2018年09月26日

ありのままでいくか?美容にかけるか?

葉山在住のtoto&fufuちゃんが13日から沖縄へ旅行し、昨日13日間を満喫し、羽田に帰ってきました。
本人より早く届いた
土産1
青いバナナにパイナップルに緑のパパイヤ?と思っていましたら「キッツマンゴー」というそうです。バナナは熟して少し酸っぱく、そして甘くて私の大好きな味。このキッツマンゴは初めて食べましたが、あのアップルマンゴより味が濃厚で口の中にいつまでも甘い香りが残る美味しいさ!これは高級果物だそうです!
ヤンは樹木希林の言葉「ありがまま」をこれからの座右の銘にしようかと思っています。
しかし、ソメオリさんから「これ美容にいいそうですよ!」と「Butterfly Pea」の茶を頂きました。土産2
(今 注目の”青いお茶”バターフライピーは、沖縄の太陽の恵みとミネラルたっぷりの大地で育ちました。原産国タイは、昔から美容のために飲まれています。)
青いお茶ですが、味はありません。このタイ原産マメ科の植物と訊いて、タイのプーケット在住のスーさんのお土産の花を思い出しました。土産3
この赤いにマメ科の花の名前は分かりませんが天麩羅にして食べたそうです。2009年12月

そしてtotoちゃんからは
みやげ4
沖縄のミルクの神様のブローチとバナナの手紙です!これはヤンの神様として肌身は出さず持っています。ありがとう  
Posted by jun_uem at 15:42Comments(0)

2018年09月23日

沖縄便り 友達家族と伊江島trip

13日から、沖縄旅行中の葉山組toto&fufuちゃんたちの様子がしびれさんのfacebookに掲載されます。
今回はsima1
伊江島へ行った様子があまりにも愉しそうで・・・
しびれさんの22日のfacebookより
「友達家族と伊江島trip
沖縄本島から近いのに離れ小島の時間が流れる美しき離島
本部港から往復僅か1370円で行けるのも魅力です
宿屋は前回同様同じ沖縄県立芸大出身の金城夫婦が営む沖縄のガウディ建築casa vientoに一泊
http://casaviento.info/
前回の旅の投稿で同じ高校(横浜県立富岡高校)の女の子が伊江島のダイビング&ペンションを営むIEアイランドに嫁いだ事がわかりお会いできて嬉しかったです。
http://www.ie-island.com/
息子さんが沖縄県の子ども相撲の横綱に輝いたほどの腕前だそうで、その昔海の家恒例相撲大会の横綱であった私としては次回は、是非一番胸を借りたいものです
伊江島はいいぞ〜
シュノーケルに釣りに登山にビーチパーリーといっぱい遊んだね
旅もあと数泊。。
すでに離れるのが淋しくてうるるん滞在記。。。」
その高校の同級生sima2

沖縄本島から伊江島trip
sima3

金城夫婦が営む沖縄のガウディ建築casa vientoに一泊
sima5

casa vientoに一泊
sima6

釣りに島

登山に
sima7

ビーチパーリー
ima9


行って見たいと思いませんか♪♪ ヤンは行って見たくなりました。  
Posted by jun_uem at 21:39Comments(0)

2018年09月21日

沖縄の香りが!プンプン〜

沖縄に遊びにいてる葉山在住のtotoとfufuちゃん一家
昨日大きな段ボールが届きました。開けると
oki1
出てくるは、出てくるは!
沖縄バナナに青いマンゴー、パイナップルにシークワンサー、そして森のアイスクリームと言われるアテモヤ
部屋いっぱい香りが満ち満ちてます!

