昨日今日と、台風と地震の脅威に恐れ入るばかりです。
私の住まいは、幸いなことに被害を受けている地域からは遠いので、特になにもないのですが、震度6の地域に家族がいると思うと気が気でなりません。
メールを送ったら「無事」とのことだったので、一先ず安心ですが。

今日、職場から電話があって何事かと思ったら、私が担当している移転登録手続で特許庁から連絡があったよ、という話でした。
なんというか、例の、7月28日のブログに書いた件の続きです。

「基本的に、移転登録では弁明書は使えないと思ってください」

電話に出た特許庁の担当者さんに言われちゃった。
弁明書って、特許庁側の手続きに何らかの不備があった場合に「そっちの手続きがおかしいよ」と伝える為の書類なんですって。
却下理由通知が来たとき、「30日内に弁明書が提出できます」みたいなことが書かれていたので、てっきり意見書を書くように弁明書を使って対応が出来るのかと思っていたら、違うんだって。

結局、この移転登録の件、2回も却下処分を受けることになり、今は書類の返却待ちです。
とほほ。