My Sketchbook

日々の暮らしのこと。 そして、暮らしにそっと手作りを添えて。 私らしい色合いで、描きたいな。



カルトナージュSさん01web



梅雨明け宣言が出ましたね。

生徒さんの作品のご紹介です。

素朴な愛らしさのあるフキタンポポのミニ裁縫箱は
Sさんの作品。

コットンパールの刺繍糸を2巻持ち歩ける
ミニ裁縫箱(アトリエオリジナルデザイン)をお作りになりました。

蓋に施された刺繍は
フキタンポポの優しい黄色のふさふさがポイントです。

図案は森れい子さんの本から。





アトリエの生地から
ピッタリのグリーンのリネンと
同じく優しいイエローがポイントになっている
コットンのをお使いになりました。

蓋の部分には刺繍にシンプルなアンティークレースをプラス。


カルトナージュSさん03web


蓋を開けると、ふた裏にはポケット。
ハサミのチャームがお裁縫箱らしいですね。
このポケットには実際にハサミが収まります。

そうそう、豆本に見える右側の可愛らしい冊子は
ニードルブック。

表紙がイタリア刺繍のプントアンティーコです。
メールで先にご相談があって
刺繍はご自宅で完成されてお持ちになって
仕立てだけちょこっとお手伝いさせていただきました。

ブック型は今回は角背製本のタイプがご希望とのことでした。

まるでセットのように
ピッタリのイエローのニードルブックになりました。


カルトナージュSさん02web



コットンパールの刺繍糸をセットできるトレーは
取り出してみると、ここにもフキタンポポが一輪。


なんて楚々とした世界なんでしょう♪

Sさんは、小さな可愛らしさが詰まった作品を完成されて
次は大きな作品に取組み始めましたよ。



7月21日(金)開催の
ハーブインストラクターのいけだきみこさんをお招きしての
「英国ウースターシャー州発祥、絶品!ウースターソース講座」に
キャンセルがございましたので
1名様、募集をさせていただきます。

【おかげさまで満席となりました。ありがとうございました。】


募集詳細はこちらになります。→ 

お申込みお待ちしております。



アイスバーグとぶどう01web



また熱中症注意報が出ていますね。
水分補給、体調に気を付けて過ごさなくては・・・ですね。


おとといは、埼玉から友達のIさんが遊びに来てくれました。

5月のオープンガーデンの時に
ブドウが実っているところも見たい!と話してくれていたので。


この写真は、2週間近く前のもの。

アイスバーグの二番花の奥に見える
ネオマスカット。

まだ熟してはいない時期だけど
見ていただけて良かった♪

私はウンベラータの元気回復法をIさんに教えてもらって
さっそく試してみてますよ〜。


植物の大好きなお友達と植物のことを話していると
時間が経つのもあっという間。

暑い中、冷たくて美味しいお土産を持って
嬉しいご訪問♪

Iさんのおかげで、楽しい癒しのひとときでした。
どうもありがとう!



カルトナージュHさん02web



生徒さんの作品のご紹介です。

Hさんがお手持ちのソレイアードの生地で仕立てたレターラック。

ベースはJeu de Fils()のカルトンセットを使用。

ソレイアードのパターンは
「LA PETITE FLEUR DES CHAMPS」。

これにちょうどピッタリの色の無地のリネンを合わせて。

無地のリネンがほつれやすく
やや厚みがありましたが
一つ一つの工程を、とても丁寧に仕上げられました。


内側中央にソレイアードの柄の一部を
アップリケのように貼り付けたのはHさんのアイデア。

プロヴァンスの自然を想起させる色合いやモチーフは
お好きな方も多いですよね。

シンプルだけどこのポイントが
とっても効いていますよね。
素敵なアイデアです!


カルトナージュHさん01web




ハーダンガー刺繍Yさん01web



真夏のような暑さですね。

生徒さんやお客様とも
ついつい第一声が
暑いですね〜となっています。


そんな中、涼しげな白いドイリーを完成させたYさん。

このドイリーの中の
一つ一つのステッチは
これまでに学んでいただいた基本的なステッチ。

ハーダンガー刺繍Yさん02web



でも組み合わせるとなると
しっかり図案を見ながら(あるいは頭に入れて)
正確な位置でステッチを施さないといけないデザインなので
小さな作品ながらも
頑張って慎重に進められたと思います。