9月13日羽田を出発oki2

先ずはとんぼさんの糸満市在住の兄夫妻syu&tokiの家へoki3
屋上にジャグジーが!海が一望と最高のロケーション
oki4
古座では顔出しパネルで記念撮影!fufuもtoto決まっているな

ソメオリさんの母は沖縄出身の藤沢在住サブちゃんママ
ソメオリさんの祖母、totoとfufuの曾祖母に会いに敬老の日に行ったそうです。
oki4
(93歳?)
その様子をしびれさんがfacebookに
「敬老の日9月17日
金武町出身の義母の母の娘の大ばあちゃんに逢いに行きました。
相変わらず大おばあちゃんはにこにこでなにより。
そして後で義叔母に聞いたのですが、大ばあちゃんの向かいに座っていたホームで一度も笑った事を見た事のないおばあちゃんが次女の笑顔で笑ったそうです。
さらにホームの職員さんから長女次女の笑顔に娘一人づつに投げ銭を千円づついただきました。
その後大ばあちゃんと故大じいちゃんの血を受け継いだ家族のビーチパーリーに参加さしていただきました。
島の人々の子供を愛する心と大らかさには頭が上がりません。。
旅は続きます」
ソメオリさんには沖縄の親族「いとこ会」があるほど大家族
oki5
家族のビーチパーリー(沖縄の人は海は眺めるもの、親族や友人が海岸に集まり、バーベキューした浜辺で踊ったり、運動会して親睦を深める)
oki7
totoちゃんも参加して棒取りをしています。
しびれさんとソメオリさんは沖縄県立芸大出身にて、共通の友人も多く友を訪ねて友好を深めているようです。25日に羽田に帰国しますが、みんなニコニコしているでしょう。
  
Posted by jun_uem at 16:04Comments(0)

2018年09月16日

前から読んでも後ろから読んでも

横浜の京急線黄金町駅のすぐ側にパン屋さんが13日にオープンしました。
そのお店は横浜の映画館「ジャック&ベティ」からも近いのです。
14日見たかった"ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス”の最終日17:30上映にて、その前にパン屋さんへ
そのパン屋さんの名前はねこ5
「こねるねこ」
マルチデザイナーのヘモグロ夫婦こと金子敦さんの弟さんのお店です。
ねこ1
夕方だったのでお店の前に立ったら「終了しました」の看板が、でもねこ2
ブラインドの隙間から店主がコネコネしている姿に、扉を押して「コンニチワ」
目の前には焼きあがった食パンがねこ3
なんと美味しそうなんでしょうか!
ねこ4
食パン・カレーパン・オリーブパン・トマトパンがgetできました。優しい店主が「ロゴもこのネコのハンコも兄が作ってくれました」
帰ってすぐにカレーパンとオリーブパンをかじりました。
次の日のお昼はパン5
ベーコンとキャベツの卵の巣ごもりとシーチキンとプチトマトとキュウリのサラダに、食パンのトースト
生地がしかりしていて、甘くなく大人の味のパンとヤンは「こねるねこ」のファンになりました。
「このお店は
一人で焼いて一人で売るをコンセプトにかんがたお店です。
焼きながら売ることはできませんのでこめんねー。店主」こんな可愛いお店なんです。
これからパン屋「こねるなこ」でパンを買って、映画見てと、黄金町での愉しみが増えました。
  
Posted by jun_uem at 10:11Comments(0)

2018年09月15日

アディオス ソンは受け継がれて

キューバ1
横浜の映画館「ジャック&ベティ」へキューバ
"ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス(2016年制作)"を観る。
2000年”ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(1998制作)”を澁谷スペイン坂近くの映画館で観ました。
あれから18年あの時の"B・V・S・C"のパンドのメンバーは最後まで演奏し歌いアディオスと次の世代にバトンタッチ した。キューバのソンは歌い継がれる。

キューバと言えば
甥のtetuちゃんがサルサバンドでベースを弾いていて、今年もキューバの音楽祭に行きました。
2005年風来坊Rことしびれさんがアメリカからメキシコそしてキューバへバックパッカーの旅に出かけていました。
そして「キューバのSantiago de Cubaです」と葉書がきました。
そのブログをここの再記します!
2005年5月27日
風来坊Rから、便りが来た!!!
キューバ3
キューバでtetuちゃんを見つける!!
一ヶ月以上、音信不通だった我が家の風来坊Rから便りがありました。
「Hola,familia.como esta? 今,キューバのSantiago de Cubaです。音楽がいっぱいでかなりいい感じです。ミュージック・スポットに行ったら、なんとtetuちゃんの写真が、お店にかざってありました。一人だけあさっての方向むいていておかしかった。6月には帰るつもりです。chao!!」と絵葉書がきました。Rは1月12日に旅立ち、ロスからバスでメキシコへ。ティファナ〜エンセナダ〜ラパスとを南下して、カルフォルニア湾を渡って、メキシコ・シティ〜カンクンへ。4月3日に「ima Mexico cancun desu iyoiyo Cuba ni watarimasu」とメールが来て以来の久しぶりの豚児からの便りです。(注・この時代キューバのネット事情がほとんど悪くつながらい)マダム・ヤンはちょっと心配していたのです。ほっと一安心です。

