2017年10月22日

当選

20:00〜     「第48回衆議院選挙 福岡第5選挙区原田義昭 当選
場所:原田事務所

DSC_0580


DSC_0582


◆午後8時の投票締りめ切りと同時にNHK開票速報、「自民党勝利 過半数を大きく上回る」と画面が流れました。全国の開票作業は午後9時から始まるのですが、いち早い報道には驚かされます。世論調査の結果と期日前投票、投票所の出口調査などの分析を参考にして「当確」を打つそうです。
 私も十数年前は行政職員として、市内各投票所から集められた投票箱を開票作業を行う市民体育館に集め、午後9時の開票宣言とともに開票作業を行っていました。投票用紙を一枚、一枚開いていき、各候補者のカゴにその票を集め、枚数を数えるビルコンを通して100票の束にしていました。そのときは、まだまだ、どの候補がどれだけの票を獲得するか、興味を持って作業を行っていたものです。
 現在のように、こんなに早く当確が決まっていくと、あのドキドキ感がなくなったように思えます。今回の福岡2区のように、同士である鬼木誠候補の当確が日にちが変わっても出てこない。開票作業から4時間経って、ようやく万歳の報。それから朝方の3時半まで自民党の友党であります公明党が、九州ブロックにおいて4議席死守できるか見守っていましたが明けてもわかりません。23日午前11時過ぎに、公明党関係者の方から4議席目まで届かなかった。との連絡をいただきました。結果を聞き、無念さが残り、小選挙区原田義昭候補の勝利を素直に喜べない結果となりました。

DSC_0584


DSC_0587


DSC_0585



Comments(0)

2017年10月21日

マイク納め

20:00〜       「第48回衆議院選挙 福岡第5区原田義昭候補マイク納め
場所:原田選挙事務所

DSC_0572
原田義昭候補の最後のお願いとお礼の挨拶です。

DSC_0571


◆10日の公示から12日間繰り広げられてきた選挙戦も午後8時を持って街宣活動など制限されることから原田義昭候補の事務所では、「マイク納め」が行われました。
 今回の総選挙の特徴は期日前投票が前回の選挙よりも大きく上回り過去最高の投票者数となっていることです。
 21日に総務省が発表した20日現在の中間状況は、公示翌日の11日から20日までの10日間で、選挙人名簿登録者数14.71パーセントあたる1,564万人(福岡県は約81万人と1.6倍増)と発表しています。
 また、超大型台風21号が22日の投票日に日本列島に上陸する可能性があることから、今日はどの投票所も早めに投票を済ませる人が多く混雑していました。

DSC_0575
最後は、「武神会」の拳士による「勝つぞー」コールで締めです。

Comments(0)

2017年10月18日

知事表敬

11:30〜
場所:特別会議室

DSC_0555
小川知事激励の言葉です。

DSC_0559
立石アルファ裕一さんです。

DSC_0566


◆9月定例会が13日に閉会をして、衆議院総選挙の真っ只中、今日は、その合間をぬって我が福岡県から2020年、東京オリンピック・パラリンピックに出場をめざす立石アルファ裕一さんが、8月に中国北京で開催された障がい者卓球アジア選手権大会に見事銅メダルに輝やき、その成果と決意を述べる知事表敬に県卓球協会の会長として同席しました。
 6月のスペイン大会は銅メダル、ルーマニア大会は銀メダル、10月のタイ大会では個人金メダル、団体銀メダルです。これで世界ランキング16位になるとパラリンピック出場の権利が近くなります。リオの時は25位とランキングを上げられずに出場にとどきませんでした。

DSC_0564


DSC_0565


DSC_0563


 また、今日の知事表敬では、OECD(経済協力開発機構)日本政府代表部の特命全権大使公邸料理長として2013年から2016年。2017年6月「優秀公邸料理長認定外務大臣表彰」を受けられた、秋吉雄一朗さんが同席されました。小川知事もフランス高官時代もあったことから現地に詳しく、料理の話にも花が咲きました。
 現在、福岡食材をテーマとした料理をフランスで出店される準備をしておられます。今日の表敬に合わせて秋の食材を活かした弁当をいただくことができました。

DSC_0561







Comments(0)

2017年10月17日

応援演説

15:00〜     「自民党演説会   弁士 参議院議員 青山繁晴 来援
場所:原田義昭選挙事務所

DSC_0558


DSC_0560


◆福岡第5選挙区の原田義昭候補と自民党外交部会において外交問題に一緒に取り組まれている青山繁晴参議院議員が、原田義昭候補と第2選挙区の鬼木誠候補のために福岡に駆けつけられました。
 一昨年、参議院議員に安部総理から進められて選挙に出られ48万票の得票を得られて参議院議員になられました。共同通信社記者時代から外交問題のスペシャリストとして有名で特に危機管理のエキスパートです。
 今日は、選挙事務所での応援演説と西鉄二日市駅、西鉄白木原駅では熱気を帯びた話で最高に盛り上がりました。原田義昭候補と鬼木誠候補は、朝8時に始まる自民党の部会の中でも票に結びつかないと言われる外交部会において熱心に取り組まれる姿を見て感銘を受けている仲間だそうです。苦戦を強いられていることを聞き、たまらず駆けつけられました。

青山参議・街頭演説


DSC_0552


DSC_0553


青山参議・街頭演説(県議)


Comments(0)

2017年10月14日

お詫び

                「井上順吾 「県政報告会」開催日の変更のお詫び

DSC_0549


◆大変申し訳ありませんでした。今日、中央地区を対象とした「県政報告会」が延期となったことを知らずに足を運ばれた方々がおられたことです。予め待機していた事務所長から報告を受け、慌ててこのブログを書いています。「順吾の一日」を見られる方には当然変更のブログが書いていなければなりませんでした。心からお詫び申し上げます。
 後援会の役員さんや地域の世話人の方には、文書や変更のチラシで対応していましたが、十分徹底できていませんでした。

 突然、衆議院が解散をされ、10日が選挙「公示日」となり、22日が「投開票日」と決まりました。公職選挙法により、衆議院選挙が行われている間は、政治団体等が集会などを開く政治活動が制限をされています。
 このため、10月10日から10月22日までの間に市内4箇所で予定していた私の県政報告会2箇所が制限されたのです。今日14日の中央地区11月18日(土)に中央コミュニティセンターで開催します。
 また、来週21日に開催予定していた北地区は、11月11日(土)東コミュニティセンター開催の東地区と合同開催となります。開始時間はいずれも午後6時30分です。

Comments(0)

2017年10月13日

閉会

12:10〜     「平成29年9月第13回福岡県議会定例会 最終本会議
場所:本会議場

229年9月決特委員会 
中尾正幸決算特別委員長の委員長報告の様子です。

29年9月 採決風景
採決の模様です。

◆9月11日の開会から33日間の会期日程で始まった9月定例県議会も今日の本会議で閉会となりました。

 決算特別委員会に付託された決算議案20件は、今日の本会議で中尾正幸委員長から審査結果の報告があり、採決の結果認定することで可決されました。
 また、本日上程された意見書案第65号、「参議院議員選挙制度改革に関する意見書案」は、採決の結果、賛成多数で採択されました。
 この意見書案は、合区を解消し、都道府県を単位とする代表が、国政に参加することが可能となる選挙制度の実現をするためで、自民党県議団と緑友会の2会派が提出したものであります。

DSC_0554


 

Comments(0)

2017年10月11日

知事保留質疑

11:45〜        「決算特別委員会 知事保留質疑・採決
場所:第1委員会室

◆今日は、小川知事に対する知事保留質疑が行われ、平成28年度決算特別委員会が閉会しました。委員会に付託された平成28年度一般会計決算案など20件の審査です。
 今年度から決算特別委員会は9月定例会中に審査されることになりました。9月29日の第1日目の歳入から歳出へと部局ごとに8日間にわたって審査が行われました。この審査で行われた質疑内容や結果は来年度の当初予算編成に反映されることになります。

DSC_0549


 今日の知事保留質疑は、6人の委員から小川知事に対して行われ、我が会派からは塩川秀敏委員の「「福岡県リサイクル総合研究事業化センター」の共同研究成果の事業化とその課題について」をはじめ3人の委員が知事に問いました。保留質疑の後、提案された20件の採決が行われ、賛成多数で議案が採択され、委員会として全議案を認定することになりました。
 この結果を受けて、13日の最終本会議で中尾正幸委員長から委員会の審査結果・採決の結果が報告され、本会議での採決となります。

