2019年08月23日

ちょっと旅した気分

先日遊びに来ていた中野区在住のNazさんが藤沢から新宿まで「ロマンスカー」で帰ると言う。
ヤンが「小田急の藤沢駅からは始発で新宿までの特急は座れるわよ」
Nazさんは「いや!ロマンスカーに乗って帰れば、ちょっとした旅行気分が味わえて好きなのです」

ヤンは鎌倉へ映画を観に行きました。葉山195さんと鎌倉駅東口改札口に9時に待ち合わせをしました。
藤沢から鎌倉までの交通手段は3通りあり、
JR藤沢から東海道線大船まで一駅、ここで横須賀線に乗り換え「北鎌倉」→「鎌倉」と二駅、乗り合わせが良ければ20分でいけます。
藤沢駅から鎌倉まで、長谷の大仏前経由でバスも走っています。これは時間が読めないので急がないときに利用。
そしてなんといっても、ヤンの一番好きなのが「江ノ電」なのです。
eno1
この日も藤沢駅発8時24分発
まだ夏休みと沿線の学校の部活の学生がいましたが、混んでいません。dbacb7c3[1]
鎌倉まで14駅
電車内の表示案内板にもeno5
ひらがな、英語はもちろん、中国語や韓国語の表示も。
江ノ電の沿線の「腰越」駅から家と家の間を抜け、小動(こゆるぎ)に出るとここがドラマチックで
eno3
国道134号線と並行して海が見えるのです。この日はお天気が悪く、もやっていましたが、江の島から伊豆半島や富士山が見えます。
単線にて、何か所かで入れ違いますが「鎌倉高校前」を出るとeno7
鎌倉方面からの電車が待機し、ここですれ違います。
そして江ノ電「鎌倉」駅に所要時間34分で8時58分に着きました。
ヤンも江ノ電に乗って出かけるのは「ちょっと旅した気分」なのです。

鎌倉市川喜多映画記念館で10時上映のrmp4
インド映画「ガンジスの還る」を見ました。インド映画ですが、踊る、唄うではなくヒューマンなインドの死生観や家族や聖なるガンジス河としみじみした映画でした。  
Posted by jun_uem at 21:22Comments(0)情報発信

2019年08月18日

選んであげてね

ヤンは1986年兵庫県芦屋市から神奈川県葉山町へ越しました。
この葉山には1998年まで12年間過ごし、海や山や川の生活を楽しみました。
そして053
葉山にある「げんべい商店」のゴム草履はヤンのご用達。海岸線のバス通りにある、店の前にカラフルなゴム草履が一年中デスプレーされてる風景は目に焼き付いています。店舗は葉山町の町内で移転しました。

中野区在住のインコ郎君がゴム草履が欲しいというので、葉山在住のtotoさんに
ge1
選んでもらいました。
三足な中からgen2
20cmブルーにオレンジの鼻緒がいいとインコ郎くん。ママのNazさんも沢山ぬいである草履の中でも見つけやすくていいね。
totoさんが、インコ郎パパの27cmのゴム草履は迷いなく、赤の台に黒い鼻緒を選びました。
「げんべい」のゴム草履は台のクッションと鼻緒がゴムで痛くなく、そして何種類もの台と鼻緒の色の組み合わせにサイズもあるのです。
インコ郎君とパパは来夏はこのゴム草履を履いてロマンスカーに乗ってやって来るかしら?  
Posted by jun_uem at 14:14Comments(0)お店情報

2019年08月17日

2018年プール開き

葉山在住のtotoさんとfufuさん姉妹がプールを持参でやって来ました。
          pool1

デッキからはみ出るぐらい大きなプール。
pool6
8歳のインコ郎君と5歳のtotoちゃんに1歳と6ヶ月のfufuちゃんがキャキャと遊んでいます。fufuちゃんは顔に水がかかろうが、身体がもぐってしまおうが涼しい顔して平気です。頼もしい!pool3
インコ郎君とtotoちゃんは一日三回もプールで遊びました。このプールの水の量はたぶんお風呂4杯分ぐらい?
zusi
この日14日は台風の影響で海は遊泳禁止です。逗子の海水浴場もここは内湾なので、普段は穏やかな波。この日はサーファーが波乗りしていていました。