レースのような繊細な模様が
素敵に仕上がりましたね♪


Yさんは、この日は午後からお仕事で
大急ぎで帰られました。
お忙しい中、頑張っていらしてくださって
ありがとうございます。

生徒の皆さん、それぞれのペースで
作りたいものを進めてくださいね。

そのためのお手伝い、アドバイス
惜しみなく私も頑張っていきたいと思っています。


手仕事を進める大半の時間は
一人コツコツと・・・ではあるけれど
お互いの作品を見ながら
素敵ね!とか、作りたーい!とか
感動の瞬間を共有できる楽しさがあるのが
教室などで学ぶ良さでもありますよね。


ときどきこうして生徒さんたちの作品を
ブログでご紹介すると
メールで感想を寄せてくださる方もいらして。

ご家族にもレッスンの雰囲気が伝わって嬉しいとおっしゃってくださったり。

レッスンが癒しのひと時だと言ってくださる方々も。

そんな風に言ってもらえて
読んでいて、胸がジンと温かくなります。


手仕事の好きな
愛情溢れる方々ばかり。


生徒さんも、そして皆さんと共にする時間も
私にとってすべてが
「たからもの」です。


ブラッシュノワゼット二番花web



優しげなオールドローズのブラッシュノアゼット。

バラの二番花、咲いています。

気づけば今週も毎日予定が入ってしまって・・・
週末まで元気に頑張ろー♪



さとみさんインテリアお話し会7月01web



フォトグラファーこいけさとみさん()のお宅での
インテリアお話し会&ガラスエッチング体験レッスンのアンコール開催がありました。


前回、キャンセル待ちをしてくださった方々から
8名様がお集まりくださいました。

先月の開催から1か月ほどしか経っていないはずなのに
あまりにあっという間のひと月で
記憶が色々混乱しそうなのですが(笑)
今回もインテリアのお話にガラスエッチングにと
皆様と賑やかなひとときでした。



さとみさんインテリアお話し会7月03web



思い思いに図案を選びレイアウトして
とってもクリアに素敵に完成しました!


今回もご参加の皆様とのお話ししてみて
やはりガラスエッチングというと
削って作るもの・・・というイメージが根強いですね。

色々なサンプルをご覧いただいてから
体験ですので、あらかじめ私の準備した
るシール型をお使いいただいて
楽しんでいただきました。

型を貼ってしまえば
クリームを塗って15分ほどでできあがる手軽さ
そして、簡単なのに完成度の高いクラフトであることに
驚いてくださいましたよ♪


出来上がりを喜んでくださる笑顔が
何よりうれしい瞬間です!


どんなインテリアにもさり気なく寄り添ってくれるガラスエッチング。

クリームで簡単に楽しめるガラスエッチングを
ご紹介できる機会をいただけて
さとみさんには本当に感謝です。


さとみさんインテリアお話し会7月02web



やはりさとみさんのところにお集まりの方々ですから
写真好きな方々ばかり。

皆さん熱心にガラスエッチングの一輪挿しを写真撮影した後は
さとみさんお手製のランチ。

・・・というわけで
ここでもまたまた皆さん、撮影会♪

さすがに、お写真上手な方ばかりでした。


さとみさんインテリアお話し会7月04web



そしてお待ちかねの
リノベーション&インテリアのお話し。

beforeの写真を見ながらのお話し。
さとみさんのお話が分かりやすくて楽しいので
皆さんの反応も楽しく、驚きの声や笑顔が絶えません。

たくさんのアイデアが詰まった素敵なお家。

DIYも色々と、してみたくなってしまうのではないでしょうか。

最後にはね・・・なんとさとみさんのピアノ演奏♪
これがまたとっても素敵な音色で
ときめきました。

今回もあっという間の一日。

ご参加の皆様、どうもありがとうございました。


そして、今この記事を書きながら
ミラーの写真を撮るのを忘れたことに気づいたり・・・あっ。

実は私は二日続けてさとみさんとご一緒していたのですが
(前日のこれまた素敵なイベントのことはまたあらためて)
連日お忙しい中、ご準備大変だったと思います。

さとみさん、本当にお世話になりました。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

前回の開催のことはこちらをどうぞ → 


7月のフリーレッスンは
7月27日(木)は、まだお席がございます。
夏に涼しげなガラスエッチングを試してみませんか?
お気軽にお問い合わせください♪



8月25日(金)開催予定の
奥川伊津子先生のティーセミナー
「England Report 2017」(詳細→)は
おかげさまで満席となりました。
ありがとうございました。

ご参加の皆様
奥川先生が運ぶイギリスの風
お楽しみになさってくださいね。



EnglandReport01web
(photo by Itsuko Okugawa)


茜色に染まる空が美しい夕景でした。

さて、毎月開催の奥川伊津子先生のティーセミナーは
今年は7月を夏休みとさせていただいております。


ただ今、奥川先生はイギリス南西部のCornwallそしてDevonの旅の途中。

そのため、8月のティーセミナーでは
CornwallそしてDevonの最新情報をお伝えする
旅の報告会を企画しております!

