刺入れの他にカード入れを持ち歩くようにはなっていませんが、進歩は進歩です(笑)。


そういえば、何か思いついたときにすぐメモできるよう、胸ポケットにペンを挿しておくのも注意されたことがあります(苦笑)。


便利なポケットですが、外見を氣にする方はあまりポケットを使わないものなのでしょうか?


よく使うモノ、男性のみなさんはどこに入れて持ち歩かれているのでしょうか?


オススメの場所があれば教えてくださいね。



Bye,

Jun (Representative Partner, The 5W1H Company, L.L.C.)


□■□■□ニューズレター【 QOL向上のヒント 】□■□■□

 合同会社5W1Hに関する様々な情報を、
           無料でいち早くお届けいたします。

 ご購読の登録・解除・配信先変更はこちらから
       → ニューズレター【 QOL向上のヒント 】

●高野潤一郎の発見・アイディア・考えの整理

●合同会社5W1Hに関するニュース

●セミナー・研修、イベント等に関する最新情報

●NLP、脳科学、高野オリジナルレポートなど各種情報の紹介

●ニューズレター購読者対象の割引情報      ほか

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


いつも読んで頂いて、ありがとうございます!

これからもよろしくお願いします!

April 22, 2007

対立する人の共通点

8ffe1a31.JPG(写真は、自宅から徒歩で行ける広さ20万平方メートル以上、樹木が1万本近くあ

るという公園の一部を携帯で撮影したものです。)



今日は、『地球の日(※)』ということもあり、何となく、緑の多い近くの公園に足が向きました。


※地球の日(アースデー、Earth Day)というのは、1970年4月22日にアメリ

カで行われた環境保護運動を記念して始まった、世界中で地球を守ることを趣旨とす

る活動が行われる日のことです。



この公園は、近くにあるということもあって、よく訪れます。



公園の入り口から、目の覚めるような緑色、野鳥の声、大きな池から聞こえる水音、そして、ふかふかの土の感触や木道を歩くときの感触...に包まれ、公園の外とは違う時間の流れに身を置くことができます。



また、この公園では、コイ、カメ、カワセミ、カモ、サギ...といった生き物も目にすることができます(東京23区内ですよ)!



公園の中では、犬の散歩をする人、ジョギングをする人、散策をする人、カメラを持って自然観察をする人、ベンチで読書をする人、人名あまり来ない場所で歌や楽器の練習をする人、ザリガニ釣りをしようという子供達...などさまざまな人々がいますが、親しい人と話に花を咲かせている人も多く見かけます。



「口論」という雰囲気ではなく、オープンに知的な「議論」を楽しむという人々にも”ごくまれに”出会うことがあります。



1つだけ覚えている例は、『人は、一瞬あるいは非常に短期間で変われるか、それとも長い年月をかけないと変われないか?』という話をしている人々に出会ったときのことでした。



そのとき私は、数分程度で立ち去ったので、議論には加わりませんでしたが、どちらも、一生懸命に自分の説が正しいことを証明しようと躍起になっていたのを覚えています。 …自宅から最寄り駅の1つに向かうときに、この公園を通り抜けていくことがあります。そのときも、駅に向かう途中だったので、議論に加わる時間がありませんでした。



その場を立ち去りながら、まったく対立していた2つのグループに、1つの共通点があるのに興味を覚えました。



それは、互いに『どちらか一方だけが正しい』というパラダイムに基づいて議論していたということです(笑)。



脳科学的な話からすれば、顕在脳とか意識脳の変化に比べ、潜在脳とか無意識脳の変化には時間がかかるとされています。



『どういう時間スケールで、変化のあるなしを決めるのか』

     あるいは

『変化のレベル(表面的な行動の変化や本質的な意識の変化など)』

について、何も決めないままに意見交換していることが、議論が平行線をたどっている主な原因ではないかと思いました。



話す『内容』が同じでも、話す相手が小さな子供か、エリートビジネスパーソンか、おじいさん、おばあさんなのかによって『伝え方』が変わってくるものです。



みなさんは普段、相手とスケールやレベルを合わせて話していますか?



Bye,

Jun (Representative Partner, The 5W1H Company, L.L.C.)


