JUNTAROのエンタメ雑記帳

テレビドラマ・映画・演劇・音楽・脚本・芸能人などへのJUNTAROの想いを綴ります。

お久しぶりのブログ更新です。

久しぶりの更新です。スマホを持ってからはFacebook、Twitter、LINEなどのSNSに夢中
になり、毎日の様に投稿しては友達と交流し
ておりました。友達やフォロワ−の数も物凄い
数の様で自分自身把握しきれないほどです。
世の中は、色々な人がいることがわかりビックリ
させられました。
実は今、また失業していて求職状態なんです。
50代半すぎの就活はなかなか厳しいものがあり
ますが、めげずに前向きに一日も早い再就職を
目指して日々頑張っているところです。

女子バレーボールありがとう。


 さてブログを4ヶ月ほど更新をさぼっておりました。昨夜の余韻が冷めないうちにと思い更新します。
みなさん、なでしこジャパンの銀メダルも興奮しましたが、今回のロンドンオリンピックは女子選手の
活躍が目立つと思いませんか。昨夜の女子バレーボールの銅メダルは本当に興奮しましたよね。
僕が女子バレーボールを応援し始めたのは12年前。アテネオリンピック世界最終予選の頃でした。
お気に入りは東レの大山加奈選手でした。アテネ、北京ともに5位という成績でメダルにはわずかに
及びませんでした。今回は中国を破った時から、準決勝で負けても銅メダルは取れるのではと思い
始めました。これが韓国だから勝てたのではないでしょうか。イタリアやブラジルに勝ったとは思えない
昨夜の韓国の元気のなさに加え、日本が何が何でもメダルをというチームの一体感がある試合でした。
引退してしまった大山加奈や高橋みゆき、そして今回故障で出場出来なかった栗原めぐみもこの場所
で戦っていて欲しかったと強く思います。次回には、ぜひ金メダルを目指して東京オリンピックの再現を
して欲しいと思います。女子バレーボール日本代表、銅メダルおめでとう。お疲れさまでした。本当に
ありがとう。


愛車よ、ありがとう。

 JUNTAROはここ3ヶ月余りブログ不精をしていました。それというのもスマホでのコミュニケーションが
主になってしまったせいかも知れません。スマホではFACEBOOKやTwitterを頻繁に使っているのにパソコン
に向かってブログを更新することをさぼっておりました。ごめんなさい。
 さて今日は我が愛車のことを書いてみたいと思います。わが愛車を買って19年半も経ってしまいました。
昨年には後部から衝突されて1ヶ月近く入院させました。その時車の修理や車検を出している車屋さんに
言われました。「もうそろそろ買い替えたらどうですか」「先立つもの(お金)がないので」といい続けてきましたが、
「もう部品が調達できなくなってきているんですよ」と言われて我に返りました。「中古の軽自動車があったら
紹介して」とお願いしている自分がいました。愛車は妻より付き合いが長いのです。下手くそなJUNTAROの運転
のお陰で傷だらけですが、まだ62000キロ位しか乗ってないのです。週末や長い休みの時に多少の遠出はしま
したがたかがしれています。先日、中古の軽自動車を車屋に紹介してもらい購入契約をしてきました。
あと1週間で愛車ともお別れです。廃車になってしまいます。JUNTAROのパートナーとして歩んでくれた19年半。
いろんな所へ僕たち家族を連れて行ってくれました。
 愛車よ、ありがとう。お疲れ様でした。ゆっくり休んでください。さようなら!

