JunioDesign フーニオデザイン

インテリアデザイナー・フーニオデザイン橋本潤が書いています。

デザイン

地球マテリアル会議

先日、毛利衛さんが鳴川肇さんを「天才だ」と評していたことを書きました。

その毛利さんが館長を務められている日本科学未来館で、

昨日1月31日に「地球マテリアル会議」という会がありました。

科学者とデザイナーの勉強会&ワークショップ。

昨日は石油・プラスチック・木・金属について、

デザイナーが専門家の先生方の講義を受ける形でしたが、とにかく面白い!

平たく言うとマテリアルのリサイクルの話が中心で、ほんの触りだけをうかがったのですが、

マテリアルについて考えるとき、

根本的な部分で時間というのが重要な要素だと分かりました。

ある先生は、私たちが一般的に考える姿とは全く異なる形で、

マテリアルとリサイクルのあり方が存在する可能性を紹介してくださいました。

あまりにも革新的な考え方で、頭の中がグワングワンしています。

ちょっと整理しきれておりません。

次回以降、もっとじっくりお聞きしたら、ご紹介できるかも。

ちなみに鳴川さんも出席。

「用意していた紙が足りなくなってしまいました。」とのこと。

分かります。分かります。

それにしても、科学未来館の周りには面白い人がたくさんいるなあ・・・・

フーニオデザインHPはコチラ Twitterはコチラ

オーサグラフふたたび

実は先日、「この人は天才だ」と思う人に出会ったんですよ。

建築家の鳴川肇さんという方なんですが、「オーサグラフ」という新しい地図を作った。

子供の時から幾何学、数学が好きで、球体である地球をどうしたら正確に

2次元(紙)で表現できるかずっと考えてきたそうです。

読売新聞2010年1月3日 4面(政治面)

宇宙飛行士の毛利衛さんが読売新聞編集委員の方との対談で語られていました。

この記事の影響で、

私が以前書いたオーサグラフの記事へ、かつて無いほどのアクセスが・・・

オーサグラフって何?と皆さん興味津々のようです。

新聞には文章で説明が書いてあるのですが、いまいち分かりにくい。

その気持ち、よーく分かります・・・

私はドリルデザインの林裕輔さんという方から口頭で教えてもらい、

「何だかとんでもなく凄いけど、そんなことがありうるのか?理屈が分からん。見てみたい。」

と、???????????でした。

その後、運よくご本人から動画付きで解説いただき、

「本当にとんでもなく凄い。」

と、!!!!!!!!!!!になりました。

更にその後、鳴川さんにもプロトタイプ展03に出展してもらうことになりました。

出展者のミーティングで、それぞれ何を出すのか発表した際は、

一同、オーサグラフの革新性にあっけにとられ、

その後の懇親会(飲み会)の話題はオーサグラフ一色。

そんなオーサグラフですが、言葉だけでは分かりにくい。

嬉しいことに解説を動画として見ることが出来ます。

コチラ

18分辺りから鳴川さん本人が解説されています。

実物は初台オペラシティのICCで2月末まで展示中(入場無料)。

とても分かり易いので、是非お出かけください。

そういえば鳴川さん曰く、

「これに10年以上時間をかけてしまいした。」

「オランダ留学中に実家から小梅ちゃんを送ってもらっていたんですけど、

その袋(テトラパック)を見て、これだ!と思ったんです。」

んー、やっぱり天才だ(そして努力家)・・・・・

ちなみに奥さんで建築家の山田悦子さんが設計された住宅もとても良いです。

山田悦子さんのHPはコチラ

フーニオデザインHPはコチラ

大阪DAYSその1 ライトの家 前編

2ヶ月ブログをサボっていたのには一応理由がありまして・・・

まず、スマッチ!ブログのシステムが大幅に変更されたこと(言い訳)

そして、いくつかの締切その他が怒涛のように押し寄せていたこと(言い訳)

そのうちの1つが、以前お知らせした大阪でのLIVING&DESIGN展の企画展示

京都まではよく行くのですが、大阪は師匠・内田繁さんの事務所にいたころに出張して以来、10年ぶりくらいでしょうか。

そんな訳で9月16日(水)~9月18日(金)の3日間、いろいろ廻って来ました。

最初に行ったのは芦屋。大阪DAYSと謳っておきながら、しょっぱなから兵庫・・・

阪急梅田駅(初めて!ヨーロッパのターミナルのよう・改装前のコンコースが良かったらしいです・残念)から阪急電車に揺られ芦屋川駅下車。

関西もとい閑静で超高級な住宅街の中に流れる芦屋川。街中なのにとても水が綺麗です。吉祥寺の神田川とはちょっとちがうな・・・

01

駅から歩くこと3分? 今回の目的地が丘の上に見えてきました。

02

フランク・ロイド・ライトが設計したヨドコウ迎賓館(旧・山邑邸)

一度は訪れてみたいと思っていたのでしたが、なかなか機会がありませんでした。

開館日は毎週 水・土・日曜日。

今回、水曜日の夜が見本市のオープニングレセプション。

これは、無理矢理時間作ってでも行かなければ!

と相成った訳です。

胸が高鳴ってきます・・・つづく

フーニオデザインのHPはコチラ

現代のお盆のしつらえ

大変、ご無沙汰しております。

2ヶ月近くもブログをさぼってしまいました。

その間、あんなことこんなことがあったのですが、まずは未来に向かってまいります。

オフィスをシェアしていて、一緒にbooksという活動をしている山本達雄さん。

来週始まる新たな展覧会の企画をしています。

現代のお盆のしつらえ

ギャラリー ルベイン

10/13(tue)-10/23(fri)
11:00-19:00(最終日は16:00まで)
月曜休廊 入場無料

お盆に使う「お盆提灯」の新しい形を岐阜の浅野商店という提灯の会社が提案。

(非常に高い技術をお持ちの会社で、こんな照明も作っています)

山本さんはその新商品と発表会のアートディレクションを担当しています。

13日の夜はオープニングレセプションがあります。

是非お出かけください。

フーニオデザインHPはコチラ

旅はゲストルーム

今朝の日経新聞文化欄に浦一也さんの文章が出ていました。
浦さんは泊まったホテルの部屋を徹底的に採寸し、
ホテルのレターセットに綺麗な平面図を描いて記録されています。
その様子を新聞に書いていたのですが、こんな本も出されています。

旅はゲストルーム




以前、スマッチブロガー磯田さんも紹介されていましたが、
浦さん、はっきりいってマニアです。
素晴らしいです。

眺めているだけでも楽しい本だけれど、
宿泊時のエピソードや、ホテルのサービス・設計についての見解も専門家ならでは。

浦さんは現在、日建スペースデザインという会社の社長さん。
(日建設計という日本一大きい建築設計会社のグループ会社)

このホテル平面図シリーズは、
TOTOが出している専門家向けの季刊誌TOTO通信に今でも連載中

別の機会に書きたいと思いますが、
このTOTO通信も非常にクオリティの高い雑誌で、毎号楽しみにしています。


フーニオデザインHPはコチラ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