ばけものだって愛がある

HAAiって知ってる?誰も知らないと思うけど超かっこいいよ。やったぜ最高!

最近は発表してないけど何気に音源を作りまくってます。せっかちなので、こういう事は珍しいです。

人からあーだこーだ言われるのがキライで年々自分でなんでもやる方向に進んでます。(同じ美容室行かない) 

 エレクトロミュージックもレコーディングも始めて本当によかった!まず行動。(ファブル)その後にアイデアだった。レコーディングもやっと最近自分のサイズでマトモにやる方法がわかった!すごくうまくいってるあと失敗を楽しめる性格な俺サイコー。


 家でプリプロ的にレコーディング内容を仕上げて、レコスタのインターフェースとマイクで本録するようなりました。
個人練で入るってのがミソです。あとKOALA SAMPLERが本当気にいってる。特にキーボード機能が本当良い。dawは勿論404より全然ナチュラル。
あとサンプルCDのデータ使うようになりました。
サンプリングは割り切りが大事



ノイのインスパイア曲
この曲も本当ささった。
自分にとって大切なものがあるからなのかもしれない。ノイは本当だいすき。
ノイのリスペクトカバー集今のところ全部良い。


今日は昼に鰻を食べました。めちゃくちゃ美味しかった。タレ少ない鰻出てきた時悲しくなります。
卓上にタレと山椒ある店が好き。今日炭火焼だった!

23日に土用の丑の日だったからかな混んでた。食後にマスクしたらずっと鰻屋にいるみたいだった。

結婚式の打ち合わせで一日外に居なくてはいけないので晩飯に匠・ガッテン寿司みたいな名前の店に行ったら、めちゃくちゃ美味しかった。サイコー

たべもの美味しいのありがとう。
やなこともあるけどね。




これゴロッパチみたいでよい。
B級ガレージと呼んでいます。あってるのかなあってるのかな。こーいうのって海外であんまないんだよね。なんでなんだろうって思ってたんだけど。




最後にコーネリアスの新曲。
この歌聴いてて心にシンクロするような感覚になりました。フジロックでもやってたね。(サンプリングのやつ良かった)

俺は好きコーネリアス。デザインあ もコーネリアスにやってほしい。YouTubeが低評価無くなったのが唯一活かされる瞬間だぜ!笑

おわり

神曲爆誕
日記のタイトルをこんな頭の悪いタイトルにしたのはフローレンス+マシーンの新曲が凄い痺れたからです。色んな大物ミュージシャンがアルバム出していて少しチェックしたのでメモのついでに、参考になればと思い書きます。


①florence + machine  free

神曲爆誕ですね!
UKノリのシューゲイザーな印象。アルバム全体だと割と間が長くて神聖な感じだけど、このFreeとMY LOVE(ベタなシングル)とCassandra(長時間かけて盛り上げるフォークロアな曲)はかなり良いですね!
ともかくこの曲は凄い!コールドプレイ的な良さがある。3回聞いて3回鳥肌立ちました。


②the smile  thin thing

かっこいいリフでアルバムでも1番印象に残った曲なんですが、PVがスゴい気持ち悪くて驚きました。
ジョイ・ディビジョンをリスペクトしたような曲。
今回のアルバムは全体的にのっぺりしてて梅雨っぽいかんじでしたね。
アルバム内だとベタめなyou will never work〜も盛り上がりそうでした。


③mother I sober  kendrick lamer

ケンドリック・ラマーはマジで全曲良かったんですけど、特に印象的でした。特にpvもないんですねまだ。mother i soberは感動的でよかった。
でもそもそも全曲良かった!


マムも新曲出してましたね
それからサッカーマミーとナムチャも出しました。<④kroi  pixieあとkroiの新曲pixieもすごくよかったです。
今の流行りの枠にはおさまりつつオリジナリティが満ち満ちていて良いですよね。他の曲もなんだけど、演奏が歌より前に出てくる(特にサビとか)のがインディー的な印象受けるんだけど面白いしこのままやってくんだろうなと思います。好き


⑤FKJ WAY OUT
音が良い。音が洗練されてて美しい感じがする。
FKJの魅力はクラシカルなかんじと今風のバランスだなと思う。特に記憶に残らないような雰囲気なのに意外と覚えてしまう

最近はここらへんが好きでした!
有識者のみなさん良いのあったら教えてください!

世の中には素晴らしいミュージシャンが沢山いて、その殆どに光が当たっていません。
わたし程度の僅かな知識ですが、最近見つけた比較的アンダーグラウンドなミュージシャンを幾つか紹介させてください。



この曲は本当天才だと思いました。
グラミー賞取っていいレベルなんじゃないかな。

アイスランドのバンド(たぶん)MILKHOUSE  DAGDRAUMAR VOL.7

ほんと凄い。新しくて素晴らしい曲です,
オーロラとかビョークぽいですね。

サウンドはスマパンみたいな夢見心地な感じ。

音の無駄の無さ、洗練のされ方がすごい。メロディの美しさが抜きん出ているし、前半と後半で展開が大きく変わるのも凄い。PVも可愛い。今後に期待!




次は台北のバンド Huan Huan 緩緩
日出

青葉市子のような印象受けます。かなりドリーミーで声の美しさとアジアのメロディ感覚が混ざって独特の世界観を生んでます。
この感じのサウンドやムードというのは最近ちょこちょこ見かけると思うんですけど、ここまでシューゲイザー的アンビエント的なフォークなのはみない気がします。確実に売れますな。


次はたぶんアメリカのミュージシャンwho boy
one hundred 100

DTMerのバンドです。男女ユニットらしいんですけどライブとかはバンドでやってます。
非常に今っぽいローファイ的なサウンドでBPM遅くドリーミーな中でサンプリングや歪んだギターがあり、洗練されてます。
ジャンルは割とさまざまですが、どの曲も翳りがありトレンドを汲んでて良いです。


最後はタイのMorvasu
Melbourneまぁ無名じゃないんですけど、最後なので!
タイはもしかしたら日本よりお洒落な音楽流行ってるのかなって感じがします。この人とかわかりやすくていいですよね。
基本、タイのミュージシャンにハズレはないです。

what.the duckというチャンネルが非常によいのでご興味がある方はぜひ!

このページのトップヘ