2011年08月07日

竜王ナイター決戦

昨日はお疲れさま

8月7日は烏合久々のナイター試合。

竜王ナイター決戦!

対戦相手は去年2連敗した強敵Jディーンズ!

今回はナイターだったので1試合のみだったみたいですね。そして今回、管理人川野はナイターのため熊本待機。さすがにナイター終えて熊本に帰ると深夜3時とかになるんでね。無理っす!

んでスタメンは…

1番左翼:武史
2番中堅:堀田
3番三塁:正和
4番捕手:辰本
5番遊撃:渡邉
6番一塁:猫沖
7番投手:盛谷
8番二塁:西島
9番右翼:千本

と報告を受けてます。

結果としては去年と同じく1−6で負け。投球内容としましては…

盛谷 :4回3失点

初回いきなり3者連続四球で無死満塁のピンチも犠飛の1失点に抑える。その後はちょくちょく打たれて計3失点。

武史 :3回3失点

三振をバンバン取るも、何故かちょくちょく打ち返され、不運な当たりも何本かあり計3失点。

多武保:1回無失点
阪神の下柳のようなノラリクラリ投法で無難に1回無失点。

みたいですね。やはりJディーンズは打つな〜。

相手投手は先発が右投スリークォーターでストレートはそこそこ、追い込んだ後のスライダーが武器。

2番手は右の本格派で武器は速いストレート

去年登板した´△辰櫃い任垢諭

【監督の総評】
相手はやはり打撃が良かった。引っ張るだけではなく広角に打ち分ける巧打者が多いイメージだった。ただ、烏合のマズイ守備などもあり失点はもう少し抑えることができたと思う。

投手を含めた守備も無難で隙も少なかった。ただ、無死2、3塁など烏合もそこそこ塁を賑わせたのだが、あと1本が出ずにもったいない場面が何度かあった。

スクイズや、最低でもゴロを転がす打撃ができれば後2〜4点は取れていたと思う

やはりJディーンズさんは平均的にレベルが高く手強いチームであったが、烏合側がしっかり守り、点が取れる時に取っておけば勝てた可能性は充分にあったと思う。


う〜ん、試合見てないので何とも言えないが烏合が負ける時の負け方だったのかなと感じました。

そして今季の徹底事項、【しっかり振ること】がホントに徹底されていたのか!

ここが気になるところでしたね。

つづく

そして監督の総評にあった『しっかり守り、点が取れる時に取っておけば勝てた可能性は充分にあったと思う』の内容ですが、それが出来れば苦労はねぇぜ!というようにここが野球の難しいところですね。

ですが、それを実行出来るチームがやっぱり強いチームなんでしょう。

とりあえずノーエラー&得点圏打率10割に可能な限り近づけていくようにチーム全員で精進していきましょう。
(・o・)ノ

そしてこの試合から初お披露目!監督の新バットチューブファイアー!しかし残念ながらあまり良い結果が出なかったみたいですね。

昨日の報告で監督がいいこと言いました。

バットは悪くない、悪いのは自分だと。

その通りですね。バットというのは打球を打つための単なる道具であって、以前も書きましたが結局のところバットをボールに当てて打球を飛ばすのは自分自身のカラダでありスイングなんですよね。

決して道具が大事ではないという事ではないのですが、野球をするってことの大前提は人間です。

バットとボールとグローブが球場を予約して勝手に野球をやってるわけではないのですよ

というわけでそのバットの性能を最大限に活かせるのは人間のスイングやバットコントロールであり、グローブの性能を活かせるのはグラブ捌きであったり打球反応であり、そしてボールの性能を最大限に活かせるのは投手の腕の振りなのです。

えらい長々しい話になったけど要するにさ、道具は選手の能力を引き出してくれるけどそれに甘えてちゃダメよってこと。

高性能バットを手にした選手が最初にぶち当たるカベですね。本人としてはそう感じないのですが知らず知らずの内にってやつです。

これで今季は3勝2敗!貯金1つ!

貯金は使うためにあると何処かで聞きましたが、老後の蓄えに必要とも何処かで聞きました。

とりあえず9月の試合も決まってることなんでそれに向けていつものように調整頼んます。来月もおそらく僕は欠席になると思いますがメタルハンターを助っ人として送り込みますんで次は良い報告を期待してますよ。
(・o・)ノ

よろしく!

june1313 at 00:20│Comments(10)clip!試合 

この記事へのコメント

1. Posted by 54   2011年08月08日 10:09
エラーではないけど基本が疎かな守備で、ちゃんとやれば2点は防げました。
打撃はそれなりには振れてたけど、格上とやるときにはただやみくもに振ってちゃダメって事みたいね。

ただ、去年の様な完全なる力負けではなかったので、一から出直して又挑戦したいですね!