謹賀新年2012。

 新年明けましておめでとうございます。もう9日目ですが、今年もどうぞよろしく
お願いいたします。さて年末年始は様々なテレビ番組を見ましたがいくつか感想を。
 まず紅白歌合戦ですが、東日本大震災を受けての被災地に歌のエールを送る場面
が多くて東北地方に住んでいるJUNTAROとしては、全編歌で癒されました。特に印象
に残ったのは、西田敏行、長渕 剛、レディ・ガガ、SMAPなどでしょうか。
 次にAKB48を特集した金スマSPでしょうか。6年前に秋葉原の小さな劇場でデビュー
した若い娘達が昨年末にレコード大賞を授賞するまでの軌跡をまとめたものでした。
彼女達の頑張りもさることながら、秋元 康氏のプロデュースの力に感動しました。
かつて、「オールナイトフジ」や「夕焼けニャンニャン」などでアイドルグループなどの作詞を
手がけて女子高生や女子大生アイドルブームを巻き起こしたことをJUNTAROはよく憶えて
いますが、今回のブームはあの時のブームの何百倍ものスケールで全国に世界進出まで
考えられているようで。、今年もその活躍が楽しみです。JUNTAROも年甲斐もなくAKB48
のファンになってしまいました。
 今年こそ昨年のような大災害などに遭うことなく1年が過ぎることを願っています。

さようなら・・・2011。

 今日で激動の2011年も終わり。大晦日ですね。皆さんはどんな年末をおすごしでしょうか?
JUNTAROは昨日からお休みに入りました。1月4日までの6日間がお休みです。
 それにしても今年は日本人にとって戦争に匹敵する位に大変な一年でしたよね。特に
JUNTAROが住んでいるT地方は散々でした。昨年末には1メートルを超す大雪に見舞われ
やっと春が来るかと思っていたら、3.11の東日本大震災に原発事故そして風評被害。夏には
山間部で集中豪雨の為に橋が流されたり家が流されたり浸水する被害に遭いました。
国や電力会社の対応が遅すぎてイライラすることもも何度あったことか。国は原発事故収束を宣言
したようですが、地元にとっては「ふざけるな」ですよね。現実に全国に避難している人たちが16
万7000人もいて、JUNTAROの住むF県は人口が減って200万人を切ってしまいました。
直接の被害や避難の必要はないとは言ってもJUNTAROの住む町も町全体に活気がありません。
地震や津波に遭った沿岸部の人々同様に復興にはかなりの時間がかかるでしょう。
 来年2012年は、まだまだ復興期間ではありますが、前向きに物事を考えて一日も早く震災前
の町の活気を取り戻していきたいですね。さようなら2011。来る2012年が私たちにとって良い
一年になるよう祈ってやみません。
 

リサイタル。

 先日の連休にJUNTAROは母と一緒に姉の所に行って来ました。
小学校の音楽教諭を40年近く勤め上げて今年の春に無事定年を
迎えた姉が開催する「声楽リサイタル」を母と見るのが目的です。
例によって高速バスで新宿を目指しました。新宿駅からタクシー
でO電鉄のYU駅へ行き乗り換えてE駅を目指しました。JUNTARO
だけなら、こんなまどろっこしい乗り方はしません。90歳近い高齢
の母の歩く負担を軽くするための対策でした。姉や義兄、甥や姪
そして姪の子(母にとってはひ孫)などとの久しぶりの再会に楽しい
一時を過ごしました。
翌日S鉄道のH駅に隣接する文化センター内の音楽ホールで姉の
リサイタルは開催されました。JUNTAROは急遽2階の調整室に
入ってブザーを押して、照明係をすることになってしまいました。
お陰様で小さなホールは約100人の元同僚や教え子、同級生など
でほぼ満席でした。昔のイメージのままの姉の声が久しぶりに聞け
ました。姉にとってもJUNTAROや母にとっても多分最初 で最後の
リサイタルを聴けてとても幸せな気分でした。
翌日、その余韻を残したまままた高速バスで母と無事帰路に着き
ました。母も大変喜んでいました。

