当ブログコンテンツの無断転用はご遠慮ください
このエントリーをはてなブックマークに追加        
  • 2018年11月19日21:11

指導者のハナシ 〜前向きな、具体的な指示〜

こんばんは、

久々に登場、指導者・Kです。


以前、こんな記事を書いたのを
皆さん、覚えていらっしゃいますか?



指導者の「気持ちが大事」という言葉について


「気持ちが大事」なのは、確かだけれども、
それをそのまま告げても、ふわっとし過ぎていて、
何をすればいいか分からないんじゃないだろうか、

子供達には、もっと具体的な指示をしてやる
必要があるんじゃないか、

という話です。


これ、イチ指導者のわしにとって、
ここ最近の課題の1つになっていました。


そして、むかえた秋本番。

秋から冬の時期は、公式戦やカップ戦など、
ミニバス界が大きく盛り上がるときです。

我がクラブも様々な大会に参加することなります。

春・夏の時期とは違います。
どこのクラブもこの頃になると、個人もしても
チームとしても大きく力を伸ばしてきています。

シーズン序盤とは、勢力図がガラッと変わることも
珍しくはありません。

ここで勝つためには、子供達はもちろんのこと、
わしも成長が必要。適切な指導が求められます。

 
そんななか、
先日こんなことがありました。

とある公式戦でのこと。

優勝目指して乗り込んだ我がクラブが、
下位回戦から思わぬ苦戦を強いられていました。 

相手のほうが強いというよりも、
自分達の内容が非常に悪い。

公式戦の重圧に押されているのか、
指導者や保護者の期待を背負い過ぎているのか、

子供達にいつもの元気なプレーが見られません。


ボールをもらえばパスをする相手ばかりを探し、
速攻が狙える場面でも一旦立ち止まってしまう、
終始、何か焦っているような表情。

ただただボールを回して時間を消化し、
ショットクロック切れ間際に難しいプレーを
わざわざ選択して、結果、ミス。そんな展開。

自ら仕掛けよう、決めてやろうという
意志が見えないのです。


ゲーム立ち上がりからビハインドを背負い、
非常に難しい展開になってしまいました。

戦力的には我がクラブのほうが上に見えますが、
そこはやはり小学生、下馬評通りには行きません。
チカラを出しきれず、大苦戦を強いられます。


ここで、「焦るな」「落ち着け」のような言葉は
おそらく余計に追い詰めてしまう。

こういうときは、もっと前向きな言葉がいい。


「勝負しろ! 勝負!」

「もっと1対1を仕掛けろ!」

「外してもいいから! 自分で行け!」


と、攻めの声をかけ続けました。


しかし、なかなか子供達のプレーは変わりません。

「絶対決めろ」のようなことは言わず、
「外してもいいから行け」という表現にし、

ベンチとしては、できるだけ重圧を除いている
つもりなのですが、それでも子供達はノッてこない。

やはりずーっと焦っているような感じで、
プレーがことごとく消極的です。 

このままじゃマズイ。
公式戦の魔物にやられる。


と、そのとき、


そういえば、、、
あることをふと思い出しました。

子供達が勢いに乗ったときは、どういう状態なのか、
彼らがノッているときは何が起こるのか。


そして、
わしは、インターバル時に告げました。


「オイ! シュートを決めたらガッツポーズだ!!
俺もやるから、思いきりガッツポーズだ!!」


ただこれだけ。

走れとも、打てとも、なにも言っていません。
シュートを決めた後の指示をしたのです。
いや、指示でもないレベルかもしれませんね。


しかし、子供達は変わりました。


突然、みんなが攻め始めたのです。

ボールを持てば勝負を仕掛け、
いい形でマイボールになれば、すかさず速攻。
あれよあれよと点差が縮まっていきます。

もちろん、決めればガッツポーズ。

その際にベンチに笑顔を向ける子もいます。
当然、わしも同じポーズを返します。


※普段なら「こっち見なくていい!ディフェンス!」
と、言うところかもしれませんが、この時はOK(笑)