Comments(0)

2017年10月07日

福岡県卓球界

11:00〜     「平成29年度 福岡県卓球協会常任理事会 (第3回)
場所:飯塚市第一体育館 会議室

DSC_0602
10月6日読売新聞朝刊からです。日本選手の大活躍で2020年の東京オリンピックを意識して中国が平野美宇選手や石川佳純選手などの中国リーグ参戦を認めないという記事です。

◆日本卓球界の大活躍でテレビ番組で取り上げられたり新聞で大きく報道される今日です。今日は、福岡県卓球協会の常任理事会を開催し、連絡・報告と来年度の行事計画などが議題となりました。
 驚いたのは福岡県卓球協会へ登録した会員が平成28年度から約1,000人が増加して平成29年度の会員登録者数は、11,454人となったとの報告がありました。特に、小・中・高校生の会員登録が増えています。
 また、先のえひめ国体では、成年男子5位、少年男子5位、少年女子3位と素晴らしい成績を残し、福岡県の総合得点獲得に貢献しています。今日はその選手たちも今度は全日本卓球選手権の代表獲得を目指し選考会に来ていました。

 4日でしたが、公益財団法人日本卓球協会から北九州市と福岡県庁を訪れられ、来年6月6日から10日まで開催される「ジャパンオープン 荻村杯」を北九州市総合体育館で開催することが正式に決まりました。年内には開催ポースターを作成し配布されるとのことです。
 また、2020年開催される東京オリンピック、パラリンピックの前年、2019年はオリンピックテストマッチ、ワールドカップが東京で開催されます。
 来年2018年から、世界の卓球アスリートが日本にやってくることになります。

 

DSC_0597


 これまでの卓球会では考えられなかったことです。お茶の間のゴールデンタイムにオリンピックや世界卓球といった試合番組でアスリートたちの活躍が放映されることにあると思います。このテレビや新聞といったマスコミ報道が若年層に大きな影響を与えています。

 今日、常任理事会と同じ体育館では、来年1月の全日本卓球選手権大会の出場権を得るための福岡県予選会も行われています。
DSC_0591


DSC_0589


 そこで見たのが小学校6年生の小塩遥菜(おじお はるな)選手(石田卓球クラブ所属)です。卓球を始めてまだ2年半ということを聞いてまた驚きです。まさに天才少女です。「カットマン」です。今日の会議で報告があったのは、これからは「カットマン」ではなく、「カット型選手」と言わなければならないそうです。

 そこで石田卓球クラブのホームページの記事から紹介しますと、

 男女の1次リーグと決勝トーナメント1〜3回戦が行われ、ホープス(小学6年以下)、カブ(同4年以下)、バンビ(同2年以下)でベスト8が出そろった。女子は元卓球選手で女子プロボクサーだった真弓さん(35)を母に持つ東アジアホープス大会2冠の小塩遥菜(6年)=福岡・石田卓球クラブ=、昨年バンビ優勝の悠菜(3年)=岐阜・三里クラブ=姉妹がそろって8強入り。
 岐阜のスーパー姉妹が、圧巻の強さで8強に駒を進めた。妹の小塩悠菜は「めっちゃ頑張った」と軽やかなフットワークからの強打でストレート勝ち。すぐにカット主戦型の姉・遥菜も完勝で続いた。
 2人は元卓球選手で女子プロボクサーだった母・真弓さんの考えで、ボクシングや水泳など複数の競技に取り組む中で卓球を始めた。小3の終わりから取り組む姉・遥菜は今月の東アジアホープス大会(上海)で個人、団体の2冠に輝くなど成長。「強くなりたい」と4月から福岡の石田卓球クラブに留学。大会前には卒業生で世界選手権女子ダブルス銅メダルの早田ひな(17)=福岡・希望が丘高校=と打ち合い、「ボールが強かった」と刺激された。
 姉・遥菜は、「世界の大会で優勝したい」と将来の日本代表を志す一方で、昨年のバンビを制した妹・悠菜は「ボクシング選手になりたい」と夢を語る。マラソン選手も視野に登校前に3キロの走り込みとサーブ練習、授業後はボクシングと卓球の練習に加え、ピアノも習う“四刀流”の多忙な日々を過ごしている。描く将来像は異なるが、「優勝したい」と口をそろえる姉妹の目標まであと3勝だ。(林 直史)

とあります。
DSC_0600
手前コートが小塩選手です。

DSC_0601
全日本をめざす高校生とシングルスで対戦していましたが、スマッシュもなんなく返し、カットのキレのスゴさに相手選手も惑わされていました。

平成30年度の福岡県卓球行事計画案です。
DSC_0592


九州卓球連盟事業計画(年度別)予定表です。
DSC_0595
















Comments(0)

2017年10月01日

大野城ガッツ

17:00〜   「硬式少年野球 大野城ガッツクラブ 第30期生 卒部式
場所:ガッツグラウンド

DSC_0558


DSC_0557
右側から橋本席は渚生君、穴井修平君、川駿輝君、川崎拓海君、宮本歩夢君、矢野流々希君、宮崎海誠君で、後ろの保護者の皆さんです。

DSC_0585
卒部生7人の寄せ書きです。

◆顧問をしている硬式少年野球チーム「大野城ガッツクラブ」恒例の卒部式がグラウンドで行われました。
 私が一番好きな行事です。子供たちが汗と涙した思い出のグラウンドで卒部する感動のひとときなのです。昨年、創部30周年を迎えた大野城ガッツクラブを卒部する第30期生は7名です。大野城ガッツクラブの球訓である「甘さを見せず、厳しく、冷静に燃える、そして克つ」をモットーに、汗と泥にまみれて練習し、その積み重ねから生まれる自立心と協調性、忍耐力と判断力を野球を通じて養っています。
 卒部生の中には、プロ野球で活躍する第8期生の杉内俊哉選手、第12期生の本多雄一選手、そして社会人野球で活躍する選手など多くの人材を世に輩出してきました。
 今日卒部する子どもたちは、これから目標とする高校を目指して試験勉強に打ち込むことになります。同じ釜の飯を食ったチームメートは、それぞれの高校へ進むと今度は甲子園を目指して戦うことになります。どの道に進んでも「ガッツ魂を忘れず」何事にもチャレンジするガッツ仲間であってほしいと思います。

DSC_0579


DSC_0568
在部部員を代表して主将の鷹巣雄大君の送辞です。

DSC_0571
卒部生を代表して主将の橋本渚生君のお礼の言葉です。・・・・「野球を続ける限り、それぞれの夢に向かって進んでいきます。培ったものを大切にして、高校でも頑張っていきたいと思います。僕たち、卒部生は、それぞれの道を歩き始めますが、この大野城ガッツで学んだことを胸に頑張っていきます。いつもたくさんの応援をしてくださりありがとうございました。心から感謝しています。・・・・・」

DSC_0583
記録がこのように残されています。

DSC_0582
卒部記念品一式です。

DSC_0576


大野城ガッツの伝統です。料理は1年生・2年生のお母さんたちが地元の公民館で料理します。私は大好きなカレー大盛りをいただきました。カレー好きの私ですが、この味最高でした。

DSC_0584
井本宗司市長のお祝いの挨拶です。

DSC_0572
1・2年生のお父さん、お母さんたちです。お世話役をしてくれました。



Comments(0)

2017年09月30日

追悼式

10:40〜        「平成29年度 西部方面隊殉職隊員追悼式」                   場所:陸上自衛隊健軍駐屯地(熊本市)慰霊之碑前 

121006_103455


DSC_0553
 

 すばらしい秋晴れのもと、西部方面隊殉職隊員追悼式が殉職隊員慰霊之碑で、厳粛に挙行されました。
 この慰霊碑には警察予備隊発足以来殉職した自衛隊員のうち、ご遺族が九州・沖縄地区に住んでおられる隊員の御霊を慰霊しています。その御霊は288柱が祀ってあります。
 追悼式では、九州各県からのご遺族の方を含め、執行者であります湯浅悟郎西部方面総監をはじめ部隊関係者、各県防衛議員連盟会長、自衛隊父兄会、隊友会など支援団体関係者が参列しました。

