My Sketchbook

日々の暮らしのこと。 そして、暮らしにそっと手作りを添えて。 私らしい色合いで、描きたいな。



ジャルダンノスタルジック02web



バラ苗やバラを育てる上で必要な資材などで
頼りにしているひかりフラワー()さんは
無農薬でバラを育てているナーサリーです。


この季節、バラの花に溢れているひかりフラワーさんで
神楽坂のJardin Nostalgique()さんとのコラボイベントがあり
参加させていただいてきました。


た〜くさんのバラたちは
Jardin Nostalgiqueさんがご用意されたものと
ひかりフラワーさんでその日の朝に摘まれたものと。

とっても贅沢なバラのブーケです。

他にもジューンべリーやニゲラ、ミントやラムズイヤーなど
ナチュラル感あふれるものも色々。


青江先生の優しく丁寧な説明で
大きなスパイラルを組みました。

これだけたくさんのバラがあると
茎の硬さなどの特徴も様々。
硬さに応じた合わせ方を考えたり
あえてつける凹凸のことなど
とっても勉強になりました。

ひかりフラワーさんはまだまだバラがたくさん咲いていて
バラに囲まれて最高の環境でのレッスンでした。

写真は今日のMy Gardenで♪



オープンガーデン01web



オープンガーデン&マルシェを終えて
週末は片付けや事務処理などを。

今日からいつもの月曜日。

オープンガーデンにいらしてくださった皆様の笑顔から
たくさんのパワーをいただいて
元気良く過ごしています。


お越しくださった皆様に心よりお礼申し上げます。

今回も、たくさんの方々と
色々な植物の話を楽しませていただきました。



オープンガーデン05web



植えてある植物の名前を聞かれることが多いですが
こういう場所には何を植えたら?とか
葉色のおすすめ・・・というような会話も。


植物を愛する方々との話は尽きませんね。

もちろん、緑や花の中で
ホッと一息お茶を・・・そんな風に思って
いらしていただくのも大歓迎で♪

この季節ならではの庭での楽しみを
皆様とひと時ご一緒できて
嬉しい嬉しい一日でした。


オープンガーデンweb



マルシェでは、優しげな大人の可愛らしさを纏ったものが
たくさん集まりました。

一部ですが、お写真で雰囲気が伝われば嬉しいです。


オープンガーデン02web





オープンガーデン03web





オープンガーデン04web



マルシェにご協力くださった参加者の皆様も
今回もありがとうございました。

お客様からは
お選びになった雑貨をさっそく飾ってみました
・・・というようなメッセージも
いただいたりしております。

なかなかお返事できておりませんが
とても嬉しく拝見しています。



私自身は、今回もなにかと至らないところもありましたが
心強いスタッフに助けられて
無事終えることができました。


今回はご予約のお時間が、ほどよく分散しまして
ありがたいことに、今までで一番のお客様の数となっても
比較的、そう感じないゆったりとした流れがあったように思えます。


せっかくお時間を作っていらしていただいているので
お客様にもゆったりお過ごしいただけたかしら・・・と
それがいつも気がかりでしたので。


住宅街の中の小さな庭は
イベントが終わると、急に静かになり

いつもの私にとっての「暮らす庭」に戻ります。

いらしてくださった方々の
楽しげな笑い声が聞こえる庭も
静かになり、風にそよぐ葉擦れの音が聞こえる庭も
私に幸せを運んでくれる大切な庭です。

オープンガーデン&マルシェ 2018
ありがとうございました。



コーネリア02web



おかげさまで昨日のオープンガーデン&マルシェを
無事、盛会のうちに終えることができました。

お運びいただいた皆様
マルシェを盛り上げてくださった参加者の皆様
ありがとうございました。


たくさんの皆さんの笑顔。
優しい時間に感謝の気持ちでいっぱいです。

スタッフの皆様にも心より感謝♪

当日のレポはまたあらためまして。

事務処理や片付けもしながら
余韻を噛みしめています。

イベント後にいただいたメッセージなどにも
まだ個別にお返事できておりませんが
取り急ぎ、ブログにてお礼を申し上げます。





コーネリア01web



オープンガーデン&マルシェも
いよいよ明後日に。

一日限りの開催。
友人知人やマルシェ参加者のご紹介のある方までと
範囲を決めさていただいているイベントにも関わらず
おかげさまで、沢山の方々にお申込みいただきました。
ありがとうございました。

嬉しい悲鳴ですが♪
自宅のスペースにも
お手伝いをお願いしているスタッフの数にも限りがあるため

これにて満員御礼
受付終了とさせていただきます。


心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。


ご予定保留の旨お伝えいただいている方は大丈夫ですので
いらっしゃることができるようになった場合は
ご連絡くださいませ。

また、すでにお申込みいただいた皆様につきましては
人数変更やお時間変更などは可能です。

庭のバラたちは、どの種類も例年より咲き始めが早く
また、夏日も多かったので
イベントまでに、すべて咲き終わっているかと思いましたが
まだ少し楽しめる種類もありそうです。

