【入店時データ】
店名 : ちゅっぱちゃっぷす
※ぼったくり容疑で検挙→逮捕→閉店

業種 : ソフトキャバクラ
コース : 40分コース
女の子指名 : フリー
適用割引 : 案内所
入店回数 : 初回
総額 : 3000円(料金3000円、飲み物代0円)

---------------------------------------------------
【評価】 18/50点 D評価
店・フロント : 6/10点
コンセプト忠実度 : 5/10点
女の子(容姿性格) : 5/10点
女の子(テクニック) : 1/10点
満足度 : 1/10点


----------------------------------------------------
 【総評】
桃白白系列とは別系列の「逆セク」キャバクラ、という売り文句ですが。。。
素人が素人を寄せ集めて作ってみました、的な感じでサービスとしての完成度は非常に低いです。
お店が女の子に対してまったく教育していない、もしくは店自体も素人だから教育できない?というぐらい低いです。
ここに行くぐらいなら、もう少し出して桃白白系列行った方が100倍楽しめると思います。
素人っぽい子が好きな人なら、、、いやぁ、それでも無理ですね。
私はもう行かないです。

※注意:このお店の最新情報も併せてご確認ください。

------------------------------------------------
【体験談】
第2回ブロガーオフ会の一次会を終えた、私とデラTKさん。
さっきまで刺激的な水着姿の女の子を目の前にしてお触りできない、という生殺し状態だったため、アイコンタクトで「次はキャバクラね♪」と合図を送りあい、案内所へ歩みを進めます。
デラさんのエステ話を聞きながら客引きを華麗にスルーし無事案内所へ到着。
そこでウンウン唸りながら一つのキャバクラに決めました。
「ちゅっぱちゃっぷす」
最近オープンしたばかりのお店で、桃白白系列ではないのに「逆セク」プレイが楽しめるというなかなか気になるお店です。
「逆セク」とは、キャバクラなのにダウンタイムになると客が目隠し&手錠をかけられ動けなくなったところで、女の子が乳首をペロンしたり服の上からじゃんぽけ先生をさすさすしてくれたりという夢のようなプレイの事です。

案内所で割引券を貰い、デラさんのパブ話を「ま、まじっすかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」という感じで聞きながらお店のある、LIPSやプルプルグループが入居するビルの隣に到着。
そこでデラさん「あれ?ここロックオンの入ってた場所じゃない?」とピーン。
ロックオンとは、桃白白系列でしたが先ごろ閉店してしまった、これまた逆セクを売りにするお店でした。
エレベーターで目的階に着くと「あ、やっぱりロックオンの場所だった所だ」と、デラさん大正解でした。
入口で軽くシステムの説明を受けます。

40分だと女の子2回転でダウンタイムは1回のみ、ここは一般的なキャバクラシステムですね。
飲み物は飲み放題、、、かと思ったら飲み放題なのはウーロンハイやソフトドリンク程度で、ビールなどは別料金なんだとか、、、今のご時世、けっこう珍しいシステムですね。

案内所では「すぐ行けます」と言われましたが、まぁ10分ぐらいは待つだろうなぁと思いつつ、受付にてお金を払うとすぐご案内です。
え?まじで?安めのキャバクラだし新しいお店なのにまじで??
ちょっと戸惑いつつ店内に入ると、、、おぉぉぉぉ、先客はほぼいない状態でした。
デラさんと私は、キャバクラの常套手段、分離作戦で前後に分離され、デラさんの数席後ろに離れた場所に私が座ります。

席は小さな映画館のように全て一方向に向いていて、4人ぐらいは座れそうな横長のソファがある感じです。
席と席の間には仕切りも何もないため、全てまるっとお見通しです。
もちろんデラさんの雄姿もお見通し、お酒を飲みながら女の子が来るのを待ちます。