また、東京へ行ってきました。

 JUN TAROは、昨日先月に続いてまた東京へ行って来ました。今回は日帰りです。
会社の先輩に誘われ、仕事に関係するイベントを見に行ったのです。会場は東京
ビッグサイトでイベントは「I GAS2011」という4年に1回しかやらないという印刷機材
の大展示会です。広大な展示ホールに多くの業者のブースがありとても1日では回れ
ない大イベントでした。JUN TAROの会社には到底導入出来そうにもない巨大な印刷
機からこんな物も印刷できるのかという初めて見る機械やプランばかりでとても勉強
になりました。可能な物は会社にも提案して導入していきたいと思いました。約4時間
駆け足で先輩と一緒に大きな会場を歩き回って大変疲れました。
 電車を一駅分乗って、お台場のフジテレビにも行って来ました。何度か行きましたが
展望台からの眺めはお天気にも恵まれていたため、最高でした。スタジオや番組を紹介
するコーナーもあり、普段見ている番組に思いをはせました。残念ながら収録はしていま
せんでしたけどね。フジテレビの真下では日の丸の旗を持ったデモ隊が集会を開いてい
ました。女優Mさんの夫のT氏がブログだったかツイッターだかで書き込んだフジテレビ批判
が原因で韓国ドラマや韓国スターが出演する番組偏重を何とかせよとの趣旨のようでした
が、フジテレビに限ったことじゃないじゃないですか。すべてのテレビ局に韓流旋風が吹き
荒れているじゃないですか。JUN TAROはほとんど見ませんが、今ブームなのだと思います。
日本人好みのドラマやバラエティ番組も十分やっているじゃないですか。何か変な気分で
デモ隊を見下ろしているJUNTAROでした。

9.11そして3.11。

 ニューヨークの同時多発テロ事件から11日で10年。東日本大震災から6ヶ月。
偶然ですが、11日という日付が一致しています。何か意味があるのでしょうか?
10年前の9.11の時は日本では夜でしたからJUNTAROは連続ドラマを見てい
ました。テロップでニュース速報が流れた時の衝撃ははっきりと憶えています。
それからアメリカを中心としたテロリストへの報復が始まりました。日本もこの戦争
に巻き込まれて行くのかという恐怖感が当時はありましたが、結局は自衛隊の皆
さんが後方支援として海外で活動するにとどまりました。でも自衛隊の家族の方々
の気持ちを考えれば本当にご苦労様でしたと拍手を送りたかったですね。
 そして3.11の大震災でも自衛隊の皆さんの活躍はめざましいものがありました。
自衛隊だけじゃありませんよね。全国の警察官や消防官や各地の自治体の職員
の皆さんの頑張りがあったことを私たちは忘れてはならないと思います。そして現在
もこれからもその頑張りは継続していきます。
 普段実感していなかった人達への感謝の気持ちを今回は強く感じるJUNTAROで
した。皆さんありがとう。そしてこれからもよろしくお願いします。

東京に行ってきました。

 JUNTAROは、先週の金曜日から土曜日にかけて久しぶりに東京へ行ってきました。JUNTAROの職場は
第2と第4の土曜日がお休みのため金曜日は休暇をとってのお出かけです。東京へいくのは4年ぶり位になるでしょうか。往復高速バスを利用しました。片道2500円×2=5000円の足代でした。とは言っても東京では地下鉄やJRで移動しましたからもう少し足代はかかっていますが。おもに新宿区、千代田区、港区などをうろうろしていました。ホテルはJUNTAROの地元にもある東横インでそれも首相官邸の真裏という立地条件で地下鉄の駅を出ると
警備の警察官の方々が一杯立っていました。チェックインを1時間早めてもらってホテルの部屋へ。夜の会合の為に休息。夜は日比谷公園前の会場で暑気払いの同窓会。JUNTAROが学生時代にマスコミを目指していた時に入っていたY塾のOB会でした。10年ぶりの出席だったので皆さんに懐かしがられました。ほとんどがマスコミ関係
の仕事をしている人ばかりなので近況報告では地震からの原発事故の影響で風評被害が深刻なことを訴えて地元をアピールしてきました。ちょっぴり残念だったのは二次会まで行かなかったこと。悔やまれます。
そうそう、その日の昼間にはJUNTAROが学校を卒業してすぐに勤めた職場にも挨拶に行ってきました。昔の仲間には仕事中なので会えなかったけど、受付の可愛い女性社員と若手の後輩社員とは少しだけしゃべってきました。
 翌日は東京スカイタワーを見てきました。真近で凄い迫力でした。それからTBSに行き、テレビ局のイベントを見てきました。懐かしいテレビ番組の展示などがとても面白かった。直前に芸能界引退を表明した島田紳助氏のブースがシャッターが下りていたのが何となく物悲しかったです。それから新宿高島屋へ行き、お土産を買いました。
紀伊国屋書店に寄ってNTTドコモのエンパイヤーステートビルのような高層ビルを横目に帰りの高速バスに乗りました。たまに行く東京はどこを見ても刺激的です。また来るよ東京てな感じでした。

