だいむのblog



さくらのインターネットでRapidSSLが低価格で提供されるようになった。 RapidSSL in the "Internet of Sakura" has come to be provided at a low price.

そこで自前で提供しているサービスにSSLの証明書を登録することにした。Where it was to register the SSL certificate to the service that is provided by their own.
細々設定を済ましてみるもchromeのアドレスバーの色がグリーンにならない。The color of the chrome of the address bar even try very narrow spoofing the setting does not become green.
アドレスバー1

詳細情報をみていると、 When looking for more information,
公開監査記録下線
公開監査記録? ググってみると Public audit trail? Looking I googled
Certificate Transparencyとはなにか
なるほどブラウザからのアクセス記録も突き合わせる形で同一のログサーバに記録するわけね。 t not is recorded in the same log server access also recorded match form from the more browser.
それではどうやったらこの公開監査記録に対応できるのかと"さくらのインターネット"に問い合わせてみるが、
RapidSSLでは当面これに対応する予定はないそうだ。
So it is the same whether to respond to this public audit records When you do, but try to contact the "Internet of Sakura",
will be addressed in this moment in RapidSSL's unlikely.

では、認証局とは別個にTLSのエクステンションにSCTを格納する方式はどうかと考えたが、使えるログサーバは? In, method for storing the SCT separately to TLS extensions and the certificate authority has considered whether, the you can use the log server?

さらに調べてみると If we further investigated
Certificate Transparencyについて勉強会で発表したので、その補足や落ち穂拾い
俺とお前とCertificate Transparency
自堕落な技術者の日記
どうやら無条件に対応推奨って感じでもなさそう。googleのゴリ押しと勇み足の感もある。 Apparently not seem even feeling corresponding recommended unconditionally.
there is also push the envelope and overeager feeling of google.

対応状況が整っていないのにブラウザのチェックを厳しくしすぎるのは、あらぬ誤解を招くので止めてほしいところだ。 And the corresponding situation is too strict a browser check to not ready, it's where I want you to stop because it would be rough unexpected misunderstanding.

ところがchromeの4.4ではアドレスバーががグリーンになってる!?(上記で確認したのは4.1)
But that is 4.4 in the address bar of chrome becomes green!?(The was confirmed above 4.1)
4
詳細には何て書いてあるかというと
If you say it and what one is written in detail
4下線
警告レベルから注意レベルになってるのか?
Or from the warning level has become the attention level? これは一旦googleが退いたってこと?
I wonder if such that mean this once google has retired? 折角証明書取得したのに、見た目がそう見えないのはちょっと嫌だなと思ってたけど、これなら当面は気にする必要はないかな(サイトしだいではあるが)。
Much trouble and to acquired certificate, I look had thought that Do not kinda hate to not see so, Is this if there is no need to worry for the time being(Although there is depending on site).
全般的にないようがふわっふわなのは、個人的にこういった運用情報には関心が薄いせい。
さりとてサーバ立ち上げたりすればこういった話は避けられず、まったく知らない訳にはいかない。
正直、手順や必要性が確立すればそれに従うので専門家の人頑張って。
Overall internal use of is ambiguous, because personally anti said operational information is thin interest.
But if or launched server, not be talking about saying to avoid, and not afford to do not know at all.
Honestly, if the established procedures and need follow it. Good luck experts.



前回の発注からfusion PCBの方法が随分変わっていた。 備忘も兼ねて。 Method of fusion PCB had changed a lot from the previous order. Memorandum also doubles.
今ではメールでのデータを送る必要も無くなって、webだけで発注が行えるようになっている。 Now that disappeared necessary to send the data by email, so that orders can be performed only in the web.

まずはファイルを準備する First prepare the file

メニューから"File>Plot"を選択し、ファイル出力ダイアログを表示 Select the "File> Plot" from the menu, and display the file output dialog
※通常編集では日本語をしている。
この状態だと出力ファイルの中に日本語が入る。
念のため、出力時は言語を英語に設定している。
*I have a Japanese in the normal editing.
Japanese falls in the output file that it is this state.
As a precaution, when the output is set the language to English.

Screenshot from 2015-07-16 09:07:33
"Plot"ボタンを押下してファイルを出力。 "Plot" button is pressed to the output file.
ドリル情報の出力は上記ダイアログ右下の"generate drill file"ボタンを押下する。 The output of the drill information by pressing the "generate drill file" button at the bottom of the dialog right.
Screenshot from 2015-07-16 09:08:10
ドリル情報の単位(drill unit)を"Millimeters"に指定する。 Drill information of units I specified in "Millimeters".
"Drill file"ボタンを押下してファイルを出力 "Drill file" button is pressed to the output file

上記により出力されたファイルのファイル名を以下の様に変更
(ここでは元のKiCadのプロジェクト名を"NearDevice3"とする)
The changed as follows the file name of the file that is output by said.
(Here, it is the project name of the original KiCad "NearDevice3")

ファイル種類file type KiCad出力ファイルKiCad output file Fusion PCBファイルFution PCB file
前面レイヤーTop Layer NearDevice3-F_Cu.gtl NearDevice3.GTL
表面マスクTop Solder Mask NearDevice3-F_Mask.gts NearDevice3.GTS
表面シルクスクリーンTop Silkscreen NearDevice3-F_SilkS.gto NearDevice3.GTO
裏面レイヤーBottom Layer NearDevice3-B_Cu.gbl NearDevice3.GBL
裏面マスクBottom Solder Mask NearDevice3-B_Mask.gbs NearDevice3.GBS
裏面シルクスクリーンBottom silkscreen NearDevice3-B_SilkS.gbo NearDevice3.GBO
基板外形情報Board Outline NearDevice3-Edge_Cuts.gbr NearDevice3.GML
ドリル情報Drills NearDevice3.drl NearDevice3.TXT
内一層(四層の場合)Inner Layer(for 4 layer) NearDevice3-Inner1_Cu.gbr NearDevice3.GL2
内二層(四層の場合)Inner Layer(for 4 layer) NearDevice3-Inner2_Cu.gbr NearDevice3.GL3
変更後、プロジェクト名と同一名の"NearDevice3"フォルダへファイルを移動。
フォルダを圧縮して"NearDevice3.zip"ファイルを作成
After the change, and move the file to the project name and the same name "NearDevice3" folder.
Compress the folder and create a "NearDevice3.zip" file



