2020年09月18日

正しい過ごし方

小田急線「藤沢駅」で葉山195さんと待ち合わせして、小田急江ノ島行きに乗り二駅「鵠沼海岸」で下車し、商店街にあるhcine1
パンと本と映画の「シネコヤ」へ。入り口の受付でcine2
映画のチケットとパンとコーヒーを買って、好きなところでランチしました。葉山195さんも「シネコヤ」も久しぶりです。周りの本棚には映画やいろんなジャンルの本や小物がsine3
チラチラ見ながら、見たい映画の上映時間は13:40までゆったりと、葉山195さんとは積もる話がいっぱいありました。
cine4
ここは元写真のスタジオだった建物です。映画は二階の元スタジオの重厚な空間にいろんな椅子やサイドテーブルがあり、コロナの配慮でゆったりした間隔のまるで応接間のようなシアターです。hhcine6
今日は38歳のキム・ボラ監督の少女時代の体験からのストリー『はちどり』は韓国映画としてはとても静かな時間と画面が流れました。
(スクリーンの映像はパンフレットと合成しました)
パンフレットに「はちどり」も話がcine7
メキシコのオワハカの旅から連れ帰ってきた我が家の
「ハチドリ」です。世界で最も小さな鳥でありながら、その羽根を一秒に80回も羽ばたかせて蜜を求めて長く飛び続けるハチドリは、希望、愛、生命力の象徴とされている。その姿が主人公の少女ウニに似ていると監督は思ったそうです。
一度ゆっくり気ままに、映画見て、美味しいパンとコーヒーを飲んで、興味のある本を探して、一日をこの「シネコヤ」で,贅沢に過ごしてみたい。
  
Posted by jun_uem at 20:43Comments(0)映画 演劇 展覧会

2020年09月16日

待ち続けたプル子ちゃん

芦屋在住のルンさんからpuru
育てているプルメリア愛称プル子ちゃんの枝が2年前の4月にpuru6
送られてきました。
「ヤンさん、一日水につけ、一日乾かすところまでやってあります。あと数日乾かして、同封のルートン(挿し木の発根促進剤)を切り口に塗って植えてみてください。今年は花が咲かないよ」
プルメリアの言い伝えに
プルメリアはハワイで、5枚の花びらは『ALOHA』の意味がある」芦屋のルンより
その当時のルンさんちのプル子ちゃんは37ede960
よく咲いたそうですが、今年は花芽がないそうです。

冬は室内に、夏はデッキに出して待ち続けること二年。今年は我が家のプル子ちゃん、デッキに出すとpuru1
葉っぱがぐんぐん伸びてきました!
8月に入りpuru2
花芽が!
毎日まだか、まだかと、そして9月に入り9日無題
つぼみが!!!
10日に咲きましたpuru4

今日のプル子ちゃんpuru5
微かにハワイの匂いがします。花がぽとりと落ちたら水鉢へ
I LOVE PURUKO『ALOHA』 ハワイへも行きたいな




   
Posted by jun_uem at 21:16Comments(0)庭花日記

2020年09月14日

fooの忘れ物

fooちゃんが忘れたワンピースがfu
風に揺れています。なんとカワイイワンピースでしょうかfu2


昨日葉山在住のtotoさんとfooちゃんとママのソメオリさんが遊びにやってきました。fu1

fooちゃんは2歳7か月になりました。今は「これは何?」とすべてに興味津々
今日の足元はfu3
地下足袋となかなかのスタイリングです。  
Posted by jun_uem at 14:44Comments(0)マダムの雑記

2020年09月11日

日々雑記 バラとスイカ

お隣のもみじの木の下の赤いものが118957709_10217389333193904_3046703311255707252_n
なんだろう?と気になっていました。近かづくとなんと!118933486_10217389333393909_6453978046170370463_n
真っ赤なバラが一輪落ちています。よくよく見ると!「これは?」119010038_10217389333673916_8278685383517247571_n
Uさんちの入り口の花のポットの薔薇でしょうと挿しておきました。だってこの薔薇がイミテーションで、この花のポットの花はどれも水もいらない、枯れない花たちなのです。