隣に住んでる甥のtetuちゃんに葉書を見せたら、「その写真あるよ」と見せてくれました。tetuちゃんはサルサバンドでベースを弾いていて、毎年3月Cubaの音楽祭に参加しています。写真の飾ってあったそのお店はSantiagoの「カサ・デ・ラス・トラディシオネス」と言うお店で、音楽家や詩人の写真が壁面にいっぱい飾ってあるそうです。外国人の写真はポール・マッカトニーと僕たちだけと自慢していました。
異国の地で従兄の写真を見つけたなんて、ちょっとドラマです。  
Posted by jun_uem at 11:30Comments(0)

2018年09月08日

桃源郷と旅人

最近のお気に入り、藤沢の湘南台図書館フンザ1

旅の本コーナーでフンザ2
「フンザにくらして」文山田純子・俊一 絵山田純子の本を見つけました。「フンザ」という地名は宮本輝著フンザ7
を読んで、カラコラム渓谷の中に閉ざされた村の桃源郷の「フンザ」を知りました。
フンザ3
「フンザ」はラカポシとウルタルとデイランの7千メートル級の山のトライアングルにある。今はパキスタン領であるが過去には「フンザ王国」があった。
この「フンザにくらして」の本と。ふんざ
宮本輝著「三千枚の金貨」を借りてきて読んでいたら、主人公がシルクロードを旅した話に「もう一つ忘れられないのがフンザの旅なのですね。・・・・フンザはパキスタンの北西部のカラコラム山系の中にある小さな村です。世界最後の桃源郷と言われて、その名のとおり、桃の花が咲き、あんずの実を付けた大木がありらこちらにあり、人もヤギも同じ屋根の下で暮らし、百歳以上の老人が元気に鍬や鋤で畑を耕している美しい村です」(三千枚の金貨)より

「フンザにくらして」
フンザ5
著者は書いています。「村は 当初私たちが望んでいたとおりの桃源郷だった。…村の住んでみて都会育ちの私たちには、村の生活はきついモノだった。電気も水道も・・そして人間関係は親兄弟親戚などの土地や恨みや争い。そして現金収入や近代文明を求めて出稼ぎや村を離れる人も。暮してみての現実です。
桃源郷があるならば、それは旅人が見た村の風景や夜の満天の星と音のない世界に時折響く雪崩の音。

この本を読んで、葉山町下山口に住んでいた30年以上前の
下山口の奥に梅の古木が一本ありました。そこへ行く道がなんとも味わいのある田舎道でした。ある日その道がアスファルトで舗装された時、そこに住む人に「前の地道好きだった」と話したら「雨の日は長靴履いて出かける生活から抜け出したのよ!」言われたことを想い出しました。  
Posted by jun_uem at 14:19Comments(0)

2018年09月05日

モラは我が家の守り神

昨日の朝日夕刊に「MOLA」展覧会(タバコと塩の美術館)が目に飛び込んできました。
mola1
「MOLA」パナマの先住民クナ族の衣装と意匠
「MOLA」とは、パナマの先住民クナ族が作る民族衣装です。「MOLA」には描かれたカリブ海岸の自然やクナ族の生活がモチーフ
わが家のテレビの上の壁に、額装した「MOLA」が見守ってくれています。
mola4

