2013年06月

地元活動(6月29日)

DSC_0562DSC_0555
DSC_0563DSC_0568
DSC_0574DSC_0570
DSC_0579DSC_0584
参院選対策の県連選対会議、1区常任幹事会の後は、「小川淳也と歩む行政書士の会」の総会に出席させて頂きました。

地元活動(6月28日)

IMG_4225IMG_4236
IMG_4255IMG_4271
IMG_4298IMG_4299


本日は後援会組織、じゅんじゅん会の例会を行いました。
例会内では閉会した今国会、そしてこれまでの活動の報告をさせていただきました。
その後、高松市内をご挨拶にまわらせていただき、夕方からは母校、高松高校の野球部の選手激励会に野球部OBとして参加させていただきました。

国会最終日 (6月26日)

CIMG8653今日は国会最終日です。文部科学委員会、総務委員会、本会議が開かれました。明日のマニフェスト説明会のために、今日も勉強中です。

政策調査会役員会 (6月25日)

CIMG8648
政調役員会、常任幹事会、次の内閣が開かれました。27日に北海道で行われるマニフェスト説明会に、副幹事長として出席します。そのために各党のマニフェストを勉強中です。

メール便り(6月25日)

こんにちは小川淳也です。

梅雨時ですがお元気でいらっしゃいますか?いよいよ国会も今週までとなりました。定数削減が未実現であることを本当に申し訳なく思います。都議選も本当に厳しい結果でした。来月の参院選、党籍は離れたものの、植松さんと緩やかに連携し、せめて出直しのきっかけだけでもつかみたい。そんな思いです。天候不順の毎日ですが、くれぐれもお気を付けください。小川淳也

■ 衝撃の都議選
野党第一党どころか、公明党、共産党に続く第四党という衝撃の結果でした。私どもが肌身に感じている以上に、有権者の目はさらに厳しく冷めている。あらためて思い知らされました。維新の会が急速に失速したものの、その支持は一方は自民党、もう一方は共産党へと流れただけでした。消極的敵失ではどうにもならない現実をあらためて突き付けられました。

■ 10年の節目
そういう厳しい中ですが、2003年、日本の将来を何とか立て直したい、一心にその思いで政治を志してから10年の節目を迎えました。お祝いなどという浮かれた気持ちは全くありません。しかし、まずはこの間の温かいお支えや励ましに心から感謝したい。そして、あらためて原点を見つめ直し、現在地を再確認して、未来への太い線を引き直したい。そんな気持ちです。はるかな夢だった政権交代があまりにも早く実現し、そしてあまりにも早く挫折した。申し訳ない思いを引きずったまま、全ての経験が糧になる、そう信じて次の10年へと向かいます。

■ 構想の10年から実行の10年へ
苦悶し続けた10年をここで一たび決算させてください。民主党政権に最も欠け、そして今の安倍政権にも当然不足しているもの。それが次代の国家ビジョン。長期構想。決して耳障りの良い話ばかりではありません。しかし、人口減少、超長寿社会、新興国の台頭、こうした重い課題に世界に先駆けて向き合う日本が、いかなる解決策を提供すべきか。そしてそれは世界にとってどんな価値があるか。その方向感を指し示すことに全力を注ぎたいと思います。構想の10年から実行の10年へ。今まで以上に政治家としての寿命、減価償却を意識しながら前に進みます。

■ 小豆島の離島指定
選挙区として愛し続けた小豆島の地が、改正離島振興法のもと、支援地域指定を受ける見込みとなりました。本当に嬉しい。地方議員年金制度の廃止と並んで、自ら取り組んだ大きな政策課題のひとつです。先に述べた人口減少や長寿社会、いずれも本土の数十年先を往っている島の現実。その未来を真剣に考えたいと思います。
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール

junbo

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