当ブログコンテンツの無断転用はご遠慮ください
このエントリーをはてなブックマークに追加        
  • 2020年01月12日19:01

バスケ天皇杯は渋谷が優勝 〜流れの妙ってやつだわ〜

流れをどちらがどこで掴むか、
最後に獲ったほうが勝つ、

そんな感じのゲームでした。
令和初のバスケ天皇杯・決勝、渋谷×川崎。


トーナメントの決勝戦らしく、序盤は守備先行の
ゴツゴツしたロースコアバトル、
1Q終了時で16-16、2Q終了時で35-35と、
スコアは全くの互角で進みました。

が、流れという意味では、渋谷が先行していた
イメージがあります。

終始タイトなハッスルディフェンスを仕掛け、
何度もターンオーバーを誘い、司令塔を欠く
川崎に重圧をかけ続け、ある程度のリードを
奪うのはいつも渋谷でした。


しかしまあ、あの忙しいベンチワークの中で、
よくぞ選手達はバイオリズムを高い位置で
保ち続けられたものです。

放送の中でもしきりに繰り返し説明されて
いましたが、渋谷は「選手を細かく替え続け、
絶えず全力プレイを仕掛ける」スタイルです。

一度引っ込めた選手を数分後にもう一度出す、
のような目まぐるしい交代策もザラという、
言ってみれば非常に「慌ただしい」プランです。


あらゆる選手がコートとベンチを往復し続け、
全力で動く時間と、しっかり休む時間を
繰り返すこの戦い方は、確かに選手の足を
常にフレッシュな状態にしてくれそうですが、

一気に波に乗りたいとき、あるいは悪い形から
立ち直りたい時なども、ベンチへの退却を
指示されるわけですから、フラストレーションも
ケッコーたまるのではないかと予想します。


そんな難しい戦い方のなかで、
彼らは特にディフェンスにおいて激しいプレイを
最後まで継続し、離脱者過多で満身創痍の川崎を
攻め続けました(守備時もある意味「攻めてる」)。

その守備の破壊力は抜群であり、司令塔不在の
川崎は何度もターンオーバーを犯します。


それでも大きなリードを許さなかったのは、
辻やニックが大事な場面で決め続けたからでしょう。

あの「喰らいつき」っぷりには、リーグ1位の
彼らの意地を感じましたね。


そういう意味では、
プランどおりに進めたのは、
そう、いい流れのなかで進めていたのは、
むしろ川崎だったのかもしれません。

戦力が整っておらず、相手に主導権を握られるのは
川崎としては想定内だったはず。そういうなかで
辻やニックがチャンスをモノにし続けるしかない
と考えていたのではないだろうか、と