ご近所のJunkoさんちに生後7ヶ月のDanが遊びに来ていると聞いて、会いに伺いました。目が澄んでそれはそれは可愛いDanですが、ヤンはこの洗濯ものにdan1
「なんとスイカ柄のロンパス?」するとDanのママが「見つけたのです!種の中に蟻がいるのを」dan2
確かに蟻がいます。
このスイカのロンパスを着ているdan3
Danです。  
Posted by jun_uem at 20:14Comments(0)

2020年09月07日

「ヤン食堂」も準備中

韓国バラエティー番組「ユン食堂」
この番組を知って、毎日曜日がどれだけ愉しみか、スペインのカナリア諸島小さな村ガラチコに韓国食堂を開くyun1

俳優のパクソジュン他3名が地元や観光客にどれだけ韓国料理が受けいられるか、実験ドキュメンタリーバラエティー番組
それが俳優の演技でなく地のままで、見ていて会話や接待がなんとも心温まる後味の良い番組なのです。

「ブルコギビビンバ」
yun2
ほうれん草、人参、キノコ(マシュルーム?)、玉ねぎ、ズッキニーをそれぞれ湯がいたり、炒めたりしたナムルにお肉はよく炒め調味料「ヤムナムジャン」に絡めて、器にご飯(昆布と煮干しのだしで炊いた)の上に乗せ目玉焼きも、ゴマ油とゴマで仕上げる。観光地にていろんな国の人が、特に東欧やロシヤの人が多い。
「ヤン食堂」の「ブルコギビビンバ」yun3
のナムル4種は生活クラブの消費材ですが、なかなか美味しいのです。
見ていると結構ベジタリアンの人もいて、その時は「ベジタブルビビンバ」を注文し、お肉の代わりに揚げなのです。

「チャプチェ」
yun3
まだこのチャプチェは食べたことがありません。メニューには春雨は「ヌードル」と書かれているようです。
「ヤン食堂」は118472414_10217318603265700_2035469230856430098_n
これは春雨で作ったチャンプルです。でも薄焼き卵は黄身と白味に分けて焼いてみました。
地元のスペインの夫妻のyun9
の会話に、妻「オムレツの卵のように黄身と白味に分けたのね」夫「きれいに見せるためだろう」

「キムチチジミ」
メニューにキムチとツナのパンケーキと書いてあるみたいですがyun6
少し辛いがみんな美味しいと!
「ヤン食堂」の「キムチツナチジミ」yun7
よく焼くのが美味しいコツだと思います。

今まであまり、韓国料理を食べる機会がなく、でもこの番組を見ていると、ビビンバのご飯は昆布と煮干しのだしでご飯を炊く。料理の野菜を一つづつ丁寧に料理し、肉とのバランスがいい!キムチも発酵食品!どれも野菜がたっぷりなヘルシーな料理と気が付いたのです。
yun8
そしてほとんどのいろんな国のお客さんは、みんな初めての韓国料理を口にして「美味しい!」と気に入っていました。
かなわぬ夢ですが、「ユン食堂」へ行ってみたかった。
  
