My Sketchbook

日々の暮らしのこと。 そして、暮らしにそっと手作りを添えて。 私らしい色合いで、描きたいな。




アジサイ01web



雨で始まる六月。
紫陽花が嬉しそうに咲き始めています。

お元気にお過ごしでしょうか?


先日記しましたとおり
レッスンの再開のお知らせをさせていただきます。


ただし、当面の間は
その都度状況を見て
実施の判断をしていくことになるかと
考えております。


家にとどまることが多くなる中で
手仕事の喜びを感じたり
癒やしの時間を過ごすことができるよう
少しでもお役に立てるひとときとなりますように。

皆様の笑顔に再びお会いできることを
楽しみにお待ちしております。



また受講の際にはいくつかお願いすることがございますので
ご協力の程、お願いいたします。


少しでもご不安があればどうぞ無理のないように
くれぐれもご自分のペースで再開してくださるように
お願いいたしますね。



◆今回のご案内は
6月25日〜7月20日までのフリーレッスンと
6月25日〜7月31日のグループレッスンを
ご希望の方へのものとなります。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

【お願い】

◆ご自身やご家族の健康に不安のある方は
当日のキャンセルも構いませんので
くれぐれもご無理なくお願いいたします。
当方においても、自身だけでなく家族の体調により、当日の休講もあり得ることご了承くださいませ。

◆レッスン中もマスクの着用をお願いいたします。
(お忘れの方にはご用意いたします)

◆消毒に必要なものをご用意いたしますので
アトリエに入室の際や
レッスン中など必要に応じてご利用ください。

◆道具類(定規やカッター、はさみなど)について
これまでご持参いただかなくても
アトリエのものを共有でお使いいただいて参りましたが
感染予防の観点から
なるべく各個人で(可能な範囲で)ご持参いただけるようご協力願います。
ご予約いただいた際に
制作するもの(カルトナージュ、刺繍など)によって
必要なものをご案内させていただきます。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



【スケジュール】


※ご予約情報については、なるべく早い更新を心掛けてはおりますが
予約日の変更やキャンセル、またレッスン内容などにより
受付可能な人数が変動することがあり
情報が最新ではないことがございます。
満席」表示になっているお日にちでも
お入りいただける場合がございますので
お気軽にお問い合わせくださいませ。




<フリーレッスンスケジュール>

期間:6月25日〜7月20日

◆6月25日(木)
11:00〜13:00、14:00〜16:00

◆6月30日(火)
11:00〜13:00、14:00〜16:00

◆7月2日(木)
11:00〜13:00、14:00〜16:00

◆7月10日(金)
11:00〜13:00、14:00〜16:00

◆7月15日(水)
11:00〜13:00、14:00〜16:00

※レッスンは15分前から入室していただけます。


<グループレッスンのお申し込み>

6月25日〜7月31日までの日程で
お問い合わせお待ちしております。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

【お申し込みについて】

すでに通ってくださっている生徒さんは
メールまたはブログのコメント欄から
お申し込みくださいませ。

初めてお申し込みの方は当ブログの
当記事内のコメント欄
またはPC版表示の右欄のメールフォーム
より
(入力内容はどちらも非公開設定になっております。)
ご予約、ご相談ください。


初めてお申し込みの方は
以下について、必ずご明記くださいませ。

【お申し込み時の記入事項】
1. お名前
2. 住所
3. 電話番号(緊急の場合に連絡がつくもの)
4. メールアドレス
5. ご希望のレッスンメニュー
(刺繍/オートクチュールビーズ刺繍ジュエリー/カルトナージュ その他)
6. 当ブログをお知りになったきっかけ