□■□■□ニューズレター【 QOL向上のヒント 】□■□■□

 合同会社5W1Hに関する様々な情報を、
           無料でいち早くお届けいたします。

 ご購読の登録・解除・配信先変更はこちらから
       → ニューズレター【 QOL向上のヒント 】

●高野潤一郎の発見・アイディア・考えの整理

●合同会社5W1Hに関するニュース

●セミナー・研修、イベント等に関する最新情報

●NLP、脳科学、高野オリジナルレポートなど各種情報の紹介

●ニューズレター購読者対象の割引情報      ほか

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


いつも読んで頂いて、ありがとうございます!

これからもよろしくお願いします!

April 17, 2007

ここしばらくのうちに知り合った方々

8b4dfb70.JPGブログ&メルマガの更新を不定期にしてから、

『高野さん、最近どうしてるの?』

といったメールをいただくことが何度かありました(嬉)。



「僕のブログ記事を楽しみにしていただいている方々が

 いらっしゃるのだなぁ」と思って、

読者の方の存在を、本当にありがたく感じています。

みなさん、ありがとうございます!!



今回は、久しぶりのブログ記事なので、

近況報告みたいな内容をご紹介しようと思っています。



★最初は、『まぐまぐ』から配信していたメールマガジン

   【 高野潤一郎の『ギャップを埋める視点』】

を、自社配信の無料のニューズレター

   【 QOL向上のヒント 】

に移行するというお知らせです。



これまでメルマガをお読みいただいていた方々には

お手数をおかけしてしまって、大変恐縮なのですが、

こちら→★ ニューズレター【 QOL向上のヒント 】 ★から

ご登録をお願いいたします。



□■□■□ニューズレター【 QOL向上のヒント 】□■□■□

 合同会社5W1Hに関する様々な情報を、
           無料でいち早くお届けいたします。

 ご購読の登録・解除・配信先変更はこちらから
       → ニューズレター【 QOL向上のヒント 】

●高野潤一郎の発見・アイディア・考えの整理

●合同会社5W1Hに関するニュース

●セミナー・研修、イベント等に関する最新情報

●NLP、脳科学、高野オリジナルレポートなど各種情報の紹介

●ニューズレター購読者対象の割引情報      ほか

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



★次は、『このごろ、知り合った方々』の話です。


合同会社 5W1Hを始めたことや、

勉強会などに参加するようになって、今までお会いすることの

なかったような方々と知り合う機会が増えてきました(嬉)!



写真は、私のNLP体験セミナーに参加してくださって、コメント

もいただいた、ベリーダンサーの五十嵐柾美さんとの写真です。

五十嵐柾美さんからいただいたコメント



この写真は、NLP体験セミナー終了後、別の日に、お会いした

時に撮影したものです。



撮影場所は...門や石畳みがイタリア職人による特注品で、

中庭や屋上庭園、地下サロンにスタンウェーのピアノもあり、

雑誌等でも取り上げられるイタリア建築で行われたパーティー

でした!(…この建物を手がけられた戸倉容子さん

とも、ある勉強会でご一緒させていただきました!)



ベリーダンスというもの自体、初めてでしたが彼女の踊りは

エキゾチックで、素晴らしく美しかったですよ!

NLP体験セミナーのときの柾美さんとは違った、

プロのダンサーの顔の柾美さんに出会えたことは

新鮮な驚きでした!

機会があれば、みなさんにも是非ご覧になってみてください!

五十嵐柾美さんのHP



当日は、

シャネルのCMをはじめ、世界的に著名なサックス奏者の

Pierre-Jean GIDONさんほか、何

人もの方々とお話できました!

(GIDONさんが、

 以前は歯医者さんだったことを知り、驚きました!)



□■□■□ニューズレター【 QOL向上のヒント 】□■□■□

 合同会社5W1Hに関する様々な情報を、
           無料でいち早くお届けいたします。

 ご購読の登録・解除・配信先変更はこちらから
       → ニューズレター【 QOL向上のヒント 】

●高野潤一郎の発見・アイディア・考えの整理

●合同会社5W1Hに関するニュース

●セミナー・研修、イベント等に関する最新情報

●NLP、脳科学、高野オリジナルレポートなど各種情報の紹介

●ニューズレター購読者対象の割引情報      ほか

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



他にも、ここしばらくの間に...