 開式の辞国歌吹奏儀杖、黙祷追悼の辞(執行者湯浅総監)、献花追悼電報拝読遺族会会長挨拶儀杖、拝礼、弔銃(3発の号砲)、閉式の辞 と執り行われました。

 追悼式が行われる意義ですが、西部方面隊が国民の多くの信頼と期待を得るに至った陰には、心ならずも途なかばにして殉職された隊員の尊い犠牲があることに思いを致し、ご遺族並びに多数の関係者、隊員とともに感謝と哀悼の誠を捧げることにあります。
 そして、自衛隊員の任務・訓練は常に危険と隣り合わせの過酷なものであり、部隊における安全がいかに大事であるかを深く認識し、日々の厳しい訓練に励み任務の完遂に向けて精進することを誓うとあります。
 毎年この時期に行われており、私も平成23、24年と今年と3回列席させていただきました。

 西部方面隊の担任区域は、南北に約1,200km、東西に約900kmに及ぶ地域で、最南端の与那国島までは、総監部のある熊本から沖縄本島を経由して約1,500kmを超える距離があります。この区域には約2,500個(有人200)の離島を抱えています。九州・沖縄を統括する西部方面隊は第4師団、第8師団、第15旅団があり、訓練された2万8千人の自衛官がいます。

111029_121351
西部方面総監部庁舎です。

111029_103826
総監室に掲げられています。
 雲は行く 大観峰  水は阿蘇より流れ  やがて奔流となる 
 行雲流水 火の国に  
 育まれた魂  旅はまだ始まったばかり



DSC_0554
玄関ロビーに掲げられています。

DSC_0557
今年の7月九州北部豪雨災害派遣の様子と不発弾処理の件数が記載されています。


Comments(0)

2017年09月28日

追加議案

12:50〜              「9月定例会 追加議案
場所:本会議場

29年9月議会 小川知事


◆病気療養中だった小川知事が公務復帰され、今日本会議に出席して追加議案の説明を行いました。


小川知事追加議案説明要旨

本日、追加提案しました議案は、予算議案1件であります。

 今回の補正予算は、衆議院の解散による衆議院議員の総選挙及び最高裁判所裁判官の国民審査並びにこれらの啓発に必要な経費を追加するものであります。
 補正予算の額は、一般会計で21億7千8百万円余の増額となります。これに必要な財源につきましては、国庫支出金を計上しております。
 以上が提出議案の概要でありますが、慎重ご審議の上、議決下さいますようお願い申し上げます。


DSC_0552


提案説明
 知事の提案説明は、定例(臨時)会の初日に行う。なお、追加議案の提案説明は、議案提出後直近の本会議で行う。ただし、決算関係議案は、原則としてこれを省略する。(議会運営必携(先例等))


本会議は一旦休憩におとされ、この追加議案を付託された
総務企画地域振興委員会が開かれ審査の後、委員会可決されました。
この後、 議会運営委員会小委員会、議会運営委員会が開かれ、再開後の議事進行について確認をし、再開された本会議では、先に上程された19議案と追加議案を合わせた20議案の採決、公安委員の人事議案の採決、請願審査結果報告・採決、意見書案報告上程・採決と進められました。人事議案を除く予算案をはじめとしたいずれの議案も可決され人事議案は同意されました。


Comments(0)

2017年09月26日

慌ただしさ

 19:30〜           「衆議院議員解散総選挙」

DSC_0552
26日読売新聞朝刊から

◆昨日の安倍総理大臣の解散表明で一気に慌ただしくなってきました。28日招集の臨時国会冒頭で衆議院を解散する意向が表明され全国一斉に選挙モードです。この福岡第5区選挙区においてもしかりです。
 昨日の朝8時は、今回の選挙から福岡第2選挙区の一部が第5区に編入されることから、第五区の自民党県議団とへ一部が編入となる南区選出の保守系市議と県議会議員の顔合わせが行なわれました。
そして今日は、第5区の自民党市町村議員と南区市議、県議の合同会議が開かれ、告示日の出陣式、選挙期間中の行動確認などが主な議題となりました。
今回の南区一部からの第5区への編入人口は約3万人、有権者数で約2万5千人です。投票率が60%として1万5千票がどの候補者に
流れるか、注目を集めるところです。
編入される4投票区は、老司投票区有権者数約7千人、鶴田投票区約6千人、弥永投票区約5千人、弥永西投票区約7千人です。

 衆議院選挙は、昭和22年以来中選挙区制(定員が3人ないし5人)を採用していましたが、平成6年に公選法が改正になり、小選挙区比例代表並立制が採用されました。小選挙区で300人、比例代表で180人(全国11ブロックに分ける)選出する制度です。

Comments(0)

2017年09月25日

常任委員会

11:00〜            「総務企画地域振興委員会
場所:委員会室

◆今日から常任委員会が開かれます。議会には8つの常任委員会があります。私は総務企画地域振興委員会に所属しています。
 委員会は、議会の会期中、付託された議案審査(請願を含む)のため開会するほか、閉会中も議会の議決により付議された特定の事件を審査又は調査するため開会されます。

 今日の委員会は、継続審査中の請願審査7件と陳情6件の審査に続いて、議案審査は5件でした。

 (1)第101号議案 平成29年度福岡県一般会計補正予算(第一号)所管分

 (2) 第102号議案 福岡県職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 (3)第103号議案 福岡県税条例等の一部を改正する条例の制定について

 (4)第104号議案 福岡県森林環境税条例の一部を改正する条例の制定について

DSC_0552


 (5) 第108号議案 福岡県領収証紙条例の一部を改正する条例の制定について

第101号議案は、ほとんどの補正予算が先の九州北部豪雨にかかる災害復旧・復興予算です。

いずれの議案も原案のとおり賛成多数で委員会可決されました。


このあと、所管事務調査として 3件が審査されました。

(1)福岡県行政改革大綱の実施状況について

(2)総合計画審議会について

(3)福岡県の職員の給与等に関する報告及び勧告について

担当所管から報告があり質疑が行われました。





Comments(0)

2017年09月22日

レディース卓球

9:15〜           「第30回 九州ブロックレディース卓球大会
場所:福岡市市民体育館

DSC_0581


DSC_0574
前年度優勝チームと優勝ペアです。

DSC_0575


◆第一三共ヘルスケア株式会社の協賛を得て開かれている大会です。さすがに今の卓球界の人気と同じように800人を超える女性ばかりの卓球大会で華やかです。大会は2日間にわたって行われました。ユニホームも艶やかに会場の雰囲気もちょっと違っています。福岡県卓球協会が主管する大会ですので、県卓球協会会長として歓迎の挨拶をさせていただきましたが、これも初めての体験です。開会式が行われるフロアには、昨年優勝の1部、2部、3部、4部のダブルスペアに、団体戦のAクラス、Bクラス、Cクラスの優勝チームだけが並んでいるだけで、参加選手は各県ごとに観覧席での参加です。正面の福岡県の選手たちの顔も遠くてわからないくらいです。
 でも、女性らしい配慮された大会模様で75歳と74歳の福岡県選手がとてもユニークな選手宣誓をされ、試合前のいっときの和みでした。

 この大会は、公益財団法人日本卓球協会・九州卓球連盟の主催です。主管が福岡県卓球協会、福岡市卓球協会、福岡県レディース委員会です。卓球協会は下の図のとおり組織化されており、それぞれの部門がそれにあった大会運営を行っています。

DSC_0551
今日の大会は中程にありますレディース委員会が担当します。

DSC_0579
見つけました大野城市から出場したペアチームです。手前左が岡本幸恵さん、右が山崎美智子さんです。

DSC_0596


DSC_0597
団体戦Aクラス決勝戦です。左側がビギンチームで、右側が昨年度優勝の川田卓球クラブで、共に福岡県チームで優勝は川田卓球クラブでした。3位に久留米フレンドも入りました。

