My Sketchbook

日々の暮らしのこと。 そして、暮らしにそっと手作りを添えて。 私らしい色合いで、描きたいな。

カテゴリ: 吉祥寺

4月吉祥寺


気が向くとぶらりと出向いたり、手作りの材料や紅茶を探しに行ったりしていた吉祥寺も、前回の引越しとともにこの一年すっかり足が遠のいていました。
でも今度の引っ越しで・・・春の気配とともに外出の虫も動き出し(笑)友達とおでかけすることにしました。

ちょうど一ヶ月前も同じ友達と吉祥寺巡り。
でも、そのときは二人ともまだ少し冬の名残のあるコート姿だったけど、この日はお互いパステルトーンのストールを巻いて♪
彼女は桜色のストールがよく似合っていました。

まだお花見の人も多く駅も混んでいました。「井の頭公園行ってみる?」とまずはお散歩からスタートです。

水面に枝を伸ばした桜も思いの外まだ楽しめる様子で、たくさんの人でにぎわっていました。
このあたりも良いけど、私は実はもっと西寄りの御殿山の雑木林が好きだったりします。木漏れ日の中を歩き、足元の小さなすみれが気になったり・・・なんだか上手く言えませんが、歩いていて心地良さが感じられるところです。


4月吉祥寺御殿山にある「Cafe du lievre うさぎ館」でランチ。

犬の散歩などで行きかう人々を眺めながら、そば粉のガレットをいただきました。ワンちゃん連れた人多くて、良いな〜なんて思いながら食事とおしゃべり。




外を眺めていると、大きなうさぎを抱っこした人が。その後しばらくしたら、今度は鷹!?(だと思う。)を肩にのせた人が!

「あれも散歩?鷹も散歩?」と私の頭に「???」が渦巻いていると、友達に笑われてしまいました。確かにね・・・歩いているのは人だけで、鷹は歩いていないしし・・・鷹は空を飛んでるときに散歩っていうの?なんだかよくわからなくなったので、考えるのをやめました(笑)


4月吉祥寺ランチの後は、今度は御殿山を吉祥寺通りの方へ抜けて「Promenade(プロム・ナドゥ)」へ。

ここは作家ものの焼き物やかご、バッグ。シンプルなんだけど温もりが感じられるような心惹かれる雑貨が並ぶお店です。




このあと中道通りを歩いてヨーロッパのボタンやビーズのお店「L-musee(エル・ミューゼ)」を見て、お目当ての「A-materials」へ。
もちろんここへ向かう途中にも、いろんなお店があるのですが
それは最後におまけの「三月の吉祥寺」に少し記しますね。

A-materialsは以前、大正通りに「Socks*Ciao!」という名前でお店があったときにときどきふらりと立ち寄るお店でした。
ヴィンテージのドレスファブリックやフィードサックや雑貨・・・小さなお店の中にステキなものが溢れていました。でも、そのころの私にはこのオシャレな布をどう活かしたらいいのか分からなくて、いつも眺めるばかり。お買い物したのはたった一度だけでした。

移転後の店内は、雑貨は少なくなりとてもシンプル。
三月に訪ねたときは、セミオーダーのお洋服のことを伺い、カルトナージュに使う布を購入しました。四月のこの日は、オーナーさんが買い付けてきた布がもう出ているかな〜なんていう淡い期待を持っていたのですが、荷解きを終えて店頭に並ぶのは五月になるそうです。また行かなくっちゃ♪



4月吉祥寺A-materialsを後にして、次は紅茶!
ダージリンのファーストフラッシュを求めて「Leafull」へ。



4月吉祥寺


わぁ〜久しぶりの若々しいファーストの香りです。


まだ5種類ほどの入荷でしたが、ゆっくりと試飲させていただきました。


この日はタルボ農園のDJ-1とグムティ農園のEX-1を購入。
DJ-1の響きがファーストを感じますね♪
まだ他にも気になるものがありましたが、これから続々と入荷の予定とのことだしマーガレッツホープもこれからだし・・・と我慢・我慢。
ここでも友達とまた五月に来ることを誓いあい(笑)最後にDans Dix ans(ダンディゾン)で朝食用のパンを買い、この日の吉祥寺巡りを終えました。