また、その他の植物たちは
とくに早いということもなく例年通りのような気がしています。


週末は雨のようなので
金曜日はなんとかお天気が持ってくれることを祈ります。

コーネリアは最盛期は過ぎましたが
まだ蕾もありますよ。

お天気が穏やかであれば
ガーデンシェッド前のテラスや
フロントガーデン側のテラスでも
どうぞお茶を召し上がってくださいね。





フェリシア01web



Felicia(OR/HMsk)

ひらひらと・・・フェリシア。


ずっと鉢植えだったものを
地植えにしました。

植え替える時に一度かなり枝を切り詰めたので
まだ地植えにしては小ぶりですが
来年あたりから、本格的に楽しめそうです。

フェリシアは
蕾も、ほころびかけた姿も
咲き進んだ最後までたおやかな花容のバラ。


その美しい姿を今年も楽しませてもらいました。
ありがとう♪



フェリシア02web





リトルステッチ (3)

(店内イメージ:撮影は過去のものです。
写っている商品は在庫がすでにないものもございますのでご了承くださいませ。)



おはようございます。

オープンガーデン&マルシェのお日にちが
いよいよ迫ってきました。
今日は、布地とクロスステッチのお店
little Stitch(リトルスティッチ)さんのご紹介です。


オーナーのUさんには
刺繍の材料のことなどで相談にのっていただいたりして
日頃よりお世話になっています。


刺繍に限らず
カルトナージュの作品作りに使用している
私もお気に入りのフランスの資材が
待ちに待って、この春再入荷をされたので
マルシェでは、お求めやすいサイズで
カット済販売をしていただけることになりました。


page



さらに、フランスのとっても素敵なチャートがたくさん!

どうぞお楽しみになさってくださいね。



Data

布地とクロスステッチのお店
little Stitch(リトルスティッチ)

国立駅北口り徒歩4分

国分寺市光町1-38-3 
シティコープ1F
Tel/Fax 042-505-5837
10:00〜17:00 土日祝および第2第4月曜定休

little Stitch(リトルスティッチ) Blog → 




奥川先生01




ティーセミナーでお世話になっている奥川伊津子先生より
優しい雰囲気のアンティークたちのご紹介です。


一重の優しいバラの絵は
リモージュのデミタスカップ&ソーサー。

他にもホワイトワークのモノグラムのナプキンやガラスの器など。

アンティークでありながら
どれも現役で使って楽しめるものばかりです。




奥川先生02



奥川伊津子


ティーインストラクターの目で選んだ
アンティークとヴィンテージの小物を
お届けいたします。

テーブル周りを少し格調高くしてくれる優しい物が中心です。

お楽しみいただけると幸いです。


The Cozy Tea → HP




Hさんのお庭06web



ゴールデンウィークも、最終日となりました。

この一週間は、ほとんどイベント準備などをして過ごしていました。

でも、一か所だけ
とびきり素敵な場所へ。

と言っても遠出ではなく
ご近所の憧れのマダムのお庭をお訪ねしました。


もう♪本当に素敵でした♪

実はその一週間ほど前にも
Hさんのお庭にお邪魔していました。

そのときに今にも咲きそうなバラの蕾がたくさん上がっていて
さらに、他にもう一つ
とっても気になるシックな色の花の蕾をつけた植物があり
咲くのを楽しみにしていたのです。


Hさんのお庭07web



それがこちら。
アメジストフォール。

名前の通り、アメジスト色の藤が滝のように・・・。


蕾の時はもっとシックな濃いお色で
いったいどんなふうに咲くのかなと思っていました。

秋にもう一度花を付ける2季咲きなのだそうです。

これが絡められたアイアンアートがまた良いのです。
アイアンが錆びた風合い、そこにつるが絡みついた姿。

植物とトータルで、アーティスティック。
お見事でした。

その後ろに、ナチュラルなノイバラが満開。


とても広いお庭の中
見どころがたくさんあって
ほんの1時間ほどお邪魔できればなんて思っていたら
おしゃべりもしながら、2時間は軽く超えてしまいました(汗)

それでもまだじっくり見たいくらいで
通ってしまいそうです。
・・・断られるかも?(笑)


Hさんのお庭03



Hさんのお庭02



Hさんのお庭01



ベテランガーデナーのHさん。

植物がお好きなことが伝わり
センスのある遊び心もたっぷりあって
さらに、お庭づくりにかけている年月も感じます。

やっぱりお庭ってじっくり育てていくもの。
植物を植えて、それで終わりではないですよね。

一朝一夕でできあがるものではないからこそ
Hさんのお庭に月日を経て積み重なった「素敵」が
味わい深くて、惹きつけられます。


Hさんのお庭04web



切株の椅子。
これは元々、三つ子だったそうです。
15年ほど前に掲載されたというガーデン誌を拝見したら
たしかに三つ並んでいました。

今は最後の一つになって・・・と。
でも、なんともいえない古びたシルバーグレイが魅力的です。


Hさんのお庭05web



実はこちらのお庭は
マンションの1階のお庭。

上の写真のバラの向こうに
芝生らしきスペースが見えるでしょうか?