DSC_0550
運営スタッフです。大会が終わり最後の後片付けの後です。まだまだ写っていないスタッフもいます。



一日目、夜のレセプションの模様です。場所は、ホテルセントラーザ博多です。

DSC_0586
博多山笠の「西流れ」の友情出演です。

DSC_0590
祝い目出度が披露されました。

DSC_0594
長崎県諫早の選手による友情出演です。諫早サザンカクラブの皆さんで「のんのこ節」「銭太鼓」が披露されました。

DSC_0583
レディース委員会で貢献された方に新留九州レディース委員長からユニークな感謝状が渡されました。

DSC_0585



 新留委員長の話です。鹿児島県卓球連盟は、今年の「敬老の日」にお祝いした卓球会員は、75歳以上56人にお祝いの米3キロを渡されたそうです。なお、最高齢者は94歳です。卓球が生涯スポーツに適していることがわかります。ピンポン球を目で追うと動体視力をやしない脳を刺激していいことが実証されています。

 私も地元のラージボール大会(普通の硬式球より4ミリ大きい44ミリの球で、重さも2割ほど軽くてラリー向きです。)で、約450名の参加者でした。ほとんどが60歳以上の方です。他県を含め県内から大野城市に試合に来られたかたばかりです。
「自分の卓球仲間で痴呆症で残念ながら卓球をやめられた方がいますか。おられたら方は手を挙げてください。」と尋ねましたら、手を挙げられた方は5名でした。卓球環境を整えれば元気な高齢者社会に必ず貢献できると確信したものです。

Comments(0)

2017年09月20日

一般質問

11:00〜           「9月定例県議会 一般質問
場所:本会議場

29年9月十中先生 一般質問
自民党県議団の十中大雅(じゅうなかだいが)議員(久留米市選出)の一般質問トップバッターです。

◆代表質問を終えて今日から3日間は、「一般質問」です。27人の議員が質問を行います。
  通常、質問は、「代表質問」と「一般質問」とに区別され、各定例会(2月、6月、9月、12月)に実施されます。

  一般質問の質問時間(再質問等を含む)は、各会派に割り当てられ、会派の持ち時間は、議員数に「8分」を乗じて得た時間となります。なお、答弁時間は質問時間に含まれません。
  一般質問の質問者数は制限はありませんが、会派の持ち時間内の範囲内となりますので、各会派はみずから員数を調整し届け出ることになります。自民党県議団は43人いますので、8分かける43人で344分の持ち時間、約5.73時間です。
 そして、特定の会派にが同一日に集中することがないよう会派間の均衡を勘案して、質問日ごとに質問者数を各会派に配分されます。
  また、一般質問の質問順位は、質問日ごとの会派配分に基づき、質問日ごとに多数会派順に一巡し、二巡以降も同様に会派内順位に従って決定されます。
 一般質問の日割り等については議会運営委員会(小委員会)にて決定いたします。

DSC_0571
一日目(20日)の午前3人と午後6人、2日目の午前中3人まで、

DSC_0572
二日目(21日)の午後6人と三日目の午前中3人まで、

DSC_0573
三日目(22日)の午後6人です。


Comments(0)

2017年09月15日

代表質問

11:00〜        「9月定例県議会 自民党県議団 会派代表質問
場所:本会議場

29年9月 井上博行代表質問
代表質問者は井上博行議員(博多区選出)で議長席は樋口 明議長です。

◆今日から各会派の代表質問の日です。代表質問を行うことのできる会派は、交渉会派となっています。議会内交渉団体(交渉会派という)は、所属議員5名以上党・会派となっており、代表質問の人数は各会派1名です。
 また、代表質問の質問順位は、多数会派順です。代表質問の質問時間は、再質問等を含めて、当初予算が提案される定例会は、60分内で、通常2月定例議会です。その他の6月、9月、12月定例会は、各45分以内となっており、答弁時間は質問時間に含まれません。

 各会派の質問は、会派の政策審議会で何回も打ち合わせを重ね、主旨確認などをそれぞれの部会長が確認と要望を行い、質問原稿が出来上がっていきます。

 今定例会の自民党県議団の代表質問者は博多区選出の井上博行議員です。そして、質問の通告内容は、

一、九州北部豪雨災害とその救済対策について
  1.被害の全容と救済・復旧支援
  2.生活再建のための住宅支援や集落機能維持・確保
  3.農林水産・商工業等の復旧支援と観光産業の回復支援 など

一、いわゆる災害ボランティアについて

一、農林水産行政問題について
  1.県内水面研究所の被害と復旧対策 など

一、学校施設の老朽化対策および世界遺産登録について

一、県警察の不祥事について

一、その他県政一般について
  1.タイ王国総領事館の福岡誘致

 答弁をする執行部の要出席者は、知事職務代理者、関係部長、教育長、警察本部長です。

この代表質問のやりとりは県議会ホームページで見ることができます。


追伸:「おおの山城大文字まつり実行委委員会」から連絡が入り、四王寺山の大文字点灯は台風18号が近づいているため18日まで取りやめて19日から灯されることになりました。17日(日)の諸行事もすべて中止です。



Comments(0)

2017年09月13日

大文字点灯

19:00〜        「おおの山城大文字まつり・・・『大』点灯」

DSC_0569
市役所駐車場からの写真で、明るく写っている先が四王寺山に灯る大文字です。

大文字まつり
 「大」の字の大きさは、縦100m×横100m。その中には100個の電灯が灯ります。

◆今年の「おおの山城大文字まつり」から四王寺山に灯る『大』が祭りの当日だけでなく10日前から点灯することになりました。
 今日は福岡県民体育大会の結団式の日でしたが、議会公務で出席がかないませんでした。でも、いいこともあります。おかげで都市高速の千代インターから水城インターまで車で走るとき、月隈ジャンクションを過ぎた頃から左手に四王寺山をずっと見ることができます。午後7時から点灯と聞いていましたが、なかなか灯りません。今日からじゃなかったのかと思いながら、大野城まどかぴあに着きますと見えるではありませんか。感動でいっぱいです。知らない近くにいる人たちにも思わず『大』の字を指差して教えてしまいました。みんな感動です。・・・・
今日から24日までの12日間、午後7時から10時まで点灯されます。
 おそらく新しく語り継がれる大野城市の名物になると思います。西鉄天神大牟田線の連続立体交差事業で電車が高架するとどれだけの人たちの感動を呼ぶことになるでしょう。

Comments(0)

2017年09月11日

開会

11:00〜         「平成29年 9月定例会 本会議
場所:本会議場

9月議会議場にて黙祷
本会議の冒頭、九州北部豪雨で犠牲となられた方々のご冥福と一日も早い復旧復興を願い黙祷を捧げました。

9月定例議会が始まりました。会期は今日から10月13日までの33日間です。小川知事病気療養中のため、知事職務代理者の服部誠太郎副知事より提案理由の説明があり、提出議案20件で、その内訳は、豪雨災害からの復旧復興関連費を含む総額687億96百万円を増額する今年度一般会計補正予算の予算議案1件条例議案8件工事請負契約の締結に関する議案4件、経費負担に関する議案6件人事に関する議案1件です。

 なお、予算議案の中で災害復旧費は、〇道路や河川、施設の復旧に448億円、〇砂防ダムの設置など災害の再発防止に136億円、〇災害廃棄物の撤去など被害拡大防止の応急対策に19億円、〇農林漁業者の事業継続支援に11億円、〇小規模事業者の事業継続支援、被災地の観光復興支援などに1億円となっています。

 代表質問は9月15、19日の2日間。一般質問は9月20日から22日までの3日間。常任委員会は25日から27日の3日間。決算特別委員会は22、29日、10月2〜6日、10、11日の9日間です。

9月議会 1服部副知事
今日から22日までの間、知事職務代理者となった服部誠太郎副知事より提案理由の説明です。

知事職務代理者 服部副知事議案説明要旨の一部を掲載しています。

DSC_0562


DSC_0563


DSC_0564


DSC_0565


Comments(0)

2017年09月08日

訓練総見

19:30〜           「大野城市消防操法訓練総見」       
場所:西鉄自動車学校

◆今日は9月17日の「筑紫地区消防操法大会」に向けて訓練の仕上がりを披露する訓練総見がありました。
 大野城市消防団(高野英機団長)からは、第1分団が自動車ポンプの部に、第4分団が小型ポンプの部に大野城市の代表として出場します。先に行われた大野城市大会において見事に勝ち抜いての出場です。消防団始まって以来の記録となるダブル優勝3連覇がかかっているそうです。
 今年の5月から4ヶ月間、それぞれ厳しい訓練を行ってきています。いよいよ9月17日が筑紫大会の日です。
 今日は、大会前の訓練総仕上げを井本宗司市長はじめ関係者の前で披露する総見の日です。選手たちは本番さながらの試技を行います。