猫?の女神は品格があり歴史もありそう。
このパナマの「MOLA」はサンプラス諸島からの贈り物
2011年にとんぼさんが滞在していたプーケット在住Mr・Yosiさんちのマダム・スーさんが素敵なお土産をヤンにととんぼさんに託してくださいました。
「Yan san
This "MOLA" I had got from Kuna Indian in San Bulas Islands,
San Blas is the group of Islands in Panama in the caribbean sea side・・・
 We were there in 2003 on our sailing around the world voyage to the south
pacific ocean through Panama.
   スー Phuket tue・15・2・2011」
mola2

タイのプーケット在住のYoshi&Suさんは当地からカタマランのヨット「Sun Fish傾罅廚農こΠ貅の航海に出ました。10年もかけて、10年前にプーケットに帰還しました。
その航海中、パナマ運河のカリブ海側のサンプラス諸島でこの「モラ」に出会ったそうです。
マダム・スーさんの「モラ」コレクションの中から一枚をヤンにと頂きました。
モチーフは猫?豚?いやインカの神様ではないでしょうか?
モラは布の上に布を貼り付け、切って、まつり、模様にしていく。
趣向を凝らした手法はとっても魅力的です。mola3

大切な人から人へと渡ってヤンの手元に届いた女神です!




  
Posted by jun_uem at 12:01Comments(0)

2018年08月31日

2018年8月31日

珍しく6時に目が覚め、居間の椅子に座りテレビもラジオも付けず、早朝の時間をボーっとしていました。asa1
7:11 玄関の西の窓から朝日が差し込んできました。asa2
東の靴箱にハートのシルエットが映し出されたのです!この赤いハートのオブジェは昔芦屋在住のルンさんからの頂き物。
なんか嬉しくなり、早起きのルンさんにLINEで写真を送りました。
返信asaake
「ハートのシャドー素敵だね!それがマタマタなんだけど、私も今朝5時30分に目が覚め、ブラインド越しに夜が明けるのが素敵で写メ撮ったの!同じ朝に同じことしていたのね」そうなんんです。夜明けと言う言葉は久しぶり。

テレビで今年のサンマは豊漁と聞き、今夜は初秋刀魚sanma1
一匹250円也
sanma2
美味しゅうございました。

こうして2018年8月は終わりました。平成最後の夏かな
  
Posted by jun_uem at 21:00Comments(0)

2018年08月21日

韓国伝統の麻布を眺めてて

ハナちゃんのママから頂いた、韓国の麻布(108cm×32cm)
シャキッとした繊細な手触りです。頂いてしばらく眺めていました。jyou1
ポジャギ(韓国のパッチワーク)は難しそうななので。そうだ!
yumi1
布作家の早川ユミさんの『ちくちくワークショップ』に3回参加しました。2011年5月「ちくちくシミーズ風」2014年7月「旅するカバン」そして今年の5月「わくわく 縄文ポシェット
jyou2
ちくちくで縄文式ブラースを縫おう!
32cm幅で108cmを半分に切り。裾は三つ折り、脇は伏せ縫いをちくちく。縄文ポシェットの方式で前と後ろは刺繍糸でちくちくかがり縫いをしてみました。jyou3
これを着て出かけるところはあそこしかありません。

余談
昨日ニュースステーションを見ていたら、jyou4
スポーツコーナーで元水泳選手で今はスポーツキャスターの平川綾さんが着ていたピンクのブラース、この縄文ブラースにオーガンジーの袖を足せば同じ?  
Posted by jun_uem at 12:12Comments(0)

2018年08月18日

プチ夏休み

先日カーラジオで聞いた話
「今映画『カメラを止めるな!』が面白い!見てきたが内容は言えない。でもこの映画アートシアター系映画館でしているが満員の観衆で、終わったら思わずみんなが拍手をした。」
うん?なんだ!この映画を見てみたい!と調べると横浜の映画館「ジャック&ベティ」で上映
今年の夏の猛暑は、家でクーラー(我が家では軽井沢する言う)を付けでボーっとしていることが多かった。
昨日、映画をみて、お昼も夜も外食して「プチ夏休みだ!」
別財布に一万円を入れ、これで二人で遊べるかな?