Posted by jun_uem at 23:43Comments(0)映画 演劇 展覧会

2020年09月05日

あいが大好き

ヤンの大好きな鎌倉のギャラリー「UMI招山」からsyo
「Travel Report 2020 CALICO + maku textiles」の案内を頂きワクワクしながら待っていました。
「CALICO : the ART of INDIAN VILLAGE FABRICS  インドの手仕事の世界
現地の職人たちと共に、インドの村々で営まれてきた昔ながらの手法にこだわり、
カディやジャムダニ、カンタ、アジュラック染、原種コットンや羊毛の織りなどの布を
現代の伝統として手がけ、未来に伝える活動をしています。」(UMI 招山由比ガ浜のHPより)
ヤンはインドの布カディKHADI(マハトマ・ガンジーが反英独立運動の時にも、自ら紡ぎ、織ってそれを纏っていた)の手織りの布が大好きなのです。
4日のお昼から、車で出かけましたが、それはそれは暑い日で車の外気温が35度です。「UMI招山」は由比が浜海岸の滑川交差点から鎌倉八幡様へ向かって直ぐの一本入ったところにあるsyo1
建物です。
オーナーの渡辺さんは何とも不思議なオーラーのある物静かな方です。syo2
この建物は故朝井閑右衛門敷地と建物も庭も趣があり、
開かれた扉から爽やかな風が流れて行きます。syo3
そしてカラフルな染められた洋服やカンタの刺された袋物にストールなどインドの風を感じるのです!今回は行く前から藍染めのチュニック丈が欲しいと思っていました。コロナの自粛生活でどこにも出かけていません。だからせめて家にいるとき心地よい洋服で過ごしたいのです。そこでこの「CALICO」の小林史恵さんがいろいろ提案してくださり、syo4
このチュニックが気に入り一目ぼれしました。と言いますのも襟周り、袖、ポケット、裾周りとチクチク(インドではカンタ)手縫いしてあるのに惹かれたのです。人のぬくもりがあります。嬉しい出会いでした。  
Posted by jun_uem at 20:56Comments(0)映画 演劇 展覧会

2020年09月04日

こんなにうまくいくなんて!

9月に入りましたが、いつまでも暑い!

玄関への二段の上り口の前にko2
「ぜにこけ」が生えています。この苔は可愛くなく、地面にに深く張り付いて広がり、見栄えが良くないため、雑草として嫌われることも多い非常に除去しにくい「ぜにこけ」
調べたら「食酢」で除去できると知り、一本買ってきて半分まいてみました。見事に枯れました。よしよしと無題
残りをまいてみて、除去に成功。
庭には除草剤など使いたくないので、それに食酢は安いのがいい。  
Posted by jun_uem at 18:28Comments(0)庭花日記

2020年08月30日

今日の見開き

朝日新聞朝刊の見開きに
         118415227_10217305333093954_7105245835384027924_n


あしたのジョーの戦いきった姿に「Thanks.」と「としまえん」
明日で歴史に幕を閉じる「としまえん」寂しいねー

子供の頃の宝塚ファミリーランドも阿倍野近鉄百貨店の屋上の遊園地も阪神パークもみんななくなった!
  
Posted by jun_uem at 22:45Comments(0)情報発信

2020年08月28日

庭を舞う蝶

ヤンは新聞や本やテレビやネットを読んだり見たりしていて、琴線に触れることが多いのです。
今回は、朝日新聞「ひととき」に118460946_10217292291527923_1946308108867062598_n
投稿されていた「庭に現れる蝶に」
(柑橘を好む黒ハゲはが飛び交い、姉が蝶を見て言った。「黒アゲハは死者からの使いと言われている」)
これを読んで、私の父が2000年10月に亡くなった次の年の春、父の部屋から見えていたレモンの木辺りから飛んでくる、黄色のモンキチョウがヒラヒラと舞っていて、「あ!父がここにいる!」と思ったのです!毎年ヒラヒラ舞っています。この思いは何人かの人に話しています。
118227651_10217292291447921_1634028144805772329_n

2015年10月に母が100歳3ヶ月で亡くなりました。
母の部屋の前には本柚子の木があり、黒アゲハが今年も舞っています。母がいると思うと嬉しくなりました。  
Posted by jun_uem at 20:31Comments(0)マダムの雑記

2020年08月27日

またどこかで会えるかな?

