2014年12月10日

スズメがやってきた

ベランダでバードフィーディングをやろうと思ってから
はや1ヶ月・・・・。

最近、毎日スズメがうちのベランダで食事をしていくようになってる。

餌を置いてから2、3日は食べた形跡もなく、うちにはきてくんないかなぁと思っていたんだけど・・・
数日経つと、何者かが餌を食べた形跡があった。
でも1週間ほどは姿を見たこともなかったんだよね。
ただ、餌が食べられた形跡があるってだけ。

めげずに観察を続けていると、最近では、毎日決まった時間にスズメさんが数羽うちに寄ってきてくれていることがわかった。

私の気配がすると、すぐに逃げてしまうので、声がしたら
そうーっとそうーっと窓越しに覗いて観察を続けている。

ちょっとうれしい。
IMG_1395
  

2014年12月08日

年賀状について

年賀状を書く季節がやってきた

そろそろ取り掛からないとだ

うちは、今年、ばぁちゃんが3月に亡くなり本来なら喪中で、
年賀状は出さずに喪中はがきというやつを出さなきゃいけなかったんだろうと思うけど。。。

私は、年賀状を出そうと思う。
  続きを読む
Posted by junibird at 12:40Comments(0)TrackBack(0)雑記 

2014年11月18日

健さんのことに関して

高倉 健


私にとって、この字をタイプするときですら 躊躇してしまうような人の名前です。

私は、あなたのようになりたいと思っていました。

「網走番外地」「唐獅子牡丹」
それが小さい頃からの自分のなりたいイメージでした。

私、結構そういう風に生きてるんです。
だからだと思うんだけど、結構辛いんです。

なんかあったとき、選択肢の中に「健さんならどうする?」って絶対出てくるんだよね。

そんでもって、やって失敗してます。

私の失敗は、健さんのせいだと思う。

物事の道理に合わないことなんてこの世の中にたくさんあるのに、私は、健さんのせいでその道理に合わないことを見過ごせない人間になってしまったというか。でも、それでもいいと思うんだよな。

  
Posted by junibird at 19:14Comments(0)TrackBack(0)雑記 

2014年11月17日

バードフィーダーを置いてみた

先日 部屋の掃除をしていると、雀が2羽うちのベランダに飛んできた。遊びの途中だったみたい。
私の姿が見えるとすぐにどっかに飛んでってしまったけど。。。

去年の雪の日は、ヒヨドリが、ベランダの柵にとまって休んでたのをみつけたっけ。

朝は、野鳥の声が団地内に響いている。

朝晩寒くなってきたので、ロドリゲスの冬眠を今年はどうしようかと考えながら、ふと野鳥のことが気になってしまった。餌が少なくなるだろう冬は、どうやって過ごすんだろう?  続きを読む

2012年03月03日

もうすぐ40歳

久しぶりだ。




何年になるかな。。。


最近は調子が良い。


あれから、色んなことが変わった。


職場も変わった。


弟には、今年また子供が産まれる。

昨日メールで知ったんだ。なんか・・・すごく暖かい気持ちになった。


最近は、一人で飲みに行くことが多い。
40を前に、一人で飲みに行ける店を何件か見つけとかなきゃって、そんな気分もあって、色々開拓したり。。。


キジムナーは、最近忙しい。大変だ。私なんかに比べると仕事量がハンパない。それでちゃんとやってるキジムナーは、ホント凄いと、最近ますます尊敬する。


このブログは90歳まで続けるブログだから、40歳の節目に思い出してよかった。久しぶりに前の記事を読み返すと、その頃の自分が蘇ってくる。

もし、時間を巻き戻せるとしたら、いつの時代に戻りたいですか?って聞かれた時、今の私は、どの時代にも戻りたくないって答える。今がいい。今までの人生の中で、今が一番いい。昔になんか戻りたくない。今の自分が一番好き。

