My Sketchbook

日々の暮らしのこと。 そして、暮らしにそっと手作りを添えて。 私らしい色合いで、描きたいな。

カテゴリ: 家作り 外構&庭

ジャコウアオイ(ムスクマロウ)ホワイト


パソコンの調子が良くないのは相変わらずなので
データをバックアップして、ただ今買い換え検討中です。

今、このブログを書いている途中でも、
ヒヤヒヤしながら使用しています。

引き続き、お急ぎのご連絡は
携帯電話へお電話あるいは、携帯へメールをお送りくださいませ。
よろしくお願いいたします。


最近の私は、夏休みの親子教室の準備や
(おかげさまで満席となりました)
イベントでの作品の思案中・・・思案している場合ではなく
手も動かさなくちゃいけないのですが(汗)


最近は幾分涼しかったとはいえ
真夏の庭は、暑さと蚊の攻撃に
のんびりテラスでお茶なんて優雅な気分ではありません(苦笑)
シトロネラのキャンドルも、蚊取り線香もあまり効果のないのはなぜでしょう?

秋になって涼しくなったら、ゆっくり楽しむとしましょう♪



そんな真夏でも、花たちは目に涼を運んできてくれます。

最初の写真は、ジャコウアオイ(ムスクマロウ)のホワイト。
実物は、とーっても薄っすらと、薄桃色がかっているのですよ。




オレガノ


オレガノ ノートンゴールドは、明るい黄緑色の葉に小さなピンク色の花。
隣のカラミンサがあまりに茂って、バッサリと剪定したのと交代に
グンと伸びてきました。



クレマチス テンテル


クレマチスは二番花が咲き始めるころです。

これはビチセラ系のテンテル。
植える場所がまだ決まっていないので、鉢植えにして白樺の枝につるを絡めています。
このままでも良いかなぁ。



踊り場
踊り場の二番花



クレマチスの踊り場も二番花。
写真ではわからないけれど、ホップのつると一緒に絡まっています。
ホップの方が、もっと上まで伸びていますよ。



糊空木(ミナヅキ)02
糊空木(ミナヅキ)01


ノリウツギのミナヅキは、まだまだ育つには時間がかかりそうで
花房も今年は小さめです。


植物を植えるときは、ここに植えて育ったらこうなって
花が咲いたらこんな雰囲気で・・・などと
あれこれ夢を膨らませて!想像して!期待して!植えています。

もちろん、自然のものですから
すべてが思い通りになんていかないし、知らないこともたくさんあるし
失敗も、た〜くさん。
でも、想像と違ったものが、想像以上に素敵だったりすることも♪

あっという間に育って、剪定が必要なものもあれば
育つまで時間がかかるものも。

そうやって、時を刻んで少しずつ
我が家らしい庭に育ってくれれば良いなと思います。




コーネリア


バラも二番花が咲き始めました。
夏は春に比べて花がずっと小ぶりです。

夏は摘蕾・・・と書いてあることもありますが
そのあたりは、育てる人の考え方次第の部分もあるので
私は摘雷もしつつ、でもある程度は咲かせて楽しんでいます。

咲かせると言っても、もちろん早めに摘んでしまいます。


コーネリア01


コーネリアは一度誘引し直しても
またサイドシュートが暴れだしたので、さらに誘引が必要です。

ランタンとブリキのポストはアンティークではありませんが
なかなかいい感じに錆びてきて、風情が出てきました。




アイスバーグ
バフビューティー01


アイスバーグとバフビューティ。

つるバラのベーサルシュートは、来年の花のためにまっすぐに伸ばして
強風や台風で折れたりしないように、支えています。
つるアイスバーグは、その支柱でも足りないくらいに伸びてしまって
隣のジューンベリーの枝を支柱代わりにするくらいになりました。