朝日新聞夕刊に118274845_10217278745429279_7356996762344256831_n
としまえんの「回転木馬」(世界最古)
今月閉園の「としまえん」に愛され49年「回転木馬」が朝日新聞夕刊に掲載されています。
3年前の2017年11月中野区在住のインコ郎君6歳のお誕生日祝いはこの「としまえん」で一日遊びました。me1

初めてでしたが、このメリーゴーランド「回転木馬」の存在にノスタリジーを感じました。meri2

1907年ドイツで誕生。手彫りで作られた馬や動物の表情が一つづつ違う。ヨーロッパの各地を巡業したが、世界第一次大戦前にニューヨークの遊園地で多くの人に愛されたが、不況で閉園し、倉庫に。その後69年「としまえん」が購入し日本にやって来た。こんな物語のある「回転木馬」
まだ閉園後は行き先は未定。
ヨーロッパやアメリカの本を読んでも、映画でも移動式遊園地には必ずメリーゴーランドがあります。

今日の朝日新聞朝刊の「ひと」118233880_10217284935424025_1629579027848194996_n
に、としまえんの遊具整備を36年間担った佐藤誠氏が「苦楽を共にしたエドルラルド(回転木馬)は解体されて、倉庫に眠ることなる。だが夢がある。いつかまた組み立てられて、どこかの遊園地で回る姿に再開した」
「としまえん」の閉園は寂しですが、どこかでまたこの「回転木馬」に出会うことを願っています。

  
Posted by jun_uem at 13:25Comments(0)マダムの雑記

2020年08月25日

西から東から花だより

ヤンには二人の植物博士がいます。
西の植物博士は、尼崎在住のReyさん
7月12日はな2
「今年初和綿花が無事に咲きました」「綿の実が割れて白い綿が!嬉しい(8月16日)」「11個収穫しましたが、今年は早いかな?テレビ見ながら種取していたら二の腕が痛いよ(8月21日)」
Reyさんは種から和綿を育てて、綿の種を取り、綿を叩いて繊維にし、糸を紡いで、織機で布を織り、バッグを制作します。時には編んでベストも作りました。
ヤンも2019年1月旅したルアン.パパーンで『綿から紡いで織りまでのワークショップ』に参加しましたが、短時間ではマスターするのは難しい。

はな3
「諦めていた月桃が二本咲きましたよ(7月19日)」
我が家にも、尼崎からやってきた月桃がありますが、残念なことに今年も花が咲きません。

118117791_10217273525098774_2187267752717806005_n
「玉のかんざしが咲き始めました(8月22日)」

西の植物博士は、葉山在住の195さん
はな1
紅蜀葵(こうしょっき)咲きました。モミジアオイとも云いますが母からこう教わりました。懐かしい花です。(8月25日)
なんと妖艶な赤なのでしょうか?

ヤンの初めて咲いた花は、芦屋からやって来たプルメリアが一輪咲きました。118062979_10217273526138800_3605510091959370271_n
この話次にします。




  
Posted by jun_uem at 22:31Comments(0)庭花日記

2020年08月21日

自粛中の私への贈り物

鎌倉の雪ノ下にある「fabric camp」
先日このお店にインドの布を探しに行った時、小夏さんがつけていたba1
(画像はお借りしました)このブローチに目が行きました。そして一目で魅せられたのです。
聞けば、21日から「大バッチの夏まつり」があると教えてもらいました。
早速初日のfabric campへ、お店の壁にユニークなバッチが!
案内には(バッチを作り続けて10年、年々サイズが大きくなります。もう何が正解なのかわからなくなってきました。・・・・とにかく私の作るものを面白がりつづけている鎌倉の夏の女小山小夏さんです。・・・)ba2
どれもユニークで温かみのあるバッチの中から、ヤンはこの藍の糸の長いバッチに引き寄せられました。作者の綾子さんや小夏さんが提案してくださいます。腰でも、お尻でも背中の背守りでもおもしろいじゃないですか?
早速ブラースに付けて帰ってきましたが、なんだか幸せなオーラに包まれたのです。
かえってトンボさんに披露しましたらba3
「ネクタイみたいだね」と一言
ba4
頭は遊牧民族がラクダに付けた飾り、真ん中は「モン族」が着て着て最後に藍に染めた服の一部、この糸は古い布を一本ずつ解いたものですと教えてもらいました。40cmの長さ。作者の綾子さんは書いてます。(大バッチです。バッチですが、バッチと思わず、壁とかバッチをかけるようなおおらかなきもちで。)バッチの中には金属で「これは重いのよね」とか「これは刺繍の布の裏が面白かったので」と一つ一つに思いがあるのです。
しばらく壁に飾って眺め、これをつけてマスク外して出かけられる日が早く来ますように。
  