少しして私の席にやってきた1人目の女の子は。。。
うーん、、、なんと説明したらいいのでしょう、、、外見が似てるとかそういうわけじゃないんですけど、女の子が醸し出す全体的な雰囲気、イメージがロバートの秋山とピッタリ一致します。

Real_Live_16252_s

本当に外見がそっくりというわけじゃないんです。外見はけっこう太めの、でも普通な女の子です。
年齢は30歳前後でしょうか。服装は白のワイシャツにスカート、膝までのハイソックス。可愛らしい恰好してます。
でもロバート秋山なんです。
何がロバート秋山なのか、、、主な原因は喋り方でしょうねぇ。。。
あのまんまの、よくコントでやるような喋り方を目の前の女の子がしているんです。
「あ、ロバート秋山みたいな喋り方」と一度思ってしまうと全てがロバート秋山っぽく見えてくるのが不思議です。若干挙動不審な動き方、喋り方、笑い方、、、全てが一致します。
もうそのうち、上半身を脱いで体モノマネしても全然驚かない不思議じゃないレベルです。

ただ、秋山ちゃんはすごく一生懸命な接客をしてくれます。
飲み物に水滴が付けばこまめに拭いてくれるし、こちらの投げた会話のボールを大きく広げて暴投して戻してくれるし、ちゃんとすすきのキャバクラスタイルである客の足の上に片足を乗せるスタイルもやってくれますし。
すごく頑張ってる感じが伝わってきます。伝わりすぎて若干こちらが楽しめないぐらい頑張ってくれます。

5分ぐらいお喋りしたところでしょうか。
乗せられた秋山ちゃんの太ももを撫でようとしたんです。。。あれ?なんか秋山ちゃん、太ももザラザラしてるんだけど。。。
「あ、お店の中寒いんでパンスト履いてるんです、えぇ、寒いですからねぇ、えぇ、女子にとって冷えは天敵ですからねぇ、えぇ」

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ?????

客がキャバクラに来る理由の30%は女の子の太ももを触りながらお酒を飲むためなんですよ!
それなのに「寒いからパンスト」ってOLですか、夏になればなるほどひざ掛けとかカーディガンとかマフラーとか手袋するOLですか!!!
これはちょっとお店も「パンストは脱げよ」と言うべきです。このまま客の前に出していい恰好ではないです。
ここで私ことじゃんぽけさん、若干不機嫌になります。
私にとって太ももを触るという行為は、今話題のアナと雪の女王に無理やり例えるなら「レディゴーレディゴー」って歌っている場面と一緒です。
アナ雪からあの歌を無くしたらどうですか?映画の価値ないでしょう?
レディゴーレディゴー言いながら太もも触れないキャバクラは全然価値ないわけです。

あぁ、私のキャバクラはここで終わりかぁ、、、女の子の腰に手を回すデラさんを遠くに眺めながらお酒をすすります。
その間も秋山ちゃんは色々お話ししてくれますが、空返事で頷きながらお酒を飲む簡単なお仕事を繰り返します。

すると秋山ちゃん。
「いっぱい喋ったから私も飲み物飲んでもいい?」と言ってきます。
とりあえずビールが飲みたいと言うのでいくらか聞くと
「1000円♪」

高っ、たかっ!!!

ビール1000円ってどんなボッタクリバーやねんな。
炭酸入りのオシャレな日本酒が1000円のご時世に、JKがビキニ姿で胸をぎゅっぎゅしながらレモンを絞ってくれるサワーが1200円のご時世に、単なるビールが1000円!!!
※しかもTAX込みで1200円、銘柄は金麦、、、ビールじゃねぇぇぇぇぇ(kazさん情報サンクスです♪)