兄貴?が当選。

 JUNTAROが住む町では、2週間前に市長選挙と市議会議員選挙がありました。
本当なら4月の下旬の統一地方選挙で行われるものが延期されたものです。
市長選挙には、JUNTAROのある意味同業者ともいえる仕入先社長のM氏と元
市職員で近辺の首長経験のあるK氏の新人同士の一騎打ちとなりました。
M氏は人当たりが良く市民視線でこの4年間準備をしてこられたようです。
JUNTAROとは、2歳しか違わない言わば兄貴のように身近に感じる人です。
思えばこの20年程JUNTAROの住む町の市長は兄貴のような年代の人が2代
続きました。元市長は元代議士秘書から市議を経て、38歳で市長を2期8年務めて
国政を目指しましたが、現職のベテラン議員に2回負けて、政界を引退し現在は東京
で私立の学校の校長をされているようです。前市長は市役所そばの元旅館の息子さん
でお弁当屋さんや市議や県議を経て市長を3期12年務めて国政を目指しています。
 結局今回の市長選挙はJUNTAROも応援していたM氏が3000票ほどの僅差で当選
しました。大変な時に市長になられたM氏。JUNTAROら市民のために頑張ってください。
兄貴として この町を任せました。どうぞよろしく。

東日本大震災から3ヶ月半。

 2ヶ月半ぶりの久々の更新です。未曾有の3.11の大震災から3ヶ月半の時間が経ってしまいました。
あなたにとってこの大震災は今現在のあなたの生活にどの様に影響を与えているのでしょうか。
 JUN TAROの生活も一変とまではいかないまでもかなり変化したように思います。地震で家屋が壊れた
わけでもなく、海のそばでもないので津波の被害にも遭いませんでしたが、原発事故のお陰で目に見えない
放射性物質との闘いが今もなお続いています。昨日、福島県が0歳から中学生までの子供と妊婦を対象に
小型の放射線線量器を配布することを決めました。我が家の息子もそのうち首にぶら下げて帰ってくること
でしょう。その数30万人とのこと。補償問題が話し合われ始めたようですが、原発事故関連はまだ未着手の
ようです。観光地として知られるJUNTAROの住む町も原発事故の風評被害によって観光客の姿をほとんど
見かけません。原発立地町村の住民もいまだ避難所や旅館やホテルなどの仮住まいが続いているようで本
当に気の毒でなりません。JUNTAROの住む町の近辺には大きな河川がいくつもあり、その上流には発電所
や巨大なダムが沢山あるので子供のころから自分達の住んでいる所は水力発電で電気がまかなわれている
のだとずっと信じて疑いませんでした。この夏は企業も個人もかなりの節電をしなければならなくなりそうですが
長期間の大停電などという事態にだけはなって欲しくないですね。
 日本中の皆さんにお願いです。風評被害に惑わされることなく、被災地に足を運んでみて下さい。
警戒区域に立ち入って下さいとは言いません。その周辺の町にも立ち寄っていただくことにより
被災地や周辺の経済復興にも貢献できることと思います。日本を一刻も早く立ち直らせて復興させて
いきましょう。被災地近くに住むJUNTAROからの切実なお願いです。