Posted by jun_uem at 21:52Comments(0)マダムの雑記

2020年08月20日

へーそうなんだ!

この暑い夏日に部屋を軽井沢(エアコン)にして暮らし、庭のアゲハやシジミ蝶をひらひら舞っているのを眺めています。7月の涼しかった日にせっせと雑草を抜きましたが、この暑さにあっという間に茫々と生えています。
za1
「ねこじゃらし」ガラスの花器に入れてみました。なかなか野生的で涼しげで気に入っています。この「ねこじゃらし」をネットで調べたら,
エノコログサ・・・エノコログサ(狗尾草、学名:Setaria viridis)は、イネ科エノコログサ属の植物で、一年生草本である。ブラシのように長い穂の形が独特な雑草である。 夏から秋にかけてつける花穂が、犬の尾に似ていることから、犬っころ草(いぬっころくさ)が転じてエノコログサという呼称になったとされ、漢字でも「狗(犬)の尾の草」と表記する。ネコジャラシ(猫じゃらし)の俗称は、花穂を猫の視界で振ると、猫がじゃれつくことから)Wikipediaより   猫でなく犬だったのです。
za2
「藪ミョウガ」も白い花が咲いています。この後瑠璃色の球体になるのです。つゆ草も!
za3
今年初めて咲いた気がしますが、調べてもただ「白い蘭」としかわかりません。
za4
この花は「ルツボ」かな?
雑草という草はなくみんな名前があるといいますが、つゆ草や三時草などは活けても花はすぐ閉じてしまいます。自粛中の今は小さな世界で愉しみを見つけて暮らしています。

追記
東の植物博士の葉山195さんから
白い蘭は「ノシラン」去年鎌倉の川喜多記念映画館へ行った時、見つけてお互いに帰ったら傍に咲いていた!(そのことはもう忘れていました)
それから、もう一つは「ツルボ」だと思います。「ルツボ」にも似ているけれど。教えて頂きました。ありがとうございます。  
Posted by jun_uem at 12:36Comments(0)庭花日記

2020年08月17日

紫陽花が色あせる前に

土手の紫陽花がa1
だんだんドライになっていきます。これもまた秋色とa2
「花冠花器」に活けてみました。

夕方裏の公園で面白い枝を見つけa3
頂いた「ゴッホの向日葵」のドライとリースにしてみました。今年は長い間紫陽花を楽しみました。  
Posted by jun_uem at 22:24Comments(0)庭花日記

2020年08月14日

こんな色なのかな?

昨日夕方ピッカと光が!そして雨が降ってきました。各地でゲリラ豪雨とニュースで報じていますが、シャワーぐらいの雨量でやみました。そして南の空にもyu1
(18:41)西の空も赤い夕陽がyu2


facebookのある方の記事に「梅ネヅミ(梅鼠)と言う空の色だそうです。 」とその方の東京の窓からの夕日が!
「梅鼠色」(梅鼠(うめねずみ)とは、紅梅の花の赤みのある薄い鼠色のことです。 梅の語は紅梅の花に由来する赤みの形容で、伝統の色)
無題
この色なのでしょうか?にほんの色の名付け方はなんと奥が深いのでしょうか?  
Posted by jun_uem at 13:48Comments(0)情報発信