だとしたら、
冒頭で、流れはしばらく渋谷にあったと
書きましたが、ギリギリの展開で追い続けた
川崎に流れがあったと見てもいいのかも。


渋谷のほうが「何度離してもついてくる」という
この展開に対して気持ち悪いものを感じていたと
見ることもできますね。

うん、そうもしれない。


なにしろ「逃げる渋谷、追う川崎」の形が
崩れたのは(つまり川崎が逆転したのは)、
なんと残り3分50秒ですからね。

渋谷からしたら、最悪の追いつかれ方ですよ。

どれだけ突き放しても喰らいつく相手に、
よりによって最後の最後で追いつかれるという。


これで、スコアの上でも、プランの上でも
川崎がついに流れを掴むことに。


初めて追う側に立つことになった渋谷は、
ここで若きエースガードであるベンドラメが、
強引なペネトレイトから相手にボールを渡す形を
繰り返してしまいます。

これ、若さがどう出るかの分かれ目ですよね。
 

彼の思い切りのよいプレイはチームに勢いを
もたらしてくれるし、これから日本が世界に
打って出るなかで絶対に必要なものですが、

そのチャレンジの結果が悪い方に転ぶと
チームのチャンスを潰してしまうのも確か。


渋谷が凄かったのは、ここであっさりと
ベンドラメをベンチに下げたこと。

そして、すぐにもう一度コートに戻したこと。


アタマを冷やさせるためにベンチに戻すのではなく
再度機能させるために戻す、という前向きな
交代策の印象をもちました


果たして勝負はラスト30秒、渋谷1点リードの
場面からクライマックスに入ります。


川崎のファウルがアンスポのジャッジとなり、
渋谷がフリースロー2本+その後のボールの権利を
得ます。

これはビッグチャンスです。2本決めて3点差と
したうえで、さらにマイボールとなれば
勝利はグッと渋谷の手元に近づきます。


が、そうはならない。


渋谷のフリースローは1本しか成功せず、
続くオフェンスも川崎の執念の守備に潰されます。

しかも
その後のファウルで今度は川崎にフリースローが。

点差は2点差、川崎にフリースロー2本。

両方決めれば同点。ビッグチャンス。
なんとも流れの行き来が目まぐるしい
ラスト30秒であります。


フリースローのシューターは辻。

この日のタッチは良好で、難しいスリーを
何度も決めてきています。


が、入らない。

フリースロー2本のうち、1本しか決められず
渋谷1点リードで、ボールは渋谷へ。


うーん、これは決めたかった。


辻はこのあと、最後の最後のスリーポイントも
外してしまうのですが、もう限界を超えていた
のかもしれませんね。

この残り数秒まで渋谷が仕掛け続けた
全力のディフェンスが、辻の体力と集中力を
奪い取っていたのかもしれませんね。


となると、やっぱり渋谷が流れを終始
保っていたと、考え直すこともできます。


渋谷は激しく動き続けた。

川崎は何度も喰らいついてきた。

しかし、最後まで続けたタイトディフェンスは
残り数秒でついに川崎の息の根を止めた。


つまり、渋谷のプランが勝った、
やはり渋谷の流れの中でゲームは動いていた、

そう見てもいいのかな。


うーん、奥深い。奥深過ぎる。

これがバスケだなあ。しみじみ。


皆さん、ご覧になりましたか?
決勝戦、アツイ戦いでしたね。

バスケ、やっぱりサイコーっすね!


引き続きリーグも楽しみましょうね。 


以上、バスケ天皇杯決勝戦のレビューでした。

ではでは。






このエントリーをはてなブックマークに追加        






バスケ天皇杯は渋谷が優勝 〜流れの妙ってやつだわ〜 へのコメント一覧

  1. 1.
    • ヒデ
    • 2020年01月12日 19:14
    いい試合でしたね。
    渋谷が勝ちましたが、辻には男のプライドを見せてもらいました。
    談話室もお疲れ様でした!
  2. 2.
    • オゴロ
    • 2020年01月12日 19:30
    談話室希望しておきながら見れなかった…。リアルタイムで見たかったな〜。
  3. 3.
    • でるぴえろ
    • 2020年01月12日 20:36
    川崎ファンの者です。
    今大会の川崎は本当に凄かった!怪我人や体調不良者の続出、2大PGの不在…ネガティブな話題満載の中、チームが一丸となって決勝まで辿り着いた。
    贔屓目が入ってしまうのは申し訳ないですが、チームとしてはNo.1だったと思います!「スラムダンクの続き〜」の安西先生の言葉を貸りて、川崎の皆さんにはこの言葉を送りたい。
    「今日、川崎は渋谷より強かった。川崎が勝っていた。私はそう思っている」
    この悔しさは必ずリーグ制覇という形で返してもらいたいです!
  4. 4.
    • 2020年01月12日 21:26
    Kさん
    記事のタイトルに試合結果を表示するのをやめていただけないでしょうか…

    前回のウィンターカップの時もそうでしたが、録画して夜に観る予定だったのが台無しにされてしまうのです

    じゃあ記事見なきゃいいじゃんと思われるかもしれませんが、LINEの読者登録をしてるが故に、ポップアップでネタバレされてしまうんです
    じゃあLINE読者登録解除すればいい?
    う〜ん、スラムダンクの続きとかはすぐ読みたいし…