発注 Order

Screenshot from 2015-07-16 10:36:05
上部青い帯の下の緑の枠をクリックして、先に作成したzipファイルをアップロードする。 Click on the green of the frame below the top blue band, to upload a zip file that you created earlier.
Screenshot from 2015-07-16 10:26:45
アップロードに成功すると、緑の枠が塗りつぶされる。
ここで発注する基板の色や厚さ等を指定する。
オプションにより料金も変更になる。
After a successful upload, the green frame is filled.
to specify the color and thickness of the substrate or the like to be ordered here. Rates by
option is also subject to change.


画面右下の"viewer"ボタンをクリックするとアップロードした基板を確認できる。 When you click the "viewer" button at the bottom right of the screen you can see the uploaded board.
Screenshot from 2015-07-16 10:27:38
"add cart"ボタンをクリックして発注を継続 and continue the order by clicking on the "add cart" button
Screenshot from 2015-07-16 10:29:04
後はcheckoutして配送方法を指定ののちアップロードに成功すると、緑の枠が塗りつぶされる。
ここで発注する基板の色や厚さ等を指定(オプション指定により料金も変更になる。)
今回は10枚発注したので製造料金$9.90と配送料の$4.93の合計$4.83だった。
支払方法はPayPalを利用した。
After Upon successful upload after specified a delivery method in checkout, a green frame is filled.
Here specify the color and thickness of the substrate or the like to be ordered at (also charge by the option specification subject to change.)
This time it was a total of $ 4.83 since ordered 10 sheets and manufacturing fee $ 9.90 delivery fee of $ 4.93.
Payment method was utilized PayPal.

ハンダ付けの道具としてビクセンの実体顕微鏡を使っていた。
元々、そういう作業用の機器ではないのでカスタマイズ。locationHistory1
標準装備のライトは照射方向が固定になってしまうので、基板の部品の配置によってはパターンが影になってしまう。
そこでダイソーで買ったUSBライトのフレキシブルアームタイプを装備。
基板を置く台としてステンレスのプレートを貼り付ける。
ステンレスにしたのは作業中にハンダごてが接触する可能性があることと、これまたダイソーで購入した超強力磁石とクリップを組み合わせて基板を固定する為。
(しかし、この超強力磁石ってネオジム磁石ってパッケージに書いてあるけど、レアアースってもう全然レアじゃなくなっちゃったのかなぁ?)
ちなみにステンレスのプレートは東急ハンズで購入。

背面。
locationHistory1
USBハブを固定。ホルダーは3Dプリンタで作成。

これはこれで重宝していたのだが、ある時手持ちのXperia Z2で基板を撮影しようとしたところ
「あれ!?こっちの方が全然見やすい!」

というわけで専用のスタンドを作って見ることにしました。

作製には昨年購入したのsolidoodle2を使用。
locationHistory1
購入に際しては、エントリー機として操作習熟が第一義ということで当時700ドル台だった上記を購入。
もっとも、輸送費が2万円位かかったので一緒に購入したフィラメント1kg x 2と合わせて10万円位かかった。
フィラメントは現在、amazonから1kg3千円弱くらいからいろいろな種類が出ているのでそちらから購入している。
デザインはFreeCADを使用。

作成したものは

ベースは材料を削るために中抜き

支柱

スマホホルダー
ベースと支柱は4mmのネジで結合。支柱とホルダはカメラのマウント用ボルトと同じW 1/4のナットで結合。
(上記はWebGLに対応が必須。three.jsのサンプルに少し手を入れて使用。マウスで回転やズームができるビュワーはあったが、ページに埋め込める適当なものが見つからなかった。)

出力結果の組み立てとXperiaの装着
locationHistory1
カメラの位置が端にあるので少しセンターからずらしてる。
locationHistory1
くっきりと写るパーツ。

locationHistory1
支柱とホルダーはダイソーで買ってきたカメラ用スタンドのボールマウントを利用。

スマホアプリは拡大鏡(Magnifier)を使用。
locationHistory1
本当はXpreriaに標準搭載されているカメラのほうが画質がよいのだが、これは一定時間を過ぎると終了してしまうため無料のものを落としてきた。
そのうち本来の画質で見えるアプリを作ってもいいとは思うが、特に支障はないのでこのまま使いつづけるかも。

使用してのメリットとして:
  • 通常の室内の明るさがあれば特にライティングする必要がない。
  • スコープを覗く必要がないため、部品を取り出したり等の他の作業からスムーズに移行できる。
    ヘッドマウント式のルーペもそうだが対象物とそれ以外を見るときに意識の切り替えが必要だった。
  • ベース・支柱・ホルダーとバラせるため持ち運びしやすい。
デメリットとして:
  • 作業中に着信があると慌てる。
  • うっかりすると間違ってスマホの画面にハンダごてを向けてしまう。
後で似たようなものがあるかと探してみたら、ありました。 学研。さすがというか。

もちろん、スマホ用の外部レンズなども普通に販売はされているものの、今回特に外部に特別なギミックを装着するでなくスマホ本体の機能だけでここまで出来るのに正直驚いた。
とりあえずXperiaのスマホとしての引退後の予定は決まった

このページのトップヘ