ぼくのブログ(4代目)

社会人3年目、平凡なサラリーマンのブログです。 思いついたことを書きつけます。

ひさしぶりに投稿しようと思う

【近況】大阪から転勤で浜松に引っ越した
昨年秋に突如浜松に転勤を命じられた
かれこれ1年ちょっと経つが、だいぶ浜松の暮らしにも慣れてきたつもり
会社を辞めようと本気で思っていたが、突然の転勤もあっていまは考えていない

【バイク】ST250
東海地方に住んだことがなかったので、いろんなところにツーリングにいっている。浜松は各方面に行き易くていいね
転倒を機にセパハン風のハリケーンのハンドルを付けた
あと左右で3000円の激安サイドバッグを装着して昨年は結構キャンプも行った
タイヤとブレーキパッドを交換しないといけない

【車】カプチーノを買った
普段使い用の車は持っていたが、最近縁あってスズキの軽オープンカーであるカプチーノをゆずってもらった
無駄に2台持ちになってしまっている
近いうちにレビューしようと思う

【ロードバイク】17年3月ごろにビアンキのvia nirone7を購入
車体は18万円ぐらい
けっこう運動のきっかけになっている
細々と乗っているのでレビューしたい
といっても完全に純正ですが

【MTB】通勤用にメリダBig9 100を購入
8万円ぐらい
MTB楽しそうだなあと思っていて、通勤用としても使えるしと自分に言い聞かせて昨秋に購入
通勤といっても500mほどだけど


というわけで独身のくせに乗り物が無駄に増えてしまっている(14輪乗り)今日この頃です

乗り物が増えたことで毎週どこかに出かけているので、旅行記をまた書きたいところ

アニメは最近結構観れている
転勤前と環境が変化して、わりと自分の時間を持てるようになったため

ただ今期だけは観たいアニメがあまりない
かぐや様、バンドリ2期、風が強く吹いている、スタプリぐらいですね

あと、余暇の時間が結構あるのに遊んでばっかりなので、本年6月の簿記2級をとりあえず目指すことにしてここ数週間勉強しています
仕事の性質上、持っていても損はないだろうという判断

最近難化が著しいらしい

今日はこの辺で
ブログ、また書き始めるつもりです

今年のお正月、中学以来の友人と地元で会いました。呉まで彼を送る際、車で185号線を走っていましたが、ふと見ると忠海港。
気づいたら、忠海港から大久野島行きのフェリーに乗っていだというわけです。車は港の駐車場に停めることができます。フェリーは片道400円ぐらいと、非常に良心的なお値段。
ちなみに「忠海」の地名は平清盛の父、忠盛がこの地を平定したことからからきてます。
 
大久野島は現在ウサギとたわむれることのできる平和な島として有名ですが、個人的には戦前戦中の軍事施設の遺構も以前から訪れたいと思っていました。

image
フェリーは結構な人
船内もほぼ満席状態でした。
image
到着。待合室にはとくに何もなかった。
image
うさぎ
島内は至る所にうさぎがいます。毒ガス施設時代に飼われていた実験動物が逃げ出した説もあるようですが、多分嘘。
うさぎには自由に餌を与えることができます。寄ってきてくれるので餌をあげるのは結構楽しいです。ただし、島内では餌を売っていないので、忠海港のそばのファミマで買うのを忘れないように。何も買って行かなかった僕は、お客さんの放置した餌がそこかしこにあったので、それを拾って与えていました。

image
弾薬庫だったかな?
image
砲台跡かな
image
砲台跡かな
image
芸予要塞
瀬戸内の海上の守りとして明治期に建設されたらしい。そして要塞としては大正13年に廃止。昭和4年からは毒ガス製造が始まり、「地図から消された島」となります。
毒ガスの島としての大久野島は、地元では小学校で習います。軍事的な機密保持のため地図から消されたこと、車窓から大久野島を望む国鉄呉線は島の見える区間を通るとき雨戸を閉めて運行していたこと(本当か?)、劣悪な環境のもと毒ガス施設で働かされた方が戦後も後遺症などに悩まされたことなどは僕も教わりましたし、社会見学で大久野島に連れてこられ毒ガス資料館にも行きました。
いま、改めて毒ガス施設の遺構などを見学すると、平和のありがたさを強く感じます。毒ガス資料館も20年ぶりに再訪したいところですが、今回は時間もないのでまた今度にします。

