歴史が始まり後悔していること

2019年09月12日

学習的でないかもしれない、歴史漫画

しかし子どもにぜひ読ませたい名作ぞろいです。

持統天皇物語。物語序盤の
お父様より偉くなってみせる!にやられました。
持統天皇のお父様といえば、中大兄皇子=天智天皇で
作中ではかなり冷酷無比、嫌な男として描かれております。
鸕野讃良皇女=持統天皇は、のちに叔父の大海人皇子=天武天皇と結婚します。


讃良が、女として母として妻として揺れる姿、
仕事人としての活躍ぶり…がとても面白いこの漫画

夫=大海人皇人の側室たちに嫉妬するとか。
夫からは、女としてより戦友だと言われ
女として愛されたいとか悩みつつ仕事に邁進するとか。
皇子を産んだけど期待外れ、とか。
国を導こうとする確固たる信念とか。
里中満智子先生、凄すぎる(落涙)

長女に読ませたいけど、
夜のシーンがあるからなー。迷います😁
でも万葉集和歌が生き生きとしたものに感じられるし
乙巳の変、大化改新、壬申の乱…ドラマチックなんですけどね。



次! オカルトな聖徳太子譚。ざっくりいえばBL。

通学電車内でラストシーンを読み、号泣したアタス。
孤独な感じが寂しいんだよなあ。
久しぶりに読んでも号泣。脱力しました。



これは有名、男女逆転大奥
徳川十六代全部書くつもりかと唸る

大奥 1 (ジェッツコミックス)
よしながふみ
2014-08-28



将軍それぞれに個性があっていいんだよね。
比較的歴史の流れに忠実な気がするし
これは読ませてもいいカモ🦆







junaesta at 06:00│Comments(0)母の読書記録 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
歴史が始まり後悔していること