西敏央の裏お気楽.com ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

▼無料講座のお知らせ

 ★西企画の講座紹介

 富岡と千代田にて無料講座を開催中。
 西企画がご提案する運の知識は、他とは一味違います。
 その雰囲気を、是非、多くの方に知って欲しいです。

▼各講座のレポートはこちらから

 ★【講座レポート】課題の復習

 講座でどんな内容をご紹介したのか?
 次回の講座はいつで何をやるのか?
 そもそもどこでどんな講座をやっているのか?

 受講者の方は予習や復習にお役立てください。
 初めましての方は講座風景の様子見にお勧めです。

▼ご質問の窓口を設けました!

 ★質問専用エントリー6

 運の知識へのご質問は、上記のコメント欄にて承ります。
 その前に、使用上の注意を是非ご一読ください。
 ご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

『偶然の必然って具体的にどういうこと?』 とご質問をいただくことがあります。 このblogのサブタイトルにもするほど、 僕がしばしば用いるキーワードです。 昔から飽きもせず、 ずっと使い続けています。 ただ、分かるようで分からない、 そんな雰囲気を楽しむため …
続きを読む

土用シーズンの真っ最中は、 不安定な運気であるがゆえに、 ★普段では見えないものを見る ★通常なら感じないようなことを感じる ★いつもとは異なることを考える など、イレギュラーな感性が働きます。 良くも悪くも、心も体も魂も、 いつも通りではなくなる結果、 …
続きを読む

こよみの読み方を知ると、 行動計画の立てる感覚も、 これまでとは変わってくるものです。 こよみに書いてある吉凶情報をヒントに、 行動計画を練る作業とは、 『吉を選ぶ』 というより、 『凶を避ける』 ということだと分かってきます。 そしてそれは、 『い …
続きを読む

★土用中は凶方位が増える ★土用中は大気が乱れる ★土用中は水も土も不安定になる という意見の専門家の方が、 あちこちにいるそうです。 そんな話を聞いた方から、 『え?まじ?大丈夫かな?』 と、しばしば同じようなご質問や、 ご相談をいただきます。 その …
続きを読む

このブログや講座の中では、 何度もしつこくご紹介し続けていることですが、 大切な要点なのでまた言ってしまおうかと。 無理をして強引に選んだ吉が吉とは限りません。 理論上は確かに吉であったとしても、 実際に人生が吉かというと、 そうでもありません。 『吉さえ …
続きを読む

住環境としての土地を選定・購入する際、 地相の良し悪しを判断する見所を5つ挙げるとしたら。 ★地相の良し悪しを判断するための5つの見所 1.治安(安全が吉) 2.地盤(頑丈が吉) 3.湿度(乾燥が吉) 4.日光(明るいのが吉) 5.騒音(静かなのが吉) 上記は …
続きを読む

久しぶりに蓮の花を。 国峯城外濠跡 住所は群馬県甘楽郡甘楽町国峰ですが、 ナビに入れてもきっと出ません。 正確な位置はグーグルマップにて。 こちらの蓮池のことは、 毎年に気にかけているのですが、 タイミングが合わなかったり、 咲かない年があったり。 昨日 …
続きを読む

季節の変わり目かどうかに関係なく、 お花は咲くし、実はなります。 咲いたお花は枯れるものだし、 実はなりっ放しだと腐ります。 どちらも、摘んだり刈ったりなど、 お手入れが必要になります。 ご自宅の敷地内で、 お花畑や家庭菜園、ハーブ園など、 植物を育ててい …
続きを読む

僕が両親からの受け継いだ、 吉方位と向き合う姿勢に、 『行くと決めたからには行く』 という負けん気みたいなものがあります。 だから、多少の怪我やトラブル、 想定外の事態があっても、 行く前提で調整するのみです。 自分で行くと決めたならば、 後から行かない …
続きを読む

★お水取り 吉方位の清浄な自然水を、 自宅に持ち帰り飲用すること。 吉方位へ出かけることは、 吉方位旅行と同じ。 自然水を取水し持ち帰り、 自宅にて気を呼吸する、 という部分が旅行とは異なる要点。 ★吉方位旅行 吉方位の現地に出かけ、 2時間以上滞在すること。 …
続きを読む

感じる心の感度が高まり過ぎ、 見えすぎちゃって困るときってあるでしょう。 ピリピリとアンテナが立ちまくり、 普段なら聞こえないことまで聞こえてきて、 気持ちがショートを起こしてしまいそうになる、 とういうとき。 業界的には、 ★第六感 ★霊感 ★直感 と呼 …
続きを読む

自分がいつもの通常とは異なる、 イレギュラーな状態・状況下にある場合。 いつもの通常とは異なる判断基準が必要です。 例えば。 健康なときと病気のときで、 考え方や動き方は変えるべきです。 慣れた土地にいるときと、 慣れていない土地にいるときで、 トラブル …
続きを読む