※アクセス(最寄駅JR中央線国立駅よりバス7分)は
受付後、ご連絡させていただきます。


2日以内に、ご予約受付の返答がない場合は
なんらかのエラーなどが考えられますので
恐れ入りますが
再度お問い合わせいただけますようお願いいたします。

◆補足
レッスンでお作りになりたいものを
あらかじめご連絡ください。
初心者の方も経験者の方も
経験に応じて、ご提案もいたします。


FullSizeRender


バラとクレマチス。
そして追いかけるように
山アジサイも咲き始めました。


東京都の緊急事態宣言が解除となりました。

とはいえ、元の生活に戻るということではなく
気をつけながら
できることとできないことを見極めて
慎重に前へ進みましょう
という段階であるのかなと捉えています。

自宅フリーレッスンにつきましては
現時点では6月後半より再開を考えております。
(ティーセミナーの開催の可否につきましては
ご予約頂いている皆様へ
別途ご連絡差し上げますので
少々お待ちくださいませ。)

近日中に、スケジュールをお知らせいたします。
(都度状況に応じて休講となり得ることをご了承くださいませ。)

ただ、これまでと同じ形でのレッスンではなく
私の方で整えるべき感染予防の準備に加え
暫定的に、レッスン時間や人数
道具の持参などについて
生徒さまへお願いしなければならないことが生じてくるかと思います。
それらについて、整理しまとめまして
ご案内させていただく予定です。

あと少しお待ちいただけるように
お願い申し上げます。


まだ県域を超えることに関しては
引き続き自粛となってもおりますし
ご不安な気持ちをお持ちになることも
理解しておりますので
再開となりましても
くれぐれもご無理なくお願いします。


皆様と笑顔で再会できます日を
心待ちにしております。



バラの花を摘んで01web



おはようございます。
今週は雨の日が多くなりそうですね。


先週はバラの花を摘んで
毎年恒例のバラ遊び。

バラのコーディアルシロップを作りました。


別の日には、バラのリキュールやジャム作りも。
そちらの写真はまたあらためて。


バラの香りを封じ込めた
コーディアルシロップは
お湯で割りホットでも
炭酸水やアイスティーで割っても
楽しめます。

スイーツにシロップを使うことも。
香りよく色が美しいですよね。


バラのコーディアルシロップ01web



長い時間はキッチンに立てなくても
欲張らず、一日ひとつのことに決めて
楽しんでいます。




デュセスダングレーム08web



Duchesse d’Angouleme
(デュセスダングレーム)

1821年作出のガリカ系のオールドローズ。


このバラは蕾がほころびかけた姿もとっても美しくて。


デュセスダングレーム05web



ほぼ同じアングルで、同じ日の朝に撮ったもの。

しなやかな細枝に
ひらりと薄衣のような柔らかな透明感。



デュセスダングレーム03web


アングレーム公爵夫人とは
マリー・アントワネットの長女
マリー・テレーズのこと。

激動の生涯を送った女性ですが
母マリー・アントワネット同様
刺繍を愛した人・・・。



バラの開花が例年に比べて
ぎゅっと凝縮されているように感じます。


早咲き種のバラがまだ残っていて
中間のものが花盛り。
そして遅咲きのはずのバラもちらほらと
咲き始めました。


デュセスダングレーム06web






アジュール刺繍の折り蓋のポーチ01web



アジュール刺繍とドロンワークのポーチ。

ドロンワークはリメイク()のマスクケースに
使っているデザインです。

刺したいとの生徒さんのリクエストで
あらためて図案を起こすことにしたときに
カルトナージュ以外でも使えるようにと思い
今回はポーチに仕立てました。

またレッスン再開&再会の折には
ご希望の生徒さんは、ぜひ作ってみてくださいね。




ニゲラとグラス01web



おはようございます。

明るい日差しの朝となりました。

引き続き5月につきましても
フリーレッスン、グループレッスンにつきまして
お休みとさせていただきます。

併せて、5月14日に予定しておりました
奥川伊津子先生のティーセミナーにつきましても
延期とさせていただきます。
(ご予約の皆様へは各自ご案内させていただきました)


