当ブログコンテンツの無断転用はご遠慮ください
このエントリーをはてなブックマークに追加        
  • 2019年09月19日18:18

バスケのハナシ 〜試合の出だしの大切さを改めて痛感〜

スペインの優勝で幕を閉じたバスケW杯、

日本は随分早い段階で、
そして決して満足できぬ成績で、
全日程を終えてしまいましたが、

先日から1つの記事がバスケファンの間で
大きな話題となっているのをご存じでしょうか。


ファンの間ではお馴染み、宮地陽子さんの
記事なのですが、この内容がすごくて、

なんと
「日本との戦いの前に立てていた戦略を
アメリカ代表のコーチに聞いた」
というものなのです。

※ちなみにコチラです(NumberWEB)


同試合の結果は説明不要ですよね。

大変な差を見せつけられる形で、
日本は45-98という、大敗を喫しました。


そのゲームに対し、
アメリカはどんなプランを持っていたのか、
あるいは、その戦力差は歴然なだけに
特に具体的プランはなかったということも?


いやいやいや、
ノープランだなんてとんでもない。

どうやらこの記事を見る限り、
アメリカは日本対策を
かなり綿密に練っていたようなんです。


その内容は、上記リンクより記事を
ご覧になっていただくとわかりますが、

アメリカが、あのアメリカが、
日本を倒すためにしっかり情報を集め、
キーパーソンも定め(八村以外にです)、
日本攻略の作戦を練っていたのです。


※記事中に「日本はあの試合で○○点差で」と
件の米国コーチが、日本の強化試合について
話をしてくれるシーンがあるのですが、
宮地さんのtwitterによると、
それはインタビュー中、資料などを見ず、
「ソラ」で言っていたとのこと。
そう、ホントに日本のこと調べてたという



で、記事を読みながら「ああ、やっぱり」
となる部分がありまして。

====
日本が効果的にできることを、
序盤からできるだけ抑えることが
必要だと思い、
そのためにできることを何でもやった
====

こんなコメントがあります。


そう、あの序盤のラッシュ、
完全に作戦通りだったみたいなんです。


※そのために徹底警戒を敷いた相手が
実は八村じゃなかったというのは、
ちょっと驚きだったかもしれないね
(っていう、すごく面白い記事なんです)


わし、アメリカに負けた後に書いた記事
こんなカタチで締めました。

====
あの試合の議論のポイントって、
いっぱいあると思うんですけど、

わしは「最初の2〜3分でやられた」せいで、
その後の30数分が決まったように思うので、
そこにどうしてもトドメをさしちゃう。
====


自分たちは何もやらせてもらえず、
そして、相手にはいいようにやられ、

あの試合は立ち上がりで勝負が決まった
という印象があります。

それがアメリカの作戦だったと分かり、
ああ、やっぱり…、というね。


この出だしの時間については、
宮地さんもこんなことを言っています。

====
格下の相手と戦うときには、
相手に自信をもたせないことは重要だ。

序盤で徹底的に抑え、
やりたいことをやらせない。
それが、アメリカのディフェンスだった。
====


もう完全にその通りでしたよね。


で、
これはアメリカだけに限らないでしょう。

日本と対戦したチームは、
みんな同じように最初に仕掛けてきました。

日本はどの相手から見ても格下のチーム、
格上である彼らは、そのための戦いかたを
しっかり実践してきたってことですね。


てことは、逆に言うと、
そこをしっかり乗り越えていれば、

あらゆる試合が違う展開になったとも
思うんですよね。


これ、日本だけじゃないかも。

思い返せば、
他国の試合を見ても、スタートダッシュで
正気を手繰り寄せたチームって
たくさんあったんじゃないかな、と。


いかに、出だしが大切か、

試合の入り方、立ち上がりの戦略の
重要性を改めて思い知った次第でした。


このへん、今後いろんな試合を見る中で
注目していきたいなあ。

あ、もちろん、自分が指導する
ミニバスのゲームにおいてもね。


バスケットボール、
奥が深いです。面白いです。

だから好きです。



ではでは。


このエントリーをはてなブックマークに追加        






バスケのハナシ 〜試合の出だしの大切さを改めて痛感〜 へのコメント一覧

  1. 1.
    • ひろき
    • 2019年09月19日 19:13
    今回のワールドカップを総括すると、兎にも角にも初戦のトルコ戦序盤で波に乗れなかったことが全てじゃないかな、と思ってしまいます。