森羅万象、世界のありとあらゆる事象を、 陰と陽のどちらかに分ける二元論が、陰陽学。 陰:影・夜・女・地・凹 陽:光・昼・男・天・凸 などなど。 シンプルで原始的な世界においては、 そんな単純なエネルギー把握が有効で。 昔は物事を複雑に捉えすぎるよりは、 …
続きを読む

占い師が発信する運勢とは、 定められた絶対的未来予言ではないです。 少なくとも、僕のご提案する運勢は、 受け手の未来を制限・確定するような、 そういう強制的なものではありません。 そこまでの能力は人智を超えます。 神様や仏様にしかできないことです。 では、 …
続きを読む

学校の受験や、就職の試験・面接の際、 幸運と良縁を引き寄せるために、 最も心強い必殺の武器となるのは、 『自分で自分を信じられるようになるまで鍛錬した』 という実績です。 自信の根拠を持っている人は、 勝負の際に実力を発揮します。 実力以上の人には負ける …
続きを読む

受験という一発勝負の場面において、 運を味方につけたいと望むならば。 試験ではなく、勉強のときにこそ、 吉凶を意識した過ごし方が必要となります。 本番で効能するのは、 当日の方位ではなく、 当日までの方位です。 長い受験勉強の期間に運を疎かにし、 試験の直 …
続きを読む

高崎の大人スポット、スロウタイムカフェさんにて、 今年も開催できることになりました。 カレーとコーヒーと占い。 相乗効果を狙ったイベントです。 占いカレーナイト2017 良い家具と良い音楽に囲まれた空間で、 綺麗なカレーと香しいコーヒーを楽しみながら、 自 …
続きを読む

★火事場 ★事故現場 ★夜の神社 ★廃墟・廃屋 ★治安の悪い通り などは、なるべく避けて通りたい、 運のダークスポットです。 通勤や通学の際は、 遠回りした方が無難です。 住居選択の際は、 暮らしの動線上にそれらがないか、 予め確認しておくことをお勧めします。 …
続きを読む

カフェレストラン、風の穂・麦の香さんの、 爽やかで素敵な空間の片隅にて、 密やかに鑑定を承ります。 占いカフェ@風の穂・麦の香 僕は上記画像の一番奥の席にいます。 そこで対面で運を読み解きます。 ★占いカフェ@風の穂・麦の香 日程:運の繁忙期の第4月曜日 …
続きを読む

西企画が昔から終始一貫、 変わらずみんなにお勧めし、 かつ自分達でも実践し続けている、 運を良くするための具体策に、 『吉方位旅行』 というのがあります。 別の異なる専門家の方は、 吉方取り(方位取り)や、 祐気取り(祐気旅行)など、 色々な呼び方をしている …
続きを読む

月に1度、大人の癒しイベントです。 木火土金水 『自然の力を上手に活かしていきましょう』 という主旨で、 毎回、異なる様々な具体策を、 軽やかにご提案しています。 今回のテーマは『土用の栄養補給』です。 ★木火土金水 vol.18 日程:2017年7月30日(日) …
続きを読む

今日で繁忙の6月が終了です。 2017年度における、 表の最重要期間が9月なのに対し、 6月は裏の最重要期間でした。 動かしたい運があるならば、 9月を待たず6月を充実させて吉。 と、あちこちでご紹介しまくり、 また自分自身もそのように意識し過ごしました。 …
続きを読む

人は成長すると、 住むべき場所や働くべき職場や、 付き合うべき人間が変わります。 そうすると、なぜか不思議と、 今の住まいが居心地悪くなり、 今の職場で不満が生じ、 今の人間関係がギクシャクしてきます。 『確かに、これまではそれで良かった』 『けれど、これか …
続きを読む

縁という運は、 切ろうと思っても、 切れないものです。 また、繋げようと思ったところで、 自由に繋がらないものでもあります。 縁の接合・断絶は、いわゆる、 『神仏の領域』 であり、運命のブラックボックスです。 太くなったり細くなったりはします。 それを …
続きを読む

『新しいお財布は運の良いものを選びたい』 『今あるお財布は運の良いものか知りたい』 『お気に入りの財布に金運を呼び込みたい』 そんな方にご紹介したい、 幸運のお財布に関する基本原則集です。 1.呼び金(予備金) 呼び金とは。 使わないことを前提に入れておく …
続きを読む

リスクを上回るメリットが想定でき、 かつ十分な必要性と必然性という裏付けがあるならば、 凶を恐れず進むことで、 未来は広がり伸びていきます。 不自由な理想のベストより、 自由な妥協のベターの方が、 運は育てやすいです。 リスクの方が大きく、 必要性や必然性が …
続きを読む