当ブログコンテンツの無断転用はご遠慮ください
このエントリーをはてなブックマークに追加        
  • 2018年11月05日21:23

嗚呼、名選手/ショーン・ケンプ

とてつもない選手が現れ、
とてつもないプレーを見せたとき、

我々はそれに対し
「バケモン」とか「ヤバイ」とか、そんな言葉を
「いい意味で」使いますよね。いい意味で。


そういえば、いつからでしょう、
素晴らしさの形容として「ヤバイ」という
表現が使われるようになったのは。

映画『バブルへGO!!』では、
過去へタイムスリップした広末涼子が、
食べ物に対して「すごく美味しい」という意味で
「ヤバイ」という言葉を使った際に、
阿部寛がそれを悪い意味に捉えるシーンがあるので
バブル期には、まだ使われてなかった、と。

バブル期当時、わしはまだ子供でしたが、
確かに昔はこのこの言葉は「よろしくない」ことの
意味でしか使われていませんでしたね。
 
ここ15年〜20年くらいの話ですかね?
ヤバイの使い方が増えたのって。


さてさて、
もし、90年代前半〜中盤あたりに、この言葉が 
今と同じ使われ方をしていたとしたら、

おそらくはこの言葉を浴びまくったであろう
筆頭候補が、この選手です。


ショーン・ケンプ。


大きな強い体と、信じられない程の身体能力を有し、
まさに「ヤバイ」プレーを連発しまくった
「バケモン」といえるフォワードプレイヤーです。


NBAとはそもそもバケモンの集まりなのですが、
その上で選手達は各々様々な長所を持っていて
そこがクローズアップされるのが一般的。

シュートが上手な選手、パスが上手な選手、
ドリブルやステップワークが華麗な選手、 
ディフェンスの達人、リバウンドの達人、
勝負強さや闘争心などメンタル面も。


みんな身体能力が凄いのは当然として、
そのうえで〇〇が凄い、素晴らしい、
そんな表現の仕方です。


そんな中、ショーン・ケンプに対する
わしの表現方法は、逆です。

シュートも上手いし、技術も素晴らしいんだけど、
とにかく身体能力がマジ半端ねえ、と。

そう、ケンプの場合、
なにが凄いって、身体能力なんです。


あれは大学生の頃だったかなあ。

友人と一緒にNBA中継を見ていて、
ケンプが物凄いダンクを決めたときに、
二人して、

「これは日本人には絶対無理だなあ」と
呆然としたことがありました。

圧倒的な違いを感じさせられたんですよね。


あなたの周囲に、NBAに詳しいオジサンがいたら
今度試しに聞いてみてください、
居酒屋ででも(いや、どこでもいいんだけど)。

「ケンプってどんな選手だったんですか?」と。


相手はこう答えるでしょう。
タバコの煙をフーーっと吐き出し、
トントンっと灰を灰皿に落とし、

少し上を向き、遠い目で、

「ケンプか、あれはヤバかったな」と。


あなたはすかさず聞きます。
「何がどうヤバかったんですか?」と。


相手はタバコをグニャっと灰皿に押し付け、
火を消したあと、こう言うでしょう。

「とにかくヤバイ、あれはバケモンだった」と。


スミマセン、説明になってないですね(笑)。

でも、ケンプって、そんな選手なんです。
身体能力のバケモン、オバケ、そんな感じ。


208cmの恵まれた体躯、
そして、圧倒的なスピードと跳躍力。

ダブルクラッチからのリバースボースハンドみたいな
スラムダンクコンテストで披露するようなダンクを
実際のゲーム中にさく裂させる男。

とある日、
自陣でリバウンドを獲って、ドリブル僅か4回で
相手コートに持ち込みダンクしたことも。
いやはや、バケモンだ。


あ、そうそう、
スポーツの世界で「全身バネ」って表現があるけど、
まさにそれです、ケンプ。彼はまさしく全身バネ。
あるいは、ゴム毬。


マイケル・ジョーダンより10cm背の高い男が
マイケル・ジョーダンのように跳ぶのです。

それでいて動きもしなやかで 
グニャリと体をくねらせて回転し、
相手をかわすこともできました。

バケモンの中のバケモンでした。


また、ヤンチャな雰囲気もあって、
ダンクを決めたあとにリングにぶら下がって
グリングリン回転したり、
ふっ飛ばした相手を指さしてみたり、
言ってみれば子供のような大人でもありました。


そんなケンプは、早咲きの選手です。

大学ではプレーせず(進学するのですが色々あり)、
実質高卒ルーキーのような形でNBAの世界に入り、

※だから子供みたいな大人だったのかな?