あと、発電所跡とかいう廃墟みたいな遺構もありましたが、携帯の電池が切れたので、以降の写真はありません。

2〜3時間で概ね島を一周して、夕方の便で本土に帰りました。

大久野島は地味な島ですが最近では他県や海外からの観光客にも人気が高いそうです。実際外国人らしき方もいらっしゃっていました。やはりウサギ目当てでしょうか。ウサギを愛でるついでに、毒ガス施設の遺構や資料館にも行ってみると面白いですね。
本土に戻ると広島市はもちろん呉、竹原、尾道など見所のある街がたくさんあるので、合わせてどうぞ。

以上、3ヶ月前のレポートでした。

1/29に思い立って大鳥大社~住吉大社を歩きましたが、その翌週の土曜日、この週は2連休だったので、おもいきって残りの区間を歩くことにしました。残りといっても、「(堺から北上するにおいての、陸路区間の)残り」であって、熊野街道全体のというわけじゃないですけどね。それによく考えると逆走(帰路)だし。
まあなんせ時間が経つと面倒になりそうなので、鉄は熱いうちに打てを実践しました。

歩いたのは2/4。快晴で、ウォーキングには最適な気候でした。
今回も大阪府/歴史ウォーキングマップのお世話になりました。これによると前回の13kmに対して、今回の行程は11kmほどなのでわりと余裕、だと思っていた時期もありました。


まず阪堺電車で前回のセーブ地点、住吉大社まで行きます。出発は10時です。

・住吉大社~四天王寺

熊野街道は住吉大社の裏手を通るので、まずは復帰しないとと思い歩いていると、大海神社(だいかいじんじゃ) を発見。
住吉大社の摂社らしいです。
 IMG_7026
重文の本殿

そこからは阪堺電車の上町線(至天王寺)沿いを基本的に歩きます。
DSC02596
広いし、車通りも少なく、静かです。

DSC02601
八軒家浜から8.5km
ここは万代池沿い。高級住宅街という感じ。

ここでふと、ルートを外れて阿倍野神社に行ってみることにする。
 IMG_7041
その道中。阿倍野区北畠の住宅街にて。
この一帯がこんなかんじでした。道はずっとこんな細さです。

 IMG_7049
そして阿倍野神社へ到着。
なんと、北畠親房・顕家父子を祀っているらしく、地名の北畠はそこからきているんだろうと思われます。
境内はまあ普通でした。静かな神社です。

少し迷ってウロウロしたので、この寄り道が結構疲れました。このへんですでに足が痛い。

そして街道に復帰ししばらくするとついに来ました、阿部王子。
大阪府内に元の場所で現存する唯一の王子です。
IMG_7052
街道沿いにあるのはやはり良い

DSC02605
こじんまりとしている

IMG_7063
向かう先にはアベノハルカス

阿部王子から50mほど進むと安倍晴明神社が。
DSC02614
 これも街道沿い

安倍晴明生誕の井戸とかありました。
なぜか痛絵馬がたくさんあって、信仰の厚さが伺えました。
SSRがどうのこうのと書いてあったので、なんらかのソシャゲに登場するのだと思います。

そうこうするうちに松虫交差点であべの筋に合流。
しばらくは大通りです。
DSC02623
あべの筋

DSC02632
でかい(直球)

天王寺駅前を歩道橋で超えて、しばらくいくと四天王寺です。これは寄らざるを得ない。
その前に参道前のかすうどんで腹ごしらえ。
被差別部落のB級グルメという印象ですが、いまや大阪名物と化したかすうどんです。
500円ぐらいしました。 チェーン店でしたので味は普通。
ようやく少し足を休めて、いざ四天王寺です。

DSC02643
日本三大鳥居らしい

DSC02650
極楽門

DSC02651
 法輪を回してみよう!