インコ郎君pool5
(2013.8)1歳と9ヶ月

totoさんpool4
(2016.7)2歳9ヶ月

  
Posted by jun_uem at 15:58Comments(0)マダムの雑記

2019年08月16日

夏休み自由研究「徹底解剖 烏賊」

中野区在住の小学校2年生のインコ郎君が小田急ロマンスカーに乗ってやって来ました。
夏休みの自由研究は「イカ」
先ずは藤沢の小田急デパートの魚売り場でika1

「今が旬!福井産スルメイカ」を二ハイika2

解剖捌く
ika3-3
指導講師はヤン
「これはイカの目だよ」68242206_10214291849398745_5685979921818583040_n[1]

解剖各部位に分解 本体は「イカそうめん」に
ika4
指導調理講師はトンボさん
014
最後は美味しくいただきました。初めて自分で捌いて刺身にしたイカは甘くて美味しかったらしい。
記録係りのNazさんがプリントして、後はインコ郎君がネットや図鑑で調べて!部位の名前や種類や生態を!どんな自由研究が出来るのでしょうか?ちょっと面白い研究?を手伝いました。  
Posted by jun_uem at 21:17Comments(0)マダムの雑記

2019年08月12日

もう一度見たいと思い続けた映画

2018年4月21日のブログに『お昼から横浜の2スクリーンのミニシアター「シネマジャック&ベティ」へとんぼさんと出かけました。
「LUCKY]・・90歳の気難しい現実主義者が人生の終盤で悟る「死とはなにか」
なかなか、ロケーションも登場人物も会話も渋く、共感を覚えることも多々あり。名優ハリー・ディーン・スタントンの歌が淡々としていていいのです。前に彼の「パリ・テキサス」を見ましたが、内容を忘れている。もう一度見直したい。好きな映画の一本となりました』と書いていますが、
この後、TUTAYAを二軒回りましたが、残念なことに在庫がありませんでした。この「パリ・テキサス」を見たのは10年以上前だと思います。
そしたら「フジマニ」という、湘南のフリーマガジンのシネマ情報で「パリ・テキサス」が目に飛び込んできました。
natu5

「鎌倉市川喜多映画記念館」で上映中とあります。
わー!「パリ・テキサス」を見れるのだ!と鎌倉へnatu7
先日尼崎在住のReyさんから『「百年名家」の番組で鎌倉の一条恵観山が出てきました。ヤンさんのことですから行っているかと?私も行って見たいです。川喜多かしこ別邸も出てきました。鎌倉は文化人が多く住んでいたのでこのような建物が沢山あるのね。Rey」7月にメールがきました。
前から一度行きたいと思いっていましたが、今回がはじめてです。natu8
シアターは50席ぐらいですが、シートもスクリーンも音響もとてもしっかりした設計です。ミニシアターの中では別格です。
「パリ・テキサス」は1984年作
ストーリーは何も覚えていません。でもこのパリ・テキサスはアメリカのテキサス州にあるパリと言う地名だけは記憶に残っています。親子の再生のロードムービーです。主人公のハリー・ディーン・スタントンはこの時58才と渋い存在感のある俳優。しみじみしたいい映画でした。
この元川喜多邸の庭にはnatu6
鎌倉の花「ヤブミョウガ」の白い花が咲いていました。




  
Posted by jun_uem at 11:23Comments(0)映画 演劇 展覧会

2019年08月11日

プチ夏休み

今日の夏日 natu1

いざ鎌倉へnatu2
青空には入道雲が

お昼は雪ノ下の段蔓沿いにある「ピザ屋DADA」へ
natu3
窯焼きの「水牛のチーズのマルガリータ」と「アンチョビとマシュルーム」の二枚を。久しぶりの本格ピザを頂きました。
その後横道でnatu4
「自家焙煎珈琲 玄」を見つけました。店内に入ると珈琲のいい香りがして、棚にはいろんなカップが並んでいます。私たちはブレンドコーヒーを頼みましたが、豆から挽きます。器も好きなのを選ぶのです。ここでも久しぶりに美味しいな〜と思う珈琲を味わいました。
そこからぶらぶらと今日の目的
一度行きたかった「鎌倉市川喜多映画記念館」へnatu7
「パリ・テキサス」を見に行きました。この話は次に
どこへも出かける予定のない夏ですので、鎌倉で半日の夏休み。


  
Posted by jun_uem at 22:34Comments(0)