    あの比江島のつまらんパスミス、ターンオーバーがこの大会の日本代表の運命を決めてしまった。

    そんな気がしてます。
  2. 2.
    • はちびー
    • 2019年09月20日 01:02
    学ぶ事はいっぱいあっただろうし五輪までのこの一年は、サイヤ人が地球に来るという気持ちで、レベルアップしてほしい。打倒、サイバイマン、ナッパ、あわよくばベジータ。悟空になれる選手は?または悟飯みたいな選手が出てくるか?大事な一年だな。
  3. 3.
    • 13番
    • 2019年09月20日 09:28
    山王戦の入り方ですよね

    奇襲・・・イッ!からのアリウープ

    序盤は三井寿・・・からの3連続3P

    1031ディフェンスw


    格上とやるときは何かプラン持って挑まないとダメですね
    日本が出たどこ勝負してアメリカが周到に準備していたとか
    試合をする前から勝負は決してたという事ですね


    >相手に自信を持たせないことは重要だ

    ほんとこれに尽きると思います
  4. 4.
    • 清田
    • 2019年09月20日 14:22
    アメリカの監督の記事読んでないけどポイントガード潰しかな?
    とりあえず出だしが重要なのはスポーツかじってる人なら誰でもわかるわけで、そこで少しコケたからって弱気になるマインドですよ。問題なのわ。

    後半に向けてどこが取られてどこで取れてを分析するのがポイントガードでありコーチや監督であり出だしだけで負けを認めてたら無能すぎる。

    馬場はじぶんのとこはやれるのわかっててちゃんと勝負できててそこを起点にもっと早く攻めてれば、上手く作戦たてれてれば他の選手も点取りやすかったと思うし。

    一応オレら素人よりはちゃんと作戦立てててのあの試合なんだろうから、やっぱアメリカの壁は高いよ。とりあえず馬場みたいな選手?通用するとこがあっただけでも嬉しい。

    馬場も本気で徹底マークされたらわかんないけど。

    とりあえず観てるだけのオレらよりそれをプロとして生業としてやってる選手があんだけフルボッコにされたってのが現実でそこを受け止めて作戦のせいにせず負けを認めて個々のレベルアップからだと思います。

    根本的に日本のバスケを変えなきゃと思います。

    NBAよりさらにビーリーグでスリーのライン遠くするとか学生時代から遠くしてもいいと思うし、日本人は器用だから3番までボール運びできてもいいと思うしバスケの概念を変える時なのかなって。
  5. 5.
    • fujiko
    • 2019年09月20日 16:50
    この出だしの大切さはやっていてもしみじみ思いますよね。

    で、格下相手にやりたいことをやらせないって本当に強いチームだからこそなんだよな〜と思います。

    中途半端なチームって、自分たちより明らかに格下相手にも競る試合をするし、強いチームにも競る試合をするって結構よくあると思うので、その点、やっぱりアメリカ強いなーと思いました。

    Kさんのミニバストークも楽しみにしています!
  6. 6.
    • ぽう
    • 2019年09月21日 01:41
    >>1
    だからそこじゃないって!
    ちゃんと記事読んだ?
  7. 7.
    • ぽう
    • 2019年09月21日 01:46
    格下相手に序盤に自信を持たせない。
    これは嫌でしょうね
    格下からしたら「やっぱりダメか・・」って
    なりますからね
  8. 8.
    • ひろき
    • 2019年09月21日 09:57
    >>6
    ええ、読んでますよ。
    このKさんの記事のアップ前に宮地さんのレポもちゃんと読んでいます。