ジェームズ・スキナーさんの出版・PR・講演会担当や

ロバート・キヨサキさん来日講演の総合統括ほか数多くの

プロデュースをご担当されたSさん、ベストセラー作家の

Nさん・Sさん・Oさん、本田健さんの事務所立ち上げメンバーで、

風水事務所のHさん、ダン・S・ケネディ日本代理人のTさん、

国内最大手プロバイダーの方、超有名IT企業秘書の方、

CMモデルの方、ピアニストの方、フランス料理出張シェフの方、

フラワーデザイナーの方、柔道家の方、ヒーラーの方、

ファイナンシャル・プランナーの方、腹話術師の方、企業経営者、

ヨガ・インストラクターの方、猫コンシェルジュの方、

コーチ(リクルート関係会社の研修講師)、コーチ(地方県議会

議員選挙参謀)、国連ボランティア団体プロデューサー、

臨死体験をされたアロママッサージ師・イベントプランナーの方、

看護師の方...などと知り合うことができています!



いろんな方々に知り合い、刺激を受け、支え合い、またときには

人と人とをつなぐコネクターの役割も果たしつつ、多くの学びを

得ています。


数多くの出会いに感謝! 出会いの場・機会に感謝です!!



新たな出会いから新しい動きが出てきたら、

ニューズレター【 QOL向上のヒント 】

でご紹介しますね!



★それでは、今回のブログ記事の最後として、改めて、

 3つのお知らせです!


(1)無料レポートのご案内

   ●なぜNLPなのか(5ページ)

   ●NLPについて、5つの誤解を解く(9ページ)

   ●NLP資格取得コース比較ガイド(13ページ)

   ●NLP的目標設定術(15ページ)

ダウンロード・ページ



(2)NLP体験セミナーのご案内

   ★ブログ読者の方は、通常価格の【半額でご招待】★

NLP体験セミナーの詳細

 (申し込みフォームで、『ブログ読者』と

  書いていただけると、半額にさせていただきます!)



(3)NLPプラクティショナーコースのご案内

   NLPの資格が不要の方でも、

   NLPの全体を一通り学ぶにはプラクティショナーコース

   が最適です!

   ★今なら、第1期コースなので、モニター価格です!★

NLPプラクティショナーコースの詳細



今回は以上です。 

明日はまた寒いようですが、体調管理に気をつけて、

ファンタスティック!な毎日を送りましょう♪



Bye,

Jun (Representative Partner, The 5W1H Company, L.L.C.)


□■□■□ニューズレター【 QOL向上のヒント 】□■□■□

 合同会社5W1Hに関する様々な情報を、
           無料でいち早くお届けいたします。

 ご購読の登録・解除・配信先変更はこちらから
       → ニューズレター【 QOL向上のヒント 】

●高野潤一郎の発見・アイディア・考えの整理

●合同会社5W1Hに関するニュース

●セミナー・研修、イベント等に関する最新情報

●NLP、脳科学、高野オリジナルレポートなど各種情報の紹介

●ニューズレター購読者対象の割引情報      ほか

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


いつも読んで頂いて、ありがとうございます!

これからもよろしくお願いします!

March 19, 2007

無料レポート4つ,NLP体験セミナー,プラクティショナーコース開催

●なぜNLPなのか(5ページ)

●NLPについて、5つの誤解を解く(9ページ)

●NLP資格取得コース比較ガイド(13ページ)

●NLP的目標設定術(15ページ)


という4つのレポートを無料でダウンロードできるようにもなった、

新しい、合同会社5W1HのHP

のご紹介です!    …ニュースレター購読は準備中です。



また、

高野が、米国NLP協会認定 NLPプラクティショナーコースを開催する

ことになりました!


『NLP体験セミナー』と『NLPプラクティショナーコース』の特典も

お見逃しなく!

スペシャル・オファー




Bye,

Jun (Representative Partner, The 5W1H Company, L.L.C.)




※もし、あなたのお友達に、

 質問力が強みのNLPトレーナー、高野潤一郎( 合同会社 5W1

代表)

 のブログ内容+αが書かれた、無料の週刊メルマガをご紹介される場合

 には、コチラ↓ の点線内をコピーしてご利用くださいね。

 -------------------------------------------------------
 
  自分らしく成長し続け、仕事と家庭のバランスを追求しよう!

 社会の動き・時代の変化を読み取ろう!


    高野潤一郎の『ギャップを埋める視点』

   → http://www.mag2.com/m/0000147177.htm
 -------------------------------------------------------



いつも読んで頂いて、ありがとうございます!

これからもよろしくお願いします!