2019年08月10日

今年で4年目の縁日

谷戸の奥で開く、真夜中の縁日
[黒地蔵縁日/覚園寺]kuro1

毎年8月10日は覚園寺の黒地蔵縁日。真夜中、午前零時に始まる縁日です。(TANOKAMA HPより)

今年は葉山195さんにGenさん、ご近所のTamaちゃんと4人で出かけました。
鎌倉宮の側の駐車場から疎水沿いの閑静な住宅地を北へ5分ぐらい歩いたでしょうか
kuro2
まだ10日の0時まで少し時間がありますが、途中から人々が並んでいます。いままでこんなに多くの人を見たことがありませんでした。あっという間に後ろにも人の列が出来ます。どうしてかな?と考えるに今年の10日が土曜日、それも3連休の初日だからでしょう。038
待ってゆっくり進んで山門から本堂(撮影禁止)へは足元の灯篭に導かれて上がっていきます。覚園寺は谷戸にて風が止まっていて、靄のかかった夜空に高くそびえる杉やモミジがシルエットで幻想的。
社務所でヤンの実家の先祖家族供養の「施餓鬼供養塔婆」に書いていただき、
先ずは黒地蔵さまを御参りして、岩を掘ったであろうノミの跡が残る十二仏やぐらへ御参りし、そしてお施餓鬼を受け取り「六地蔵尊」の前に並べる。

『覚園寺 黒地蔵縁日ようこそお参りくださいました。

8月10日は、黒地蔵さまが亡くなった方々のもとへ、参拝者の思い、願いをはこび届けてくださる日として多くの皆さまからお参りいただいております。 この日になくなった方のために、3年間施餓鬼(せがき)の供養をすると亡くなった方は必ず成仏し、私たちには無尽蔵の御利益を授かります。宗派を問わず、新盆お迎えになられる方、施餓鬼の供養を申し込まれる方は、千体堂特別施餓鬼受付まで申し込みください。施餓鬼供養の塔婆は、1基3,000円です。

参拝の順路は次の通りです。
(1)愛染堂 愛染明王さまは、私たちの欲望、煩悩を受け止めよりよく生きる力にかえてくださいます。まずこちらで参拝いただき、心清らかにして、地蔵堂にお進みください。
(2)地蔵堂 黒地蔵尊 本日の縁日のご本尊さまです。亡くなられた方々への思い願いをこめてどうぞお参りください。
(3)薬師堂 薬師如来さまは、心身元気でありつづける願いを叶(かな)える仏様です。一年の平穏無事、健康健勝をお参りいただき、安心して、ご帰宅ください。尚、特別施餓鬼供養を申し込まれた方は、施餓鬼受付までおもどりください。ご供養いたしました塔婆をお渡しいたします。その塔婆を六地蔵前にお供えくだされば、引き続き一年間、毎日覚園寺にてご供養続けます。

合掌』(覚園寺のHPより)

今年もお願いしますと手を合わせました。 
その後、本堂「薬師堂」の参拝しました。それほど広い境内ではありませんが、山門に戻って来たのは1時間半経っていました。
山門の縁日には何軒かの出ていますが、鎌倉農連市場の中にあるパン屋「パラダイス アレイ」の
kuro3
個性的な黒いパン、覚園寺と書いてあるそうです。
今年も御参りでき、なんだか心洗われて、清々しい気持ちで深夜の「黒地蔵縁日」を後のしました。

  
Posted by jun_uem at 17:08Comments(0)歳時記

2019年08月04日

夏を捕る

毎日暑い日が続いています。
3時過ぎ庭に出たらtonbo
タイガーカラーのオニヤンマを見つけました。

今年はセミの鳴くのが遅かった気がします。
そしてsemi
数も少なく、いつもの早朝からのセミの合唱が聞こえません。

シジミ蝶がひらひらcho
暑いのに舞っています。三時草が咲き始めました。

もう一つ、この夏の異変は蚊がいないのです。刺されるのは嫌ですがどうなっているのでしょうか?
  
