2005年04月21日

7612 CWE(期待される延長付き第五波動)

550ff6cb.jpg久しぶりの投稿である。
今回は、本日4月21日に私が実際に投資した銘柄7612 CWEのことについて書こう。
まずチャートは1分のラインチャートで、エリオットの波動原理に基づき、
投資行動に入った。
この銘柄の上昇に気づいたときは、上昇の最初の5波動(第一波)入ったところで、結局10時頃に180円での買い付けとなった。
この銘柄は、かなりの出来高を伴いながら二日連続陰線となり、9時半頃の170円を
大底とし反発に入った。
180円での仕込みで、下値は上昇幅の半値の175円まで辛抱した。その後前場終了まで揉み合いと商状が続いた。その状態は、下値切り上げ型で上値が182円の三角形を形成した。この間、私は、今日中に益で決済できるか、ヤキモキさせられたが、ここまでの波動の読み方に間違いはないとの確信でけが頼りだった。後場に入り、下値が切り上げ型を崩す180円を付けた後、
ゆっくり上昇波に入っていった。これで、2回目の上昇波(第三波)を確認して、
気分的に楽な状態で相場が見れた。結局、2時過ぎの202円の高値(第三波の終点とみた)まで見てしまった。デイトレなら、この段階で売却するところなのだろう。
その後195円まで調整し、199円で引けた。この引け直前の買い板が豊富だった197円で売却した。読み間違えでなければ、この段階は第四波の最中とみた。
ただ、気になるのは189円から202円までの波が第五波動とも読むことが出来る。
第一波動の上昇幅が10円、第三波動の終点直前の波が13円とほぼ同じ値幅となっているからである。この答えは、明日22日に結論が出る。
もし、これがただの危惧であれば、明日第五波動に入り、しかも延長波付きの波動が期待されることになる。これも明日判明することになる。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jun_kabu/19647226