空気が完全に変わりました。


このピリオドは、ガッツポーズの嵐となり、
相手を圧倒することとなりました。

逆に相手チームがウチの勢いに飲み込まれて、
消極的になるほど。文字通り「形勢逆転」です。


確か、こんな話を聞いたことがあります。


例えば、受験の際は、
希望校に入学したらどんな生活を送るのかを
時々考えるようにすると、気持ちが前向きになる、

とか、

ダイエットの際は、
痩せた後にすること(例えば、洋服を買うとか)を
決めておくと、辛い時も諦めずに続けられる、

とか。

自分が物事を成功させた後のイメージを具体化すると
気持ちがポジティブになるんでしょうね。


ましてや、そこにいるのは小学生。

ガッツポーズなんて、やりたいに決まってます。
普段やらない子は恥ずかしいだけ。本当はやりたい。

そして、それを大人が喜べば、嬉しいのもまた当然。


自慢しろ、自慢しろ、
決めたら「どうだ!」と、カッコつけろ。

こうなると、

「外すのが怖い」「ミスをするのが怖い」
という気持ちだったのが

「ガッツポーズしたい」「自分も決めたい」
という気持ちに変わるんですね。

ネガティブをポジティブが上回ったのです。


事実、そのピリオドは、コートの5人全員が
点を獲って帰ってきました。


「決めたらガッツポーズ」
 
指示でも何でもないようですが、
これがえらい効果を生んでくれたのです。



―ー― 気持ちが大事
 

確かにそのとおり。


では、それを引き出すには、何をすればいいか、
どんな言葉をかけてやればいいか、

幾つもあるであろう中の1つを
この日、見つけることができたかもしれません。


指導者・K、

引き続き勉強中でアリマス!!!



ではでは。



このエントリーをはてなブックマークに追加        






指導者のハナシ 〜前向きな、具体的な指示〜 へのコメント一覧

  1. 1.
    • Lee
    • 2018年11月19日 21:58
    • 5
    人生全般に通じる話のような...
    転職しようか否かで迷ってましたが、前向きになれました。
  2. 2.
    • Johnny
    • 2018年11月19日 22:10
    素晴らしいコーチ
  3. 3.
    • もいち
    • 2018年11月19日 23:27
    はじめまして、日頃高校生を相手にバドミントンを教えている者です。
    私も日頃から試合中の声かけをどうするか悩んでおり、そのため今回のお話感服致しました。
    聞こえの良い抽象的な言葉より、実践可能である具体的指示の方が、苦しんでいる選手たちを助けるものになる…自分の経験も加わって、強く共感しております。
    ぜひ、今後もKさんの指導観を教えていただければと思います。

    もちろん、スラムダンクの続きも本当に楽しみにしております笑
    Kさん自身が楽しんで書いた作品を、これからも読めることを願っております。
    長文、失礼しました。
  4. 4.
    • りん
    • 2018年11月19日 23:34
    • 5
    素晴らしい指導観です!
  5. 5.
    • ハサ
    • 2018年11月19日 23:39
    Kさん、こんばんは。
    凄い!!撃たれました。ノックアウトです。
    ボブサップ対曙ばりに前のめりに倒されました。
    同じ場面を想定しても、私では、このコメントは浮かびません。勉強になりました。これからもよろしくメカドック!です。
  6. 6.
    • ハセテックサービス
    • 2018年11月20日 00:00
    • 5
    良い指導ですね。
    伝えるのって本当に難しい。
    言い方ひとつなんですよね!
  7. 7.
    • コーチ2年目
    • 2018年11月20日 00:29
    • 4
    自分も大学生の部活のコーチをやってますが、技術指導よりもメンタルコントロールややる気の持たせ方とかそういうところの方がすごく気を遣います。
    大学生ですらそういうレベルなのに、ましてや小学生なんてもっと大変だろうと思います。

    指導者は、選手の一挙手一投足から学ぶところがたくさんあり、逆にそこから学ばないと押し付けばかりになってしまうので、ふと気付けたりフラットな思考でいられるのはとても重要ですよね。

    指導者・K、是非連載にして欲しいです。笑
  8. 8.
    • ああああ
    • 2018年11月20日 00:56
    ガッツポーズ作戦をとっさに思いついたのがホントにすごいです。
    普段から子供たちをしっかり観察したり考えているのが伝わりました。
    このハナシは実際なかなか聞けない貴重なハナシと思います。
  9. 9.
    • ぎゅうにゅう
    • 2018年11月20日 07:51
    初めての投稿です。

    娘がついにミニバスはじめました。
    4年秋からの参加のため、どう友達達との差を前向きに埋めてあげようかと悩んでました。

    ガッツポーズ!