Posted by jun_uem at 21:30Comments(0)庭花日記

2019年07月31日

この風を感じ この風景を見てきたのですね

藤沢の鵠沼海岸にある、映画と本とパンの「シネコヤ」で
tabi3
黒沢清監督「旅の終わり 世界の始まり」を見る
ウズベキスタンでのテレビリポーター役の前田敦子氏と番組クルーの思いが交差するというストーリーです。
まだ行ったことないウズベキスタンですが、友人の二組が訪れています。tabi2


下北沢在住のヘモ子&ヘモ太郎さんこと、
金子泰子・金子敦夫婦が2014年に旅し、二人のデザインユニットの「Blood Tube Inc」から「ウズベキスタン日記」を出版しました。013

この本を思い出しながら、「この風、この風景、この荒涼とした道、この食べ物、このオアシス、このホテルの朝食風景、この喧噪のバザール・・・・」を見たり、感じたり、食べたり、そして優しい眼をしたウズベキスタンの人たちと触れ合ったりしたのかなと?見ながら追体験をしました。エンドロールに「ウズベキスタン日記」金子敦 金子泰子を見つけた時思わずガッツポーズ!

その時のお土産に「アトラス」と言う、糸を紡ぎ、染め、織る752
日本の絣のような文様のスカーフを頂きました。

ウズベキスタンを訪れたもう一組は、芦屋在住のルンさん姉妹
2002年ともう17年前、「青いタイルのモスク?や一般家庭を訪問、バザール」の旅の話を聞かせてもらいました。その時のお土産「スザニ」
tabi4
娘がお嫁に行く時にとひと針ひと針刺した布。これは花がモチーフなのでしょう。
ヤンの布コレクションには、ウズベキスタンからの宝物の二枚があります。行きたくなりました。  
Posted by jun_uem at 21:04Comments(0)映画 演劇 展覧会

2019年07月27日

座る主役は変わりましたが、

わが家に中古の北欧家具の椅子があります。
これは66ca4af9[1]
2007年の春。懐かしいチーチンが座っています。

革張りなのですがa8b9cf76[1]
年代は?革がひび割れてきています。

夏の衣替えにカーバーを縫ったのですが、12年以上も使えば切れてきましたので、この夏作り直しました。
756
主役は「Mr.Harrods」に変わりましたが、肌触りが気持ちいい!

追記
今日の葉山一色海岸763
(12:21)なんだか懐かしい昭和の海水浴の風景がある。台風は來るのでしょうか?
  
Posted by jun_uem at 18:30Comments(0)マダムの雑記

2019年07月22日

レイに魅せられて

鎌倉のあるお店にこのレイが001
かかていました。聞けば「カーネイション」の花だそうです!

これを見て、「レイを作ってみたい」といろんな植物で試作しています。rei1
これはお隣のIさんの庭から切って来た花をつなげた、下は「麩饅頭」の笹。「ねこじゃらし」も面白い!
その話を尼崎在住のReyさんにしましたらtu1
Reyさんの庭の「柏葉紫陽花」をクロネコさんが届けてくれたのです。
細かい花を繋げたり、枝のままの花を付けたりしてリースにしました。
そうだと!近くの公園のプラタナスの木を伐採していてtu3
「鈴懸の鈴」を一枝もらってきたのがあったのです。yu2

このリースの鈴に付け、階段に吊るしました。階段に上り下りにこの下を通ります。いい事がありますようにと「幸運のRey」と名付けました。
  
Posted by jun_uem at 21:45Comments(0)庭花日記

2019年07月20日

もう少し太くてもオシャレかな

手持ちの帽子、ラフィアハットにリボンを巻いてみようと思いつきました。バティックの切れ端があったのでbo1
「帽子にバティックのリボンを縫いつけた」とヤンのファッションアドバイザーの芦屋在住ルンさんへLINEしました。
ルンさんから「良いね!元付いてた紐はとった方が良いかもね」ヤン「そうする」
bo2
ルン「布も、もう少し太くしてもオシャレかも?これは昨年買った帽子!これぐらい太い方が洒落てます」
ヤン「さっきより太いがどうかな?」bo3
ルン「えーのちゃう?この帽子テッペンが平らなんでしょ?ガラリと雰囲気が変わったのと違う?良いと思うよ」

このリメイクした帽子を被ってbo4
雨の晴れ間に柚木沙弥郎の「鳥獣戯画」展 神奈川県立近代美術館葉山へ見に行ってきました。

  
Posted by jun_uem at 23:14Comments(0)マダムの雑記

2019年07月18日

96歳の「鳥獣戯画」

雨の晴れ間に柚木沙弥郎の「鳥獣戯画」展 神奈川県立近代美術館葉山へ見に行ってきました。
               021

『染色家・柚木沙弥郎(1922〜)が民芸との出会いを機に染色の道を志したのは、終戦直後のこと。以後70年にわたる制作活動の原点はyu1
染色にとどまらず絵本や版画、立体作品へと表現の幅をひろげてきた柚木は、「用の美」の精神を受け継ぎながら、自ら出会う「もの」を見つめる・・・・』(パンフレットより)
       yu2