    アメリカの格下相手にも手を抜かない姿勢に感心しました。

    その上で、そのアメリカの取り組み含めて、日本がもっと自信持って挑めていたら、もう少し変わったんじゃないかな?と。

    その自信が、アメリカ戦の前、トルコ戦やチェコ戦で既に叩き折られていた。

    もっと言えば最初のコメの通りで、トルコ戦の序盤のターンオーバーで全てがへし折られた。

    と思っています。
  9. 9.
    • 同意
    • 2019年09月21日 12:27
    >>8
    ですね。
    Kさんもトルコ戦のあとにあのターンオーバーの話を書いてましたね!
  10. 10.
    • 清田
    • 2019年09月21日 13:09
    表裏一体で相手が格上だからビビってるやつと
    相手が格上だからやってやろ〜じゃんってなるやつ

    相手が格下だから油断するやつ
    相手が格下でも油断しないやつ

    実際ジャイアントキリングなんて大会ごとにあるわけで格上だからってビビってるやつ代表に選んでほしくないね。

    ふつーに実力で完敗したのを認められなきゃ言い訳ばかり探してたら成長できないよ。
    ってオレは思うけど。
    あとは選手が成長して結果で見せてくれればいいし監督やコーチも学んだろうし。
  11. 11.
    • ぽう
    • 2019年09月21日 22:28
    >>8
    まず、比江島選手のつまらんパスミスって言う言い方は撤回してください。選手は死に物狂いでやってます。もうひとつは、ミスがあってもチーム内で修正修正を繰り返しながら大会を戦っています。1つのターンオーバーで今回のアメリカ戦の結果に繋がった訳ではありません。
  12. 12.
    • ひろき
    • 2019年09月21日 23:45
    >>11
    撤回する必要性があるとは思いません。
    個人の感想ですから。
  13. 13.
    • ぽう
    • 2019年09月23日 01:09
    >>12
    負けた時に、悪い所ばかりに目がいってしまうような見方をしていたら面白く無いですよ。一度、バスケやってみたらどうですか?楽しいし、見方も変わりますよ。
  14. 14.
    • ひろき
    • 2019年09月23日 09:39
    >>13
    バスケ暦30年です。なめんな。
  15. 15.
    • ひろき
    • 2019年09月23日 10:50
    >>13
    人のブログで勝手に絡まれてガチャガチャやっても荒らすだけ。これで止めましょう。
  16. 16.
    • えーっと、
    • 2019年09月23日 12:46
    >>4
    いや、まず記事を読もうよ…。
  17. 17.
    • ぽんまる
    • 2019年09月23日 21:19
    Yes.
    I love basketball!
    We love basketball!
  18. 18.
    • ぽう
    • 2019年09月25日 10:28
    >>15
    はい。止めました。




コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

バスケのハナシ 〜試合の出だしの大切さを改めて痛感〜 にコメントする
絵文字
K-twitter K-facebook K-mixi
Twitterボタン [henshusya_k]
編集者・Kのtwitterアカウントです。皆様お気軽にフォローしてくださいませ。
facebookボタン [k.no.heya]
Kの部屋のFacebookページです。皆様お気軽に「いいね!」してくださいませ。
mixiページボタン [k_no_heya]
Kの部屋のmixiページです。皆様お気軽にフォローしてくださいませ。
PROFILE
編集者・K / 編集者・K
雑誌・WEB編集の仕事をしているKと申します。「スポーツ」「TVゲーム」「少年漫画」「お笑い番組」「マカロニグラタン」をこよなく愛するオジサンです
  編集者・Kにメッセージ>>>>>Mail to K
  編集者・Kとtwitter>>>>>>>henshusya_k
  編集者・Kとfacebook>>>>>>Kの部屋
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
K-twitter
Twitterボタン [henshusya_k]
編集者・Kのtwitterアカウントです。皆様お気軽にフォローしてくださいませ。

↓ただいまの PC滞在者 ↓

ブログパーツ
スポンサードリンク
PROFILE
編集者・K / 編集者・K
雑誌・WEB編集の仕事をしているKと申します。「スポーツ」「TVゲーム」「少年漫画」「お笑い番組」「マカロニグラタン」をこよなく愛するオジサンです
  編集者・Kにメッセージ>>>>>Mail to K
  編集者・Kとtwitter>>>>>>>henshusya_k
  編集者・Kとfacebook>>>>>>Kの部屋
ACCESS
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ

トップに戻る