困難な事も辛いことも、嫌な事も、逃げ出したいこともいっぱいあったけど、とりあえず、今は幸せ。


そんな感じで40歳を目前に控えています。  
Posted by junibird at 19:05Comments(0)TrackBack(0)雑記 

2009年11月15日

ありがとう、ナーサン

もう2年前になるけど、ちょうど下に続く記事がそれだね。
怪我をしたネコ男爵がうちにきたこと。
そのままうちで飼うことになったこと。

先週、そのネコが亡くなりました。

すぐ下に記事があるから、つい昨日のことのようです。

その後ネコ男爵は、ずっとうちで暮らしました。
名前を「ナーサン」としました。男爵とは呼びにくいし、「ナーナー」鳴くから。。

「ナーサン」

ナーサンは、たくさんの暖かな記憶を私にくれました。
大好きでした。

夏まではとっても元気で、毎日うんこした後、猛ダッシュで部屋の中を駆け回り、明け方ご飯くれの毎日帰ってくる私を玄関まで迎えてくれたり・・・。
毎日同じ布団で一緒に寝ました。
寒い時は、布団の中に潜り込んできて、私の顔に鼻をすりすりしたりして甘えたり。

9月の初めころです。
食欲がなくなり、食べた物を吐くことが続いたので、病院に連れて行ったんです。
腎不全でした。
ジュニアと同じです。
  

2008年03月19日

動くネコ男爵

you tubeに登録してから、動画を見るだけだった私。
そんな状況から前に一歩進むために(そんなことはどうでもいいんだけど)はじめて動画をUPしてみました。

ネコ男爵の動画です。

ネコ男爵、ネコじゃらしがとってもお気に入りで、すでにコレ3本目です。前の2本ははしゃぎすぎて破壊しました。
もううちの一員って感じです。
キジムナーももう認めているみたいです。
よかったです。  
Posted by junibird at 19:22Comments(3)TrackBack(0)ペットのこと 

2008年02月15日

調子がもどってきた

2週間前からパキシルを40mgまで戻して、1週間を過ぎたあたりから調子が戻ってきた。以前と同様、パーっと目の前が開けたような感じです。

今日は病院だったので、先生に状態が良くなっていることを伝え、次は1ヶ月後の診療。しばらくは、パキシルを40mgのまま続けましょうということに。
30mgまでは状態が良かったことから、次減薬する時はもう少し慎重にいきましょうという話をした。
OK OK〜★

なんか今回、調子が悪くなったことに早めに対処して、調子を戻せたことが、少し自信に繋がった気がする。それでいいんだ。
自分の体調に正直に。。。
主治医がいることも、それだけで随分安心感がある。

薬に頼って何が悪い?
つらくなったら、自分で何とかするよりずっといい。

みんな働きすぎなんだよ。週4日くらいでちょうどいい。5日だと今の私にはちょっとキツイ。5日働かなきゃいけない法律なんてないし。
1月2月は、大体毎年体調が悪い日が続く。1,2月に色々予定を詰め込むのはやめよう。

きつくなったらペースを落とせばいいんだ。

それで大丈夫。

  
Posted by junibird at 19:25Comments(5)TrackBack(0)うつ病のこと 

2008年02月02日

薬を元に戻す

最近ちょっと調子が悪かった。
うつの波という程のものでもないんだけど、
何をするにも億劫になったり、色んなことが決められなかったり、朝起きられなかったり、仕事に行くのが少し嫌に感じたり。
あまりいい感じではない。去年までは少しずつ減薬をしていて、なんともなかったんだけど、今年に入ってから、ずっと調子が悪かった。パキシルを20mgまで減らしたあたりだ。

昨日、病院だったので、先生に相談したところ、減薬していた薬を元に戻すことになった。それでとりあえず、2週間様子を見ることに。

実は2週間前に一度病院に行って、少し薬を増やしてもらってたんだけど、イマイチ調子が悪いので、再度増やしてもらったんだ。

パキシル20mg⇒パキシル30mg⇒パキシル40mg

このまままた不安感が出てきたら嫌だなぁって思ってたことが、薬を増やしたことで、随分安心できたというか。。行きつけの先生がいる安心。

私は、田舎育ちだから、こっちの人ごみの多さとか、満員電車とか渋滞とか、団地とかそういう周りの環境がすでにかなりのストレスになっている。
こっちで普通に生活していること自体が自分にとって負担なんだろうと、そう思う。
しょうがない。