 消防操法大会の目的は、消防団員としての消防技術の練成迅速・的確な行動、及び消防精神の練磨士気の高揚を図り、火災防御に万全を期するとあります。基本動作、操作技術、連携をいかに早く、的確に行うかがポイントとなっています。

 消防団は、地域防災の最前線で活動しています。常備組織である消防署と連携して住民の生命財産を守る消火活動をはじめ災害の警戒や救出活動、あるいは避難誘導と多岐にわたっており、団員は、それぞれに職業を持ちながら消防技術の訓練に励んでいます。

DSC_0549
夏の陣を一足早く制して4期目の当選を果たされた井本宗司市長の満面の笑みです。


大野城市消防団第1分団(自動車ポンプの部)

監督は、分団長の香椎勝則、指揮者は、班長の福嶋良太、1番員は、班長の濱田裕之、2番員は班長の新形隼一、3番員は班長の上村健太、4番員は団員の高雄大樹、補助員は古賀貴博です。

DSC_0552


DSC_0558


DSC_0553


DSC_0559


DSC_0562




大野城市消防団第4分団(小型ポンプの部

監督は、分団長の鬼木 真、指揮者は、班長の鶴 光太、1番員は、団員の山口将夢、2番員は、団員の高田圭輔、3番員は、団員の秋本義也、補助員は、班長の藤井 亮です。

DSC_0564


DSC_0566


DSC_0568


DSC_0570


DSC_0572


DSC_0573


DSC_0576
総見が終わり井本市長の講評の様子です。整列している右が第4分団、左が第1分団です。



Comments(0)

2017年09月07日

善一田古墳群

                   「善一田古墳群(ぜんいちだこふんぐん)」
場所:大野城市乙金東1丁目

◆1400年前にタイムスリップしたように驚きと感動でいっぱいだった現地説明会から3年が経ちました。乙金第2区画整理事業地内で発掘された「善一田古墳群」です。今月2日土曜日に開催された「上大利小水城」の現地説明会を見られた方から「善一田古墳の写真をもう一度紹介できませんか。」とリクエストがありましたので、その時の写真と大野城市ふるさと文化財課の協力をいただき掲載いたします。

141026_100310
平成26年10月26日に行われた現地説明会に訪れた人たちです。事前説明と散策コース(ドキドキコース・わくわくコース)の説明を受けています。

141026_100942
福岡平野を一望できる立地になっています。

1善一田 
向こうに見えるのは大野城市内の方角になり、手前に盛り上がっているのが円墳です。

141026_140215


141026_100646
18号古墳です。

BlogPaint
出土品です。

141026_101021
18号古墳の入り口です。中にはヘルメットをかぶって入りましたが、出るときは感動が先に立ち、頭を打ちました。ヘルメットに感謝です。

141026_101122
18号古墳の石室です。床面から墳頂部まで約6メートルあります。石室内は真っ暗ですので、懐中電灯を天井部分に当ててもらっているところです。石組みの大きさに驚かされます。

 古墳のほとんどは直径10メートル前後の小さな円墳ですが、中には15メートルを越えるものもあり、その中でも18号古墳が最も大きく直径25メートル、高さ6メートルの二段構造の円墳で、非常に大きく、一番高いところにあります。古墳群形成の最初期に造られたとみられ、この時代の福岡平野を代表する規模で、被葬者は一帯を支配した有力者であったとのことです。
 ここからの出土品も新羅土器や朝鮮半島系土器を含む多量の土器が見つかり、馬具・鉄鍬(てつくわ)や象嵌(ぞうがん)で装飾をした刀、金属器を作るための道具、矢を収納するための容器など全国的にも珍しく貴重な副葬品が出土しています。

141026_143632



 


善一田古墳群の概要−第4次調査を中心に−

善一田古墳群全景



【遺跡の位置と周辺遺跡】 
 福岡平野東南の最奥部にあたる乙金山麓には、古墳時代後期〜終末期(6〜7世紀)を中心とした古墳が多数分布しています。善一田古墳群をはじめ、王城山古墳群・古野古墳群などがあり、これらを総称して「乙金古墳群」と呼びます。乙金古墳群の周辺には、古墳群と同じ時代の集落遺跡である薬師の森遺跡や、須恵器窯跡である乙金窯跡、雉子ヶ尾窯跡などがあり、乙金山麓を中心に展開する遺跡群を乙金地区遺跡群と総称しています。

【古墳群の構成と変遷】
 全体で30基ほどの古墳からなる古墳群で、8つ程度の支群(グループ)があります。このうち4次調査では23基の古墳について発掘調査をおこないました。6世紀後半に築造を開始し、7世紀後半にかけて継続することが明らかになりました。最初期に最大規模の18号墳を築造し、6世紀末〜7世紀前半に築造のピークを迎えます。7世紀中頃〜後半にかけて順次規模が縮小していくが、古墳に代わって簡易な墓である土坑墓が展開します。


【特徴的な遺物】
・三累環頭大刀柄頭
三累環頭大刀柄頭


 刀の柄に装着する飾りで、青銅製の本体に金を貼り付けています。全国で40例ほどしか出土例がない非常に貴重なもので、有力な人物がいたことを物語ります。元々は朝鮮半島の新羅や伽耶で流行したものであることから、朝鮮半島との交流を伝える資料ともいえます。


・新羅土器
新羅土器


 朝鮮半島にあった国の一つ、新羅で作られた硬い焼物です。善一田古墳群では2点、隣接する王城山古墳群では10点前後の新羅土器を発見しており、当地域と朝鮮半島との交流が活発であったことが分かります。


・ヘラ書き須恵器「奈」
ヘラ書き須恵器「奈」


 7世紀前半の須恵器の表面に「奈」という漢字を記しています。日本では文字を読み書きできる人がほとんどいなかった時代のものであり、最先端の知識や文化を持った人がいたことを物語ります。


【18号墳の詳細】
1善一田古墳 


 18号墳は善一田古墳群の最初に造られた古墳で、最大規模を誇ります。
古墳の大きさ 東西26m、南北22m、高さ4.8mあり、6世紀後半の福岡平野では最大規模の古墳の一つです。
石室の大きさ 古墳内部には石で築いた横穴式石室があります。遺体を埋葬する施設である玄室は幅2.2m、長さ2.8m、高さ3.5mあり、6世紀後半の福岡平野の中では、最も高い石室の一つです。
豊富な副葬品 石室の中から、豊富な副葬品を発見しました。鉄刀・鉄鏃や馬具のほか、矢を収納する靫(ゆぎ)や胡簶(ころく)、鉄づくりの道具である鉄鉗(かなはし)などがあります。
18号墳の被葬者 古墳や石室の大きさ、豊富な副葬品の存在から、18号墳は非常に有力な人物であったことが分かります。鉄鉗を副葬することから、当地域で鉄づくりをしていた集団を束ねるリーダーであったのでしょう。

【まとめ】
 善一田古墳群は福岡平野を代表する大規模群集墳で、朝鮮半島と積極的に交流し、盛んに鉄器生産を行なっていた人々が造った古墳群と考えられます。水城跡や大野城跡を築造する直前の様子を伝える非常に重要な古墳群といえるでしょう。




Comments(0)

2017年09月02日

上大利小水城

                    「大野城市上大利小水城跡 現地説明会
場所:大野城市旭ヶ丘1丁目

DSC_0651


2小水城跡説明会 
熱心な考古学ファンがたくさん集まってくれています。東側裾野の発掘現場です。

小水城跡説明会1



DSC_0649
丘陵部の花崗岩バイラン土を台形状に造成し、その上に積土していることや土塁裾部の痕跡を確認したことで、現況が築造当初の姿をある程度保っていることがわかったそうです。

DSC_0650
土塁の西側です。土塁を右手に見て東側を望んでいます。横には南ケ丘・下大利線が通り、平田川が流れていますが、この平田川は昔、付け替えられたのでないかということです。この部分に門や道路の存在が推定されることから、これらの確認も今後の課題ということです。


