だいむのblog


candata.infoのアプリケーション。
shellの入出力を中継してリモートでPC,Androidのshellを実行する。
candata.info applications.
Relay the input and output of the shell to run PC, the shell of Android on the remote.


元々、遠隔地のPCを操作する為にchromeのリモートディスクトップを使用していた。
しかし、頻繁にバージョンアップがあるものの迂闊にやって失敗した場合に現地まで赴かなければならない。
そもそもGUIは特に必要なく、CUIベースで十分なので独自に作ることにした。
candata.infoはws,wssに対応しているため両端をwssで接続。
Originally, I had been using a remote disk top of chrome in order to operate the remote PC.
However, often when you et failure there is a version-up, it must go to the local.
To begin with GUI is not particularly necessary, decided to make on its own because the CUI-based enough.
candata.info connection with wss both ends because it corresponds to the ws and wss.


トークンの登録

Registration of token

ペアリングキーに使うトークンを登録。
今回は"ubuntu"と設定
Register a token to use for pairing key.
This time, set the "ubuntu"
カンダタペアリング設定2


CloudShell.jarのダウンロード

Download CloudShell.jar

右メニューからコンソール画面を開き、最下部のCloudShell.jarをダウンロード Open the console screen from the right menu, download at the bottom of CloudShell.jar


通信設定ファイルの編集

Editing of communication configuration file

candataConnectionInfo.xmlを用意する。 To prepare the candataConnectionInfo.xml.
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
<candataConnectionInfo>
    <ServerInfoList>
        <ServerInfo name="CandataInfo">
            <email>xxxxxx@gmail.com</email>
            <host>candata.info</host>
            <path>/device_yam/</path>
            <protcol>wss</protcol>
            <token>ubuntu</token>
        </ServerInfo>
    </ServerInfoList>
</candataConnectionInfo>


シェル機能の提供

Provision of shell function

CloudShell.jarの起動(linux) Starting CloudShell.jar (linux)
java -jar CloudShell.jar -s CandataInfo -l -t 200 -f sh -name thinkPad
Windowsの場合は For Windows
java -jar CloudShell.jar -s CandataInfo -l -t 200 -f cmd -name thinkPad


candata.infoへの接続状況確認

Connection status confirmation to candata.info

シェル機能の提供で指定したオプション"-n"で指定したthinkPadの接続が表示されている。 Connection of thinkPad specified in the option "-n" specified in the offer of shell functions are displayed.
カンダタペアリングステータス2



ターミナルの起動

Starting the Terminal

カンダタコンソール
メールアドレス、トークン、スレッド番号を設定し、"開く"ボタンをクリックする。 E-mail address, token, and set the thread number, click on the "Open" button.
カンダタターミナル
画面が開いたらそのままコマンドを実行出来る。 Screen can be directly run the command Once you have opened.


Androidターミナルの起動

Start-up of Android Terminal

androidのshell機能も提供できるが、使用しているライブラリがwssに対応していない。
ライブラリを変更するか自力で暗号化するか検討中。
android of shell functions can also be provided, but the library you are using is not compatible with the wss.
Or under consideration to encrypt under its own power to change the library.


コマンドラインからの起動

Starting from the command line

シェル機能の提供と同じようにCloudShell.jarでクライアント接続も可能。 Client connection can also be the same as CloudShell.jar and providing them with the shell function.
java -jar CloudShell.jar -s CandataInfo -t 200 



NearDevice作成と同じプロジェクトとしてcandataというデータハブサーバを立ち上げた。
これはWebSocketを利用して送られたデータパケットを、ペアリング情報に基づいて再配信するだけのものだ。
It launched a data hub server that candata as the same project as the NearDevice created.
This data packet sent using the WebSockets, just what is redistributed on the basis of the pairing information.


今回はこのcandataのアプリケーションとしてPICライタを作成した。
上部の図では中央から右側の機器構成になる。
This time was to create a PIC writer as an application of this candata.
Made on the right side of the device configuration from the center in the figure at the top.


犍陀多ログイン画面
まずは通信に必要な設定を行う。
通信に必要な条件とは
  • 認証用メールアドレス(これは一度でもcandata.infoへログインすればOK)。
  • 上記メールアドレスでログインした後、通信キーとしてのトークンの登録。
  • スレッド番号(これは実際に通信する時点で設定する識別番号)
があり、事前にトークンを登録する必要がある。
ログインは今のところgoogleのアカウントでのみ
First make the settings required for communication.
the conditions necessary for communication
  • authentication e-mail address (if you log This is to candata.info even once OK).
  • After logging in the above e-mail address, registration of the token as a communication key.
  • thread number (this is the identification number to be set at the time of actual communication)
Is there, it is necessary to pre-register the token.
Login is only in so far google account


犍陀多初期画面
ログイン後、使用可能なメニューが表示される。
右のメニューから設定>ペアリングキー生成を選択する。
After logging in, the available menu is displayed.
Settings from the right of the menu> select the pairing key generation.


犍陀多ペアリングキー生成
この画面でトークンの追加・削除が行える。
登録済みトークンは名前とコメントの編集は可能。
トークンには自動生成ボタンで作成されるuuidの利用を想定している。
今回はサービスPICライタとインターネットを中継するアンドロイド端末名"jt-b1"をそのまま登録。
It can be performed addition and deletion of the token in this screen.
Registered token name and comments of the editing is possible.
The token assumes the use of uuid created by the automatic generation button.
As it is registered in the Android terminal name "jt-b1" to relay the service PIC writer and the Internet this time.