吉祥寺は行きたいお店が多すぎて、とても一日では回りきれないのです。
やっぱり楽しいな〜。吉祥寺のお買い物。
冬の間に硬く閉めていたはず(?)のお財布の紐が、春と共にゆるみっぱなしです・・・。
でもまた行こうね〜(^^)/~

続きを読む

羊毛フェルトのバッグ
少し前のころ、外を歩いていると、
白いこぶしの花が満開でした。

今日同じところを通ったら、こぶしに次いで紫木蓮が咲きはじめていました。

春の花のリレー・・・みたい。


このところ、急に寒くなった気がしていたけど、寒くなったのではなくて、
やはり2月が暖かすぎたようですね。

春分の日まであと少し。

羊毛フェルトの記事は、
ひとまず今シーズンはこれで終わりにしようかと思います。







ミニバッグ・・・作ったコサージュが似合うバッグにしたいと思って
フェルトで雑貨を作ったら。―simple zakka and bag of felt wool
に掲載されているバッグの形を参考にしました。



ふわふわの羊毛を、石けん水ですりすりとこすってフェルト化。
そうして立体のものが出来上がるのは、ちょっとした感動ですよ。


フェルトバッグ中羊毛はアナンダのもの。
外側の色はコサージュと同じ色で、内側は水色です。

ソファーまわりがまだ冬のままでした。
オハズカシイ。
もう春に模様替えしなくちゃ。



お部屋の中より一足早く

ベランダは、少しずつ春の装い。


ムスカリ




rose1



       ブレーメンの音楽隊


またまた切手のペンダントを作りました。

今回は、ドイツのグリム童話「ブレーメンの音楽隊」の切手です。
ろば、犬、猫、雄鶏・・・動物さん達のシルエットが可愛らしくて、
でもデザインがシックだから大人っぽく使えそうかななんて。


ガラスのカットにも慣れてきたからか、このくらい小さなものなら
思い立ったときに気軽に半田付けまで一気に仕上げられ、作るのが楽しいです♪



ペンダントの裏面裏面は、家にある布の中から
切手の赤と黒にあわせてみました。
アメリカのヴィンテージファブリックです。
柄が斜めになっているのですが、こういう柄なのですよ。
ちょっとめずらしいですよね。

なんだか裏のほうが派手ですね☆



切手は吉祥寺の「octobre」で。
ハモニカ横丁の中にある雑貨屋さんです。
ほかにもハーメルンの笛吹き男などの絵柄などもありました。

ブレーメンの音楽隊は350円くらいでした。
近所で買っていたハンガリーの切手は、189円だったので比べるとちょっとお高い気がしたけど
元の値段もそれぞれ違うだろう思って決めちゃいました。
吉祥寺のまた別の雑貨屋さんでは、白雪姫や眠り姫の切手が四枚セットで2,000円以上したので、それはちょっと手が出ませんでした。

ネットでも、可愛らしい切手を扱うサイトが増えましたね。
クリスマスの絵柄がすてきなものがあったので、
次はクリスマス柄で作ろうかななんて思っています。

夜中の雷・・・いつまで鳴り響くのかと心が落ち着かず
雨も強くて、目の前の小さな川が溢れ出すのではないかと
何度もベランダから覗きこみ、あまり眠れない夜でした。


お神輿でも、お空も秋のお祭りの邪魔はしないようにと
土曜・日曜日は晴れにしてくれていたのかな?

土・日と、吉祥寺は秋のお祭りでした。
takasanは出張中。
お祭りは、お友達と一緒にでかけました。



お神輿のそばによると、担ぎ手の熱気を肌で感じますね。
体感温度2℃は、上昇するかな。
威勢の良いかけ声、はちまき姿、みんな格好良い!