◆今日、文化財発掘の現地説明会がありました。国の特別史跡で古代の防衛施設であった水城跡の近くにある「上大利小水城跡(かみおおりしょうみずきあと)」が第3次調査の成果が公表された。第1次は1980年、第2次調査は2002年に行われています。当時の調査では、規模が全長約80メートル高さ約2メートル幅約15メートルとされていましたが、今回の調査では、土塁の西側と東側で行われ、全長約90メートル高さ約5メートル幅約23メートルと従来の発表より規模が少し大きくなっています。
 水城跡は、太宰府市から大野城市にまたがる長さ約1.2キロメートル長大な土塁です。この土塁は、白村江戦いに敗れた倭国が、唐・新羅連合軍の侵攻から大宰府を守るため築造した防衛施設です。『日本書紀』には、西暦664年に築いたという記述が残ります。
 上大利小水城跡は、水城跡から西に約800メートルの地点にあります。丘陵間にできた小さな谷をふさぐ小規模な土塁です。水城跡と合わせて「特別史跡水城跡」として指定・保存されています。
 こうした小水城跡は上大利のほか、春日市の大土居・天神山など複数存在しており、敵の侵攻を防ぐために堅固な防衛ラインが形成されていたことがわかります。

DSC_0646


DSC_0647


DSC_0648


DSC_0655
土塁の東側裾野から西側を望む。北側が博多からくる谷にあたります。

DSC_0654


DSC_0656


DSC_0658
積土の中から須恵器が少量出土しています。

DSC_0657
小水城築造以降に堆積した黒色腐植土層から平安時代の土師器・須恵器が出土しています。

 今回の調査でわかったことは、土塁は現状では東側に向かうにつれ先がすぼまっていますが、本来は幅広い土塁があったことが判明したそうです。
 また、土塁の西側丘陵(地山)を造成した後に、積土を行うことが判明しています。さらに、土塁を築造する地形や地質に応じて、土塁の積み方を変えるという古代の土木技術の一端が明らかになったとあります。





追記 ・・・ 私は今、松本清張『時間の習俗(しゅうぞく)』を読み返しています。偶然にも今日読んでいるところは中程で、「西の死体」の見出しがあり、その書き出しに、福岡から鹿児島本線に沿って約30分ばかり行くと、水城(みずき)という駅がある。元水城村だったが、今では太宰府町に併合されている。
 水城は、7世紀のころ大陸からの侵攻を防衛するために太宰府のきた2キロの地点に造られた土塁である。『日本書紀』天智天皇3年の条に、「筑紫ニ 大堤ヲ築キテ 水ヲ貯ヘシム。名ヅケテ 水城トイフ」とある。
 ここは左右の山が最も迫った所で、現在でもそのまま残っている。延長約1キロ、基底幅約37メートル、高さ約14メートルだ。
 もっとも、近年の研究では、この堤の内に水を貯めるのではなく、水城の東の端が大野城のあった山麓につがっていること、土塁が外に急で内側に緩やかになっていること、水城の西の山丘の谷間が小土塁で塞がっていることなどから、太宰府の(くるわ)を守る防衛戦であろうという想定もある。
 

(太宰府町は、昭和57年に市制に昇格して太宰府市になっています。)

 このように、小水城(しょうみずき)のことが小説の中で出てくるのです。この「時間の習俗」は、55年前の昭和37年に刊行されています。







Comments(0)

2017年08月29日

職務代理者

11:00〜       「平成29年 9月定例会 代表者会議・議会運営委員会
場所:代表者会議室

◆9月定例会に向けた代表者会議が開かれました。小川知事が今日から入院治療のため服部副知事が代理出席され、知事の本会議欠席について報告があり、9月11日から22日まで本会議を欠席し、服部副知事職務代理者とする報告が議長にありました。
 9月定例会に提案する20議案が説明されました。豪雨災害からの復旧復興関連費を含む総額687億96百万円を増額する今年度一般会計補正予算案条例案人事案件などです。
 この代表者会議を受け、議会運営委員会を開き、定例会の会期を9月11日から10月13日までの33日間とすることを申し合わせました。
 定例会初日の9月11日、本会議開会の冒頭に議長の発議平成29年7月九州北部豪雨災害にかかる黙祷を出席者全員で行い、その後、会期の決定諸般の報告議案報告上程知事提案理由の説明請願上程・付託議員派遣議決議員表彰が行われます。
 
 代表質問は9月15、19日の2日間とし、一般質問は9月20日から22日までの3日間。常任委員会は25日から27日の3日間。28日の本会議で常任委員長報告・採決議案採決、請願審査の結果報告・採決が行われる予定です。

 今議会から会期中決算特別委員会が開かれることになりましたが、定例会中の議案審査は、決算関係議案を除く議案を先議することとなります。
 決算関係議案は9月19日の本会議で報告・上程され、22日の本会議で決算特別委員会を設置し、委員の選任のあと決算特別委員会が開かれ正副委員長の互選が行われます。
  なお、決算審査は9月29日から10月11日まで予定され、議会最終日の10月13日に決算特別委員長報告ののち採決が行われます。


DSC_0644
毎日新聞8月26日朝刊。


 職務代理者とは、

  地方自治法第152条に、普通地方公共団体の長に事故あるとき、又は長が欠けたときは、副知事又は副市町村長がその職務を代理する。この場合において副知事又は副市町村長が二人以上あるときは、あらかじめ当該普通地方公共団体の長が定めた順序、又はその定めがないときは席次の上下により、席次の上下が明らかでないときは年齢の多少により、年齢が同じであるときはくじにより定めた順序で、その職務を代理する。
と決め細かに定めています。

 本県においては、平成29年3月31日に、知事の職務を代理する副知事の順序を定める規則が制定されています。

  地方自治法第152条第1項の規定に基づき、知事の職務を代理する副知事の順序を次のように定める。
第一順位 副知事 服部 誠太郎
第二順位 副知事 大曲 昭恵
第三順位 副知事 江口 勝






Comments(0)

2017年08月27日

出陣式・遊説・当選

10:00〜       「大野城市長候補 井本むねじ 『出陣式』」

DSC_0611
激しかった昨日の雨風が嘘のように今日の瓦田地禄神社は晴れ渡った青空に包まれています。

8:00〜
  『神事』・・・・・瓦田地禄神社

DSC_0605
神事が行われています。私は今朝突然の腰痛のため拝殿には上がらず下で見守りました。

DSC_0609
井本宗司市長と信子夫人です。



10:00〜
  『出陣式』・・・・選挙事務所

DSC_0616
6月24日まどかぴあでの「総決起大会」市長は舞台のしたからせり上がってきましたが、今日は会場の袖からの登場でした。

DSC_0619


DSC_0620
牧山恭久選対本部長の挨拶です。

DSC_0619


DSC_0622
井本宗司市長候補の決意表明です。

DSC_0624
三上博文七日会会長のガンバローコールです。

DSC_0623
会場溢れる人たちが激励に駆けつけました。

DSC_0626




11:45〜
  『遊 説』・・・・市内・各公民館

BlogPaint


DSC_0627


DSC_0631
南ケ丘1区公民館前です。市民の皆さんがそれぞれの最寄りの公民館に激励に駆けつけられました。

DSC_0630
遊説隊の皆さんです。



18:00〜
  『当選報告会』・・・・選挙事務所 

DSC_0633


◆午後5時の立候補受付時間が終了し、唯一の届け者である井本むねじ候補の4回目の当選が決まり、支援者の皆さんが朝の出陣式に続いてお祝いに駆けつけられました。

DSC_0634


DSC_0635


DSC_0637
井本市長がこれまでの後援会活動、選挙活動において一番に事務所の皆さんにありがとうとの感謝の言葉が印象的でした。そして後援会活動を牧山会長を中心に戦ってくれたことにも感謝でした。これから連続立体交差事業や乙金の区画整理事業後のまちづくり、善一田歴史公園整備、施設の老朽化に計画的に取り組み、高齢化社会への投資をし、減災防災に取り組んでいくなど力強く思いを語られました。

市長4期当選バンザイ
宗和会の会長中田泰之さんの音頭で万歳三唱です。

DSC_0643
地元瓦田の『おしんこ会』の瀬利八千代さんからの花束贈呈です。    










Comments(0)