とにかく早めに手を打ってよかった。しばらくペースを落として、様子をみてみようと思う。  
Posted by junibird at 09:17Comments(2)TrackBack(0)うつ病のこと 

2007年12月16日

検討してもいい

我が家での生活が板についてきているネコ男爵です。
キジムナーもだんだんと男爵に寛容になってきています。
昨日は夜一緒に寝てました。。。

そんなキジムナーに「男爵をこのままうちで飼おう」という話をしてみました。
唐突にいっても反対されるだけなので、キジムナーの仕事を手伝いながら…。
結果「検討してもいい」という話にまで持っていくことができました。
「ダメ」⇒「検討してもいい」大きな一歩です。
男爵

私は、できればこの先もずっと男爵にうちに居てもらいたいと思うようになりました。ネコ男爵、とてもいい奴なんだよなぁ…。  
Posted by junibird at 12:00Comments(16)TrackBack(0)保護ネコ治療日記 

2007年12月13日

浦和レッズ VS ACミラン(トヨタカップ)

久しぶりにまじめにサッカーを見た。次いつ日本のチームがでれるかわかんないし。もう2度とないかも。。。日本にとっては歴史的な日ですよ。

勝てる可能性が低いとは思っていたけど、それでも何が起こるかわかんないのがサッカーだし。ずっと画面に釘付けでした。この日ばかりは、不覚にも浦和を応援してしまった…。
サッカーってやっぱ見てておもしろいな。

でもレベルの差がありすぎる(当たり前だけど)。ボールのスピードが全然違うし、蹴る、止めるっていう選手の基本性能が格段に違うんだなぁってつくづく思った。それってF1と乗用車の違いみたいな感じ?
ミラン、今年は調子悪いのにあれだから。日本のレベルの低さを思い知らされて悲しくなってしまう。得点シーンは完璧にくずされてたし。

小野出して欲しかったな。

浦和には3位決定戦、ぜひがんばって欲しいと思う。  
Posted by junibird at 22:25Comments(0)TrackBack(0)サッカーのこと 

2007年11月17日

ミステリアスな過去

なかなかブログが更新できずにまた1週間。

血液検査の結果がでました。
・FIVエイズ  (+)
・FeLV白血病 (−)
残念ですが、猫エイズは陽性反応です。なので、猫がすでにいるお宅には里親には出せないですね。まぁ、でも分かってよかったです。

ミステリアスな男男爵との出会いは1ヶ月前。怪我をしたネコ男爵が内の近くの道路の脇に横たわっていたんです。それから獣医さんに毎日通って…。
近所の人の話によると、このあたりに10年も前から居たらしいんだけど、私は一度も見かけたことなかったんですよね。不思議。

ある日ぴよっと、現れた。
10歳という年齢も、らしい…というだけで、ハッキリした事はわかりません。
でも、もうそんなの関係ねぇ、過去を捨てて新しく生まれ変わるのだー。

ということで、おそらく人生初のねこじゃらし体験中のネコ男爵です。↓↓↓
ねこじゃら中
←必死に猫じゃら中。  
Posted by junibird at 14:18Comments(15)TrackBack(0)保護ネコ治療日記 

2007年11月11日

ネコ男爵1111

昨日1週間ぶりに病院に行ったネコ男爵。
怪我の治りは順調です。

猫エイズと白血病の検査をしてもらうために血を抜いたんだけど、男爵からだの割には血管が細くて、なかなか血が採れず、何度も針をさすはめになってしまいました。
んでも、その間、ずっとじっとしていました。
検査の結果は明日にでも電話して聞いてみます。
里親募集中
ジュニアのおもちゃだったウミガメのぬいぐるみを大事そうにだっこして寝てらっしゃいます。