    素晴らしい気づきですね!
    僕もその視点で見てまたます。
  10. 10.
    • バシ
    • 2018年11月20日 11:01
    • 5
    いつも、ブログを拝見させて頂き、本当にためになる内容ばかりで感服しています。これからも素敵な記事を書いてください。応援しています。私も1人の指導者としてこれからも勉強していきたいと思います。ありがとうございました。
  11. 11.
    • ごん
    • 2018年11月20日 11:08
    • 5
    自分もミニバスをやっていたときにコーチからシュートを決めたらガッツポーズをしろと言われました!
  12. 12.
    • ぬぃっしー、
    • 2018年11月20日 12:12
    はじめまして、いつも楽しく読ませていただいています。
    その中でも今日の記事はすごい!私もスポーツ指導をしていたことがありますが、試合中の流れを具体的な策でコントロールする方法なんて初めて見ました!もしかすると革命的なことなのでは……。書籍版「Kの部屋」も近いですね!
  13. 13.
    • no name
    • 2018年11月20日 12:50
    息子との接し方に大変参考になりました。
    まだ2歳なんで、スポーツしてるわけではありませんが、、

    私は、スポーツは得意ではないんですが、コーチングにはすごく興味があります。

    もっと身近に色んな場所でコーチングを学べる社会になったら、家庭も職場も部活なんかも、居心地いいものにしていけそうですよね!
  14. 14.
    • アフロ
    • 2018年11月20日 15:14
    • 5
    試合中に「ガッツポーズ」という作戦を思いついたKさん凄い!
    普通は試合が終わった後に考えて出てくるものですよね。
    試合中、コーチや監督もどうやったら勝てるのか形は違えど共に戦っているクラブチーム。
    子供達が羨ましい!!
  15. 15.
    • スラムダンクファン
    • 2018年11月20日 17:43
    • 5
    Kさんへ

    いつもスラムダンクの続きを楽しみに読ませていただいている者です。

    この記事、とっても良い記事ですね。
    最近、仕事(住宅営業)で、急にどうにも上手くいかず、吐き気しながら毎日会社へ行ってますが、とっても勇気の出る話でした。

    会社でもよく、気持ちや!気が大事や!と言われますが、上手くいかないことが連続するとわかっていても、体が連動しないと言うか、怒られるだけで具体的な案も出してもらえず、胃が痛いだけの毎日でした。

    ヒントをもらえた気がします。
    ありがとうございます。
  16. 16.
    • T
    • 2018年11月20日 22:42
    • 5
    自分もスポーツの指導をしますが、Kさんの今回の記事は大変勉強になりました。ありがとうございます。
  17. 17.
    • リビング
    • 2018年11月20日 22:57
    ありがとう
  18. 18.
    • ブラン
    • 2018年11月21日 05:17
    • 5
    この記事を読んで思わずため息を着いてしまいました。

    感動して良いコメントが思いつきません。

    Kさんありがとうございます。
  19. 19.
    • まぁまぁ昔からのファンより
    • 2018年11月21日 08:54
    ガッツポーズをごほうびとした広義の意味ではニンジン作戦ということ?

    そしてそれを

  20. 20.
    • 憧れは藤真
    • 2018年11月21日 14:11
    大嶋啓介さんという方の予祝というお話に似てますよね。
    先の成功をイメージさせることで、前向きに頑張らせていくことって大切だと日々感じます。
  21. 21.
    • まぁまぁ昔からのファンより
    • 2018年11月21日 16:53
    途中で送信して失礼しました(^^;

    広い意味ではガッツポーズそのものがニンジン作戦かもしれないけれど、それをチームや大人たちと共有できる事も『エサ』になっているのかな?

    それと指示がシンプルなのがスゴく良いですよね。
  22. 22.
    • あか
    • 2018年11月21日 17:15
    • 4
    いつも更新、楽しみに待っています。
    自分もミニバスの指導者をさせていただいています。子供たちの気持ちの変動に困っていました。乗ってるときには想像以上のプレーをするのに、急にダメなモードになると消極的なプレーを連発…そんな時は、自分もやっていいよと前向きな言葉をかけますが一度、ダメなスイッチが入ってしまうと響かない。歯がゆい思いで悩んでいましたが喜びを体現させるようにするって、そんな事は思い付きませんでした。勉強になりました。
  23. 23.
    • とむ
    • 2018年11月21日 17:16
    たまに中学高校のバスケの試合を見に行ったりすると、威圧して指示してる監督をよく目にしますが明らかにそのチームは弱いなと思うことが良くあります。