いつダウンタイムが来るのか、次の子はどんな子なのか気になるタイミングで、この子にビールを上げるのはなぁ、、、と渋っていると
「飲んだらもっとお喋りがんばりますんで」と言いやがります。
こっちは太もも触れず心が荒んでいる上に、若干秋山ちゃんのハイテンションな喋りにイラッときているのに、飲んだらもっと喋る宣言されても、全然心が動きません。
それでもお願いしてくる秋山ちゃん。なんだかとっても必死なので
「ダウンタイムで頑張ったら何杯でもいいよ」と言うと「ほんとに?ぜひ頑張ります、ぜひぜひ頑張ります」と秋山ちゃんがさらにハイテンションに。。。ヤバイ、油に火を注いだかも。。。

そんなこんなで時間が過ぎるのを待っていると店内がなんとなく暗くなります。
音楽も変わってダウンタイムです。
「上に乗りますね」と大きなお尻を私の膝の上に乗せて、私の首に手を巻きつけます。
ではでは、秋山ちゃんの本気を楽しみましょうか。。。
あれ?あれれ??あれれれれ???
全然何もしてきません。してこないどころか膝の上に乗ってダウンタイム中なのに、先ほどと同じように普通に喋ってます。
え?なにこれ?ダウンタイムだから膝の上に乗せているのに、膝の上でただただ喋っているだけならそれは江戸時代の拷問と差異はありません。
うん、重いねこれ。。。

一向に何もしてこない秋山ちゃんに若干イライラしつつ、
「秋山ちゃん、、、ダウンタイムだよね?」
と聞くと、「あ、そうですね、はい」と言いながらキス態勢に、、、そしてオデコに1回キスをされます。
後は私の肩に頭を乗せて「はぁ、、、」と休憩中。。。
へっ?
これで終わり???オデコにキス1回で喜べるほど純情アクションな時期は遠い過去に置いてきちゃったんですけど。。。
その後も何もする気配はないので、ではこちらから。。。とワイシャツの上から胸を揉みます。。。
え?????
胸を揉んだ直後に手に残る違和感。。。
あのー、、、これー、、、ブラジャーしてます?
「えぇそうですけど、パットも結構入ってますけど、えぇ」

そうですけどじゃねーよ!!!!

ソフトキャバクラでワイヤーブラをパット付でガッツリしてるとか、ある意味貴重な体験です。
ソフトキャバクラでまさかのブラ有乳を揉まされるとは。。。
もうね、なんかね、じゃあブラを取って揉んでやろうって気になりません。。。テンションガタ落ちです。。。

ソフトキャバクラって何?っていう意識が女の子にまったくないからこうなっちゃうんですよね。。。何をしてお金を貰うのか、と。これは店の教育が出来ていないからなんでしょうね。
待機場所でブラしたままだったら注意するとか、、、ないんですかね???
女の子とお店の意識の低さにガッカリして何かをする気力はとうに失せ、暗い店内で秋山ちゃんを乗せて、ただただ秋山ちゃんのお話しを聞き続けるという苦行が数分間続きます。。。
あ、ちょ、ちょっと足の感覚がなくなってきたかも、、、というタイミングでダウンタイム終了です。

机の上には手錠や目隠しがあったのですが、秋山ちゃんも「使い方わからないんですよね」という感じで一切使わずダウンタイム終了です。
はぁ、、、なんだったんだろ。。。
一息ついたのも束の間、秋山ちゃんから「じゃあビール頼みますね」と衝撃の一言。

はぁぁぁぁぁぁぁぁ???

私がウシジマくんなら金属バッドをフルスイングで振り回すほどの衝撃の一言です。
ただまぁ私も体は初老、心は少年のいい年した大人なので
「ダウンタイム頑張ったらいいよって言ったから、自分が頑張ったと思うなら頼んでいいよ」と言うと、「が、頑張れなかったです。。。」と少しショボンとしてテンションが若干下がります。
そのショボンとした姿を見ると若干、本当に若干ですが心が痛みますが、まぁこれがお仕事ですからね。
そんなこんなで女の子チェンジのお時間です。