お昼は橋を渡った川向こうの「京寿司」へpm12:45プチ1
ヤンは「バラ散し」とんぼさんは「握り大盛り」
家に帰って高校野球観戦したり、昼寝したり
pm4:00車で横浜へ
プチ2
pm17:11 横浜中区若葉町にある、横浜シネマ「ジャック&ベティ」でチケットを買う。上映2時間40分前なのに整理番号60と61
時間があるので、久しぶりに横浜中華街へプチ6
中華街は外国の観光客など賑わい、工事用スタンドのパンダがここでは似合っている。
プチ3
路地の奥にある「徳記(トッキ)」は何年振りでしょうか?お店を覗いたらちょうど17:42に開店と言う。プチ5
・蒸し鶏と葱の坦々麺・焼豚焼葱油涼麺・春巻き・自家製手打ち麺が程良くかみごたえがあり、次回はみんなが注文していた名物の「豚足麺」を食べてみたい。
プチ
映画館まで戻ってきたが時間があったのでイセザキモールの西に在る「まめや」で珈琲と珈琲ゼリーを食べながら時間調整
プチ8
17:30でしたが、上映は「シネマ・ジャック」の115席に補助席も入れて145席だそうですがチケットは完売。
今回この映画の予告の情報を一切見ないで、何の予備知識も無し。
どうだった?と聞かれたら、一言大阪弁で「おもろかった!!」
それは、無名の監督や俳優(誰一人知らない)これが雑念なく観られたと思う!
ある場面では「アハハ、アハハ」とみんなで笑って、これも観客との一体感あった。
終わって拍手はなかったが、隣の男の人の会話
「おもしろかった!」「ン!かなりおもしろかった!」
パンフレットには「業界戦慄!!最後まで席立つな。この映画は二度はじまる。」

余談
帰ってきて、しばらくしてテレビ朝日の「ニュースステーション」を点けたら、なんとこの「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督のインタビューが終わったところでした。残念プチ10
pm23:05

別財布の1万円会計報告
京寿司 バラ散し 1080円 握り大盛り 1290円
映画チケット シニア1100円×2=2200円
徳記   担担麺880円 涼麺980円 春巻き880円 計2680円
中華街駐車代 800円
まめや 珈琲&ゼリー 940円
映画館駐車代 1000円     合計9990円也 。一日二人で、昼も夜も食べて、飲んで 映画を観て、お釣りが10円出た!!! 
  
Posted by jun_uem at 14:35Comments(0)

2018年08月17日

夏と秋の交差雲

蝉と虫が鳴いています!今日は気温30℃、湿度30と風も抜け気持ちのよい日です。
                 kumo

境川の橋の上から南の空に夏雲と秋雲が交差!どっちが秋雲?  
Posted by jun_uem at 13:59Comments(0)

2018年08月10日

わが家に鎮座す黒地蔵

今年も鎌倉「覚園寺」の黒地蔵盆の縁日へ
藤沢の自宅を9日夜中の11時に車で出発
くろ1
「黒地蔵尊にこの世を旅立った生命の冥福と、今生きている私たちの幸せを祈る施餓鬼会法要が行われます。10日午前0時頃から正午までの12時間、境内に絶え間なく慰霊のお経が響き、どなたでもお参りいただけます。(かまくら観光HP)」
鎌倉宮の北、閑静な住宅の疎水沿いを歩いた突き当りにkuro2
「覚園寺」に15分前に着きました。100人は並んでいたでしょうか、その後も列が・・・
真夜中の0時、オレンジの袈裟姿の僧侶の方たちが読経をあげながら、黒地蔵にその後洞窟や大倉薬師堂へとお参りされます。
境内は撮影禁止。起伏のある境内に樹木が夜空に伸び、たぶん苔むした庭であろ石畳を、足元の明かりに導かれ、先ずは、黒地蔵様へkuro5
祠の黒地蔵様は五色の布につながり、その先を触れながら手を合わす。
洞窟の仏様は読経が響き、大倉薬師堂では薬師如来像(運慶作)も5式の布につながり先を触れながら参る。
ヤンの実家は、両親の希望で相模湾に散骨をしました。この「覚園寺」で卒塔婆に実家の先祖供養をお施餓鬼していただき、六地蔵様の前に供える。一年間毎日読経をあげて頂ける。ご一緒したご近所のタマちゃん家の卒塔婆と並んで供養が出来ました。故人の顔が走馬灯のように浮かぶ。今年で3年目です。