このブログ、ちょくちょくH2ネタがあるよね( ̄∀ ̄)
2. Posted by 管理人   2011年08月08日 10:52
うん。話を聞いた感じでは去年のような完敗ではなかったような感じみたいだね。

54さんならH2ネタ分かってるくれると思っていたよ

次こそ勝とう!
3. Posted by 11   2011年08月08日 22:42
ベンチから見てて、空振りが多かったです。当然三振も多くて、ファールはほとんどなかったです

それに、相手チームがまだまだ底を見せてないような気がするのが、気のせいならいいんですが…

あと、腰のリハビリにバタフライは、1巻でヤブ医者に言われたに違いないんでやりません
4. Posted by 管理人   2011年08月08日 23:12
そうなのかー。つか試合の結果や流れの報告は受けてるんだけど監督さんが成績をなかなか更新してくれないから詳細が分からんぜよ。

結局何安打だったんだ?
5. Posted by 9   2011年08月09日 11:46
成績更新はしばしお待ちを!

家のパソコンじゃないと更新できないが、最近家でパソコンを開く時間が無いので(^_^;)

今日、時間があれば更新しておくよ!!
6. Posted by 管理人   2011年08月09日 13:49
更新ありがとう。

う〜む。4試合で12打数0安打か。

スイングも変えたし打撃に対するモチベーションも高いので不振っていうわけではないんだろうけど中々良い結果が出てくれないな〜。

しっかり振れてるんだけど、チカラが入りすぎてバットがちょっと外回りに出過ぎてるのかな?

今度特訓しようぜ
7. Posted by 9   2011年08月09日 23:02
先日の試合はバックネット裏で最初から最後までビデオをまわしてたので、次回あった時に見せてあげるよ!
一応、全員の全打席が収録されています。
さすがに、全員の全打席をアップするのは難しいので、自分の打撃映像を見たい方がおられたら監督までメール下さいな!
「堀田の趣味」へアップしておくよ
8. Posted by 管理人   2011年08月10日 00:00
マジすか!さすが監督さん!ありがてぇ!

自分の映像を見る機会って意外となかなかないもんなのでビデオも堀田の趣味もずっと続けていってほしいですね。

しかしケータイで堀田の趣味を見れないのがつらい…
9. Posted by 10番@3打数0安打   2011年08月10日 07:50
パワプロ並みの空振り三振を2回も喫したファーストです。

試合後、自分の打てなかった理由を考えてみたら、

・格上の投手に対して、振り負けてはならないと体が開いていた。

・自分のミートポイントが判ってない・忘れている。だから体が前に突っ込む。

・相手に自分のスイングをさせてもらえない投球をされた。

・崩されても下半身で粘れない、下半身の弱さ。

総評すると
「引っ張りや長打を意識しすぎて本来の打撃を忘れていた。」
「下半身の弱さ」

以上2点。
これの改善策。
「打撃のマイナーチェンジ。逆方向の打撃を取り戻す。カット魔に戻る。」
「下半身トレ。ランニング」

打撃の基本は逆方向!抜かれた球を下半身で粘って引っ張ってやれば良いんですよ!!
次は打ってやるぜ!!!

またJディーンズさんに挑戦したいっすね。
10. Posted by 管理人   2011年08月10日 14:27
そうですね。反省はとても重要ですね。

僕も去年の秋まで調子が悪い時はどうしても右肩が開いたり突っ込んだりして悩んでいました。

特に得意であるはずの外角球のストライクコースがものすごく遠くに見えて見逃し三振っていうケースが結構多かったですね。

意識して足を踏み込んでもなぜか右肩だけが開いてしまって凡打&三振を繰り返すツラい日々。

しかし去年の秋くらいから試行錯誤の末スタンスをマイナーチェンジ。その結果カラダが開きを抑えることに成功しました

今まではオープンスタンスにしたりクローズにしたり色々試行錯誤してましたがどうやら解決策は全く違うところにあったようです。

そのスタンスは自分のバッティングにも合っているようなのでいまのところ去年の秋から打撃フォームは全く変えていません。

長文すまぬ。
ではでは

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