DSC02653
中心伽藍(鉄筋コンクリート製です)
たしか300円で入れます。金堂は残念ながら工事中でした。五重塔も登りましたが、特に何もなく。
伽藍配置は南から北へ中門(仁王門)、五重塔、金堂、講堂を一直線上に配置したもので、独特です。

DSC02654
 石舞台と六時堂

・大阪市内の微地形
四天王寺を出ると、もうあとは消化試合みたいな気分になり、サクサク進みます。
しかし大阪市内は意外と坂が多いですね。
上町筋から西(谷町側)を見ると、だいたい下っています。だから谷町なんですね。
DSC02671

DSC02673

DSC02677

DSC02685

DSC02690
崖 榎木大明神 良さ
DSC02695
坂口王子跡
公園の中にある

日も落ちてきた。黙々とゴールを目指す。
八軒家浜も目と鼻の先のところで、気になる看板。
DSC02698
里程元標跡0.45km
往復1kmか・・・
よし行こう。

・里程元標跡
DSC02699
里程元標跡
明治時代西日本主要道路の起点
高麗橋東詰めにある。
DSC02702
高麗橋
江戸時代、大阪でも非常に格式の高い橋だったらしい。今は風情も何もない。

街道に戻って、もう八軒家浜船着場は目の前
熊野街道最初の王子 窪津王子
DSC02709
坐摩神社跡 窪津王子もここにあったらしい
坐摩神社は現在、久太郎町のほうに移転しています。

さて、ここで、また寄り道

・釣鐘屋敷跡
DSC02723
釣鐘屋敷跡
マンションの入口になぜかある梵鐘。朝・昼・日没の3回自動で鳴ります。

以下、大阪市HPより解説。
>寛永11年(1634)3代将軍家光が、大坂城へ来たとき、大坂町中の地子銀(じしぎん)(固定資産税)の永久免除を約束した。その恩恵に感謝して釣鐘をつくり町中に時を知らせた。この鐘楼は明治3年撤去され、釣鐘は大阪府庁屋上に「大阪町中時報鐘(おおさかちょうちゅうじほうしょう)」として保存されていた。昭和60年地元有志の努力によって、再び元の釣鐘屋敷地へ戻され、日に3回鐘の音をひびかせている。現地の町名、釣鐘町もこれによる。

さて、この鐘のなにが良いのかというと、近松門左衛門の浄瑠璃「曽根崎心中」にまさにこの鐘が出てくるというところなんですね。
またすこし引用します。
『この世の名残り、夜も名残り、あだしが原の道の霜。一足づつに消えて行く夢の夢こそ哀れなれ。 あれ数ふれば暁の、七つの時が六つ鳴りて、残る一つが今生の、鐘の響きの聞き納め。寂滅為楽と響くなり。』
 
以上はお初と徳兵衛がまさに心中する、そのシーンへと至る「道行」の冒頭です。 「7つ目の鐘が鳴ったときがいよいよ死ぬときだ」ということなのですが、この鐘がまさにこの鐘なんです。
以前テレビで見て、ずっと来たかったんですよね。

私が訪問した時間は、17:20ごろ。もう日が沈んだように見えたので、鐘を聴くのは諦めて帰ろうとしたところ、突如コンピューター制御の鐘木が稼働して、かなり驚きました。
1発目から、数十秒ごとの感覚で、およそ10回ほど鳴っていたと思います。
知らずに通った人はかなり驚くでしょうね。