エッグスタンドを一輪挿しに


最後は、ヤグルマギク。
春に比べて、花は一回り以上も小さくなりました。
少々お疲れ気味ながらも、けなげに咲き続けてくれています。

塚田先生がスウェーデンから帰っていらして
鎌倉のアウトサイドインでは「スウェーデンのおみやげ市」とサマーセールを開催中。

私は、アンティーク?のエッグスタンドを一輪挿しにしようと思い連れ帰りました。
デイジーかな?マーガレットかな?
お花の柄が愛らしいです。

おみやげ市では、とてもきれいな色のヤグルマギクのフェイクフラワーもありましたよ。

先生の「Outside in days」を見て、
それではやっぱりヤグルマギクを飾ろうかなと
庭から摘んできました。


クイーンオブスウェーデン一番花の季節も一番花はすべて終わり


台風がきていますね。

5月に関東を通過するなんてことあるのでしょうか?
まだ咲いているバラもあるというのに
焦ってしまいます〜。


クイーンオブスウェーデンは一番花がすべて終わりました。
こんなにたくさんのベーサルシュートは見たことがないというくらい
5本も伸びてきています。

アンブリッジローズも、元気の良いベーサルシュートが。
こちらはもう他の枝より伸びてしまったので
ソフトピンチをしておくことにしました。




モーティマーサックラー


イングリッシュローズのモーティマーサックラー。
ご縁がありまして、いただいたものです。

シャクヤクを小さくしたような花姿。
ソフトピンクの色が優しいです。




ピンクサクリーナの開き始め方


こちらも同じ方からいただいたピンクサクリーナ。

咲きかけのピンクのグラデーションが美しいです。




ピンクサクリーナ02


開くと潔く一重の花。




ロイヤルホワイト


ミニバラのロイヤルホワイトは、数年前に私が初めて手にしたバラ。
しかも何かの景品で偶然いただいたものでした。

昨年の我が家の悪環境で、瀕死のようにも見えていましたが
今年、無事花を咲かせてくれました。




コーネリアも咲いた♪


コーネリアも咲き始めています。




コーネリア


蕾から咲き始めはアプリコットピンク。
咲き進むにしたがって、優しげなソフトピンクに。

ひらひらとした花姿の房咲きがとても愛らしい。




before


コーネリアは庭のもっとも奥まったところの
ガーデンシェッドの横の板壁に這わせるつもりで
冬に植えました。

写真はまだバラを植える前、
昨年の10月の終わりに、外構工事が終わったところ。

構造物などの工事をしてもらってから、
続きは少しずつ自分でペイントして棚をつけてみたり
ブリキのポストなども飾ってみたり少しずつ手を加えて
まだまだ現在進行形です。




コーネリアとガーデンシェッド


そして5月。
板塀の上部まで誘引の準備はしてあるけれど
まだまだ届きません。
じっくり待つことにします♪


ゲラニウム ビオコボ


今日は朝から雨の鎌倉へ。

道すがら、卯の花(空木)がしっとりと雨に濡れていて
たおやかな表情を見せてくれました。


庭の白い花々に続いて、今日はそれ以外の花たちを。


大好きなフウロソウの中で、最初に咲いたのは
淡いピンクのゲラニウム ビオコボ。

花びらが透き通るようです。




ラミウム


次もピンク色。
日陰にも強いラミウムです。
葉の色も特徴があって、楽しめますね。




バコパ


バコパもピンク。
素朴な花形にほっとします。




キンギョソウ ピンク


ピンクとイエローのバイカラーはキンギョソウ。
明るい色合わせです。




ボリジ


ボリジはうつむきがちな青いお星さま。




デルフィニウムブルー


鮮やかな青いヒエンソウ(デルフィニウム)・・・は、植えていないはず?

というのも・・・




デルフィニウム パープル


冬になる前に苗を自分で植えたときは、
この紫色になることを予定していたのです。
そして春になり、この紫色のヒエンソウの株から二つの花茎が伸びてきて・・・。

なぜか2色に咲きました???