懐かしのラムネを楽しんだり
金魚すくいの子ども達をのぞきこんだりしながら、
吉祥寺をぐるぐると歩きました。

途中、リーフルダージリンハウスへ。
水出しのウェルカムティをいただいてから、ダージリンのセカンドフラッシュを試飲させていただきました。


ダージリンタルボ農園3種類、マーガレッツホープ農園2種類を
それぞれ蒸らし時間を変えたりしながらいただいて
私が購入したのはこちら。

タルボ農園DJ-167スペシャルチャイナと
マーガレッツホープマスカテルディライトDJ-300です。



スタッフの方がとても丁寧にいろいろと教えてくださいました。
農園ごとの個性の違い、それからさらに細分化されて・・・と
試飲したどれも香り、味わいとも個性が違うけど
どれもが美味しい紅茶でした。

最後に、サングマ農園ユメコバリDJ-133ダイアナまでも試飲させていただきました♪
この香りといったら・・・(私では表現できないくらい)華やかに広がるものでした。

13周年フェアということで、プッタボン農園のティーバッグのプレゼントも。

外の祭りの賑わいとは、うってかわって・・・ゆったりしたひととき。


さて、最後はまたにぎやかな場所へ。
以前、友達も行ってみたいと言ってたので、いせやへ。
乾杯〜 ここでも小さなお祭りです。

いせや看板吉祥寺の「いせや」。

吉祥寺を少しでも知っている人なら、
名前を耳にしたり
吉祥寺に行ったことのある人なら
バス通りの総本店か、井の頭公園入り口の公園店のどちらかの賑わいを目にしたことがある方は、少なくないでしょう。

懐かしい昭和の雰囲気漂う店構え、あの賑わい
私もあの中に混ざりたい・・・ず〜っと、思っていたのです。

ついに、憧れの「いせや」で片手にやきとりが実現しました



いせやの店内ある意味オープンエアー・笑のお店なので
昨日は絶好の気候だったのです。
気持ちの良いお天気の中、吉祥寺まで歩き
喉を乾かせて、総本店へ。

総本店は、実は9月24日までの営業で、その後ビルの立て替え工事に入ってしまうそうです。

立ち飲みカウンターも渋くて良いけど、
お買い物の荷物もあるし、歩き疲れたのでテーブル席にしました。

見知らぬ中年男性二人と相席でしたけど
こういうお店は、それもたいして気になりません。
工事期間の仮店舗の話しなんか一緒にしちゃったりして。

仮店舗は、10月から旧三越の脇の通り沿いで営業するみたいです。
公園店は、そのままなのかな?


いせやの焼き鳥肝心のやきとりは、どれも一串80円です。
お安いでしょ。
お肉も大きめで、けっこうお腹いっぱい。

このやきとりには、ホッピーが絵になりそうです。(飲んだことないけど・笑)

takasanのビールが先に空いて、私はまだ少し残っていたんです。
でも、2杯目を私の分も合わせて2つ頼んだのですけど、
次を頼むときはジョッキを空けて渡さなくちゃいけないんですって。
慌てて、一気飲みです。
相席の人、驚いた顔して見てました