・八軒家船着場跡へ
DSC02722
この交差点が、一応熊野街道の始点です。
私は正面の道を下って来て、土佐掘通りを渡り、後ろを振り向いて写真を撮っています。
私の後ろはもう大川です。
そしてこの交差点の近くの昆布屋の軒先にあるのがほんの小さな碑です。
DSC02714
小さな碑
DSC02719
日も落ちた。

さて、今回の熊野街道歩きはここで終了です。
その昔、京都を出発して川を下った参詣者はこのあたりで上陸。私が歩いた道を辿って、熊野を目指したのでしょう。ロマンですねえ。


この日はなんだかんだ、14~15kmほど歩いた気がします。
足の裏のマメが本当に痛い。

釣鐘屋敷跡とかは別の記事にしたほうがよかったかな。
というか前半後半で分ければよかったかな。
さすがに長すぎる。

2017年1月29日。かねてからの計画を実行に移すこととなりました。
京都にいる友人から難波で飯をくおうとの打診があり、それが夕方集合という形。
他に予定もなかったし、熊野街道を歩いてみようと。

古代からの交通の要衝である堺に住み始めてからおよそ2年。
このあたりにたくさん通っている昔からの街道を自転車で巡ったら楽しいだろうなとずっと思っていました。自転車は春までには買うつもり。
今は歩くしかない。バイクはスピードが速すぎるし。

さて、熊野街道というのは京都から大阪、和歌山を経由して熊野三山に至る参詣路のことです。
ウィキペディアに全部書いてあります。
熊野街道 
ネットで検索すると、多くの方がブログ等で熊野街道歩きのレポをされています。
ぼくが参考にしたのは、
大阪府/歴史ウォーキングマップ です。わかりやすいし信頼できそうですが、周辺の歴史スポット等に関してはあまり載っていない印象です。そういうところは先達のブログなどを参考にさせていただきました。
今回は10時半に出発。行けるところまで行こうと思っていましたが、住吉大社あたりで足に限界が来たので、続きは次回へ。あ、ちなみに一人です。


以下、写真とともに振り返ります。
出発は我が家からほど近い大鳥大社からです。

・大鳥大社~大和川
IMG_6901

この前の道がもう熊野街道らしい。

DSC02372
だんじりのときはこんなかんじに

そして街道感の少しある道を少し歩くと石津神社。
通勤の時には毎日前を通るのですが、初参拝です。
IMG_6909
賽銭泥棒の被害にあってるらしい

このあたりは府道30号線でも国道26号線でもない細めの道を北上します。
近くに世界的企業シマノの本社が見えます。
IMG_6912
高給取りがたくさん働いている。

そうこうしていると、堺の中心部に近づいてきます。
IMG_6913
山之口橋南詰

この写真、僕は左(南)から歩いてきて川(というか堀?)にぶち当たったのですが、この橋から内側(右)が江戸時代の「堺」の範囲らしいです。確かに中世の堺は環濠を張り巡らしていたイメージがありますが、秀吉の時代に埋められたんじゃなかったかな。なんにせよ、山之口というからには、堺の南からの入口の一つだったのでしょう。
件のウォーキングマップによると、ここから堺市街には入らず、堀沿いに東進。大仙古墳方面に行きます。
大仙古墳は訪問済だったので、スルー。
IMG_6916
中央環状線と大仙古墳

もちっといくと
IMG_6922
西高野街道、竹内街道と重なったり交わったりします。
この三叉路、いかにも街道っぽい。

そうこうしていると方違神社の裏口です。
IMG_6928
見切れてますが、「厄除 方違神社 是より東十町」とかいてあるように読めます。
この場所がまさに方違神社そのものなのですが、この柱はどこかから移設したんですかね?