2017年08月23日

あと一週間

19:00〜       「大野城市長 最後の地区別決起大会
場所:釜蓋公民館

1釜蓋区決起大会 
井の口区・釜蓋区合同決起大会です。

2釜蓋区決起大会 
4選目指してガンバローコールです。

◆告示まで一週間、井本宗司大野城市長4期目に向けた後援会活動も最後の訴えです。7つの「つながるM-puran(エム・プラン」と43の「施策テーマ」、そして3期12年間の通信簿を討議資料として、市内全地域の行政区宗和会・七日会、そして女性を対象にした女性のつどいと7月22日の瓦田区を皮切りに14箇所で実施されました。
 私の参加率は14打数9安打、6割4分2厘でした。県議会の行事などと重なり全部の出席は叶いませんでした。私がこの地区別決起大会に参加して感じたことは、井本市長の初出馬の時期と2期目、3期目、そして今度の4期目と少しも変わらないということです。後援会の役員会、地区別の正副世話人会、事務所開き、総決起大会、そしてこの地区別決起大会と開催される時期とこれまで支援をされてきた人たちの流れが変わらないということです。私の過去の手帳を見てわかるのです。
 もう一つ、市長が私の決意で述べられている、「市長に就任以来、先例を精査し、しくみを変え、人事には先入観を排し、国内最高のサービスを提供する自治体目ざして、私は市政に取り組んでまいりました。今日の成熟化した社会構造の中では、少子高齢化への対応や老朽化施設の整備、さらには、危機管理施策の充実が強く求められています。ここに、4期目の立候補にあたって、『我がまち大野城”未来づくり宣言”』をマニフェストとして取りまとめました。」とあります。
 この基本こそ、大野城市が平成28年日経ビジネス誌の「活力ある都市ランキング」で、全国第2位に選ばれたことなどが示唆しています。

 27日の告示に向けて後援会最後の訴えの1週間となっています。

ここ1週間、立て続けに開かれた地区別決起大会の様子です。

1女性のつどい 
女性のつどいの様子です。(8月19日)

一区決起大会 2
私の地元南ケ丘1区・南ケ丘2区・つつじヶ丘区合同の決起大会です。 (8月21日)
 


Comments(0)

2017年08月20日

九州国体

9:00〜       「平成29年度 国民体育大会 第37回 九州ブロック大会
場所:佐世保市体育文化館

DSC_0562
会場となった佐世保市体育文化館のメインアリーナです。

DSC_0549
試合前の練習風景です。

DSC_0551


◆18日から3日間の日程で開催された「平成29年度 国民体育大会 第37回 九州ブロック大会」の卓球競技に福岡県卓球協会会長として参加しました。この大会は10月に行われる「笑顔つなぐえひめ国体」の九州ブロック代表を選出する大会です。県内の予選会を勝ち抜いた代表選手ばかりの強豪ぞろいでどの対戦も熱戦が繰り広げられていました。
 特に福岡県成年男子は、リーグ戦最初の試合で鹿児島県と対戦し、0対3で敗れる厳しいスタートとなりました。その後、第2試合から第6試合までは順調に勝つことができましたが、第7試合となる最終試合では、開催県の長崎県との大接戦をとなりました。3点先取した方が勝者となるのですが、2対2で迎えたラスト勝負で、本県は定松選手です。互いに2セット、2セットのフルセットまでもつれ込んで逆転勝ちでした。手に汗握るすばらしい試合でした。成年男子は本国体に進めるのが九州から2県ですので1位の鹿児島県とともに出場が確定しました。
 本国体卓球競技の種目少年男子、少年女子、成年男子、成年女子の4種目です。毎年、九州ブロックから本国体進むことができるルールが有り、今年は少年男子は九州8県が全県出場することができ、少年女子3つの県出場枠で、成年男子2つの県成年女子5つの県が出場枠です。この出場枠が毎年種目ごとに変わるそうです。このため少年男子は全県確定ですから今年の大会に参加していません。

 成年男子のメンバーは、上村慶哉選手(早稲田大学)、定松祐輔選手(中央大学)、原井雄生選手(専修大学)が出場しました。選手登録した田添健汰選手(専修大学)は世界のトップリーグ出場のために参加できませんでしたが本国体は出場します。成年男子、成年女子選手のほとんどが関東の大学に進学していますが、国民体育大会は、ふるさと選手制度が認められていますので縁ある県での出場ができることになっています。
・・・・「ふるさと選手制度」の考え方、成年種別に出場する選手(社会人、大学生等)は、「居住地を示す現住所、勤務地、ふるさと」のいずれかの都道府県から参加できる。
 「ふるさと」とは、卒業中学校または卒業高等学校のいずれかの所在地が属する都道府県とする。

DSC_0553
成年女子の試合前の挨拶です。手前側が福岡県で、向こう側が沖縄県チームです。

DSC_0557
手前が成年女子の徳永美子選手(早稲田大学)です。

DSC_0565
少年女子です。左から永道麻依加選手、柴田理彩選手、岩越帆香選手、川田久美子監督(川田卓球クラブ)です。選手は希望が丘高校です。

DSC_0567
成年女子です。左から徳永美子選手(早稲田大学)、中澤 紬選手(中央大学)、大輪佳那選手(東京富士大学)、三室義隆監督(三友スポーツ)

DSC_0568
岩越選手は今年のインターハイでは個人戦準優勝、希望が丘高校はベスト4の成績です。

BlogPaint
大会の試合結果です。

DSC_0573
少年女子優勝のメンバーです・左から永道麻依加選手、岩越帆香選手、柴田理彩選手です。

DSC_0576
成年女子は優勝です。左から徳永美子選手、中澤紬選手、大輪佳那選手です。


Comments(0)

2017年08月18日

終盤戦

18:00〜    「大野城市長 井本宗司後援会役員・正副世話人会」
場所:JA筑紫大野城支店

市長役員会 1
これまでの後援会活動に感謝してお礼の挨拶をされる井本宗司市長です。

3市長役員会 


◆昨日開かれました「大野城市長 井本宗司後援会役員・正副世話人会」の様子です。いよいよ井本宗司市長の4期目にかけた後援会活動も終盤戦に差し掛かってきました。6月24日の「総決起大会」、7月8日の「後援会事務所開き」、7月22日「瓦田地区決起大会」を皮切りに市内全地域を対象に大会が開かれてきました。今日は8月27日の「出陣式」告示日に向けた役員・地区正副世話人の皆さんが集結し最後のツメを行いました。
 地区別決起大会はこれまで9ケ所、残すところ5ケ所です。今日18日は山田、上筒井、下筒井を対象にした地区別決起大会、そして明日19日は女性を対象にした女性のつどい、明後日の20日は仲島、畑詰を対象にした地区別大会です。残念ながら今日から長崎県佐世保市で国体九州ブロック大会が開催されますので決起大会には参加できません。20日の仲島・畑詰地区は予定を切り上げて駆けつけます。
 そして、21日は私の地元南ケ丘地区です。最後の納めは、23日の釜蓋、井ノ口地区です。

 今日現在、敵艦見えずとも一つひとつ市内各地域において、みんなが主役で、「つながるふるさと。」づくりのため、井本宗司市長は四期目の公約を市民に語られています。これも牧山会長をはじめ後援会の皆様方の熱意と結集の賜ものだと思います。  

2市長役員会 
受付をするスタッフの皆さんです。
 



Comments(0)

2017年08月17日

豪雨災害から44日間

               「平成29年7月九州北部豪雨に関する情報(第93報)」

◆7月5日からの朝倉市、東峰村、添田町など県内の豪雨災害に関する被害状況が毎日日報として福岡県災害対策本部から報告されてきます。今日の10時10分現在が第93報目です。前回の報告(8月16日10時50分現在)から変わったところは下線で示してあります。
 被害の状況は調査が進むことによって増加していきます。8月8日時点では家屋被害は1,200件、道路被害536件と報告されていました。9日間の間に350件と233件それぞれ増加しています。
 それほど今回のご豪雨災害がひどかったことと、台風5号の影響で長雨が続き、被災家屋や道路、橋梁、河川などの被害調査が進みづらかったことがわかりす。

 5年前の平成24年7月14日の九州北部豪雨災害時の災害情報は第32報までした。8月6日には災害対策本部から災害復旧本部に切り替わっています。


第93報(平成29年8月17日現在)です

BlogPaint
第93報です。

BlogPaint




今日の各紙の災害に関する記事を拾ってみました。

DSC_0598
産経新聞朝刊から

BlogPaint
朝日新聞朝刊から

BlogPaint
読売新聞朝刊から

BlogPaint
毎日新聞朝刊から

DSC_0600
西日本新聞朝刊から

BlogPaint
西日本新聞朝刊から

BlogPaint
応急復旧工事が終わったばかりの朝倉の赤谷川が16日早朝の大雨で護岸がまたやられる。西日本新聞朝刊から





Comments(0)