いせやカウンター世のおじさま達のいい笑顔が、たくさんあるお店だな〜としみじみ。
待ちきれないグループが、道端で飲み始めたりして
それも、また楽しそう。

こういうお店、これからどんどんなくなっちゃうのですかね。
建替え前にここで雰囲気味わえて良かった。

そして、上機嫌で家路につき、買い物の荷物を忘れたことに気がついたのでした

果物でつくるコンフィチュールお菓子研究家いがらしろみさんの
『ジャムの小さな愉しみ』展が
吉祥寺にあるギャラリーFeveで、始まりました。

期間中、ギャラリーでろみさんが
ジャムを作っていらっしゃいますよ。

ブルーのストライプを身にまとい
フルーツの下ごしらえをするろみさんの姿からは
食べる愉しみはもちろん、作る愉しみも伝わってきます。

新刊「いがらしろみの果物でつくるコンフィチュール」も先行発売。

おしゃべりも楽しみながら、
「Merci!」と可愛らしいサインを書いていただきました。


ろみさんのおかげで、作る愉しみにも目覚めた私にとっては
こちらこそ「Merci」の気持ちです。

本の中身は、どれを作ろうか迷ってしまうくらいの
レシピのオンパレード♪

そして、どのページもスタイリングがとってもキュートです。

ジャム×パンセットおみやげに、ジャム×パンセットを購入。

fogのバッグに、地下1階のDans Dix ans(ダンディゾン)のパン。

それにジャムが選べるセットでした。

続きを読む

しだれ桜


桜、咲きましたね♪
ソメイヨシノは、ほぼ八部咲きくらいのようです。

先週末のこと。
家でランチを食べていたらtakasanが
「天気が良いから、散歩に行かない?お花見しに。」と。

私 「まだ少し、早いんじゃない?」
T 「でも、歩かないと痩せないよ。」
私 「行く。行く。すぐ行く。」

慌てて、今日のおやつを包み、出発♪

この日はまだ、ソメイヨシノは一分ほどしか咲いていませんでしたが、
しだれ桜は写真のとおり、もう満開でした。

ただ見上げる、満開の桜。

しだれ桜2


しだれ桜3








まだかまだかと、そわそわさせるつぼみ。

青空の下の満開の桜、艶っぽさも漂う夜桜。

散りゆく桜、そして花びらの絨毯。

・・・短い間にも、さまざまな風情を見せてくれ

しおれて、枯れてとどまるのではなく
はかなく散っていくから、こんなに惹かれてしまうのでしょうか。

ちおのどくさ桜の頃は、ついつい枝を見上げてばかりですが
こんなに小さな山野草も春を教えてくれました。

山野草、あまり詳しくないのですが
ちゃんと名札がつけられていました。

これは「チオノドクサ」。


たちつぼすみれたちつぼすみれ2こちらは
「タチツボスミレ」

可憐な姿ですね♪

すみれは好きな花なのです。




さて、お花見あとの番外編。

先週、吉祥寺からの帰り道
準備中の店の前をとおり、カフェができるのかな?と気になっていたお店がありました。

takasanが、「オープンしそうなお店があったんだけど・・・。」
私 「あ、私も気になってた。」
T 「じゃあ、おやつ♪」
私 「歩いて痩せるはずだったんだけどなぁ。」
T 「帰りも歩けばいじゃない。」
私 「行く。行く。食べる。」

PANCAKE DAYsオープンしたのは
PANCAKE DAYs(パンケーキデイズ)

吉祥寺のほかに、高円寺にもお店があるそうです。

スイーツ系のトッピングのパンケーキ以外にも
アボガドとえびなどを使ったサンドイッチ系
バーガー系などがありました。

PANCAKE DAYs2








注文したのは、プレーンなパンケーキと
写真のミニバーガー。

バーガーよりも、プレーンな方が好きでした。
次は、スイーツメニューにも挑戦してみます。

もちろん、ちゃんと歩いて帰りましたよ。

運動、運動!・・・になってるのかな?
ちっとも痩せません。
それ以上に、食べてますもの。

紅茶を扱うお店で、こんなフレーズを目にしませんか?
・・・「ダージリン セカンドフラッシュ入荷しました」

初夏の頃摘まれた、セカンドフラッシュを早く楽しみたくて
7月の夏の暑い日、紅茶のお店へ足を運びました。

いくつもの農園のたくさんの紅茶に、目移りしてしまいます。
試飲させていただき、比べてみると
「マスカテルフレーバー」と、ひとまとめに称される華やかな香りも
ひとつひとつ違う個性があります。
どれも違って、どれも美味しい!
う〜ん、ひとつになんて選べない。全部飲みた〜い!と、結局、3種類を購入しました。

マーガレッツホープ農園3品左から、マーガレッツホープ農園の
「Muscatel DJ−291」
「Muscatel DJ−295」
「Muscatel Delight」。




Muscatel Delightは、試飲していませんでしたので
家に帰って、楽しみました。

Muscatel Delightほら、きれいなオレンジ色の水色でしょ。
華やかな香りに、暑さも忘れるほどです。

飲むひとによって、紅茶の好みもさまざま、十人十色。
みなさんも、たくさんの紅茶の中から
自分好みの紅茶を探しに出かけませんか?
暑いですけど、ね・・・☆

このページのトップヘ