IMG_6931
残念ながら本殿工事中でした。

結構カップルとか人がいました。
ここで1時半です。コンビニで軽食を買い込み、住宅地以外の何者でもない道をあるきます。

IMG_6940
伝 境王子跡

王子というのは、熊野街道沿いに整備された神社的なものでたくさんあったので「九十九王子」といいます。参詣者はそこで旅の無事を祈ったりしたのでしょう。
その多くは衰退し、境王子もこのあたりにあったらしい、ということぐらいしか分かっていません。

浅香山を抜けて、遠里小野町からいよいよ大和川を越えようかというところですこし小雨がぱらついてきたので、ここまでかと思いましたが、すぐにやんでくれました。
そしてこのあたりから足首に痛みが・・・

IMG_6948
遠里小野橋

大和川以北が大阪市、以南が堺市ですが、どちらにも遠里小野町が存在します。
つまりもともとあった村が大和川の付替えで分断されたということなんですね。

・大和川~住吉大社
大阪市内に入り少しすると
IMG_6958
 遠里小野編入紀念碑

これはおそらく1925年に大阪市が周辺の町村を合併しまくった時のものですね。 

IMG_6957
大阪市に入ると道しるべがこんな感じになります。
地面に埋め込まれてることも。

住吉区役所近くには
IMG_6963
 止止呂支比売命神社

とどろきひめのみこと神社でいいのかな?
今は無き津守王子が合祀されたらしい神社です。 境内にはそういう表示はなかったですが。
府道30号沿いにあるので、ほんの少し街道を外れます。
しかし、通りに出ると結構都会ですね。旧街道を歩いてると変化に気づきにくいです。

また狭い住宅街に戻り、しばらくすると住吉大社の裏門です。
IMG_6967
ひっそりとしている

ここで3時ちょうど。
足も限界だし座って休憩したいところですが、表からの写真も撮らないと。
IMG_6973
鳥居前を路面電車が走ってます。

以下境内の写真
DSC02557
テキ屋の裏のベンチでめっちゃ休憩しました

DSC02561
本殿がたしか4つあります。

IMG_6993
第一本宮では結婚式してました。

IMG_6997
南海の影響力が大きい。

信仰の厚さが伝わる灯篭たち
DSC02570
 大阪の小間物問屋

DSC02566
住吉は海の神様なので、廻船業者ですかね
 
 DSC02565
堂島東組 米問屋かなやっぱり
写真撮ったのはこれだけですが、呆れるほどたくさんあったので、もっと詳しく見ると面白いでしょうね。 


今回は住吉大社でおしまいなのですが、約束の時間まで時間があったので、痛い足をひきずりながらあたりを散策します。


・住吉公園駅
住吉公園駅という変わった駅が存在していたのをご存知でしょうか。
・・・という説明は別のHPにまかせるとして、ようは少し前まで営業していた阪堺電車の駅です。
廃線跡がどうなっているのか気になったので、すこし見てみました。
DSC02587
レトロな駅舎(表) 左は南海線の高架

DSC02586
駅舎(裏) 廃線跡は駐車場になったようです。

IMG_6999
「線路内の通行を禁ずる」とある。

IMG_7002
この柱も名残でしょう。
奥に見える線路がこっちにも来ていたはずです。

そうこうしているとまたしとしとと雨が降ってきたので、友人と肉を食べに難波方面へ向かいます。
DSC02592
路面電車っていいですねえ



・まとめ
この日の行程はウォーキングマップによると13kmでした。続きはまた今度。
自転車を一刻も早く買おう。徒歩は辛い。

以上 

あけましておめでとうございます。

5年使ったiPhone4sから6sにスマホ変えたので、ブログ頑張ります。
1200万画素、いいっすね〜。
4Sの質感、デザインは大好きだったんだけど、バッテリーが終わってたこともあり、買い替えに至りました。

さらば、4S。
ジョブズの遺志を継ぐモノよ。


お久しぶりです。 身の回りの環境も変化し、ツーリングにも行きまくってたので、書きたいことはたくさんあったのですが、余暇が少ないのと写真をアップできないので、後回しになっていました。

まず、8月に大阪の堺に引っ越して、会社の寮に住んでおります。静岡時代と異なり、とても快適なワンルームです。 
外まわりの営業という柄でもないことをやっています。職場が近いので、家出るのは朝8時過ぎで帰るのも午後8〜9時です。休みの日は頑張ってバイク乗ってます。