そうです。この2色は実は同じ株元から咲いています。

あまりにも鮮やかなブルーに惚れ惚れしたので
これはこれで楽しませてもらったので、嬉しいサプライズ。




ネメシア パープル


昨日載せたネメシアのもう一色は、薄紫。
この色、なかなか気に入ってます♪




クレマチス ムーンビーム02


クレマチスのムーンビーム。

同じフォステリー系のピクシーによく似ていますが、グリーンのピクシーよりも
もっと淡くて白に近い黄緑色。

花の大きさも、ピクシーより少し小さめです。




フェスツカグラウカ


最後は葉色がとても美しいグラス。
フェスツカ グラウカ。

葉色はシルバーグラスともブルーグリーン言われるようですが
う〜ん・・・我が家ではブルーグリーンかな。

この季節、繊細で涼しげに風に揺れる花穂を楽しむことができます。


フェスツカ グラウカ


スイートアリッサムがこんもりと


今年は少し春の遅い、三月そして四月と芽吹きの楽しみのあと
五月は新緑!
そして、花々も溢れるように咲いています。

都心に比べて、やはりこのあたりは少し寒いのか
我が家のバラは、まだ咲かず・・・。

前回の写真のミニバラ、グリーンアイスは
今年の春に、すでにお店で一つ咲いていたものをお迎えしたので
我が家で咲いた一番花ではありません。

たくさんの蕾をつけて膨らんできている我が家のバラたち。
今か今かと待ちわびています。


今日のブログは、白い花々を集めて。


スイートアリッサムは、秋の花後に短く切りつめておきました。
冬越ししたら、何倍にも株が大きくなりました。

写真の手前にぽつぽつとある葉は、こぼれ種から育っています。



こぼれ種でどんどん増えます♪


たった一株だったのに。
あちらこちらに広がって、こぼれ種の株からも花が咲き始めました。



プラティアスターラベンダー ホワイト


グラウンドカバーとして早春に植えた、プラティアスターラベンダー。
おそらく、この写真のサイズで見る花の大きさより
実物の方が一回り小さいと思います。

名前の通り星の形の花は、私の小指の爪先ほどしかありません。

話はそれますが、私は指だけは!細い。
体重は、結婚前に比べて10kgも増えましたが(冷汗&脂汗)
指のサイズだけは、今のところなぜか変わらず。
薬指は5号です。小指はいったい何号になるのだろう?

そんなどうでも良い話(笑)はさておき、お花のつづき。



シンバラリヤ



やはりグラウンドカバーのツタバウンランの白花。

これは園芸種ですが、シンバラリアとかキンバラリア、
ツタカラクサ、コリセウスアイビー、とにかく色んな名前があるみたいです。
もともと薄紫のツタバウンランって、
普通に道端とかに咲いていて身近なものですよね。



タイム


タイムは、施工をお願いした清水工業ガーデンさんが
たくさん植えてくださって
グラウンドカバーの中ではもっとも株数が多いです。

種類は葉を見分けると、おそらく3、4種類かな?

タイムの花は本当に小さくて可愛らしい♪



アラビスプロクレンス



アラビス プロクレンス。

これは、自由が丘のブリキのジョーロで一目ぼれしてお迎えしました。

華奢な花茎に、小さな白い花。 葉には赤みがあります。
とても地味ながら、そよそよと風に揺らぐ風情と良い
控えめな野趣も感じられてまさに好みです。



ネメシア ホワイト02



ネメシアのホワイト。

カメラのホワイトバランスを間違えたみたいで(汗)
実物とちょっと色味が違いますけど、本当はもっと白いです(恥)

冬越ししたあとの株はしっかりと大きくなって、花数もたくさん!



キンギョソウ ホワイト



キンギョソウのホワイト。
切花にして、部屋にも飾っています。
花持ちも良くて、部屋の中が明るくなる気がしますよ。



そして最後は、イングリッシュデージー。

デージーは品種が色々あり、花色も草丈もさまざま。
どれを植えようか迷っていました。

シャスタデージーも本当は好きなのですが
草丈が高くて、 花も大きくかなりのボリュームになりますよね。

植えたい場所は、家の前の道路からアプローチに入る一番手前。
こじんまりとした野花のように植えたかったので
草丈も花も小さなイングリッシュデージーを植えることにしました。

足元に覗くような野花の雰囲気が、この場所に似合いました。

イングリッシュデージー

いよいよ春一番が吹きました♪

今日の日中は、庭にいると本当に暑くて顔も火照るような陽射しでした。

風が強くてコンタクトレンズでの作業はつらい・・・。

でもこれだけ暖かいと、バラの冬作業も急がなくては!と
焦るというか、気合が入るというか。。。

誘引作業


本当は来期にしようと思っていたはずの
「つるアイスバーグ」を先日お迎えしてしまいました。

つるアイスバーグはクライミングローズなので、その特性を生かせるように
カーポートの支柱に沿って誘引できるところへ植え、誘引も今日のうちに頑張りました。

我が家は家の壁も、庭の板壁も白い色なので
白いバラは、茶系のカーポート付近に植えたほうが色が映えるかなぁとも思ってたりして。

お庭はもちろん何年もかけて、地道に気長に頑張るつもりだけど
アプローチのすぐ横でもあるので、ちょっと欲張り長尺苗にしてしまいました。

写真は、今日は家で事務仕事をしていた夫が
休憩がてら様子を見に来て、面白がって撮ったもの。

長靴を履いたまま、脚立にのり奮闘中のところです。

私の二重あごを思い切り下からのアングルで撮られたりもして。
もちろん、そんな写真はすぐに消去ですヨ!!(笑)