    しかし「ガッツポーズしろ!」の指示はちょっと笑ってしまいましたが、なるほどなこれは子供もやりたくなると 素直に感心しました。
  24. 24.
    • とよっしー
    • 2018年11月21日 19:24
    • 5
    初めてコメント致します。
    素晴らしい記事に出会い感動しました。
    今後もブログや指導者としてご活躍をお祈り申し上げます。
  25. 25.
    • 13番
    • 2018年11月22日 10:38
    まだ子供は2歳ですが将来の為にJBA公認E-1級申込みしましたw
    D級までは取ろうと思いますw


    嘘です


    現在所属している社会人チームの為ですがww


    この記事をみるとミニのコーチングやってみるかな
    (自分の子供が小学校に上がったら)笑
  26. 26.
    • T
    • 2018年11月22日 14:41
    感動しました。
    バスケのコーチって口が悪い人が多いですが、私も違う声がけを探してました。私もたまにアシスタントしてます。
    決めたらガッツポーズ、参考にさせてもらいます!
  27. 27.
    • モヒート
    • 2018年11月23日 00:30
    • 5
    貴重なお話ありがとうございます!
    仕事で部下、後輩を指導するのにも役立ちそうですね!!
    勉強になりました!!
    素晴らしい指導者に恵まれた子供達が羨ましいですね^_^
  28. 28.
    • ひらまん
    • 2018年11月25日 09:47
    昔からスラダンはじめ色々読ませてもらってましたが、あまりにもこの記事に感銘受けたので初コメントします!
    私も指導者してます。主に中学生ですが、子供の気持ちを乗せるって本当に難しいです。
    ポジティブに考えるように仕向ける方法!難しいです!
    勉強になります!
    これからも更新頑張ってください!
  29. 29.
    • ぽんまる
    • 2018年11月26日 22:23
    • 5
    自分自身がミニバスやってた頃、勝てる相手なのに勝てないってこと、ありました。普段のバスケができない。
    子どもながらに何故だろうと。

    指導者の大人たちも、勝てるものだと思って試合に臨んでるもんだから、うまくいかなくて歯痒いのか、怒りをぶつけるばかり。思えば「具体的な指示」なんてなかったことと思います。

    自分たち子どもは更にテンションが下がったり焦ったりでいいところが全く出せず。試合時間中になにひとつ改善できず。もやもやの残る試合。。。

    こんなことあったな〜と思い出しました。そんな10何年前の試合のこと、今でも覚えてたりします。当時の仲間と、あの試合勝てたよね、なんてお酒飲みながら話したり。

    Kさんのご指導は、私の例のように、残念だった、という思い出になることなく、「あのときのKコーチの指示覚えてる?」「ガッツポーズだよね!」「そうそう、それからガラッと流れ変わって勝てたんだよね」なんていう風に、後に明るく語られる思い出話になることでしょうね!

    これからも頑張ってください。
    コーチ・Kの次のお話も楽しみにしています!(^^)




コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

指導者のハナシ 〜前向きな、具体的な指示〜 にコメントする
絵文字
K-twitter K-facebook K-mixi
Twitterボタン [henshusya_k]
編集者・Kのtwitterアカウントです。皆様お気軽にフォローしてくださいませ。
facebookボタン [k.no.heya]
Kの部屋のFacebookページです。皆様お気軽に「いいね!」してくださいませ。
mixiページボタン [k_no_heya]
Kの部屋のmixiページです。皆様お気軽にフォローしてくださいませ。
PROFILE
編集者・K / 編集者・K
雑誌・WEB編集の仕事をしているKと申します。「スポーツ」「TVゲーム」「少年漫画」「お笑い番組」「マカロニグラタン」をこよなく愛するオジサンです
  編集者・Kにメッセージ>>>>>Mail to K
  編集者・Kとtwitter>>>>>>>henshusya_k
  編集者・Kとfacebook>>>>>>Kの部屋
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
K-twitter
Twitterボタン [henshusya_k]
編集者・Kのtwitterアカウントです。皆様お気軽にフォローしてくださいませ。

↓ただいまの PC滞在者 ↓

ブログパーツ
スポンサードリンク
PROFILE
編集者・K / 編集者・K
雑誌・WEB編集の仕事をしているKと申します。「スポーツ」「TVゲーム」「少年漫画」「お笑い番組」「マカロニグラタン」をこよなく愛するオジサンです
  編集者・Kにメッセージ>>>>>Mail to K
  編集者・Kとtwitter>>>>>>>henshusya_k
  編集者・Kとfacebook>>>>>>Kの部屋
ACCESS
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ

トップに戻る