それはお隣さんのお庭。

間に低いフェンスがあったそうなのですが
お隣さんも仲良しのガーデナーさん同志で
フェンスが無い方が良いわよねと意見が合って
取り払ったのだそうです。

そのため、元々広いお庭が
さらに広々とつながって見えます。

羨ましい関係♪



Hさんのお庭08web



美しいウィッチフォードの塗り鉢が
こんなに沢山ごろごろしちゃっているのです。
あぁ、なんて贅沢なお庭でしょうか。


見習いたいけれど、その道は遠い・・・。

優しくて美しくて、憧れの人。

この日は、Hさんに
レモンの木はトゲにもレモンの香りがあること
食べると美味しい食感のバラを教わりました。


Hさんと知り合ったのは3年ほど前。


私が朝、庭作業をしていたときに
ちょうど通りかかったHさんに声をかけていただきました。

それから庭友さんとして
そして、カルトナージュと刺繍の生徒さんとしても
いらしてくださるようになって
偶然の出会いに本当に感謝しています。


これまでも、色んな植物をHさんのお庭から
株分けしていただいていているので
私の庭にも少しずつHさんのエッセンスが
ふりかけられていると良いなぁなんて思いながら
育てていきたいと思います。

たとえ遠出はできなくても
近くでこんなに贅沢な時間が過ごせて
幸せな5月の始まりです。



カルトナージュ&刺繍の裁縫箱Kさん01web



フリーレッスンの生徒さんの作品のご紹介です。

クロスステッチの刺繍とカルトナージュの
ソーイングケース。


イニシャルKさんの生徒さんがけっこう多いですね〜と
先日、レッスン中にも話題になったばかりですが
今回の生徒さんもKさんです♪


作品のベースのデザインは
Sophie Delabordedeさんの「Trousse de voyage」をアレンジして。


小さなネズミさんのクロスステッチは
Jeu de Fils( ) 高橋亜紀さんの
刺繍キットをお求めいただいて使用しました。



カルトナージュ&刺繍の裁縫箱Kさん02web



開けると、中もこんなに可愛いの♡

ポケットにつけたTinyなボタンは
チェックの色とピッタリでしょ♪

チャコペンのホルダーを付けたり
お揃いのチェックでシザーケースを作ったり。
イニシャルもクロスステッチで。

シザーケースはアウトサイドインのキット()が
ちょうど良い大きさで、こちらもキットを使用。


カルトナージュ&刺繍の裁縫箱Kさん03web



ピンクッション本体とメジャーのデザインの
リボンテープのところに
スナップボタンを付けているので
箱の中で動かないように固定もできますし
取り外しも簡単。


実はこのソーイングケースは
Kさんの姪御さんの入学祝いのためにつくられたもの。

家庭科の授業で使えるように・・・なんですって。

お渡しする前に
姪御さんと写真のやり取りをされているそうで
とても喜んでくださっているそうです。

でもね、実物見たらもっと可愛いので
もっと嬉しくなっちゃうと思いますよ(笑)

キットを上手に利用しつつ
アイデア次第でオリジナリティーもたっぷりで。

本当に可愛らしいソーイングケースが出来上がりました。

家庭科の授業、お裁縫が楽しくできると良いですね♪




イングリッシュローズたちweb



春の嵐。
私の住むあたりでは、風はまだあるけれど
雨は止んだようです。


昨日は、思いのほか早く降り出した雨に
刺繍の手を止め、慌てて庭へ。


咲き始めのイングリッシュローズたちを
伐って、部屋の中で楽しむことにしました。


柔らかな色合いの花びらに見惚れます。


アンブリッジローズ01web



この数年は
オールドローズの魅力にすっかり夢中になっていますが
元々、私にバラへの親しみやすさを覚えさせてくれたのは
このイングリッシュローズたちかもしれません。

上の写真はアプリコットカラーのアンブリッジローズ。

下の写真はクイーンオブスウェーデン。

他にはエヴリンやローズマリーなど。
こちらはの写真はまたあらためて。


クイーンオブスウェーデン02web



イングリッシュローズは香りも素晴らしいのですが
散り際があまりに潔いので
よく「花持ちが悪い」という言われ方をします。


でも先日、優しく美しい庭友さんが
香りが強いものほど
その香りを出すことにエネルギーを使うから
そういうバラほど散るのが早いみたいですよ。
と、教えてくれました。



昨日部屋の中に飾ったイングリッシュローズたちは
今朝も、リビングで素敵な香りを漂わせています。


クイーンオブスウェーデン01web




このページのトップヘ