                 「トコ」(2004年) 「型染めタペストリー」(2005年)

「鳥獣戯画」は12mの長巻紙に描かれた蛙や猿に兎に鼠に蛇、琵琶を持ち眺めている梟fuku

クスッと笑ってしまう!これは今年97歳になる柚木沙弥郎氏が6月に描いた「鳥獣戯画」の原画と彩色画
他にも絵本の原画や型染布や立体など、どれも何とモダンなんでしょう

facebookでこの記事を見つけyu3
もしかして?ヤンの布コレクションの一枚藍型染めは?
        yu5
庭食亭日記を検索したら「春爛漫の贈り物」(2010・3・27)に境港出身のReinaさんからの頂きものは「ゆのきもよう」とあり「この布は絶版になった最後の一枚だと聞き、なんとなくラッキーな感じがしませんか?」と書いてありました。柚木沙弥郎の型染めです!真ん中に鳥がいるでしょ。ヤンの大好きな一枚です。嬉しい  
Posted by jun_uem at 22:27Comments(0)映画 演劇 展覧会

2019年07月16日

夏のウチごはん

沖縄在住のTokiさんから65836054_10214023120880700_5932690969378947072_n[1]
台湾のお土産がいっぱい届きました。
その中の「炙りカラスミ」を使ってkara
スパゲティとチャーハン。シェフのとんぼさん曰く「カラスミはこれでもかと沢山いれずほどほどがいい!」塩加減もカラスミの食感と独特の味もいい。

2011年2月に芦屋在住のルンさんと葉山在住の195さんと三人で行った奄美大島の「CASA夢紅(残念なことにもうありません)」ここで頂いたお料理数々は絶品でした。そのCASA夢紅のブログで桃の季節には必ず「桃とモッツレラのサラダ」が掲載されていました。
それを再現したく、桃の季節にはmomo
何回か作っているうちにこれだという味に。とんぼさんが「白ワインビネガー『FORVM』スペイン産のこれが美味しいからだよ」と云いますが・・・
モッツレラをちぎる、レモンの皮を薄く削る、レモン汁に白ワインビネガー、オリーブオイル、塩胡椒、」これにキッチンガーデンのタイムとマジョラムをトッピング! や生ハムとアレンジ

テレビで「夏の新蕎麦ベスト・・・」の紹介された蕎麦のメニューから
この中で今年は少し寒いのでmen1
「スダチの温麺」
今日のお昼はmen2
「茄子と南京の揚げびたしの温麺」

まだこれらを参考に
soba
この夏は新作に挑戦  
Posted by jun_uem at 13:51Comments(0)いただき物日記

2019年07月07日

映画とパン

久しぶりに横浜の映画館「ジャック&ベティ」へ
『ラストタンゴ・イン・パリ』008
朝一番の上映を見に行く。
『ラストタンゴ.イン.パリ』デジタルリマスター版
実は47年前、20代の時ハワイのホノルルの映画館で見ました!
英語とフランス語が飛び交って、人間関係がさっぱりわからなかった。
それでその後、日本で上映されたのを見に行きました。
その頃、映倫がうるさくて、見せてはいけない所は照明器具で隠された(とても不自然だったが)
ストーリは何にも覚えていなく、新たな気持ちで見ることができた。
中年役のマーロン.ブラントが若い!
パリの街角のカットもアングルも渋い!
そしてノーカットのヌードが美しい!時代を感じます。

この映画館から徒歩5分の所のパン屋「こねるねこ」があります。
koneko
今日は七夕、オリーブの木に『こねるねこ』の短冊
調理パンやおやつパンを、買いました。
コーンスープとトマトと紅茶で美味しくて贅沢な家ランチをいただきました。
「粒あんのこねるねこ」ちゃんには髭も愛嬌もありますよ!
パン屋の主のかねこねこさんは、一人でパンを焼き販売もしていますが、パンにはクスッ笑ってしまう楽しさがあります。
映画とパン屋さんのセットで楽しみな横浜黄金町。  
Posted by jun_uem at 16:08Comments(0)映画 演劇 展覧会