作業途中に、義母の干した羽毛布団が強風にあおられて
下に落ちてくる・・・なんてハプニングもありました。
ちょうど私が外にいて良かった〜。

つるアイスバーグではなく、フロリバンダの「アイスバーグ」」の方は、
以前から鉢植えで育てています。
育てているとやっぱり白って、飽きない普遍の美しさがあるように思えます。
そして、冬場に薄っすらとピンク色に染まる姿もまた美しいです。
やっぱりこの花が好きで、つるまで迎えてしまったわけです。

フロリバンダの方は、今年は庭植えにしようか迷って
結局場所が決められなかったので、鉢増しだけすることにしました。

ガラがいっぱい


バラの苗を庭植えするためには、かなり大きく深く土を掘ります。
植物には質のよくない我が家の固い庭の土を深く掘りおこしていくと、もっと固くガチガチとしたものに当たります。
解体のときのものであろうガラが、こんなにいっぱい出てきます。

一つ穴を掘って、たくさんのガラを取り除き・・・なんてことから始めていると
たった一つの苗でも、植えるまでに軽く1時間はかかってしまいます。

それでも、時間をかけて月日をかけて
愛しい庭が徐々に成長していってくれたら良いなぁと思いながら、
2月は頑張りどころです。

今日も通りがかりの人が話しかけてくださって
ひたすら黙々と作業している身には、それもとても嬉しいひととき。
小さな触れ合いに感謝です。

ここ数日、日中は春の前の冬作業に専念していたので腰がカチカチに張っています。
気づいたら、夕方ソファで小一時間眠ってしまいました。。。

明日はまた寒さが戻るそうですね。
花粉も飛び始めているようですし、皆さまお体に気をつけてお過ごしくださいね。

明日は誘引作業のまだ終わっていないところを、仕上げなくちゃ〜。


白樺



年明け前に、あまり庭のことを書き記しておけなかったので
遅ればせながら少しずつ、今年は書き記していこうと思っています。

昨年の10月の終わりに、外構の工事が終わりました。

清水工業ガーデンさんにお願いして、株立ちの姿がとてもきれいな白樺の木を植えてもらいました。

今は落葉しているので、春になったらどんな風に見えるのか本当に楽しみです。



パンジー 01フリルパンジー
フリルパンジー02


一年草は、シックな色合いのフリルパンジーなどを植えてくださいました。



パープルクランベリーそれから、宿根草はたとえばセージはアズレアやクリームなど、色合いの優しいセージを植えてもらえました。

平板には、こんな風に穴を開ける細工をしてくださって、パープルクランベリーが♪
この写真は10月に撮ったものなので、今はもう冬枯れの雰囲気になってきましたよ。




11月植えたいものたくさん!




あらかじめパンジーやビオラはたくさん植えてくださったので、この類はもう今シーズンは自分で植えなくても良いかなぁと思い、11月には、中低木や宿根草、球根を中心に苗を探して植え付けました。

中でも一番利用したのが、「おぎはら植物園」
こちらは、私にとってはと〜ってもツボな宿根草が揃っていて、際限なくポチッとしてしまいそうで自制するのが大変でした(笑)


我が家の庭は、植物にとってはあまり良い土とはいえず
かと言って、全体を土壌改良するのは難しいので、
植えつけ場所を大きめに掘っては、腐葉土や堆肥、元肥をせっせと施し
足りなくなってはホームセンターで買い足したりしながら頑張りました。



糊空木(ミナヅキ)ブッドレア ブルーダイヤモンド
ブッドレア ピンクパール


左から、糊空木(ミナヅキ)、ブッドレア ブルーダイヤモンド、ブッドレア ピンクパール。



クリスマスローズ 04クリスマスローズ03
クリスマスローズ 02


クリスマスローズ 01クリスマスローズは鉢植えで育ててきたものをおろしたり、新しくお迎えした苗も植えました。

大きな株に育ってくれると良いなぁ・・・。








銅葉ラブラドリカ


大好きなラブラドリカは、鉢植えで育てていたものを株分けして数箇所に植えつけてさらに新しい苗も植えました。

どれだけ好きなんでしょー♪










これまで鉢植えで育ててきた子たちのほとんどを、初めて地植えにおろしたので
上手く根付いてくれるかドキドキなのです。


もの言わぬこの子たちが、寒い冬の間に目には見えない土の中で静かに根を広げ
春までに無事、株が育ってくれるよう心の中で願いながら。

それはどこか人生訓をも感じさせてくれる作業です。



松虫草は2種類植えてみました。
左は姫松虫草(スカビオサ)で、右はエースオブスペード。
春まで咲かないと思っていたら、姫松虫草はもう咲いています。


姫松虫草(スカビオサ)
松虫草 エースオブスペード


他にもアストランティアやクレマチスなど色々・・・。
また追々、覚書として残したいと思います。

宿根草が多いと、春になってどのくらいのボリュームになるかがまったくわからないので
春がきてから、矢車草なども足したていきたいところです。


腰痛持ちの私には、植え付けはなかなかキツイ体勢だけど
作業のときは夢中で忘れてしまいます。

バラの植え付けも徐々に頑張ります!!