スマホに替えました。

 JUNTAROの携帯も5年3ヶ月もの長きにわたって酷使されて参りましたが、先週の日曜日についにスマートホンに切りかえました。auのIS03
という機種です。シャープ製で国産では携帯の良さとスマホの良さを兼ね備えた機種だそうで発売当初は結構売れたようです。今は新機種が出てきたので本当はそっちが欲しかったのですが予約制とのことで在庫のあるこの機種にしたのでした。バッテリーの消耗が早いという欠点はあるものの(要は毎日充電すればいいだけじゃん)その機能に圧倒されています。特にパソコンでは見ることが不可能になってしまっていた「グーグルアース」が快適に見れるようになって満足しています。
ただ、まだ指先でなぞる作業がもたついています。慣れるしかありませんね。しばらくは、今までよりも料金が高くなりますが電話機能のついた携帯用パソコンを買ったと思えば決して高いものではありません。
 JUNTAROの地元は東日本大震災の津波や地震で建物が壊れるという被害は無かったものの原発事故の影響で放射能漏れや風評被害で町全体が
寂しげに沈んでいるように思えます。原発周辺の人たちも避難してきています。時間はかかることとは思いますが1日も早く元の生活に戻れることを願ってやみません。そして残念ながらこの震災で亡くなられた方々のご冥福と行方不明の方々の一刻も早い発見や救出、避難している多くの方々の日々の生活が守られ一日も早く安心して暮らせる日がくることを心から祈り続けています。



東日本大震災。

 JUNTAROの住む東北地方と関東地方を中心とするマグニチュード9の巨大地震が11日の午後2時46分に起きました。今日震災後初めてネットにつなぎました。実はJUNTAROは地震発生当時は出張で地元の山間部を営業で回っていたので地震を感じなかったのです。約2時間後、最後のお客様訪問した時に初めてその事実を知らされました。携帯もつながらない状態だったのでその場で電話を借りて家族の無事を確認しました。今でも余震が時々起きています。でも岩手、宮城、福島の海岸部
の甚大な被害をテレビ報道で見ていると本当に胸が痛みます。JUNTAROの住んでいる所は内陸部なので大きな被害は報道されてはいないのですが、それでも知人の家の食器棚が倒れたり、壁にひびが入ったなどの被害はあったようです。今怖いのは「原発事故」の問題です。見えない放射性物質が空から飛んできて我々の健康に害をもたらさないかがとても
心配です。被災者の方々の今後の生活が少しでも早く元通りになることと残念ながら亡くなられた方々や行方不明の方々のご家族への慰めと無事救出という奇跡を祈ってやみません。

TAKUMAの好きなテレビ番組。

 ひさしぶりの更新です。今日は我が家の一人息子TAKUMAの好きなテレビ番組について書いてみたいと思います。
 まず月曜日は、「関口 宏の東京フレンドパーク供弉侏貌は特になし。水曜日は「クイズ!ヘキサゴン供很斃貌は「VS 嵐」です。
金曜日は「ペケポン」土曜日は「天才!志村どうぶつ園」です。
そして日曜日は「ちびまる子ちゃん」と「さんまのスーパーからくりTV」です。フジテレビとTBSそれに日本テレビが多いですね。それと
小さいころからそうなのですが、NHKの朝ドラとNHK教育の子供番組が全般的に好きです。NHK−BSの「ななみでどーも」も好きです。
要するに茶の間で家族団らんで見ているテレビ番組なんです。
 少し前までは「ドラえもん」も好きだったのですが最近はあまり見たがりません。その代わりに今「ドリフ」にはまっています。CSのファミリー劇場でやっている「ドリフ大爆笑」や年末特番で放送したビデオを
繰り返し見ては笑い転げています。いつまでも子供だと思っていたのですが、ドリフの笑いが面白くなってきたとは中学生になって大人っぽい
好みになってきたのでしょうか。子供の頃、自分も見ていたドリフを息子も笑顔で見ているって何か不思議で複雑な気持ちですね。

