2012年03月20日

つくしヤングラガーズ

10:15〜        「平成23年度つくしヤングラガーズ卒業式・総会」
場所:大野城市総合体育館

◆毎年、3月の「春分の日」に開催される、つくしヤングラガーズ(石川英俊会長)恒例の卒業式に、今年も顧問として参加させていただきました。幼稚園児から中学三年生まで130人の部員を抱える名門チームで、来年は創部35周年を迎えます。
 一昨年の大会では、福岡県、九州、全国と、あれよあれよと勝ち抜きつくしヤングラガーズは、全国ナンバーワンのチームに輝きました。
 今年、卒部する中学3年生チームのキャプテンの言葉ににじみ出ていました。そのプレッシャーと戦いながら今年一年、最上級生チームとしてよく頑張ったと思います。
 卒業式の前には、つくヤン卒部生の金堀 優(かなほり まさる)さんの「ラグビー仲間」と題して講演がありました。大野城市生まれで、小学校5年生からお父さんの影響でラグビーを始め、福岡県立筑紫高等学校から、関東学院大学へと進み、大学の1年次、3年次は優勝を飾っています。その後、コカ・コーラウエスト株式会社に入社し、レッドスパークスに入団し、ポジションはセンター、U19・九州代表に選ばれています。
 スピードに乗った縦への突進とタックルが持ち味とのことです。
つくしヤングラガーズ


 
 今年の福岡は、ラグビーで熱くなると思います。10月にアジアでは初めての「ゴールデンオールディーズ」が福岡市で開催されます。2019年には、ラグビーワールドカップが日本での開催と決まっていますので、これからの日本国内の都市における誘致合戦が始まります。
 
 福岡県議会には、吉原太郎先生から、武藤英治、後藤元秀、渡辺英幸、鬼木誠、冨田徳二、古川忠先生と7名のラガーマンがいます。このメンバーに私のような地域応援団も加わりますと、ラグビーワールドカップ福岡開催の実現に向けて大きな原動力になりそうです。
 ラグビーワールドカップは、世界約42億の人々がテレビ観戦するそうです。”福岡”を発信する観光戦略として大変有効なイベントとなります。

 つくしヤングラガーズからも日本代表となる選手が誕生することを願っています。

石川代表から卒業証書が一人一人に手渡しされます。
120320_103726

つくしヤングラガーズ2

つくしヤングラガーズ4


6年生の部です。
つくしヤングラガーズ3


中学生の部です。
120320_104845
 

 

Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