ふぅ、、、と一息付きつつ次の女の子を待ちます。
はぁ、、、次もダメなら早めに帰ろっかなぁ、、、と思っていると次の女の子登場です。
「失礼しまーす」
鼻にかかった甘ったるい声を出す、小柄で可愛らしい女の子です。
服装はワイシャツ一枚。
もう一度「失礼しまーす」と横に座って私の足の上に片足を乗せてきます。
先ほどのダメージでイマイチテンションが上がらない私ですが、何気なく太ももに手を乗せると、、、おぉぉぉぉこれこれ、これですよ。生脚太ももです♪
キャバクラにきたぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!手のひらでしっかり実感します。
これで私のテンションはだいぶ回復です。しかもツルツル♪♪肌年齢的には20代前半ですね。

ツルツルの太ももをスリスリしながらお話しをしているとすぐに女の子から「何か飲んでもいいですか?」と尋ねられます。
可愛いし太ももスリスリさせてくれてるけどダウンタイムもう終わったしなぁ、、、と「無料ならいいよ」と言ってみると「有料だけどこっちが好きなんだぁ」と甘えてきます。うんうん、可愛いなぁ。
最初にこの子付いたらどれだけ未来が変わっていたか、、、
でもダウンタイム終わったんだよなぁなんて考えていると「ダウンタイムいっぱい頑張るから♪」となんか先ほども聴いたようなセリフ。。。
というかあれ?この子、さっきダウンタイム終わったの知らないのかな?と思い「ダウンタイム終わったよ」と伝えると「うん、だから次のダウンタイム♪」と不思議な発言。。。
あれ?もしかしてこの子、、、お店からちゃんとシステム説明受けてないのかな?とちょっと聞いてみると、キャバクラ自体ほぼ未経験でお店からもちゃんとした説明は聞いていないんだとか。。。
これはお店がダメダメですなぁ。。。

ここで親切に女の子に色々教えてあげてもいいんですけど、なんだかめんどいので適当に「超頑張ってくれたら何でも頼んでいいよ」と言うと「え?ほんと?シャンパンとかでも?」と目をキラキラさせて聞いてきます。
「うんうんいいよいいよ(どうせダウンタイムないし)」なんて返すと、その後は「ダウンタイムまだかなぁ?」とまるで遠足前日の子どものような感じで目をキラキラさせちゃっています。
うーん、これはこれで可愛いですけどね。

で、しばらくお話しをしていると女の子も「あれ?もしかしてダウンタイムもうないのかなぁ?」とやっと気づきます。
「あぁたぶんないと思うよ」と言うと、どよーんと女の子のテンションダウンです。わかりやすっ(笑)
「はぁ残念だなぁ、、、」とすごく落ち込んでいる姿を見るとなんだかかわいそうになってきます。。。
あまりにかわいそうなので「もし次来たら指名するから」とリップサービスすると、「え?ほんと?」と、またまた目がキラキラ、笑顔ニコニコです。わかりやすっ(笑)
しかも「じゃあさ、上に乗っていい?」とダウンタイムでもないのに私の上に乗っかってきます。
まぁ可愛い子なら全然拒否しない主義なので、私はされるがままです。
で、チュッチュ、チュッチュしていると店員がやってきて、恒例の延長催促です。
ただこの店員、「また次来るから今日は帰る」と言うと「え?次来ていただけるんですね?ありがとうございます!!!ではお帰りはこちらです」
とあっさり帰してくれます。いやいやいや、素人じゃないんだから。。。客としては楽だけど、本当にこのお店大丈夫かな?とこちらが心配になるほど、女の子の店員も純粋すぎます(笑)

そんなこんなでエレベーターホールに出ると、一足先に出て待っていてくれたデラさんがいました。
店内の暗さとエレベーターホールの明るさのギャップにお互い寝起きみたいな目をしつつ、ビルを出てすすきのの街へと消えていくのでした。

うーん、このお店、長くはない気がします。。。
しかも実質30分程度で、10分ぐらい短縮されました。。。これじゃあ客は付かないです。