クリスマス寒波で・・・・・大雪。

 JUNTAROの住む街ではクリスマスイブの夜から昨日の朝にかけて
 大雪が降りました。その積雪量なんと115センチ。29年ぶりの
 最高タイ記録なのだそう。自家用車の屋根の上に100センチを超
 える雪が降り積もっていました。前回の大雪の時は東京にいたの
 で記憶に無いのですが。でも年末で帰省していたかも知れないの
 で雪かきしたかも知れません。それに少し先の国道では300台もの
 車が立ち往生したまま1昼夜を過ごさざるを得ないという事態に
 見舞われてしまいました。JUNTAROも仕事で走ったことのある道な
 のでその場に居合わせなくて良かったなあと思いましたが本当に
 巻き込まれた方々にはお気の毒様としか言えませんねえ。
  本日もその大雪の余波で、町中の道路はノロノロ状態で仕事が
 はかどりませんでした。明日は仕事納めなんですが、もっと雪の
 多い山あいの街に仕事で行かなければなりません。どうか無事に
 運転して帰ってこれますように・・。
 
 

ビデオコレクション。

 JUNTAROは、整理や片付けが苦手です。膨大なビデオテープ(それも何が入っているか記入してない)が、ダンボール箱にまだ一杯です。
 それでも今年はそれらのテープの中身をチェックする作業を少しずつですが始めました。大学を卒業して30年間、貯めに貯めたビデオテープの数。自分でも何本あるのか把握してません。ビデオデッキも今使っているので何台目になるでしょうか。録画予約をしては、見てもいないテープが膨大にあるのです。その大半は映画やドラマ、時にはバラエティ、スポーツ、ドキュメンタリーなども。
いつか見るつもりで録画したのでしょうが、ほとんどが3倍速ですから画質もイマイチです。
 DVDやブルーレイなどの高画質な録画が出来る時代に逆行しているようなJUNTAROですが、画質よりも内容を重視するので気にも留めていません。すべてチェックが終わったら膨大なビデオコレクションの誕生です。そういえば、1年前に買ったDVDレコーダーのハードディスクに録画した映画もまだダビングしていませんでした。
 この年末年始は、このコレクションの整理を終わらせたいなあ。

TAKUMA大捜査線。

 一昨日の日曜日の白昼、事件は突然に発覚しました。JUNTAROの家では家族全員が日曜日に通うキリスト教会へ行っていました。この日は年2回のバザーがある日だったのです。一人息子のTAKUMAは、子供のコーラスグループの練習を終えて敷地内にいるはずでした。JUNTAROも大人の礼拝を終えてバザーの開店準備をしていました。ふと見るとTAKUMAが
私の視界の中に居ませんでした。いつもなら大きな声を出してどこにいるかすぐ分かる息子なのに。JUNTAROのTAKUMAの捜索が始まりました。
前にも書きましたが、TAKUMAは中学1年とは言っても自閉症の知的障碍を持つ息子です。母親やJUNTAROの保護なしに一人で出歩いたことなどこれまで一度もありません。私と妻は近辺の行きそうな場所を捜索しまくりましたがどこにも見当たりません。しばらく捜索した後、近くの交番に駆け込み、迷子の届出をして警察にも捜索を求めて再び捜索を再開しました。捜索開始から1時間半後に教会から2キロ程離れたJRの駅前にある日帰り温泉施設のそばでTAKUMAを無事発見。TAKUMAは会場から転がして持ち出した大きな台車を引いていました。途中には車の多い通りもあっただけに怪我もなくほっとしました。本人はキョトンとしていましたけどね。本人がいた場所は、母親とよく乗るバスのバス停がある場所でした。無意識にここにいれば母親が迎えに来るとでも思っていたのかも知れません。TAKUMA大捜査線はこうして無事幕を閉じたのでした。
あ〜本当に良かった!!