・・・




来年の大学院試験受けようかとガチで考えています。

現状に関する理由としては、この仕事を長く続ける自信がない(つまらない・向いてない・キツイ)のと、会社が気に入らない。
他の理由としては、やっぱり自分はもっと広い視野を持って、世の中の役に立つ、公共性のある仕事がしたかったのだなあと思ったり、全ての知人が言うように、公務員的な仕事が向いてるのだろうなあと思ったり、今も大学で研究してる 友人を見て、自分もそうすればよかったなあと思ったり。
やり直すなら早い方がいいし、失敗したとしてもこのまま我慢するよりはマシだし。
現状を耐えた先にすごいやり甲斐が待っていて、今は我慢の時期なのかもしれないけれど、そうだとしても有限の人生の中で若い数年間を我慢に使うのは我慢できないし。
あのままあの会社にいれば今頃安定と平穏を得ることができたのに、と後悔するほどの会社でもないし。
一度レールを踏み外せばもうまともな人生(正社員、安定した生活、幸せな家庭、マイホームなどなど )を送ることはできない、という考え方でもないし。


また書きます。 

お久しぶりです。

夏、ですね。

3日ほど前からまるで梅雨でも明けたかのように、一気に夏めいてきたような気がします。
数日前までは、風も涼しく、陽射しもなんだか遠慮しているような感じでしたが、今日の昼などはすっかり夏の日差しでした。

とはいえ、学校に通っていたころは、7月中旬といえば夏休み直前、毎日汗だくになりながら学校に行っていたはずですが、いまいち物足りないような。
年を取ると気温の変化に鈍感になると言いますから、それかもしれません。

近況としては、地獄の工場勤務が終了し、また座学を中心とした研修の日々です。
座学は工場作業に比べれば天国のような感じで、 身体的にも精神的にも軽い負担の中で、時間も早く過ぎるようです。
なお、8月からはついに本配属となり、寮の部屋も引き払って、一人暮らし再開です。
本当に待ち遠しい。 

引っ越し先はまだわかりませんが、西日本がいいですね。

最近のツーリングとしては、
6/14に姫路でマスツーの会があったので、それに参加したのと
6/22に伊豆は下田市まで、「夏色キセキ」聖地巡礼ツーリングに出かけました。
さらに、つい最近ですが、7/11~14でツーリングがてら京都へ帰ってきました。
あと、ツーリングではないですが、6/5~8に東京へ旅行に行ってきました。
結構色々行ってますねぇ

どれも、記事にしたいことばかりですが、いかんせん写真がupできないので、引っ越してからになりそうです。
 
あと静岡県内で行っておきたいところは、秋葉山、大井川鐵道あたりですかね。

残りの休日で行ければいいのですが。

以上 

今期はかなり久しぶりに放送中のアニメをみています。
厳しい勤務に耐えるには、やはりこうした癒しが必要ですね。
とはいえあまりたくさん見ているわけではなくて、いくつか目についたものを見ている感じです。
作品タイトルとここまでの感想を。

・響け!ユーフォニア
今期No.1では?京アニの復活を感じました。楽器始めたい。
・トリアージx
スズキのGS1200Sが大活躍してますね。普通のダークヒーローものといった感じ。
・山田くんと7人の魔女
主人公裏山アニメ。一話一話がなかなか凝ってて面白い。
・SHOW BY ROCK!!
ただのキャラクターアニメをかと思ったら違った。個人的に伏兵だった。
・パンチライン
良OP。キャラが個性的で勢いもあって良い。
・えとたま
かわいい。にゃーたんの声優が良い。キャラデザが良い。
・俺物語
少女漫画独特の思い切った表現が好き。
・放課後のプレアデス
スバル(輸送機器メーカー)。
・プラスティックメモリーズ
結末見えてるけど、良い。
・長門有希ちゃんの消失
サテライトがうまく料理した感じ。安心して見れる。長門かわいい。平野綾を久しぶりに見た。
・浦和の調ちゃん
中身が無い。