    タイトルにだけ結果を書かないでいただければ解決するので、今回の記事ならば例えば
    『バスケ天皇杯 優勝は!〜流れの妙ってやつだわ〜』とかならむしろ期待感が上がるのでありがたいです
    どうかご一考お願いします
  5. 5.
    • あのー
    • 2020年01月12日 21:45
    それはK氏だけじゃなく日本中のメディアに言うことでは…??なぜK氏だけ貴方の言うことを聞かなきゃいけないの?
  6. 6.
    • 坂田
    • 2020年01月12日 21:50
    >>4
    それはLINEの通知設定を変えれば大丈夫ですよー。ポップアップには内容が出ないようにできますので。人に頼む前にまず自分の努力だと思いますよ。お試しください。
  7. 7.
    • 読者
    • 2020年01月12日 22:03
    もはや何を書いても絶対に文句言われる。
    さすがに気の毒になってきたわ…。
  8. 8.
    • コーチS
    • 2020年01月12日 22:25
    ベンドラメはこれから日本のエースガードに駆け上がっていってほしいですね。あの強気なドライブはこれまでのガードとはひと味違いますよ。東京五輪で期待です。
  9. 9.
    • 2020年01月12日 22:25
    いやいや、文句だなんてとんでもない
    ちょっとした注文のつもりでした
    LINEでlivedoorブログリーダーを使っていつも読ませていただいています
    ブログリーダーでKの部屋をポップアップさせないようにはできますが、スラムダンクの続きはポップアップがほしい…
    うーん、ワガママか…いやワガママだな

    すいませんでした
    こちらで通知がこないようにします
  10. 10.
    • 坂田
    • 2020年01月12日 22:42
    >>9
    スイマセン。その逆ギレようを見ると、私の言っていることが伝わっていないようなので改めて。

    通知が来ないようにする必要はありません。LINEの通知設定で「通知のポップアップは出るがその中身の内容は出ないように」というすることができるのでそれでどうですかという提案です。

    それにすれば新着通知を受けても「LINEを受信しました」みたいテキストだけが出て中身は何も出ないようにできるのです。これでタイトルは出ないのであなたの言うことは防げます。伝われましたでしょうか。

    ちなみにあなたのコメントを見ると、Kの部屋がタイトルを変えたとしても、あなたのご友人などが「〇〇が勝った」などのLINEをしてきたらそもそもアウトですよね。やっぱり通知設定を変えたほうがいいんじゃないですか?
  11. 11.
    • ブラン
    • 2020年01月12日 23:22
    最後まで分からない良い試合でした!
    Kさんが言った通り,あの場面でベントラメを下げたのは勇断だったと思います。

    篠山がいたら辻はシューターに集中出来たのにと思ってしまいました。

    最高のスリー決まって欲しかった…
  12. 12.
    • ピッカー
    • 2020年01月13日 00:04
    川崎はあのメンバー事情でよくやりましたよね。
    リーグ戦後半の一番の注目チームになるんじゃないかと。
  13. 13.
    • あなたも
    • 2020年01月13日 01:01
    >>10
    そんなにつっかからなくても、、、
    別に逆切れなんてされてないでしょう
  14. 14.
    • Max
    • 2020年01月13日 11:42
    日本代表目線で言えば、今回の大会を通じての一番の収穫は辻の復活+PG兼任の可能性を得たことでは。ベンドラメはアルバルク安藤との競争ですかね。
  15. 15.
    • 大根.jp
    • 2020年01月13日 11:43
    ���Υ������ȤϺ
    ��������ޤ���

    �ȤϺ��������ޤ����
  16. 16.
    • ひろき
    • 2020年01月15日 08:10
    >>4
    わがまま。
    まずは自分でなんとかしろ。




コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

バスケ天皇杯は渋谷が優勝 〜流れの妙ってやつだわ〜 にコメントする
絵文字
K-twitter K-facebook
Twitterボタン [henshusya_k]
編集者・Kのtwitterアカウントです。皆様お気軽にフォローしてくださいませ。
facebookボタン [k.no.heya]
Kの部屋のFacebookページです。皆様お気軽に「いいね!」してくださいませ。
LINE読者登録
月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
PROFILE
編集者・K / 編集者・K
雑誌・WEB編集の仕事をしているKと申します。「スポーツ」「TVゲーム」「少年漫画」「お笑い番組」「マカロニグラタン」をこよなく愛するオジサンです
  編集者・Kにメッセージ>>>>>Mail to K
  編集者・Kとtwitter>>>>>>>henshusya_k
  編集者・Kとfacebook>>>>>>Kの部屋
ACCESS
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク

トップに戻る