彼はすぐさま頭角を表します。

その身体能力によって。
まあ、走る走る。まあ、跳ぶ跳ぶ。


彼が所属するシアトル・スーパーソニックス
(もうなくなっちゃったチーム名だね)は、
史上最も優秀なポイントガードの一人といわれた
ゲイリー・ペイトンがいたこともあり、
一気に西カンファレンスの強豪に躍り出ます。


そういえば、シアトルの気候になぞらえて、
ダンクの雨を降らせる彼は「レインマン」なんて
呼ばれていましたね。

※ほか、「支配する」の意のレイン(reign)や、
「ケンプが活躍する日は雨がよく降る」
なんていう意味も入っていたり。


96年にはファイナルにも進出しますが、
90年代の様々なスーパースターと同じ運命が
彼にも待っており、

つまりは、マイケル・ジョーダンのブルズに敗れ
優勝を勝ち取ることはできませんでした。

※更にいうと、その年のブルズって72勝を挙げた
圧倒的強さのチームだったし


そしてその後、トレードでシアトルを去ります。


うーん、
それ以降しばらく一流選手のカテゴリにはいたけど
歴史に残るような華々しい活躍・名場面は
なかったかもしれないなあ。

身体能力がウリのプレイヤーって
こういう運命を辿る場合が多いんですよね。

素材としてはジョーダンやマジックといった
レジェンド達を上回るものを持ちながら、
その素材の力がピークを過ぎると、
あるいは一度大きな怪我をしてしまうと、
なかなか活躍できなくなってしまうという。


晩年はシューターになったヴィンス・カーターや、
経験豊かなバランサーとしてチームの歯車となった
グラント・ヒルのように、スタイルチェンジを
うまく果たせば、長く活躍できるのですが、
ケンプは前述のとおり、ほら、ヤバイから(笑)。