地デジについて考える。

 来年2011年7月24日に現在のアナログ放送が終了して地上波テレビがデジタル放送のみになってしまう。JUNTAROの家でも昨年の4月に家族が集まる茶の間のテレビを地デジに変えた。今でこそ家電量販店などではその時に買った値段の半分以下で同じ型のテレビが買えるようになったのがなぜかとても悔しい。もう少し我慢していればよかったとさえ思う。地デジだけでなく、BSやCSも契約して一気にチャンネルが増えた。快適なテレビライフをすごしている。だが我が家には壊れてもいないアナログテレビがあと2台ある。これを買い換えるつもりはない。
チューナーで対応しようと思っている。それにしても最近アナログテレビの上下に四六時中出ているあの告知が何とも邪魔でうざったいとは思いませんか?ビデオに録画などするとその告知まで録画されてしまうので映画などでは興ざめしてしまいます。国策で始まったこととはいえ、
日本中の全世帯のテレビが総地デジ化は本当に可能なのでしょうか。
高齢者が一人で住んでいる場合や低所得者層の国民まで無理を強制できるのか疑問に思います。これだけテレビが普及している日本である日突然テレビが見れなくなったらパニックに陥ってしまうではないかとJUNTAROは密かに心配しています。

息子と久々のバスケ。

 今日の午前中、息子のTAKUMAと共にバスケでいい汗を流してきました。参加者はJUNTAROを含めて8名。息子が最年少でした。でもバスケなんてやるのは息子も生まれて初めて。最初は戸惑っていましたが
私をはじめ参加した大人達の指導でボールのパスやシュートも経験して
思いっ切り楽しい時を過ごしました。後半は3対3でのミニゲームを
楽しみました。中学生時代と社会人の駆け出しの頃にクラブ活動や会社のサークルで経験はあったものの、30年以上のブランクと年齢を重ねた私は年を感じました。当たり前ですが息子のTAKUMAは疲れ知らずのようでした。まだ10代ですからね。でも自分の体力維持のためには必要な運動だなあとつくづく思いました。目指そう減量20キロ!!

ライブ5連発。

 9月の連休前後の数日間、JUNTAROはライブ5連発で盛り上がりまくりました。1発目は一人芝居「土佐源氏」。坂本長利さんという80歳
のベテラン俳優さんのちょっとエッチな乞食のおしゃべりを聞く1時間15分でした。この一人芝居は三大一人芝居のひとつなのだそう。これまで1100回以上も国内はもとより海外でまで公演されているという
一人芝居なのだそうです。2発目は、ゴスペルライブです。これは家族全員で観賞しました。今年で10回目のこのライブ。神戸のゴスペルグループを招いてのライブでした。実はこの神戸のゴスペルグループのライブが10年前にJUNTAROの通う教会であり、その時の観客の方達から
地元にもゴスペルグループを作ろうという気分が盛り上がって結成されたので言わば原点となったグループを招いての合同ライブだったのです。会場超満員で最後は総立ちで大いに盛り上がりました。
 3発目は、翌日JUNTAROの教会で行われたゴスペル礼拝です。
礼拝終了後に昨日の神戸のゴスペルグループのミニライブも開催。
大いに盛り上がりました。4発目はその翌日息子と行った子供向け
演劇のライブ。地球温暖化を考えさせるようなSFチックなお芝居でした。体育館の中央の円形のステージの上でキャスト達が歌ったり踊ったりしながら熱演していました。2日置いて秋分の日には、JUNTAROの母校の高校の吹奏楽部の定演でした。龍馬伝のテーマミュージックや童謡のメドレー、お芝居仕立てのパート紹介などもあって息子と楽しいひと時を過ごしました。
訪問者数

Profile
Recent Comments
livedoor × FLO:Q
楽天市場
記事検索
キもシアターブログパーツ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