ガラスエッチングのキャンドルホルダー02
              (ガラスエッチングデザイン:junオリジナル)



キャンドルの揺らぐ灯りに温かさを感じてホッとします。

ちょっぴり?大人っぽさを意識したガラスエッチングにしてみました。


底の部分のミラーにもエッチングしています♪
              (ガラスエッチングデザイン:junオリジナル)


キャンドルホルダーの底の部分は鏡になっています。
ここにもガラスエッチングを。




冷たい雨です。日付は変わってしまいましたが
寒い一日でしたね。
窓の外は雨。



雨の一日

体調に気をつけないと風邪をひいてしまいそうです。
皆さんも、どうぞお気をつけてくださいね。


つい先日、外構と庭の工事が終わりました。
日が短くなり、暗くなっても
二人の職人さんが毎日頑張ってくださいました。
工事の種類によって、職人さんが入れ替わるのかと思っていたら大違い。
なんでもその二人でしちゃうのです。
ホントすごかった!!

10月は慌しく過ぎ、なかなか途中経過を書けずにいたけど
工事中の写真は少し撮ってあるので、11月に書けたら良いなと思っています。
うぅ〜思っているだけになってしまったらゴメンナサイ。

植栽の方はこの時期、落葉樹はほぼ裸ん坊(笑)
まだまだ植えるスペースがあって
来週は、鉢植えたちを地植えにおろしたり
これからでも間に合う秋植えの球根や苗を植えたいので
お天気が良くなることを祈ってま〜す。

限られたスペースの中でも工夫して楽しみたいので
板壁にも色々細工をするつもりだけど、これは春になっちゃうかなぁ。


秋の終わりに庭ですることは、冬の支度。その先の春の支度。

なんて書くと、まだまだ先のことばかり考えているかのようですが
それ以外の自分の予定を、スケジュール帳片手に書き出してみたら
目の前に急いでしなければならないことが並んで、
が・頑張らないと〜と自らに気合?を入れてみました。



部屋の中は今の季節、秋色になった美しいミナヅキを飾って。
大好きな色。

ミナヅキ(糊空木)も庭にお迎えするつもりです。


10月 115

除草終了〜



今日から工事が始まりました。
まずは外構工事・・・のまえに除草から。
お手数おかけしています・・・。



工事は、清水工業ガーデンさんにお願いしています。

清水さんは、いつもご夫婦揃って打ち合わせにいらっしゃるんですよ。
明るくて元気いっぱいのお二人。
今日は他に作業スタッフの方がお二人。



イベントにも積極的に出展されている業者さんです。
今年参加されていた庭に添えられた文章に

“庭をデザインするときに必ず心がけていることがあります。それは「植物とともに人が庭にいる」ということです。「いつでも草花に囲まれて人が庭にいる。」 〜中略〜 自然を肌で感じるとても素敵なことです。”

と、ありました。
ちょうど昨年出展のお庭を見たときに私が感じたこと。
そして、私たち夫婦が庭に求めていることでもありました。

もともと気になる業者さんの一つでしたが、
それに加え、私にとって心に留まる言葉となりました。
わざわざそのボードまで写真におさめてあります(笑)

そして今回、我が家の庭作りの思いを託して
力をお借りすることになりました。



後ろもすっきりさて〜建物まわりがすべてすっきりしました。
嬉し〜い♪
建替える前のこの場所に引っ越してきたのが
2年9ヶ月前。
草取りするのがとにかくいつも大変だったけど
ユンボでざくざく草ごと掘り返されるのを見ていると、なんて早いことか・・・。
そのユンボ置いていってもらいたい!