ヤバさを押し出して活躍した男は、
ヤバくなくなったらおわっちゃった、っていう。

んで、ケンプったらブクブク太っちゃったし。

とんでもなく凄かった時期って5〜6年くらいしか
なかったかもしれない。


でも、そのときにレインマンが放った輝きは
ホントにヤバかった。

生まれ持った素質という面では、
NBAの世界でも群を抜くものがあったのでは
ないでしょうか。

人格的にヤンチャな面もあって
長持ちしなかったことも含め、
色んな意味で歴史に残るバケモンでしたね。


これはハイライトなんだけど、
こんなことを連発していた男でしたよ。
ドリブル4回でダンクのシーンも入ってます。
ヤバいよねえ、ショーン・ケンプ。






このエントリーをはてなブックマークに追加        






嗚呼、名選手/ショーン・ケンプ へのコメント一覧

  1. 1.
    • でこふらっしゅ
    • 2018年11月06日 01:44
    初めて知った選手ですが、これはヤバイですね・・・
  2. 2.
    • 小さかったら高く跳べ
    • 2018年11月06日 03:46
    • 5
    ケンプ懐かしいですね。あれはヤバかった!アンストッパブルズというビデオでも確かフィルジャクソンが認めるコメントしてたような…。動画のランキング1位のポーズは中学の時によくマネしてたな〜。
  3. 3.
    • パデュー
    • 2018年11月06日 07:47
    北原範彦さんがファイナルの解説でケンプの紹介する時に、レインマンのくだりを話してて知りました(笑)
    しかし、まじでヤバかったすね!
    ファイナルではロドマンとやり合うの楽しみだったし!ドリームチーム2に選出されてたような…ケンプモデルのバッシュもあったし(Reebokのカミカゼだっけ?)人気者でしたよね!
    ケンプはシアトル出てから激太りしましたからねぇ…ヤバいプレイができなくなった感じはありましたね…
  4. 4.
    • 小吉
    • 2018年11月06日 08:17
    「フゥ〜
    あぁ確かに...あの野郎はとんでもなくやばかったのさ...」
    何がヤバイって、コート上どころか試合を見てる世界中の人がどーせ次もダンク行くんでしょって分かってるのに、それを決めちゃうヤバイ選手でしたね。
    彼のDNAを受け継いだ息子が今のNBAに2〜3人は居るんじゃないかと勝手に思ってたりしてますけどね、母親だけがケンプの息子だって知ってる息子がね。
  5. 5.
    • fuzisan14go
    • 2018年11月06日 15:13
    • 3
    1991年のオールスターダンクコンテスト!Dブラウンとチャンピオンを掛けて争っていたのを思い出します。Mジョーダンばりのフリースローレーンから跳んでダンクを決めたのにブラウンの目隠しダンクに負けちゃったんですよね。92年のジャパンゲームにも来ましたけど、その頃はまだエースじゃなかったのであまり覚えていませんが、96年にブルズとファイナルを争った頃は外角のシュートも上手くなり止められない選手になってましたね。その後、三角トレードでキャブスに移籍した1年目は平均20P10Rを上げましたがその後はおっしゃる通りぶくぶく太っていきましたね。当時リーボックと契約していたケンプのモデルでカミカゼとバッシュもありました。数年前、復刻されいましたが懐かしかったです。一番印象的だったのが足首の細さでした。あれだけの巨体でバンバン跳ねていたのに足首だけ細いのか不思議でした。 KさまリクエストをしたいのですがSカリーのお父さんDカリーやTハーダウェー、Dリバースなど現在活躍する2世のお父さんのお話しもお願いします。
  6. 6.
    • おにく
    • 2018年11月07日 22:17
    ケンプの世代じゃないのであまり知らなかったけどすっごいですね!
    嗚呼NBAって昔やってたやつの続きが気になったまま10年くらい経つのでそろそろ続きが読みたいです!
  7. 7.
    • スイスの次はカンボジア謎の整体師
    • 2018年11月09日 15:56
    Kさん、お久。ケンプもやべえけど あのシアトルのペイトンマクミランと言うリーグ最凶ダブルチームも思い出してあげてください。マクミランが満身創痍じゃなく元気な時にファイナルやらせてあげたかった。 
  8. 8.
    • パデュー
    • 2018年11月11日 19:12
    毎回このカテゴリーのコメント読んでると、飲みに行ったら朝まで話せそうな雰囲気がプンプンしてニヤニヤしてしまうんですがw
    マクミランとかヨダレでましたわ(笑)

    リクエストでペニーもいつかお願いします!
    怪我さえなければもっともっと活躍できたはず!




コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

嗚呼、名選手/ショーン・ケンプ にコメントする
絵文字
K-twitter K-facebook K-mixi
Twitterボタン [henshusya_k]
編集者・Kのtwitterアカウントです。皆様お気軽にフォローしてくださいませ。
facebookボタン [k.no.heya]
Kの部屋のFacebookページです。皆様お気軽に「いいね!」してくださいませ。
mixiページボタン [k_no_heya]
Kの部屋のmixiページです。皆様お気軽にフォローしてくださいませ。
PROFILE
編集者・K / 編集者・K
雑誌・WEB編集の仕事をしているKと申します。「スポーツ」「TVゲーム」「少年漫画」「お笑い番組」「マカロニグラタン」をこよなく愛するオジサンです
  編集者・Kにメッセージ>>>>>Mail to K
  編集者・Kとtwitter>>>>>>>henshusya_k
  編集者・Kとfacebook>>>>>>Kの部屋
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
K-twitter
Twitterボタン [henshusya_k]
編集者・Kのtwitterアカウントです。皆様お気軽にフォローしてくださいませ。

↓ただいまの PC滞在者 ↓

ブログパーツ
スポンサードリンク
PROFILE
編集者・K / 編集者・K
雑誌・WEB編集の仕事をしているKと申します。「スポーツ」「TVゲーム」「少年漫画」「お笑い番組」「マカロニグラタン」をこよなく愛するオジサンです
  編集者・Kにメッセージ>>>>>Mail to K
  編集者・Kとtwitter>>>>>>>henshusya_k
  編集者・Kとfacebook>>>>>>Kの部屋
ACCESS
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ

トップに戻る