2011年07月

沖縄政策PT 岡田幹事長打ち合わせ (7月28日)

P1190808P1190811
P1190813P1190817
P1190803P1190826
P1190786P1190793

沖縄政策PTが今まで行ってきた沖縄県との協議や、有識者のヒアリング。そして、メンバーの議論などをとりまとめ、これからの方向性などを、岡田幹事長と打ち合わせをしました。
全建連から建設国保の育成・強化を求める要望書を頂きました。 ※事務所代理投稿です

本人(三度被災地へ)

IMG_1667IMG_1669
IMG_1674IMG_1676
IMG_1680IMG_1677
IMG_1678IMG_1681
IMG_1685IMG_1683

以下のメールでのお便りをさせていただきました。

本当に暑い毎日が続いていますね。どうぞくれぐれもお気を付けください。三回目となる被災地、今度は原子力被害の福島へ参りました。国会は与野党のかけひきばかりが報じられていますが、一方で原子力被害への対策も総務省・総務委員会で進んでいます。こうしたこともしっかり伝わるよう努力したいと思います。小川淳也

■ 三度目となる被災地へ
三度目となる被災地訪問は原子力被害の中心である福島県です。郡山市長さん始め地元自治体の皆様から様々なお話をお聞きしました。報道では子供手当の所得制限、公債発行法の取り扱いなど与野党の攻防ばかりが報じられていますが、一方で、原子力被害の被災地での税負担の軽減、また県内外へ避難された住民の皆様が住民登録をしなくても学校や介護など公共サービスを受けられるための法律改正、こうした地道な対策が進んでいます。

■ まだまだ続く被災地の困難
入居中または建設中の仮設住宅、震災で使用できないほど被害を受けた市役所庁舎、体育館やホールでの役場業務、入浴サービスに汗を流しておられる自衛隊員の皆さん、まだまだ被災地での困難が続いています。一方で、郡山駅前広場でマスクも帽子もかぶらずに夏休みのひとときを楽しんでいる子供たちの様子が印象的でした。原子力災害はいつ完全に終わるともつかない、長い闘いも想定されます。地元町長さんがおっしゃいました。避難された住民の方から、「いつ戻れるんだ?」、「戻れないなら、戻れない、はっきり言って欲しい。それによって人生設計も大きく変わる」、、胸の痛む切実なお声です。

■ 補正予算、復興計画
第二次補正予算も成立しました。第一次とあわせると6兆円。想定被害総額の約3分の1となりました。阪神大震災時も被害総額約10兆円に対して初年度約3兆円の対応です。規模としては相当程度のものとなっています。あとはこれらが実効あるものとして、スピーディに被災地に届かなければなりません。


平野防災大臣に申し入れ 7月26日

P1190782P1190773
P1190779P1190767
P1190759P1190746
P1190738P1190732

東日本大震災復旧・復興検討委員会として、階猛、後藤祐一議員と一緒に平野防災大臣に申し入れを行いました。復興交付金を創設するにあたり、交付金に係わる国庫補助負担率のかさ上げについて、大臣に説明し、前向きな回答を頂きました。

本人

IMG_1656IMG_1657
IMG_1658IMG_1659
IMG_1662IMG_1663
IMG_1661

昨日は離島PTの役員として瀬戸内海の離島、岩城島、大崎上島を訪問させていただきました。

私自身も小豆島、直島、豊島、男木島、女木島、たくさんの有人離島を選挙区としているだけに離島振興に関して大きな関心をもっています。

訪問した両島ではやはり呉市に近いこともあり、離島でありながら造船を始めとした製造業がさかんで、所得水準も高い、税収もまずまず、加えてかんきつ類を始めとした農業でも頑張っておられます。

これまでの公共事業中心の離島振興から、農業や漁業の支援、減税と航路助成による交流の拡大が鍵だと思います。

たくさんの地元の皆様と触れ合わせていただき、本当にありがたい機会となりました。

「民主党議員のイメージがかわったなぁ、、、」。必ずしも良いイメージではとらえられていない現在の政府、党の状況をあらためて感じると同時に、今回お邪魔させていただいた若手議員団を見てそうおっしゃっていただけたことは、私たちにとってはとてもありがたく、うれしいお言葉でした。

皆様本当にお世話になりました。ありがとうございました。ともに頑張りましょう!

小川淳也

本人

今日は高松市内で夏まつりなどにあわただしくお邪魔させていただきました。暑いさなかですが楽しんでおられる皆様のご様子に心が和みます。

午後は急いで愛媛県に向かい、フェリーで離島PTの視察に合流します。5月に開始された離島地域でのガソリン税負担の引き下げ、そして来年は離島振興法の10年ぶりの改正の年に当たります。離島議連の役員として、また政府の国土審議会離島分科会長として、今後の離島振興の在り方について、主に減税と航路助成を中心にした交流の拡大という観点から考えて行きたいと思います。

ノルウェーの大惨事、胸が痛みます。平和の象徴であり福祉国家として名高い北欧でのこうした惨事だけに衝撃は大きなものがあります。

暴力による政治攻撃だとすればやはり許されるものではありません。あまりにも多い犠牲者のご冥福を心よりお祈りし、真相の一刻も早い救命を待ちたいと思います。

小川淳也
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール

junbo

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