ジャコウアオイ(ムスクマロウ)ホワイト


パソコンの調子が良くないのは相変わらずなので
データをバックアップして、ただ今買い換え検討中です。

今、このブログを書いている途中でも、
ヒヤヒヤしながら使用しています。

引き続き、お急ぎのご連絡は
携帯電話へお電話あるいは、携帯へメールをお送りくださいませ。
よろしくお願いいたします。


最近の私は、夏休みの親子教室の準備や
(おかげさまで満席となりました)
イベントでの作品の思案中・・・思案している場合ではなく
手も動かさなくちゃいけないのですが(汗)


最近は幾分涼しかったとはいえ
真夏の庭は、暑さと蚊の攻撃に
のんびりテラスでお茶なんて優雅な気分ではありません(苦笑)
シトロネラのキャンドルも、蚊取り線香もあまり効果のないのはなぜでしょう?

秋になって涼しくなったら、ゆっくり楽しむとしましょう♪



そんな真夏でも、花たちは目に涼を運んできてくれます。

最初の写真は、ジャコウアオイ(ムスクマロウ)のホワイト。
実物は、とーっても薄っすらと、薄桃色がかっているのですよ。




オレガノ


オレガノ ノートンゴールドは、明るい黄緑色の葉に小さなピンク色の花。
隣のカラミンサがあまりに茂って、バッサリと剪定したのと交代に
グンと伸びてきました。



クレマチス テンテル


クレマチスは二番花が咲き始めるころです。

これはビチセラ系のテンテル。
植える場所がまだ決まっていないので、鉢植えにして白樺の枝につるを絡めています。
このままでも良いかなぁ。



踊り場
踊り場の二番花



クレマチスの踊り場も二番花。
写真ではわからないけれど、ホップのつると一緒に絡まっています。
ホップの方が、もっと上まで伸びていますよ。



糊空木(ミナヅキ)02
糊空木(ミナヅキ)01


ノリウツギのミナヅキは、まだまだ育つには時間がかかりそうで
花房も今年は小さめです。


植物を植えるときは、ここに植えて育ったらこうなって
花が咲いたらこんな雰囲気で・・・などと
あれこれ夢を膨らませて!想像して!期待して!植えています。

もちろん、自然のものですから
すべてが思い通りになんていかないし、知らないこともたくさんあるし
失敗も、た〜くさん。
でも、想像と違ったものが、想像以上に素敵だったりすることも♪

あっという間に育って、剪定が必要なものもあれば
育つまで時間がかかるものも。

そうやって、時を刻んで少しずつ
我が家らしい庭に育ってくれれば良いなと思います。




コーネリア


バラも二番花が咲き始めました。
夏は春に比べて花がずっと小ぶりです。

夏は摘蕾・・・と書いてあることもありますが
そのあたりは、育てる人の考え方次第の部分もあるので
私は摘雷もしつつ、でもある程度は咲かせて楽しんでいます。

咲かせると言っても、もちろん早めに摘んでしまいます。


コーネリア01


コーネリアは一度誘引し直しても
またサイドシュートが暴れだしたので、さらに誘引が必要です。

ランタンとブリキのポストはアンティークではありませんが
なかなかいい感じに錆びてきて、風情が出てきました。




アイスバーグ
バフビューティー01


アイスバーグとバフビューティ。

つるバラのベーサルシュートは、来年の花のためにまっすぐに伸ばして
強風や台風で折れたりしないように、支えています。
つるアイスバーグは、その支柱でも足りないくらいに伸びてしまって
隣のジューンベリーの枝を支柱代わりにするくらいになりました。



エッグスタンドを一輪挿しに


最後は、ヤグルマギク。
春に比べて、花は一回り以上も小さくなりました。
少々お疲れ気味ながらも、けなげに咲き続けてくれています。

塚田先生がスウェーデンから帰っていらして
鎌倉のアウトサイドインでは「スウェーデンのおみやげ市」とサマーセールを開催中。

私は、アンティーク?のエッグスタンドを一輪挿しにしようと思い連れ帰りました。
デイジーかな?マーガレットかな?
お花の柄が愛らしいです。

おみやげ市では、とてもきれいな色のヤグルマギクのフェイクフラワーもありましたよ。

先生の「Outside in days」を見て、
それではやっぱりヤグルマギクを飾ろうかなと
庭から摘んできました。