合わせまして
イギリスで唯一紅茶を生産してる「トレゴスナン」茶園の紅茶をはじめ
様々な紅茶の飲み比べをしていただける予定です。

どうぞお楽しみになさってくださいね〜。
・・・って私が楽しみだったりする(笑)



EnglandReport03web
(photo by Itsuko Okugawa)


【おかげさまで満席となりました】

【England Report 2017】


坂道から臨む海の深い碧。

アーサー王伝説に彩られた街
バーナード リーチで有名な陶磁器の里など
Cornwal、Devonは歴史と自然に恵まれた
本当に素晴らしいイングランドの南西部です。

また、この地方はクロテッドクリームの産地で
濃厚で味わい深いクリームが作られています。
放牧地が多く、ストレスフリーな牛の乳から作られるクロテッドクリームは
黄金色で特別な甘さと香りがあり
小さな蜂も大好物でブンブン近寄ってきます。

さあ、今年の旅は何度クリームティーが楽しめるでしょうか?

2005年からイギリスで唯一紅茶を生産してる「トレゴスナン」茶園も
今回は訪れる予定です。

この二つの地方を訪れるのは16年ぶり。
ティープレイスとアンティークを中心に巡ってまいります。



【講師】
奥川伊津子
日本紅茶協会認定ティーインストラクター

【日時】
8月25日(金)11:00〜14:00

【講習費】
5,500円(税込・ミニランチサービス)
当日お支払い
※お申し込み後のキャンセルにつきましては
3日前より前日までのご連絡で講習費の半額、
当日のキャンセルは全額を頂戴いたします。

【定員】
7名

※会場へのアクセス(最寄駅:JR中央線国立駅よりバス7分)は
受付後、ご連絡させていただきます。

【おかげさまで満席となりました】

【お申し込み】
1. お名前
2. 住所
3. 電話番号(緊急の場合に連絡がつくもの)
4. メールアドレス


上記1〜4を必ず明記の上
当ブログ右欄のメールフォームよりお申込みください。
また、スマートフォンなどで、メールフォームの表示されない方は
当ブログ記事のコメント欄をご利用くださいませ。



コメント欄は、承認制になっておりますので
書き込んだ時点では表示されません。

ご予約のコメントは、非表示のまま
対応させていただきます。
返信用のメールアドレスを明記いただければ
追って直接メールにてお返事を差し上げます。

※いただいた個人情報は該当レッスンの募集受付のみ使用させて頂きます。


EnglandReport00web






アガパンサスweb




今日はかなりの蒸し暑さになりそう。
体調にはお気を付けくださいね。

さらっと・・・最近の庭の備忘録。

涼しげな色で、アガパンサスが咲いています。


コレオプシスweb



コレオプシスは我が家のミモザが咲く頃に咲いてくれるので
この後方にミモザのイエローが重なります。

優しいイエローに元気づけられて。



アスチルベweb



梅雨時の小径を彩る、ふわふわのアスチルベ。
色も柔らか。

この周りの色彩、しっとり落ち着いて好き。





クリンソウweb



ガーデン巡りの旅。

いきなり時系列ではなくて
1日目、美し森への寄り道のこと(笑)

深い緑の木々の中
クリンソウの鮮やかさが神秘的。


木道web



旅の大きな目的の一つに
八ヶ岳のSさんのお庭がありまして
当日もSさんと、時間などのメッセージのやり取りをしていたとき
クリンソウがおすすめと伺って。


美し森の観光案内所から
こんな木道を登って行きました。

片道15分〜20分くらいかな?

時間は短いながらも
なかなかの段差なので息が切れました


展望台からweb



登って行くと
こんなに見晴しが良いんですよ。

途中「日本一美味しいソフトクリーム」という看板が見えます。


清泉寮のソフトクリームは
これまでにも何度も食べていますが
この美し森のソフトクリーム
負けません・・・とってもとっても濃厚で美味しかったな。


途中、たくさんのサラサドウダンが満開でした。

サラサドウダンなのか?ベニサラサドウダンなのか?
ちょっと区別がつかなくて。
ご存知の方、教えてくださいませ。


Sさんのおかげで
素敵な寄り道になりました♪


美し森ベニサラサドウダンweb


このページのトップヘ