2017年08月10日

卒業生の宝もの

9:30〜         「西友枝(にしともえだ)体験交流センター『ゆいきらら』」
場所:福岡県築上郡上毛町

DSC_0551
旧西友枝小学校です。旧校舎を活用した地域活性化の交流拠点「ゆいきらら」になっています。

DSC_0579
昔はよくたっているのを見ていましたが懐かしいです。位置を示す東経131度8分、北緯33度33分。場所は大平村大字西友枝1520番地ですが0がきえて152になっています。大平村となっていますが、平成17年に新吉富村と合併して上毛町(こうげまち)となっています。人口は約8千人、世帯数約3千戸の町です。


 遠くに雁股山、手前には修験道の霊山松尾山  緑豊かな懐に抱かれた上毛町(こうげまち)西友枝(にしともえだ)

 春は山桜(やまざくら)、鶯(うぐいす)の声が里山にひびき 山から湧き出た清流で 満たされた田んぼ には 浅緑色の早苗が並びます

 夏には山里が満点の星蛍の光でいっぱいに

 秋は黄金に頭を垂れる稲穂の波と 五穀豊穣を祝う神楽のお囃子

 冬はたわわに実った柚子が山裾を飾ります

 そんな西友枝にかつて学び舎だった校舎に 再び笑い声があふれるようになりました    ようこそ「ゆいきらら」へ 

◆総務企画地域振興委員会の管内視察で訪れた上毛町の西友枝小学校地域の活動活動拠点、また都市とを結ぶ交流拠点施設として生まれ変わっています。ふるさとの家に帰ってきたような、どこかなつかしい施設です。そこには卒業生の宝ものがいっぱいあります。

DSC_0577
校歌が講堂の入り口に掲げられています。

DSC_0572
かつての講堂ですが、ここでは結婚式も行われたそうです。

DSC_0578
かつての教室は宿泊施設になったり、宿泊者の食堂に生まれ変わっています。宿泊料は小学生800円、中学生以上1500円、これに布団代1泊1300円、2泊1500円、3泊1600円。これに食事代がプラスされます。

DSC_0573


DSC_0568


DSC_0575
歴代校長先生の写真があります。

DSC_0565
昔からの卒業生写真でいっぱいです。

DSC_0564


DSC_0554


DSC_0562


DSC_0560
このように教室が合宿所にもなります。

DSC_0556


2委員会視察 ゆいきらら



町に伝え守られてきた伝統の舞い ・・・・ 神楽(かぐら)・・・・

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


+

Comments(0)

2017年08月09日

総務企画地域振興委員会

11:00〜           「総務企画地域振興委員会
場所:委員会室

◆今日から2日間、常任委員会と管内視察です。
 一、平成28年度普通会計決算見込みの概要が報告されました。
 歳入1兆6932億7千万円。歳出は1兆6577億9千万円と、前年度に次ぐ2番目の決算規模となりました。歳入は、企業の業績が堅調に推移したことから法人税が増加しましたが、円高の影響で輸入品に課税する地方消費税が減少しています。このため歳入は前年度比0.7%減少しています。
 歳出は、保育所に入る子どもの増加や高齢化に伴う社会保障関係費など義務的経費が158億円増加しましたが、公共事業などの投資的経費が減少したため、歳出全体では114億円減り前年度比0.7%減となっています。
 実質収支は、41年連続黒字の33億6700万円となっています。借金にあたる県債の残高は前年度末から564億円増えて3兆5071億円です。このうち国が償還財源を将来的に穴埋めする臨時財政対策債を除く通常債の残高は76億円増えて2兆2490億円で4年ぶりに増えています。
 貯金にあたる「財政調整基金等三基金」の残高は21億円減り418億円となっています。説明では、通常債残高、基金残高ともに、県が定める財政改革推進プランの目標値の範囲に収まっているとのことです。財政の弾力性を示す経常収支比率は、前年度比1.8ポイント高くなり98.4%となっています。

二、平成30年2月からオンライン化する手続きについて
 新規に登録を受けた自動車を取得した場合や、既に登録を受けている自動車の所有者及び登録内容の変更等をした場合に行う自動車取得税及び自動車税の申告手続きをオンライン化するものです。国及び全国の都道府県が共同で利用する「自動車保有関係手続ワンストップサービス」(OSS)システムです。平成30年2月5日から運用を開始します。


三、平成29年7月九州北部豪雨の被害状況等について

DSC_0585


BlogPaint



四、平成29年7月九州北部豪雨「被災者支援チーム」について

BlogPaint



五、那珂川町の市制施行について
 7月14日、地方自治法の規定に基づき、那珂川長から知事に対し、那珂川町那珂川市としたい旨の申請があったことを受けて今日の委員会で説明があった。市制施行の予定日平成30年10月1日です。
 今後のスケジュールは、8月に県が総務省に事前協議を行っていますので、11月頃にはこの事前協議に対する総務大臣の同意がある予定です。これを受け2月定例県議会で市制施行の関連議案を提案し、議決後、知事が町を市とする処分を4月に行い、総務大臣に届けます。そして、6月頃に総務大臣が那珂川町を市とする処分を告示することになります。






Comments(0)

2017年08月04日

治安報告会

17:00〜        「筑紫4市1町治安報告会(平成29年上半期)」
場所:春日警察署

DSC_0550
春日警察署大会議室です。右は筑紫野警察署の下田署長と関係する幹部が出席しています。

DSC_0551
手前左が藤田筑紫野市長、その隣は芦刈太宰府市長です。向こうには元吉春日警察署長と関係する幹部が出席しています。

BlogPaint
筑紫地区における犯罪・人身事故の発生状況
(平成29年上半期)

◆恒例となりました筑紫地区の治安報告会が開催され、平成29年上半期における治安情勢が報告されました。平成27年4月に春日警察署がスタートしましたが、”筑紫は一つ”を合言葉に、筑紫野警察署と春日警察署合同で治安報告会や安全・安心大会は開催されています。

 平成29年上半期の筑紫地区における犯罪(刑法犯)の発生状況は、4市1町合計で1,358件、前年同月比12.3%の減です。人身交通事故発生状況は1,330件で4.9%の減となっています。全体的には減少していますが、春日市、筑紫野市では増加傾向にあります。

 筑紫地区全体の刑法犯犯罪認知件数が最も多かったのは平成15年の11,864件でした。この事を考えると平成29年上半期1,358件ですから、下半期の推移を考えても相当数が減少していることになります。住民と一体となった取り組みや警察署の分署効果が現れていると思います。

 警察が取り組む三悪の徹底検挙の方針で、
暴力団対策では、38人を検挙、暴力団追放大会での講演を10回行っています。

飲酒運転追放では、飲酒運転による人身交通事故件数5件、飲酒運転検挙者数33件で前年比4件増加しています。

性犯罪抑止対策では、発生件数6件、検挙者の件数16件で1件の増加です。

 筑紫地区内11校の女子高校があるため、「Self (自己) Defense(防衛) Education(教育)」を掲げ、性犯罪の撲滅を筑紫地区の重要な課題と捉え、防犯ブザーを全員に持たせる”防犯ブザー所持率100パーセント”を目指す「JKプロジェクト」を立ち上げています。そして今年から映画館などで広報CMを作成して性犯罪抑止を目指しています。

DSC_0552


DSC_0554


DSC_0555


DSC_0557
防犯カメラの効果とドライブレコダーが威力を発揮しています。

DSC_0558
新しいニセ電話詐欺が横行していましたが、ここ最近は子どもや孫になりすましたオレオレ詐欺が出てきているそうです。

DSC_0559
署員による標語大会です。金賞は「県民の 平和と笑顔が 我が誇り」です。

DSC_0560
春日警察署の玄関入ってすぐの掲示板です。三大目標が掲示されています。

Comments(0)

2017年08月01日

県政報告(8月1日号)

               「平成29年 井上順吾 県政報告  8月1日号発刊

◆平成29年の上半期における県政報告(8月1日号発刊)が出来上がりました。

201708_県政報告_表面_ol


201708_県政報告_中面_ol


         


Comments(0)