誰かと顔を合わせ、針を持つ。
テーブルを囲んで紅茶を楽しむ。
なんて愛しい時間なのでしょう。
・・・つくづく思うこの頃です。


またそんな日々を過ごせるように
笑顔でお会いできるときまで
元気に過ごしましょうね。




アマドコロ01web



斑入りのアマドコロ。

アマドコロは日本の山野に自生する植物。
けっして珍しくない植物だけれど
我が家には自生していないので・笑
何年か前にお迎えしました。

毎年少しずつ増えてきてくれました。

ちなみに自生するアマドコロは斑入りではないそうです。

この斑入りの葉が好きで植えました。
今にも開きそうなくらいの蕾も好き。


同じ角度で、雨上がり。


アマドコロ03web






ガーデン&ガーデンweb



午前中の風も少し和らいで
穏やかな昼下がりです。


Garden & Garden(ガーデン&ガーデン)Vol.73 SUMMER
我が家の庭を掲載していただきました。

「バラが咲く庭/ガーデナーのバラの庭」という特集で
P34〜P37の4ページにわたりご紹介いただいております。


エフジー武蔵さんには
度々お世話になっておりますが
まさかこの特集に〜!?と
住宅街の小さな庭同様
我が身も小さくしたいくらいびっくりなんです。

そうは言いつつも
素敵にご紹介いただきましたので
ご覧いただけると嬉しいです(←どっちなんだーい・笑)

表紙は私も大好きグリーン・ローズ・ガーデンの
斉藤よし江さんのお庭です。


実は撮影は三年ほど前のもの。
ゆえに現在とは少し異なります。

お写真をとても素敵に撮っていただいていますが
この時の庭の状態は、あらためて見返してみると
バラと下草のどちらもまだ蕾が多くて
特集のタイトルから考えたら
あと1週間くらい遅くに撮影に来ていただくと良かったのかな〜
なんて、冷や汗も出ます。


この三年の間に鉢植えのバラを地植えに下ろしたり
鉢の配置が変わっていたり
残念ながら失ってしまったバラも。

でも、毎年変わっていくからこそ
こうして撮っていただいたものは記念になり
とてもとてもありがたいです。


ガーデン&ガーデン02web




特集ページの他に、目次ページの下方の
5枚の写真も我が家の庭になります。


さて、この庭も10年ほどになりました。

その前は、ずっとベランダガーデニングを楽しんでいました。
引っ越しも多く、そのたびに
植物のお引っ越しが一番大変だったかもしれません。
それもまたガーデニングの思い出の一つです。


時間に追われるようになると
思うように手入れができないこともあるけれど

庭を介してのお友達もだんだんと増え
ますます庭で過ごす時間は
暮らしを潤してくれるものになりました。

その間にありがたいことに
何度かガーデン系の本に掲載をしていただきました。
そしてそろそろこの庭も
手直しをしなくてはと思うところも
多々出始めているところ。

どんな風に手をいれようかなと
雑誌のページをめくりながら
楽しく思いを巡らせています。

今、こんな時期だからこそ
植物たちには本当に心癒やされています。
そんなガーデナーさんたちが
きっとたくさんいらっしゃいますよね。

あらためて植物の生命力に力をもらう日々です。




Garden&Garden vol.73

エフジー武蔵
2020-04-16







アリウムコワニー01web



アリウム コワニーがもう咲いています。
あれ?いつもこんなに早かったかな?

でも嬉しいぞ。


クリスマスローズweb



ひときわ寝坊して咲いたのは
このお顔のクリスマスローズたち。

それもまた愛しかったり。



【ご連絡】
本日4月15日8:45頃、コメントを入れてくださったU様
お問い合わせへのお返事を差し上げたいのですが
内容的にこのコメント欄ではなく
個別にメールを差し上げたく存じます。
恐れ入りますが、メールアドレスを
コメント欄にご記入いただけると助かります。
記入内容は非表示ですので、公開されることはありません。
お手数をおかけし申し訳ございません。
何卒よろしくお願いいたします。


このページのトップヘ