プレアデスは正直微妙ですが、それ以外はどれも面白いです。
響け!は宇治が聖地で、宇治神社近辺は行ったことのある場所も多かったので、嬉しいです。是非聖地巡礼したいです。吹奏楽部入れば良かった…(安直)
今期ももうすぐ終わりですね。

以上 

ご無沙汰しております。
忙しくて なかなかブログを書く気分にならなくて、放置していました。

最近は工場での実習の日々です。
実習と言っても、見学・体験という感じではなく、完全に工員として、一つの工程を任されています。 
最近はようやく慣れてきましたが、最初の頃は尋常じゃなくきつかったです。自分が配置されたのは塗装課で、シンナーの匂いを嗅ぎながら、ツナギ姿で作業しています。
歩き回るので肉体的にきついのはもちろんですが、同じことを延々と毎日10時間も繰り返すのは精神的にきます。最初の一週間は本気で会社辞めたくなりましたよw
毎日のように残業、毎週のように休出があり、月の半分は夜勤なので、身体が休まる暇がありません。 
しかし、すでに1.5ヶ月が過ぎ、残りは1ヶ月。永遠にも思われた2.5ヶ月も半分を過ぎ、何より、身体と心がだいぶ慣れてしまいました。慣れというのは恐ろしいもので、寮の汚い風呂も不味い食事にもすっかり順応してしまいました。

工場で作業ばかりしていると病みそうなので、休日はなるべく外に出るようにしています。たまの2連休が本当にありがたく感じます。 先日は、兄がついにバイクを買ったというので、琵琶湖一周をしてきました。他にも、天竜川沿いや大井川沿い、伊良湖岬、浜名湖周辺など、精力的にツーリングに出てます。
大井川沿いは神ですね。2回も行きました。大井川鐵道のSLも見ました。今度はぜひ乗って見たいです。
 
先日ついに初任給が入りました。
時間外勤務が多かったので、初任給とは思えない額になっていました。
とりあえず、コンビニで下ろして、その足でアニメイトに向かい、CDを沢山買いましたw 
ささやかですが、一ヶ月頑張ったひとまずのご褒美と考えています。
基本は貯金ですかね。 
もう2,3ヶ月分溜まったら、なにか大きな買い物をするかもしれません(意味深)

最近欲しいバイクとか、ばくおん6巻とか、今期のアニメとか、いろいろ書きたいこともあるのですが、もう9時過ぎてるので、寝ますw (明日も午前6時半に工場稼働開始)
 
以上 

ご無沙汰しております。
無事大学も卒業し、この4月から静岡県にやってきました。

現在は新入社員寮に住んで、研修の日々です。
 寮の環境はなかなかのもので、六畳二人部屋、風呂汚い、トイレ汚い、湿度高い、壁薄い、寮食微妙、コンビニまで自転車20分という感じです。
しかし、慣れというのは怖いもので、一日の研修を終えて部屋に帰るとものすごく落ち着きます。 二人部屋というのにも、意外とストレスは感じていません。
そういえば、うちは製造業の会社なので、今後は工場での実習も始まるようです。 

寮はインターネット回線が繋がってないので、 PCからインターネットに繋ぐことができません。
そのため、今はもっぱらiPadでネットを利用しています。
写真をブログにあげるというささやかな楽しみが奪われた状態です。
なので、夏頃までは写真無しの記事になると思います。

静岡にいるうちに、この周辺は周っておきたいですね。
 今のところ、国道152号、JR飯田線沿い、身延山、大井川鉄道沿いあたりは走りたいと思っています。長野県南部や山梨も行きたいし、既訪ですが、伊豆、富士五湖ももう一度行きたいですね。
とりあえず、休みの日に快晴が当たるように 祈るばかりです。 

このページのトップヘ