大抵ねてる人
こうやってみると、子猫っぽいけど、体重は5.5Kg。
結構でかいんです。
  
Posted by junibird at 14:04Comments(11)TrackBack(0)保護ネコ治療日記 

2007年11月03日

ネコ男爵1103

急に寒くなった今日この頃。
ネコってやっぱ暖かいなぁ・・・と実感します。
里親募集中

食べ物をねだる時の顔って、動物はみんな一緒なのかな。あげないとイケナイような気になってきます。
昨日、キジムナーに猫ばさみをかけていたネコ男爵。どうもキジムナーは動物に嫌われるタイプです。
傷傷は、劇的に良くなっています。
もう少しでエリザベスカラー外せるかも。  
Posted by junibird at 15:15Comments(7)TrackBack(0)保護ネコ治療日記 

2007年10月30日

縁なのかもしれない

ネコ男爵の里親募集、色んなところに声をかけて、web上の掲示板にも5,6箇所貼ったりしてるんだけど、なかなか、希望者が現れてくれない。
今の所、1件です。私がよく行く乗馬クラブで半外飼いでいいなら貰ってくれると言ってくれました。傷が治るまではまだ時間があるので、もう少しいろいろ当たってみます。できれば家の中で飼ってくれるところを探してあげたい気もするし。贅沢かな?
昨日、近くの獣医さんやスーパーにも頼んで張り紙を貼ってもらいました。

里親募集中当のネコ男爵はというと、毎日暢気に日々を送っています。行動が、ジュニアと同じなんだよねぇ…。お気に入りの場所とか、食べ物への興味の感じが、すごく似ているんですよね。まぁ、動物だから一緒だって言われればそれまでなんだけど。

っていうか、私、ジュニアと一緒に暮らすようになってから、傷病動物とか野良犬猫なんかに会う確立がかなり高いんです。
 〔醂匹了匕あ傭里蟾腓い硫箸婆磴辰討れた
 ⊃蠎紊靴浸卩⇒無事里親が見つかり、貰われて行った
 9猫の死体がうちの玄関に⇒火葬してあげた
 衰弱したカモ⇒獣医さんに連れて行ったけど間に合わず途中で死亡⇒埋めてあげた
 さ機弊犬泙譴燭討離潺疋螢メ)⇒現在ロドリゲスとしてうちで暮らす(2歳)
 ケが折れたカモメ⇒ズーラシアに連れて行ったら引き受けてくれた
 甲羅が陥没した亀⇒獣医さんに連れて行ったが助けようがなく安楽死を選んだ
 Д優鈎房漓洋た栃臀乎
なんででしょう?ほぼ年1回ペース?偶然というには、何か私だけ回数多くないかなぁ…。キジムナーはそういうの殆んど出会わないみたいで、多分、普通に生活してる世の中の人は特にこんな都市部で歩いていて、子ガメに出会うことなんてないし。あんな手のひらよりも小さいものが私の通り道で踏みそうになるくらいピンポイントで現れないし、普通。
だから、なんかあるんだよ。絶対。これは。
カモの時なんか、鳥と話が通じちゃったし。

昔はそんな事全然なかったのに(子供の頃は結構あったかも)、ジュニアがうちに来てからそういう場面に遭遇してしまう。絶対、あいつが何か送ってるんじゃないかと思ってしまう。

キジムナーからは「そんなの一個一個かまってたら、うちが動物王国になっちゃうよ。」と怒られるし。でも、見つけちゃったものは、しょうがないし。
ジュニアだよ。絶対あいつのせいだと私は思う。
里親募集
ねこ男爵は外に殆んど出ません。窓を全開にしても、サッシのところで止まって外を眺めるだけで、ベランダにも出ないんです。今まで野生だったのに。なんでだろう?そんでもって、よく考え事をしているようなんです。
ネコって案外不思議な生き物ですね。  
Posted by junibird at 15:18Comments(4)TrackBack(0)保護ネコ治療日記