いやいや、もう工事するからいらないのか(笑)

忘れもののヌカラーズ





ヌカラーズが一つ見つかりました。
撤去のとき見えなかったのでしょう。あまりに草ぼうぼうだったから(汗)





カーポート下地朝のお天気の様子から、除草だけになるかと思ったら
結局、雨は大丈夫でした。

今日のうちに、カーポートとアプローチの下地までたどりつきました。










キッチン横にはいわゆるブロック塀があります。


キッチン横01




この塀を隠しつつ、テラスができる予定です。


キッチン横02



        資材サンプル01


外構工事&庭作りで使用する予定の資材たち。
ピンコロ石やアンティークレンガ、トラバーチン、レッドシダー等々。

この他にも平板など加わる予定です。

資材サンプルって、大好き♪

もちろん実際の暮らしの中で使われてこそ
生きてくるものなのだけど
その質感や形状、色合いなど、見ているだけでワクワクします。

家を建てるときも、プランの参考にしようと建材のショールームなどを見に行くと
楽しくてあっという間に時間が経ってしまう気がしていました。
お値段も素敵過ぎて(笑)見るだけで終わり、まったく使用できませんでしたけど。トホホ。

こうしてあらためて並べてみると
アイボリー、ホワイトベージュ、グレー系の色合いになりました。

ちなみに憧れだったのは・・・ちなみに、左の写真で下方に写る石。

この石に草目地・・・というのが
以前実物を見て、とても素敵で
憧れていました。

            (施工:清水工業ガーデン)
清水工業ガーデン 2009年









右の写真がこの石を使ったアプローチ。

・・・が、しかし予算が厳しくて諦めました(泣)

代わりに提案してくださったのが、上方に二つ並んだグレーのアンティークレンガ。
これをランダムに割ったものを使います。

このレンガは、サンプルと施工の写真を見ただけで
現場を実際に見ていないから、ドキドキなんですが〜。

他にも、石積みの塀なんかも憧れていましたけど
これも予算の都合上、断念(泣)

制約は当然ありますので
私たちが庭でどんな風に過ごしたいのかということを何よりも考えて
限りある中で最大限、素敵な提案をしていただけて
とても楽しみにしています。

あとは、少しずつ少しずつ足していくつもりで
今できることに感謝して・・・。
なんだか、家の建築でも同じようなことを言ってましたね(笑)

最後の写真は、塗料のサンプル。
木目の透けた感じが良いです♪

        塗料サンプル



新居の引渡し後、5ヶ月が経ちました。

・・・が!未だ外構工事が手付かずです。
そんなわけですから、もちろん庭造りも手付かずで・・・。


          放りっぱなし・・・



夏の間はまったく草取りする気力もなく(笑)
草はどんどん伸び放題。

あまりの暑さと日当たりに、鉢植えがダメになりそうだったので
建物の東側に並べ、かろうじてセーフ。
それでも可哀想なことになってしまった鉢もあります・・・。
早く地植えにしてあげたいなぁ。

写真のとおり、唯一、頑張って草取りしていたのは鉢植えを並べた周辺だけ。
それだって、すぐ伸びるから草取りしていると朝の6時頃にはもう汗だく。


こちらも伸び放題


建物南側の、ところどころ草のないところは
ハウスメーカーさんが建設中に使っていたヌカラーズをそのまま敷いておいてくれたところ。
見た目は悪かったけれど、ヌカラーズのおかげでかなり助かりました。




        自転車が埋もれてる!



駐車場にする予定のところ。
自転車が、もはや埋もれています。

どれだけズボラなんでしょー。
ヒドイ。ひど過ぎる。

庭作りはともかく、外構工事は家の完成に続いてしているお宅が多いと思うので
私たちの家のこの状態は、変な意味で通りすがりの人の目を引いていました(笑)
家の中にいると見えるんですよね・・・このぼうぼうの草を見つめながら通り過ぎる方々の
痛〜い視線。

「草原の中の一軒家」とか、友達には冗談で言ったりしていましたが(笑)
実際は狭いですし、単に草ボーボーなのです。


ですが、ですが。

やっと決まりました♪
外構工事と庭作りを託せる業者さん。

もともとお願いしたい業者さんがあったのですが
最低でも2社は比較検討しないと!・・・と夫の強い主張もあり
2社にプランニングと見積もりをお願いしていました。

何度か打ち合わせを繰り返し、どちらにするかを決めるまで
およそ2ヶ月近くかかりました。

最終的には、もともと私がお願いしたかったところに決まりました〜♪♪♪
ひとまず、ホッとしたところです。


まずは除草からしていただけるそうです・・・スミマセン。

お願いする業者さんのことなど
詳しくは、工事の進行とともに追ってまた。。。

このページのトップヘ