DSC01188
PICライタ側の準備。
右上がインターネットとの接続用のアンドロイド端末jt-b1。
そこからホスト変換ケーブルを介して前回作成したPICライタ。
PICライタからプログラム書き込みターゲットのNearDevice。
Preparation of the PIC writer side.
Upper right is for a connection to the Internet Android terminal jt-b1.
PIC writer previously created from there via the host conversion cable.
NearDevice from PIC writer of program writing target.


DSC01196
アンドロイドではcandata.infoとの接続設定を行う
スレッド番号は102として"接続"ボタンをクリック。
In the android make the connection settings of the candata.info
Thread number is click on the "Connect" button as 102.


犍陀多ペアリングステータス
再びcandata.infoの画面に戻る。
メニューよりペアリングステータス画面を表示させると、先ほどアンドロイドで登録したスレッド番号が表示されている
ここから右メニューの>アプリケーション>NearDevice>PICライタを選択。
Again return to the screen of candata.info.
And to display the pairing status screen from the menu,
being displayed thread number registered in the previous Android Here from the right menu & gt; Applications & gt; NearDevice & gt; Select the PIC writer.


犍陀多PICライタ初期画面
PICライタの画面。
先ほど設定したPICライタの接続情報を画面最上部の入力欄へ設定して"接続"ボタンをクリック。
Screen of the PIC writer.
Click Settings to "connect" button the connection information for the PIC writer that has been previously set the screen to the top of the input field.


犍陀多消去後
接続後、"▲","▼"ボタンをクリックすると0x80byte毎の書き込み対象NearDeviceのプログラムエリアが参照できる。
新規デバイスもしくはプログラム消去後(下部消去ボタンをクリック)だと内容は"ffffff"となっている。
After connecting, "▲", "▼" button can be referred to the program area of the write-target NearDevice of each when you click 0x80byte.
content that it is a new device or program after erasing (click the bottom erase button) has become a "ffffff".


犍陀多書き込み
"ファイル選択"ボタンをクリックし、書き込みたいプログラムのHEXファイルを選択
(chromeだと"ファイル選択"ボタンへファイルをドラッグ&ドロップでも可能)。
"書込"ボタンをクリックして書込開始。
"File selection" and click the button, the HEX file of the program you want to write select
(can also drag and drop files to the chrome's and "file selection" button).


犍陀多読み込み
書込終了後、"▲","▼"ボタンをクリックしてプログラムが書き込まれていることを確認。 After the write end, click the "▲", "▼" button. Ensure that the program is written.


NearDeviceのバージョンを上げた時にminiUSBをmicroUSBへ変更した。
ここで問題になったのがプログラムの書き込みに使うmicroUSBへ差し込むオス側のコネクタ。
何が問題かというと
  • 価格が高い
  • 加工(ハンダ付け)が難しい
  • コネクタカバーが壊れやすい
  • 形状が不細工
この時点でPCとスマフォを繋ぐ市販のケーブルを転用しようにも、PC側のUSBが4芯であるためmicroUSBに必要な5芯には足りない。
しょうがないのでプログラムの書き込み用にはピンヘッダで対応するようにした。
It changes the miniUSB to microUSB when you raise the version of NearDevice.
That was at issue here Connector of the male side plug to microUSB that should be used to write programs.
problem
  • price is high    
  • processing (soldered) It is difficult    
  • connector cover is fragile    
  • shape is ugly
Also diverted using a commercially available cable that connects the PC and Sumafo at this point, Not enough to 5-wire necessary to microUSB for USB on the PC side is a 4-wire.
Because ginger not is for the writing of the program was to correspond with the pin header.
ちなみにこのUSBコネクタの形状等は以下に詳しい。 The shape of the USB connector is detailed below.
  • mini-USBやmicroUSBのA、Bの違いは?USB事情と全規格解説
  • USB端子形状の種類メモ
    • DSC01116 DSC01118

      ただ、この場合にはピンヘッダの大きさの分部品実装時のサイズが大きくなってしまう。 However, in this case because of the pin header, size at the time of component mounting is increased.
      そんな中セリアでmicroUSBの延長コードが販売されていることを知った。
      しかも5芯フル結線らしい。
      microUSB extension cord of knew that it is sold in the seria.
      And it seems to 5-wire full connection.


      DSC01194
      早速一本購入してみた。 Immediately, I tried to buy one.

      ついでにPICライタ用のケースも購入。 Incidentally also purchase cases for PIC writer.

      DSC01201
      PICライタ専用なので、一つ古い版の基板に必要最小限の部品を実装。
      (基板とケースの間の白いのは3Dプリンタで作成した固定用フレーム)
      Since the PIC writer dedicated, one implement the required minimum of parts to the old version of the board.
      (The white one is fixed for the frame that you created in the 3D printer between the substrate and the case)


      DSC01204 DSC01206
      以前のものに比べると随分すっきりした。
      これで書き込み先の基板もピンヘッダの実装が不要になった。
      Much was refreshing compared to the previous one.
      This also pin header implementation of the board of the write destination is no longer needed.

      セリアでこのケーブルがいつまで販売されるか分からないが、今後も継続的に販売される事を望む。
      一応、セリア以外でもmicroUSBの延長ケーブルを販売しているところはあるが、さすがに100円では売ってはいない。 とりあえず見かけたら全部買うことにして只今8本は確保した。
      Although this cable in the seria do not know is how long sale, want it to be sold on an ongoing basis in the future.
      Once, but there is a place that sells an extension cable of microUSB be other than seria, is not sold at 100 yen indeed.
      It was secured right now eight and decided to buy all you see for the time being.

このページのトップヘ