縁日
井上蒲鉾店や数件の屋台が出ていますが、今年も鎌倉農連市場のパン屋「パラダイスアレイ」の黒地蔵パンをkuro3
「どの顔の地蔵様にしますか?選んでください」
kuro4
朝目が覚めたら、覚園寺の縁日は夢の中の幻想!でも我が家にお連れした「黒地蔵様」が鎮座しておられました。  
Posted by jun_uem at 14:32Comments(0)

2018年08月07日

健康のバロメ-ター

藤沢のフランス料理「遊心」にて
遊1

後ろのテーブルの会話
娘「健康のバロメーターは、なんと言っても、食欲❗️お父さんは良くお肉食べるものね。
うちの家族は揚げ物、天ぷらやフライも好きだもんね」
母「わたしの誕生日もここでお願いね」
シェフ「全部召し上がりましたね!」
娘「はいフルコース完食です、この2人はよく食べますので」
お見受けするに90代のご両親と娘さん

ヤンは土曜日から胸がムカムカして体調を崩していました。
大食漢のヤンさんですが、鍋焼きうどん(うどん少し残す)やタマゴ粥。昨日山川医院へ行って点滴と胃薬を貰ってきました。この日の夕食もタマゴ粥
今日は台風の影響か、ぐ〜んと気温が下がりしのぎやすいので夕方、湘南台の図書館まで本の返却と貸出。
とんぼさんも調子がいまいちなので、夕飯に蕎麦を食べて帰ろうと藤沢南口の「水庵」へ
生憎火曜は昼の営業のみ
鰻は?鰻屋も閉まっていて、すぐ側のビルの三色旗が掲げた二階にあるフランス料理「遊心」へ
私たちもコースを頂きました。
遊2
前菜 ヤン・サーモンマリネ とんぼ・キッシュ
遊3
"桃のヴィソワーズ" ほんとに素晴しくセボーン‼️
遊4
メイン ヤン・ホホ肉の赤ワイン煮 とんぼ・鴨のローストオレンジソース
遊5
デザート 花畑の様なプレート これに珈琲
ヤンも「健康のバロメーターは、なんと言っても、食欲❗️」思わずうなずく  
Posted by jun_uem at 22:02Comments(0)

2018年08月01日

月はどこ?

昨日2018年7月31日
「火星大接近」
月1
22:13 南(江ノ島方向)夜空にオレンジにぴかぴか光る火星を発見・・・しかし見える範囲に月がいません?月はどこだ!

23:16月2
一時間後、夜空を見上げると南南東に月が出ていました。

わが家の東に月3
緑地の小さな丘があり、月はここに隠れていて南の空にお出ましになるまで見えないのです。

火星の赤と言うかオレンジの星はブローチみたいに輝いていました。  
Posted by jun_uem at 14:37Comments(0)

2018年07月26日

リズムはラジオで覚えたの

横浜シネマ「ジャック&ベティ」にて
chana1
「la Chana ラ・チャナ」を観る。
現在71歳、伝説のフラメンコダンサー ラ・チャナ
chana2
彼女は現存するフラメンコの女王
波乱な人生ですが、彼女の魂のリズム感は幼き頃ラジオで覚えた。そしてつらい時も舞台に上がって踊っている時は私だけの時間と世界があるとチャナは言います。
chana3

今は膝が悪くて、こうして椅子に座って足と手だけで踊るのですが、この時かかっていた音楽は♪リストの「ラ・カンパネラ」 この曲が流れてきたら、先日この同じ劇場で観た「「フジコ・ヘミングの時間」のドキュメンタリー映画の中でフジコ・ヘミングが弾いていた、この曲「ラ・カンパネラ」とダブり、心が震えました。
chana4
最後のシーンの舞台で歌い手の人と床に打ち付ける激しいリズムと手拍子のチャナに涙が出てきます。  もう一度見たいと思う映画です。
  
Posted by jun_uem at 20:56Comments(0)